ローディング中

Loading...

同じ漢字が並んでいる「御御御付け」、読めるでしょうか?実はこれ、毎日食卓に上がっているものなんですが、意外と知らない人が多いかもしれません。今回は、そんな御御御付けの正体とその語源について探ってみました。知らないあなたは要チェックです!

おみおつけとは?

「おみおつけ」とは、味噌汁を丁寧に表現したことばです。
これは古くは女房詞(女房言葉)から派生して、今では一般化し特に関東地方で多く使われる言葉なのだとか。

味噌汁がなぜ「おみおつけ」と呼ばれることになったのか、おみおつけの語源や歴史、味噌汁との違いなど、おみおつけにまつわる話をご紹介していきたいと思います。

「御御御付け」の読みが「おみおつけ」

「御御御付け」は「おみおつけ」と読みます。これは、先ほども書いた通り、室町時代の女房詞(女房言葉)から派生したものです。なぜ頭に「御」が3つ続くのかについては、次のような説があります。

名前の由来にはいろんな説が

女房詞に“膳の飯につけて出す汁物”と言う意味の「つけ」に、接頭語「御」をつけた「おつけ」という言葉があります。その「おつけ」をさらに丁寧にして「御御(おみ)」をつけたものが「御御御つけ」(おみおつけ)であるという説。

また、「おみ」は味噌の女房言葉であり、本来は吸い物のことであった「おつけ」に、味噌の意の「おみ」をつけて味噌汁を「おみおつけ」と呼ぶようになったという説。

ひとつの言葉の由来でも、いろんな説があるんですね。

丁寧語には「おみ」をつける

「“おみ”ことば」、というものがあります。
例えば、「足」を丁寧に表現した「御御足(おみ足)」ということば。頭に「お」だけをつけても「み」だけをつけても、意味が変わったり言いにくかったりします。「おみ」という接頭語の重ね表現だと、しっくりした言葉になりますね。

この「おみ」を頭に着けて表現する言葉に、「御御足(おみ足)」「御神酒(おみき)」「御神輿(おみこし)」「御神籤(おみくじ)」などがあります。「御神酒(おみき)」の元になる言葉も「御御酒(おみき)」で、「御御(おみ)」は丁寧語「お」と「み」を重ねてひとつの接頭語として使われたものと考えられています。

ほかにも「御御(おみ)」の語源には諸説あるようですが、正確な語源はわかっていないとされています。

おみおつけの歴史

味噌汁の発祥

長い歴史の中で、私たち日本人の健康を支えてきた味噌。
「味噌汁」というお料理は、平安時代に登場する味噌と、鎌倉時代に中国からやって来た僧が伝えたすり鉢の登場で作り始められました。粒味噌はそれまでは食べ物につけたりしてそのまま食べられていたようです。すり鉢の登場で、すりつぶした味噌が水に溶けやすいことがわかり、そこから味噌は味噌汁として利用されるようになりました。

味噌汁は鎌倉武士の食生活を支え「一汁一菜(主食、汁もの、おかず、香の物)」の食事の基本スタイルが確立されました。これは現代人の、バランスの取れた食生活のためのお手本にもなっています。

味噌や味噌汁などが庶民の口に入るようになったのは、室町時代になってからと言われています。この時代には、大豆の生産量が増え農民たちが味噌を作って保存するようになりました。味噌汁をはじめ、数々の味噌料理がこの時代に作られ今に伝わっています。

「おみおつけ」という呼び方

「おみおつけ」は室町時代の女房言葉から派生した言葉で、「おみ」は「味噌」「おつけ」はご飯と一緒に出される汁物を意味していました。

「おみおつけ」は「御御御つけ」と、何重もの丁寧語で書かれるほど、大切なお料理として扱われました。江戸時代に江戸に伝わってからも、とても価値のある食べものとされていました。「おみおつけ」はすっかり庶民の暮らしに定着していき、これが次第に全国に広がっていったようです。

おみおつけと味噌汁の違い

厳密には違うといわれる「おみおつけ」と「味噌汁」。
呼び名以外では、何が違うのでしょうか。それぞれをどんなものなのか、整理してみたいと思います。

味噌汁

日本料理で、ご飯とともに出される汁物のひとつ。昆布やかつおなどでダシをとったものをさらに味噌で調味し、色々な野菜や豆腐、油揚げなどの具を入れたスープのようなものです。

おみおつけ

漢字では「御御御付」、または「御実御汁食」と書きます。

【御御御付について】
室町時代の女房や貴族が使った言葉で、ご飯と一緒に出す汁物を丁寧に言った「おつけ」に、「味噌」をあらわす女房言葉である「おみ」が頭について味噌汁を表現したもの。また、「おつけ」に、接頭語の「御御(おみ)」をつけてさらに丁寧に表現したものともされます。

【御実御汁食について】
「おみおつけ」と読み、味噌汁の丁寧語。元は具沢山の味噌汁のことを言います。

「御御御付」「御実御汁食」どちらの言葉も「御」を重ねて使っており、具を沢山使った贅沢なもの……例えば現代でいう、ゴボウや、大根、芋などの野菜や、豚肉、コンニャク、豆腐など具材を豊富に使った「とん汁」や「けんちん汁」などのような、栄養たっぷりな食べものであったかと考えられています。

このように見ていくと、一汁一菜で汁物が大事な栄養源であった時代に、「おみおつけ」は具を多く使った高貴な食べ物だったのでしょうか。

おみおつけは方言?

「おみおつけ」という言葉は、主に東日本で使われます。西日本でいう「味噌汁」を、江戸っ子は「おみおつけ」と呼ぶのが一般的。そのため「おみおつけ」は、東京弁ではないかとも言われますが、これは女房詞(女房言葉)で、室町時代初期頃から宮中に使える女房が使い始めた丁寧で上品な言葉です。方言ではなく、古い時代からの中央語ということになります。

女房詞で使われていた「おみおつけ」が略されて、特に京阪神では味噌汁のことを「おつけ」とも言われるようになりました。

たまには「おみおつけ」と呼んでみよう

私は子供の頃から、「お味噌汁」の呼び名を当然のようにして育ちました。「おみおつけ」の言葉の語源や、味噌汁との違いなどについては諸説ありますが、昔から人は、健康でいるための食材を作り出し、大切に保存して活かすことに努力してきたことが伝わってきます。

毎日のお味噌汁をいただくとき、「おみおつけ」を作り守って来た人たちの思いも一緒にいただきたいと思いました。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

ロブスター

「魚には痛覚がないから、生きたまま調理しても大丈夫」と、一度は聞いたことはあるのではないでしょうか。世界的にも踊り食い文化は、決して多くなく、よくも悪くも注目されています。しかし、近年の研究結果では、少し話が…

和食

2013年に無形文化遺産に登録された日本食は、その繊細な味のみならず、盛りつけや器の美しさも注目されています。しかし、海外の日本食チェーン店では、にわかに信じがたいものが“本物の日本食&rdquo…

和食

和食の配膳には、じつはいろいろな理由があります。たとえば、ご飯と味噌汁の位置、ご存じですか?毎日の食卓でも正しい配膳ができるよう見直してみましょう!今回は、ご飯と味噌汁の正しい位置や、配膳マナーについてまとめ…

スイーツ お土産

フランス生まれのスイーツ、カヌレ。日本ではケーキ屋さんなどでたまに見かける程度ですか?いいえ。なんとカヌレの専門店が大阪にあるのです。その名も「カヌレ堂」。しかも一味違った日本のカヌレを提供し、多くの女子たち…

シュークリーム エクレア

ケーキ屋さんだけでなく、最近はコンビニでも買えるようになったシュークリーム。じつは、英語圏で「シュークリーム」と言っても別の意味で通じてしまうんですよ。シュークリームの名に秘められた意味をお伝えします。

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

新潟 お土産 スイーツ まとめ

新潟といえば、大自然から生まれた「おいしいもの」がたくさんあります。そんな、食材の宝庫・新潟県では、どのようなお土産が手に入るのでしょうか。わざわざ買いに行きたくなるような、絶品新潟土産をご紹介していきたいと…

日本酒 まとめ

新年と言えば、初詣にお節、お雑煮、そして欠かせないのがお酒ですよね。しかもお正月は日本酒を飲む機会もなぜか増える。その中でも日本酒には縁起の良い名前のお酒があるのをご存知ですか?是非とも年明けから運気を呼びこ…

カフェ お土産 テイクアウト まとめ

街で評判のカフェには、評判になるようなお土産アイテムが絶対にありますよね。今回は中でも評判のカフェのお土産を選りすぐってお届けします。

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

スムージー ドリンク

4月からの新生活、環境の変化によって食生活が乱れていませんか?そんなあなたの朝食に取り入れてほしいのが、ナチュラルヘルシースタンダードの「ミネラル酵素スムージー」。この春のリニューアルにより、さらにおいしく、…

ドリンク

2017年4月25日(火)、「サントリー天然水 プレミアムモーニングティー レモン」が発売されます!フリーアナウンサーの内田恭子さん、人気マンガ編集者の佐渡島庸平さんによる発売記念トークイベントの様子と合わせ…

バナナ

朝バナナを食べるだけで、健康的なダイエットができるって、ご存知でしたか?ビタミンやミネラルが豊富で、私たちの健康の役に立ってくれるバナナですが、ダイエットでも大活躍してくれるんです!痩せるだけでなく、ほかにも…

調味料 大阪

ソースと言っても色々ありますが、今回は関西で人気の「どろソース」をご紹介します。東の方ではあまり見かけないどろソースですが、これを使うといつものお料理もぐっとおいしくなると評判なんです。その使い方と、どろソー…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...