ローディング中

Loading...

あなたの食べているししゃもは「本物」ですか?ししゃもに「本物」や「偽物」って何?と驚かれた方、「ししゃも」として食べていたもののほとんどが「偽物」かもしれないのです!今回は、気になるししゃもの「本物」と「偽物」についてまとめました。

食卓に現れるししゃもは「本物」?

おつまみにも、ごはんのおかずにも……とってもおいしくて、卵がたっぷりつまっているところも魅力のししゃも。突然ですが、あなたが食べているししゃもは「本物」ですか?「え?ししゃもに本物や偽物があるの?」と驚かれた方もいらっしゃるかもしれません。実は、ししゃもには、「本物」と「偽物」があったのです。

今回は、気になる「本物」と「偽物」のししゃもについてまとめました。

多くのししゃもは「カペリン」

国内に流通しているのは「カペリン(からふとししゃも)」

現在、「ししゃも」として日本で流通しているもののほとんどが「カペリン(からふとししゃも)」という魚です。スーパーや居酒屋さんなどでみかけるししゃもは「偽物」のししゃもだったのです。

「本物」のししゃもの収穫量が減少傾向になり、漁獲量が制限されるようになったことや1970年代に「本物」のししゃもの人気が高まって、品不足になったことから、30~40年前に輸入されるようになりました。日本でも、北海道にわずかに生息はしているのですが、ほとんどが輸入されたものなのです。

主な産地は、アイスランド、ノルウェーなどの北欧やカナダです。

「本物」のししゃもと「偽物」のししゃも「カペリン」では、風味や食感も異なっていて、生物学的にも別の種類の魚に分類されているそうです。

「本物」のししゃもとは?

国内固有の貴重な魚

「本物」のししゃもは、世界のなかでも北海道の太平洋沿岸だけに生息している日本固有の魚です。乱獲や生態系の乱れによって漁獲量がとても少なく、1300トンほどです。値段は、「偽物」のししゃもの3~5倍程度します。国産のものだと1匹100円以上になります。「本物」のししゃもは、北海道の十勝川、庶路川、新釧路川、沙流川などの河川で獲られます。鮭やうなぎと同じように遡上(そじょう)する回遊魚です。

遡上とは、魚が季節によって海や湖から川の上流に流れにさかのぼることです。「本物」のししゃもは、秋に川を遡上して卵を産みます。旬は、10月上旬から11月中旬です。

「本物」と「偽物」の見分け方

風味や味

「本物」と「偽物」の違いは、干してもわかるほどはっきりとしています。

「本物」のししゃもは、体長が12~18cm程度です。背中側は暗めの黄色、腹側は銀白色をしていて、脂びれは小さく、大きなはっきりとしたうろこや大きな口が特徴です。オスは、身が引き締まっていて、濃厚な旨みがあります。メスは、卵に甘みがありプチプチ感を楽しめます。「偽物」のししゃもと比べると脂がのっていないように感じる方もいるかもしれませんが、脂が多い産卵の時期は、漁獲をしないというルールがあるためです。

「偽物」のししゃもは、体は細長く、長さは12~16cm程度で、最大で20cmのものもあります。青味を帯びた銀色をしており、うろこは目立たず、脂びれは大きく、口や目玉は小さめです。ほとんどが子持ちししゃもと言われ、脂ものっていてお腹に卵が入っています。

ししゃものおいしい食べ方

ししゃもの南蛮漬け

細切りにしたピーマンやニンジンは耐熱皿に入れてレンジで温めましょう。しんなりしたら水気をキッチンペーパーでとってください。また、別の容器には酢や砂糖、醤油などの調味料を混ぜたタレを作って温めます。ししゃもは軽く小麦粉をまぶして、油を入れた鍋であげていきましょう。最後は、ししゃもと野菜、タレを混ぜて冷蔵庫で冷やして味をしみこませます。

子持ちししゃもとパルミジャーノ春巻き

春巻きの皮でししゃもを丸ごと包んで揚げたレシピです。なかにはパルメザンチーズも入っているのでししゃもの生臭さが苦手な方にもおすすめです。ししゃもに、春巻きの皮、チーズ、油、塩と材料も少ないのもうれしいですよね。いっしょにバジルや大葉を巻いてみたり、ソースやスパイスを変えてみたりといろいろなアレンジも楽しめそう。お弁当に、おもてなしに、今夜のおかずに、おつまみに……いろいろなシーンで活躍してくれること間違いなしです。

【常備菜】揚げない!シシャモの中華風カレーマリネ

にらやしょうが、にんにく、ごま油を使った中華マリネにカレーをプラス。お子さまも好きな味でごはんもすすみそうですね。油で揚げていないのでヘルシーでお手軽です。作ってすぐでも、少し置いて味をしみ込ませてもおいしく食べることができます。常備菜としても活躍しそうですね。

一度は本物を食べておきたい!

「本物」と「偽物」のちがいはわかりましたか?「本物」のししゃもは、なかなかお目にかかれない貴重な魚で、普段食べているもののほとんどが「偽物」のししゃも「カペリン」だったようです。貴重な「本物」のししゃも。オスの身の旨みやメスの卵の甘みなど、一度は味わってみたいですね。お目にかかれたときには、普段食べなれている「カペリン」とのちがいをしっかりと楽しみましょう。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

麻婆豆腐 レシピ まとめ

麻婆豆腐の献立にぴったりの、おいしいおかずをご紹介!サラダ、スープ、副菜、ご飯など、トライしてみたくなる素敵なアイデアレシピが満載です。いつもの麻婆豆腐と合わせて、ぜひ食卓に乗せてみましょう。バランスよく、お…

サラダ レシピ まとめ

シャキシャキの食感が特徴的なレンコン。その特徴をサラダで味わってみませんか?今回は、簡単に作れる人気のレンコンサラダレシピを22選ご紹介したいと思います。和えるだけや、揚げてレンコンチップスにしたものを使うな…

レシピ ハンバーグ まとめ

とってもおいしい煮込みハンバーグ。自宅で作るとき、どんな献立にすればいいか、迷うことはありませんか?もうひと品つけたしたい、栄養バランスが気になる……そんな方に、煮込みハンバーグに合うスープや副菜をレシピ付き…

麻婆豆腐 豆腐 レシピ まとめ

中華料理の定番レシピである麻婆豆腐。今回は、麻婆豆腐の基本の作り方やアレンジレシピをご紹介します。ピリ辛の本格的な四川風レシピから、時短で簡単に作れるレシピまで、食卓に並べたくなる麻婆豆腐レシピを20選お届け…

炊き込みご飯 レシピ

簡単でおいしい!とめんどくさがり屋さんの間で噂の明太子パスタソースの炊き込みご飯。『マツコの知らない世界』でも紹介され、大絶賛されていたんですよ。今回は筆者が実際に作ってみました!詳しい作り方やアレンジレシピ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

お弁当 まとめ

みなさんは、コンビニやスーパーで売っているお弁当に入っている、おかずとおかずを仕切る“アレ”の名前をご存知ですか?今回はそんな身近に潜む、意外な知らない食にまつわる正式名称をご紹介します!…

レシピ ロシア料理 スープ まとめ

年末に近づくにつれて一段と寒くなってきました。でも世界には日本よりもっと寒い地域が。なんとロシアの史上最低気温はマイナス71.6℃。そんな地域で長年食べられてきた料理とは!?ということで冬にオススメのロシア料…

日本酒 ワイン まとめ

日本酒というとちょっと飲みにくいイメージを持つ人もいると思いますが、最近ではワインやシャンパン、リキュールみたいに飲みやすい、新感覚の日本酒が続々と登場しています!今回は、その中でも注目の15種類をまとめてみ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

スイーツ

女性を中心に絶大な人気を誇る抹茶スイーツ。抹茶と言えば、京都を連想する方は多いですが、名古屋にある茶々助をご存じですか。一風変わった抹茶のスイーツを食べることができる「茶々助」。SNS映えも抜群の本格抹茶スイ…

大阪 ビアガーデン 梅田 心斎橋 まとめ

日中の気温が高くなり始めると気になり始めるスポットといえばビアガーデン!夏になると毎週のように通ってしまう方も多いのではないでしょうか。今回は、大阪で楽しめるビアガーデンをご紹介します。梅田や難波など、人気の…

lanne_mm

管理栄養士*フードコーディネーター * 食の大切さや楽しさを伝えた...

http://instagram.com/lanne_mami

ページTOPに戻る