ローディング中

Loading...

どこかで耳にしたことがあるという人も多い「水蜜桃」。日本では桃の品種や、桃全体の代名詞として使われているようですが、実は桃の原産地である中国では、ちょっと違った意味になることもあるんだとか。今回はそんな水蜜桃についてご紹介しますよ。

水蜜桃とは?

日本の初夏に欠かせない果物である、桃。そんな桃にはいろいろな種類や呼び方がありますが、そのうちのひとつが「水蜜桃」です。

水蜜桃にはいくつかの意味があるとされており、文字通り桃の品種を呼び表す言葉のひとつとして使われる場合もあれば、桃全体を指す代名詞的な意味合いもあるんだとか。

今回は、そんな水蜜桃についてご紹介していきますよ。

水蜜桃の使われ方まとめ

まずは、おそらく最も多く使われているであろう品種としての「水蜜桃」です。これは中国が原産となっており、日本には明治期に入ってきたのだそう。それまでの花を楽しんだり、薬効を得るために使われていた甘みの少ない桃と違い、みずみずしさと甘さが特徴です。

続いては、桃には果肉がオレンジ色をした「黄桃」と、白い色をした「白桃」がありますが、そのうち白桃の品種に対して使われる「水蜜桃」という呼称です。とはいえどんな桃に対しても呼ばれるわけではなく、特に品質の高いものに関して、その呼び方が使われているのだそう。具体的な品種では、「白鳳」「川中島白桃」などがそのように呼ばれることが多いようです。

また、風邪のときなどにおなじみの桃の缶詰も、水蜜桃と呼ばれることがあるようです。甘いシロップに漬けられている桃ですから、漢字からイメージが湧きやすいかもしれませんね。

また、中国でこの言葉が使われるときはすこし色っぽい意味になるようです。知らず知らず使っていると、もしかしたら驚かれてしまうかも?

桃の品種「水蜜桃」

「水蜜桃」の原産地は中国西北部の黄河上流とされています。「桃」は日本には弥生時代に伝わりました。鎌倉時代には水菓子として愛され、当時の品種はそれほど甘くなく薬用・観賞用として慕われていたのだろう。

明治時代には、甘味の強い「水蜜桃」系の桃が輸入され広まりました。日本で食用として栽培されている桃は「水蜜桃」系を改良したものとされています。

7月に「水蜜桃」は実り、球形の果実は赤みがかった白色の薄い皮に包まれ、果肉は水分を多く含んでいます。「水蜜桃」は収穫後すぐに軟らかくなるため、賞味期間も短いのが特徴です。現在日本で市場に出回っている品種は、白桃系と白鳳系がほとんどなどだそう。

日本国内では福島県、山梨県、長野県など、盆地で栽培されることが多い品種でもあります。

桃のシロップ漬けも「水蜜桃」

先ほどご説明したように、「水蜜桃」はその甘みと柔らかさが特徴的で現在日本で多く広まっています。その中で、水蜜桃は缶詰などにも使われています。

7月にのみ生産される太陽の光をサンサンと浴びた「水蜜桃」は、みずみずしい味わいもあることから、桃シロップとしても出回っています。

高糖度の「水蜜桃」は、現在では手軽に楽しむことも出来るようになっているのです。

中国ではドキドキするものも「水蜜桃」

「水蜜桃」には、中国語の意味合いとして、日本語とは異なるいくつかの意味を持ち合わせています。

そこには、女性に対して使用する言葉も含まれており、その色っぽさにドキドキしたときなどに「水蜜桃」と言葉を使うこともあるのです。

それでは、中国女性に使われる「水蜜桃」の言葉と意味のご紹介です。

1つ目の意味は、頬のようにほのかに赤らんで、膨らみくびれた水蜜という言葉です。桃の味やおいしさを伝える意味になります。

2つ目の意味は、何年となく続いて来たこの平穏無事な状況が、桃のように尻の方から腐って来たような気がしているという言葉です。堕落や破滅を意味しています。

3つ目の意味は、水蜜桃のような頬ということばです。頬の雰囲気を意味しています。

桃自体のことを「水蜜桃」と呼ぶ地域も

3000年前から中国で食されていた「桃」。当時は、観賞用や薬用として使われており、あまり現在のように食べられてはいませんでした。しかし、徐々に桃も甘みのある物が誕生してきたことによって、食用として食べられるようになるのです。

弥生時代には、貴族の中で食べられるようになったものの、一般では存在すら知られていませんでした。それが、一般にも広がり食べられるようになったことから全国に広がっていきます。

中でも、水蜜桃は世の中に広がっていきました。山梨や福島、長野など盆地で桃が栽培されるようになったことで、有名になっていったのです。桃には「白鳳」や「白桃」などと呼ばれる品種がありますが、「白鳳」は水蜜桃と呼ばれ、「白桃」は水蜜桃と呼ばれることはなく種別されていることが多いようです。

おわりに

「水蜜桃」は、これまで薬用など貴族に愛されていた食材でしたが、徐々に一般にも広がっていき、世間一般でも愛される果物となりました。

7月にしか栽培されない貴重な「水蜜桃」も、今では缶詰や桃シロップとして広がることで、手軽に手に入れることが出来るようになっています。

その使い方も様々で、お中元や日常の中のデザートとしてなど、シーンや利用方法に応じて楽しんでみてはいかがでしょうか。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

ケーキ

カフェコムサで、初コレクションとなる「ももコレクション」(第1弾)が開催!夏の大人気フルーツ「白桃」をふんだんに使用したショートケーキ、ジューシーなメロンやいちじくと合わせたケーキなど、国産の白桃の魅力を存分…

フルーツ スイーツ

旬のフルーツをコンセプトにしたあま~い「北海道産らいでんメロン」♩昨年からの大好評のひと品で糖度が高く、赤肉のジューシーな甘みと芳醇な香りに定評があります!ご褒美感を演出した見た目もエレガントなスイーツです♩

和菓子 フルーツ

フルーツ大福と言えば「いちご大福」を思い浮かべる方が多いと思いますが、大阪にある一心堂では、いちごのほかにもフルーツをふんだんに使った大福がたくさん販売されています。今回はそんな中から夏にぴったりな「スイカ大…

スイーツ

"見た目も可愛く 味も美味しく"をコンセプトに乙女心がときめくようなフラワーゼリーポップスのレッスンを行っているA'S sweetさんのご紹介です。絵本の中に出てくるような愛らしく美しい、新時代のス…

スムージー レシピ フルーツ まとめ

野菜やフルーツがたっぷり入ったスムージー。美容やダイエットにもおすすめです。今回は、おいしいスムージーを作るための食材・ミキサー選び、小松菜やバナナを使った人気のスムージーレシピをご紹介。お野菜嫌いのお子さま…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

スイーツ まとめ

女性に限らず、人間は甘いものが大好きです。なぜなら、糖分が足りなくなると、脳が上手く機能しなくなってしまうから。しかし、砂糖が持つ効果によって、美容、健康への悪影響が起こる事がわかりました。中でも覚えておきた…

おしゃれ カフェ レストラン 東京 まとめ

東京にはおしゃれなカフェがいっぱい!今回は雑誌の撮影などで使われるお店を中心に、SNS映えする店内やフォトジェニックでおいしい料理が食べられるカフェを厳選しました。これで行きたいお店が見つかるはずです!

ニューヨーク レストラン カフェ スイーツ まとめ

ご旅行などでNYに行かれる予定のある方必見♡なんと、10ドル以下で食べられるお店がNYにはたくさんあるんです。美味しくてお財布に優しいお店を紹介していきます。

日本酒 まとめ

プレゼントに日本酒を送るってとってもおしゃれですよね♡でも、さらに感動もプラスしてみませんか?今回は、日本酒をあげるときにしたら相手を感動させられる方法を4つご紹介します!是非、周りの人を喜ばせてみてはいかが…

まとめ

夏になると食欲が落ちてしまうことありますよね?そんなときに胃に優しい、食べるといい食べ物についてご紹介します。今年の夏もおそらく暑くなりそう^^;なので、胃腸を大事に乗り切っていきましょう。もちろんよく噛むこ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

家庭でおいしい天然水が飲めるウォーターサーバー。「ペットボトルのお水より贅沢……」と使うのを諦めていませんか?「プレミアムウォーター」なら、サーバーレンタル料、送料がかからないんです!飲み水や料理に取り入れて…

おつまみ

大分の漁師たちの贅沢まかない飯「あつめし」。鮮度抜群な出来立ての味わいを家庭で楽しめるんですよ!きゅっと身がしまって脂ノリのよい大分産ブリが、丼に、お茶漬けに、サラダアレンジに……と大活躍!実際に食べた感想を…

アイスクリーム まとめ

ブルボンのロングセラー商品「ルマンド」が、この夏「ルマンドアイス」として地域限定のアイスになって販売されます。今回は、そのルマンドアイスにくわえ、ルマンドを愛するユーザーが作ったルマンドアイスやアレンジレシピ…

吉祥寺 ローストビーフ

吉祥寺のビルの地下に、贅沢なローストビーフ丼を食べられるお店があります。その名も「ローストビーフ大野」。今はやりのローストビーフ丼を、心ゆくまで満喫できる、がっつり系丼めしを提供しているお店なんです。お肉好き…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...

ページTOPに戻る