ローディング中

Loading...

きび砂糖とは、さとうきびを原料として作られている砂糖です。ほかの砂糖に比べ旨味成分が多く含まれ、カルシウムやカリウムと言ったミネラル成分を多く含んでいるため体にもよいとされています。今回はそんな魅力がたっぷりのきび砂糖についてご紹介します。

きび砂糖とは?

きび砂糖の特徴

きび砂糖とは、薄い茶色で上白糖よりも独特なコクがありミネラル分を含む砂糖です。上白糖とは精製方法が違って、精製途中の砂糖液を煮詰めて作るので、さとうきび本来の風味とミネラルがいきているのが特徴です。

苦みやアクを取り除いているので、まろやかな甘味と、大自然の恵みをたくさん浴びて育ったさとうきびの風味を感じられるのが特徴です。

通常の砂糖よりも製法工程が込み入っているため、値段は少しお高めです。

砂糖のルーツはさとうきび

さとうきびは、もともと南太平洋の島で自生していて、そこから各地へ広がっていったそうです。砂糖生産の発祥はインドとされており、インドの古い仏教典に砂糖についての記録が残されています。

日本に初めて砂糖が伝わったのは奈良時代頃で、当初「薬」として珍重されていました。茶道の文化が広がるとともに和菓子が盛んに生産されるようになり砂糖の使用量も伸びていったのです。

その後調味料としても広く使われるようになり、現在では生活に欠かせない必需品となっています。

きび砂糖の持つ効果

きび砂糖は、他の砂糖に比べ旨味成分を多く含んでいるため、料理に使う時には、「コクが出る」「照りがよく出る」「風味を強くする」「色が濃くなる」といった効果があります。

また、肉を柔らかくしたり、魚のにおいを消したりすることでも有名です。

きび砂糖のカロリーは?

きび砂糖のカロリーも気になるところですよね。きび砂糖のカロリーは100g中396kcal。他の砂糖と比較してみると、白砂糖398kcal、てんさい糖390kcal、三温糖394kcal、黒砂糖363kcal(すべて100g中)です。

カロリーの数値は全体的に同じくらいですが、含まれる成分に差があります。他の砂糖に比べ、きび砂糖はカルシウムやカリウムと言ったミネラル成分を多く含んでいるため体にも良いとされているのです。

きび砂糖、てんさい糖、三温糖の違い

きび砂糖

きび砂糖の原材料はさとうきびです。さとうきびから絞った砂糖液を煮詰めて作るので、さとうきび本来の風味が活き、ミネラル分を多く含んでいることが特徴です。

精製していないため体内ではゆっくりと消化吸収されます。優しい甘さでコクがあるため、お菓子や煮物にむいています。

てんさい糖

てんさい糖と他の砂糖との最大の違いは、原材料です。てんさい糖の原材料はてんさい(砂糖大根)で、寒冷地で採れるため体を温めてくれる作用があり、ゆっくりと消化されます。

また、オリゴ糖を多く含んでいるので腸内ビフィズス菌の働きを助けお腹に優しい砂糖です。まろやかな甘さが特徴であっさりとした料理にむいています。

お腹の調子を整えてくれる作用もあるので、コーヒーや紅茶に入れている砂糖をてんさい糖に変えるだけで、美容効果も期待できますよ。

三温糖

三温糖の原材料はきび砂糖と同じさとうきびですが、製法が異なります。さとうきびから絞られた砂糖液を精製して上白糖やグラニュー糖が作られたあとの残った液体を結晶化させて作られたものが三温糖です。

三温糖の色は煮詰めていく過程の加熱でつき、独特のコクもこの過程でできあがります。三温糖ははっきりとした甘さと独特なコクが特徴で、佃煮や煮物など色が濃くコクのある料理にむいています。

白砂糖をきび砂糖に代用したほうがいい理由

上白糖のような白砂糖はミネラルをほとんど含んでいないので、食べすぎると体に悪影響を及ぼす可能性があります。

ミネラルを含まない砂糖や食塩を摂取しすぎると体調を崩してしまい、生活習慣病の疾病に繋がる可能性があるのです。

きび砂糖は体内へ入った後、ゆっくりと消化吸収されますが、白砂糖は消化吸収が速いのですぐに糖分をとりたくなってしまうのです。

白砂糖もきび砂糖もさとうきびから出来ているので、料理の仕上がりに大きな差が出るわけではないため白砂糖をきび砂糖に代用することは可能です。

しかし、きび砂糖は旨味成分を多く含んでいるため料理の色が濃くなったり、焦げやすくなるという注意点もあります。

繊細な味わいの料理を作る場合には代用は避けたほうがいいかもしれませんね。それぞれ特性に注意しながらうまく代用することが大切です。

特性を活かした料理を

いつも料理になにげなく使っている砂糖にもさまざまな種類や特性があり、むいている料理も変わってきます。作る料理によってじょうずに使い分けると、砂糖の味や成分をさらに活かすことができるでしょう。

毎日使うものだからこそいいものを使いたいと思うのはみんな同じ。きび砂糖はミネラルなど栄養成分も豊富なので普段お使いの砂糖と代用して料理の幅を広げてみるのもいいかもしれませんね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

トマト 調味料

カゴメの「トマトでパッとひと皿」シリーズから、『トマトとほうれん草のアンチョビソテー用ソース』と『トマトのピリ辛ナムル用ソース』が発売!手軽に魅力的な野菜の副菜を作れる調味料で、トマトの魅力をたっぷり堪能して…

調味料

「だし醤油」とはどんなものかご存じですか?じつは料理に利用する頻度が高い調味料なんですよ。今回は、だし醤油の使い方と作り方、活用レシピをご紹介していきます。これを覚えれば料理上手になること間違いなし!

キャンプの経験がある方は飯盒炊飯(はんごうすいはん)でご飯を炊いた経験はありませんか?外でご飯を炊くのに便利な飯盒炊飯ですが、飯盒炊爨(すいさん)じゃないの?と思われたかたはいるでしょうか。果たして正しいのは…

「シーチキン」と「ツナ」、似たようなものを指しているようだけれど、名前が違うのは何故……と思ったことはありませんか?今回は、そんな素朴な疑問を解決します!違いはあるのでしょうか、それとも同じものなのでしょうか…

マスタードと辛子、どちらも辛い黄色い調味料ですが、みなさんはこの2つの違いをご存じですか?おでんには辛子、ホットドックにはマスタードが定番ですが、おでんにマスタードではダメなのか?今回は2つの違いや代用ができ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

現在アメリカで、Zach Kingという男性がVine上で公開しているマジック動画が話題を集めています。その編集作業やCG技術を駆使した独創的かつ精巧な動画は、見れば見るほどに魅入ってしまう中毒性があるんです…

日本酒 花見 まとめ

お祝いごとにはもちろん、四季折々の行事にも日本酒は欠かせませんよね。日本人なら是非知っておきたい、日本酒に関わる伝統的な季節の年中行事をまとめました。和食文化の中でも歴史の長い日本酒の、風流な楽しみ方をご紹介…

まとめ

髪の毛は女性の命とも言うように、お手入れはしっかりしておきたいですよね。食事は身体の健康だけでなく、髪の毛にも影響を与えます。そこで今回は、髪の毛に良い食べ物を紹介します。いつまでもツヤツヤで美しい髪の毛を保…

女子会 合コン まとめ

これからの時期、本当に忘年会や新年会などの飲み会が多いですよね。そしてよくあるのが、ついつい終電を逃してしまった…なんて事態。そんな時に役にたつ対処法を5つあげてみました。是非ピンチの時に参考にしてみてくださ…

フルーツ ドリンク まとめ

妊娠中の辛いつわり…人によって全然その加減は違うそうですが、実際に辛いつわりを経験した人たちが、そんなつわり中に「これを食べて楽になった!」という食べ物を理由付きで7つご紹介します♪是非、現在つわり真っ最中と…

ワイン まとめ

テーブルマナーをしかっりとご存知ですか?意外と間違ってしまっていたり、知らなかったり…なんてことも多いと思います。今回はやってはいけないテーブルマナーを3つご紹介します♪きちんと身につけてデキる女を目指しまし…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

おつまみ

今回ご紹介するのは、大豆を揚げて甘辛く味付けした「大豆の甘辛揚げ」のレシピ。給食の人気メニューとして懐かしく覚えている人も多いはず。カリッとした食感が心地よく、ご飯が進みます。実はコレ、お酒のつまみにもピッタ…

おつまみ

旬の鰤(ぶり)は、特に脂がのってとっても美味しい魚。今回はぶりのカマをシンプルに塩焼きに仕上げてみましょう。必要なのは、カマと塩だけ。グリルでびっくりするほど簡単に、臭みのない塩焼きが楽しめます。ふっくら美味…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...

ページTOPに戻る