ローディング中

Loading...

「御御御付け」という言葉、あなたは読めますか?これは「おみおつけ」と読むのですが、その正体を知っている人って、実は少なくないみたいですよ。今回は、そんな「おみおつけ」の正体や、歴史など、深く掘り下げていきたいと思います。

おみおつけとは?

「おみおつけ」とは、味噌汁を丁寧に表現したことばです。
これは古くは女房詞(女房言葉)から派生して、今では一般化し特に関東地方で多く使われる言葉なのだとか。

味噌汁がなぜ「おみおつけ」と呼ばれることになったのか、おみおつけの語源や歴史、味噌汁との違いなど、おみおつけにまつわる話をご紹介していきたいと思います。

「御御御付け」の読みが「おみおつけ」

「御御御付け」は「おみおつけ」と読みます。これは、先ほども書いた通り、室町時代の女房詞(女房言葉)から派生したものです。なぜ頭に「御」が3つ続くのかについては、次のような説があります。

名前の由来にはいろんな説が

女房詞に“膳の飯につけて出す汁物”と言う意味の「つけ」に、接頭語「御」をつけた「おつけ」という言葉があります。その「おつけ」をさらに丁寧にして「御御(おみ)」をつけたものが「御御御つけ」(おみおつけ)であるという説。

また、「おみ」は味噌の女房言葉であり、本来は吸い物のことであった「おつけ」に、味噌の意の「おみ」をつけて味噌汁を「おみおつけ」と呼ぶようになったという説。

ひとつの言葉の由来でも、いろんな説があるんですね。

丁寧語には「おみ」をつける

「“おみ”ことば」、というものがあります。
例えば、「足」を丁寧に表現した「御御足(おみ足)」ということば。頭に「お」だけをつけても「み」だけをつけても、意味が変わったり言いにくかったりします。「おみ」という接頭語の重ね表現だと、しっくりした言葉になりますね。

この「おみ」を頭に着けて表現する言葉に、「御御足(おみ足)」「御神酒(おみき)」「御神輿(おみこし)」「御神籤(おみくじ)」などがあります。「御神酒(おみき)」の元になる言葉も「御御酒(おみき)」で、「御御(おみ)」は丁寧語「お」と「み」を重ねてひとつの接頭語として使われたものと考えられています。

ほかにも「御御(おみ)」の語源には諸説あるようですが、正確な語源はわかっていないとされています。

おみおつけの歴史

味噌汁の発祥

長い歴史の中で、私たち日本人の健康を支えてきた味噌。
「味噌汁」というお料理は、平安時代に登場する味噌と、鎌倉時代に中国からやって来た僧が伝えたすり鉢の登場で作り始められました。粒味噌はそれまでは食べ物につけたりしてそのまま食べられていたようです。すり鉢の登場で、すりつぶした味噌が水に溶けやすいことがわかり、そこから味噌は味噌汁として利用されるようになりました。

味噌汁は鎌倉武士の食生活を支え「一汁一菜(主食、汁もの、おかず、香の物)」の食事の基本スタイルが確立されました。これは現代人の、バランスの取れた食生活のためのお手本にもなっています。

味噌や味噌汁などが庶民の口に入るようになったのは、室町時代になってからと言われています。この時代には、大豆の生産量が増え農民たちが味噌を作って保存するようになりました。味噌汁をはじめ、数々の味噌料理がこの時代に作られ今に伝わっています。

「おみおつけ」という呼び方

「おみおつけ」は室町時代の女房言葉から派生した言葉で、「おみ」は「味噌」「おつけ」はご飯と一緒に出される汁物を意味していました。

「おみおつけ」は「御御御つけ」と、何重もの丁寧語で書かれるほど、大切なお料理として扱われました。江戸時代に江戸に伝わってからも、とても価値のある食べものとされていました。「おみおつけ」はすっかり庶民の暮らしに定着していき、これが次第に全国に広がっていったようです。

おみおつけと味噌汁の違い

厳密には違うといわれる「おみおつけ」と「味噌汁」。
呼び名以外では、何が違うのでしょうか。それぞれをどんなものなのか、整理してみたいと思います。

味噌汁

日本料理で、ご飯とともに出される汁物のひとつ。昆布やかつおなどでダシをとったものをさらに味噌で調味し、色々な野菜や豆腐、油揚げなどの具を入れたスープのようなものです。

おみおつけ

漢字では「御御御付」、または「御実御汁食」と書きます。

【御御御付について】
室町時代の女房や貴族が使った言葉で、ご飯と一緒に出す汁物を丁寧に言った「おつけ」に、「味噌」をあらわす女房言葉である「おみ」が頭について味噌汁を表現したもの。また、「おつけ」に、接頭語の「御御(おみ)」をつけてさらに丁寧に表現したものともされます。

【御実御汁食について】
「おみおつけ」と読み、味噌汁の丁寧語。元は具沢山の味噌汁のことを言います。

「御御御付」「御実御汁食」どちらの言葉も「御」を重ねて使っており、具を沢山使った贅沢なもの……例えば現代でいう、ゴボウや、大根、芋などの野菜や、豚肉、コンニャク、豆腐など具材を豊富に使った「とん汁」や「けんちん汁」などのような、栄養たっぷりな食べものであったかと考えられています。

このように見ていくと、一汁一菜で汁物が大事な栄養源であった時代に、「おみおつけ」は具を多く使った高貴な食べ物だったのでしょうか。

おみおつけは方言?

「おみおつけ」という言葉は、主に東日本で使われます。西日本でいう「味噌汁」を、江戸っ子は「おみおつけ」と呼ぶのが一般的。そのため「おみおつけ」は、東京弁ではないかとも言われますが、これは女房詞(女房言葉)で、室町時代初期頃から宮中に使える女房が使い始めた丁寧で上品な言葉です。方言ではなく、古い時代からの中央語ということになります。

女房詞で使われていた「おみおつけ」が略されて、特に京阪神では味噌汁のことを「おつけ」とも言われるようになりました。

たまには「おみおつけ」と呼んでみよう

私は子供の頃から、「お味噌汁」の呼び名を当然のようにして育ちました。「おみおつけ」の言葉の語源や、味噌汁との違いなどについては諸説ありますが、昔から人は、健康でいるための食材を作り出し、大切に保存して活かすことに努力してきたことが伝わってきます。

毎日のお味噌汁をいただくとき、「おみおつけ」を作り守って来た人たちの思いも一緒にいただきたいと思いました。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

街のおトク情報満載のクーポンマガジン『HOT PEPPER』が、日本を訪れる観光客の数で上位6位までの国と地域(中国、台湾、香港、韓国、タイ、アメリカ)の訪日観光経験者を対象に、日本観光における「食」に関する…

納豆 豆腐

大豆を日頃からこよなく愛す人も多いことでしょう。味噌汁のお味噌も納豆も、豆腐も大豆が原料の食べ物なのですから。そんな大豆には、イソフラボンという女性ホルモンと密接した栄養素が含まれています。しかし食べ過ぎには…

ヨーグルト レシピ

今回ご紹介するのは「ヨーグルト味噌汁」。意外にも、ヨーグルトと味噌汁の相性は抜群のようです。旨味も栄養もアップするという良いこと尽くしの「ヨーグルト味噌汁」は最強?さっそく、レシピやその効果を紹介したいと思い…

レシピ まとめ

何気なく食べているなめこの味噌汁ですが、なめこにはビックリするくらいたくさんの栄養素が含まれています。そしていつも同じような味になってしまうなめこの味噌汁の、さまざまなアレンジレシピを一挙ご紹介!なめこの魅力…

うどん 関西

みんな大好きな「たぬきうどん」。サクサクの天かすとノドごしのよいうどんの相性が抜群ですよね。でもちょっと待って!じつは、天かすが入っているものだけが「たぬきうどん」ではないようです。どうやら関東と関西では呼び…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

日本酒 まとめ

新年と言えば、初詣にお節、お雑煮、そして欠かせないのがお酒ですよね。しかもお正月は日本酒を飲む機会もなぜか増える。その中でも日本酒には縁起の良い名前のお酒があるのをご存知ですか?是非とも年明けから運気を呼びこ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

ヌテラ おやつ

今や200カ国で愛されている「ヌテラ」。日本でも密かなブームとなっていましたが、ここへ来て急速に人気が高まっています。「あの味がたまらない」「クセになる!」と評判の「ヌテラ」とは一体どういうものか、乗り遅れる…

チョコレート

もうすぐクリスマス!macaroniでは、ロッテ「ガーナチョコレート」を使ってクリスマスチョコスイーツを作り、「#手作りチョコガーナ」のハッシュタグをつけてSNSに投稿していただくキャンペーンを実施します。ぜ…

カクテル

いい気分でお酒を飲んでいるのに、なんだかまぶたが重くなる。そんな経験は多くの人がしていると思います。どうしてお酒を飲むと眠くなってしまうのでしょうか。それは体にとってよいことなのでしょうか、悪いことなのでしょ…

毎朝鏡を見ていると、なんだか今日は唇がかさついてたり、腫れぼったい感じだったり変化がありませんか?食生活やいつも使うリップクリームが唇が荒れる原因を作っていることもあります。唇からのサインを見逃さず、きれいな…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...