ローディング中

Loading...

新米ママが覚えておきたい赤ちゃんに関する伝統儀式は数多くあります。愛しいわが子の健やかな成長を祈るためにも、きちんと行いたいですよね。今回は、そんな儀式のひとつ「お食い初め」をご紹介します。やり方まで徹底的に調べました。

お食い初めとは?

赤ちゃんが生まれてからの1年はイベントが多くなりますよね。そのひとつに生後100日後に行う「お食い初め」という儀式があります。これには子どもが一生食べ物に困らないように、という願いがこめられているのです。

お食い初めとは、赤ちゃんに食べる真似事をさせる儀式です。生後100日前後の赤ちゃんは消化器官が未熟なので、母乳やミルクだけの時期にあたります。なので実際に食べるのではなく、食べる真似事をするだけです。赤ちゃんにとってはお食い初めで初めて箸を使うので、「箸揃え」「箸初め」とも呼ばれます。

お食い初めに用意する食器

お食い初めのときに、具体的にどのようなものを用意するのか知らないという新米パパママも多いのではないでしょうか?今回は一般的に必要な食器をご紹介しますが、地域によって違いがあります。事前におじいちゃんおばあちゃんや先輩パパママに聞いておきましょう。

お食い初め用の食器

お食い初めのときにどのような食器を使うかというと、正式には漆器の祝い膳を使います。お椀には、縁起物と言われている鶴や松などが描かれているものをチョイスするとなおよいとされています。また、女の子と男の子では用意する食器の特徴が違います。女の子は、外の面が黒塗りで内の面が朱塗りのもの、男の子は、全部が朱塗りのものを選びましょう。

お食い初め用の箸

箸は、両端が細くなっている柳の白木のものがいいです。赤ちゃんは食べる真似をするだけなので、スプーンやフォークでなくてもOKですよ。こういった正式なアイテムを揃えるのは、お金がかかってしまうので、赤ちゃん用の食器などで代用してもかまわないとされています。

歯固め(はがため)の石

お食い初めの時に、歯固めの儀式を行います。石のように丈夫な歯に育ちますようにという願いが込められています。この歯固めの石は、お宮参りの時に授かったり、境内で拾ったり、河原で拾ったりします。使用するときは、しっかりと熱湯消毒し、終わったら感謝の気持ちをもって元の場所に返すようにしましょう。

また最近ではインターネットでも歯固めの石が購入できます。ネットの歯固めの石では、手間のかかる処理が必要ない手軽さが魅力です。ご家庭の状況に合わせ、石をどのようにして手に入れるか選んでもいいですね。

お食い初めの時期は?

お食い初めの儀式はいつ頃やるのがいいでしょうか?目安としては、赤ちゃんの乳歯が生え始める時期、生後100日から120日くらいがいいとされています。

ぴったりこの日というのはないので、都合のいいタイミングを選んでくださいね。祖父母を呼んで盛大にやるもよし、パパとママだけでささやかにやるもよし。目的は、子どもが生涯食べ物に困らないよう祈ることなので、自分たちのライフスタイルに合った方法でお食い初めを行ってください。

お食い初めのやり方

食べさせる役は、そこにいる一番年長の方になります。養い親とよばれ、男の子なら男親、女の子なら女親が食べさせ役になります。ここでは、食べさせる順番についてご紹介していきましょう。

ごはんからお吸い物

まずは、ごはんからはじめましょう。赤ちゃんを膝の上におき、食べさせる真似をするだけでOKです。次にお吸い物に取り掛かります。お吸い物には吸う力が強くなるように、という願いが込められています。

ごはんからお魚

お吸い物の次はごはん、お魚の順番です。基本的には、お祝いの席でよくふるまわれる鯛が多く選ばれるようです。鯛は味や栄養価が非常に高いということが理由のひとつです。また体の色が赤く、めでたい紅白の色を思わせ縁起がよいからだともいわれています。地域によっては鯛ではなく海老を選ぶところもあるようです。

ご飯からお吸い物

最後は、ごはんからお吸い物です。お吸い物の具には、鯛やはまぐりが選ばれることが多く、季節によってはたけのこやシイタケなども使われているようです。貝殻は、ふたつにわけても同じ貝殻しかぴったりと合わないという特徴から、将来素敵な伴侶に恵まれますようにという願いが込められています。これらすべての工程を3回繰り返しましょう。

歯固めの石

最後に歯固めの石を使います。歯固めの儀式は、お箸で石をちょんちょんとつつきます。そのあと、石をつついたお箸を赤ちゃんの口につけてあげましょう。

赤ちゃんの口に石を直接持っていくと、事故につながるおそれがあるのでなるべく避けた方がいいでしょう。これらのすべてが終われば、お食い初めの儀式の完了です!

お食い初めのメニューレシピ

日本伝統の料理は作るのが難しいという印象を抱いていませんか。実は、意外と簡単です。赤ちゃんへの祈り込められた儀式のために、このさいチャレンジしてみては。

赤飯

炊飯器にもち米、ささげ、ささげの茹で汁を加え炊きます。最後にごま塩を加えると味にアクセントがでます。ささげの茹で汁を使うので、無駄がないうえに香ばしく仕上がります。

お吸い物

塩抜きしたあさりにだしの素、料理酒を加えるとできあがりです。仕上げに三つ葉を添えると見栄えもきれいになります。

おめでたいイメージがある鯛はお食い初めにかかせません。きちんと下処理した鯛に塩を塗り、グリルで焼きます。そのさい、焦げ目がつかないように注意しましょう。

赤ちゃんの幸せを祈る、お食い初め

お食い初めをどうやって進めればいいかわからない新米ママ、パパも多いと思います。実際にお食い初めを行うときは、今回ご紹介した方法を参考にしてみてくださいね。昔ながらの正式なやり方を踏襲するのも、自分たちのスタイルでやってみるのもいいでしょう。大切なのは儀式の目的である、食べ物に困らず育ってほしいという願いを込めることです。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

日本料理 レシピ 和食

「粕漬け」って聞いたことがありますか?発酵食品のひとつであり、女性にうれしい栄養成分がたっぷりと詰まった優秀な食材なんですよ。今回は、そんな粕漬けの魅力に迫ります。レシピや効果効能、おすすめのお店もお教えしま…

レシピ 和食 日本料理 京都

あなたは、「西京味噌」についてどれほど知っていますか?京都発祥であること、西京漬けの材料であること……。実は、想像以上に奥が深いんですよ。今回は、西京味噌の歴史や自宅での作り方、さ…

糖質制限(炭水化物)とまったく逆をゆく「お米ダイエット」が今、注目を集めています。ダイエットにおいて禁断とも言える炭水化物の代表・お米を食べて本当に減量できるのか、と疑うのも無理ありません。でも、正しいやり方…

うどん 日本料理

日本人の食卓の定番メニューのひとつ、うどん。地域によって独自の発展をしてきたうどんは種類豊富で、様々な味が楽しめることも人気の理由です。そんなうどんに日本三大うどんと言われるものがあります。一体どんなうどんが…

赤ちゃんは生まれて半年弱の間、母乳かミルクのみで栄養を摂っていますが、離乳食が進むとストローで飲み物も飲むようになりますよね。ストローはいつから使えるの?練習は必要なの?その方法は?今回は、そんな疑問にお答え…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

居酒屋 まとめ

居酒屋でも健康や美容にいいものを積極的に選んでみませんか?知っているか知っていないかでは大違い!?迷ったらぜひチョイスしたいようなメニューをまとめました。参考にしてみてください♪

まとめ

一日のスタートである朝食は大事だといわれていますよね?今回は朝に特に何を食べるといいのかについてご紹介したいと思います。海外のニュースを元にお話ししますね。朝食を作るときに是非参考になさってください。

まとめ

夏になると食欲が落ちてしまうことありますよね?そんなときに胃に優しい、食べるといい食べ物についてご紹介します。今年の夏もおそらく暑くなりそう^^;なので、胃腸を大事に乗り切っていきましょう。もちろんよく噛むこ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

チョコレート

今年も魅力的なショコラギフトがたくさんそろったイトーヨーカドー。素敵なアイテムばかりで、目移りしちゃいそうです。そこでこの記事では、注目ブランドからおすすめのギフトを厳選。その魅力を詳しくご紹介いたします。

女性利用者国内No.1グルメニュースサイト「macaroni」で、一緒に料理動画をつくりませんか?現在macaroniでは、日々料理動画の制作に取り組んでいます。そこで今回は実際に料理を作ってくれるスタッフを…

涙は成分によって味が違うの、知っていますか?悲しみの涙はサラサラしていて甘く、怒りの涙は粘りがあって塩辛い。しかも、涙の原料は血液というから驚き。今まであなたが流していた涙の成分は、そのときの感情に大きく左右…

フルーツ レシピ まとめ

かわいい星型が特徴のスターフルーツ。マンゴーやパイナップルと並ぶ人気のトロピカルフルーツです。しかし、スターフルーツ単体で食べるという人は少ないのではないでしょうか。そこで、今回はスターフルーツの食べ方やおす…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...