ローディング中

Loading...

みなさん「赤西貝」という貝はご存知ですか?お寿司屋さんのネタとしても使われているのですが、じつはサザエの代役として使われていることも多いんだそうです。今回はそんな「赤西貝」について、さばき方やおすすめの食べ方まで詳しくご紹介します!

赤西貝とは?

赤西貝とは主に生息しているのは七尾湾であり、その周辺でとれる巻き貝のことをいいます。名前の由来からもきている色鮮やかな赤色をしている貝です。赤西貝は、アクキガイ科の種類となっており、他の貝類でいくとホネガイと同じ仲間と言われています。

大きさは最大で15センチになるものもあって、漁師たちの中では「にし」と呼ばれています。柳川市付近の有明海周辺では、「けっぷ」、「こーげ」、「まるげ」という名前で呼ばれていることがあるみたいです。赤西貝は七尾ではアカニシという名前で通っていますが、本来はコナガニシと言われていて、アカニシガイとは別物なのであります。

また、赤西貝は肉食のため、牡蠣などを食べてしまうとも言われてるんですよ。

赤西貝の味は?

赤西貝のワタには実は刺激のある渋みがあるため、貝殻のまま調理したりすると、ワタの渋いところが、身の部分に染みこんでしまうため、調理するときは身を取り出して、ワタを除いてから調理するようにしましょう。食感は食べたときにコリコリした感じで歯ごたえがあり、磯の香りが豊かなので、口いっぱいに広がります。

そのため、多くのすし屋で提供されていて、それ目当ての外国人観光客もきます。お寿司以外にも、刺身やわかめやきゅうりなどの和え物として食べる人も多いと言われています。

赤西貝の旬はいつ?

赤西貝の旬は、6月から8月と言われており、主に夏の時期となります。愛知県の三河地方、中国四国の瀬戸内海では、多く提供されており、人気が高くなっています。食べ方としては、生で食べることが多く、刺身がベストといわれています。

生で食べるときの調理法は殻ごと割って身を取り出して、調理します。産地以外ではあまり、提供されることが少ないため、観光に来たときにしか知る機会がないのです。実は、缶詰やパックなどで売っている安いサザエのつぼ焼きなどは、中身がアカニシであることがあります。おそらく食感などが似ているため、使用しているのではないでしょうか。

赤西貝のさばき方

貝類は大きく分けて2種類に分かれます。それが二枚貝と巻き貝の2つです。ハマグリ、アサリ、赤西貝などが二枚貝というのです。サザエなどは巻き貝の部類に入ります。
そのため、赤西貝は二枚貝のさばき方になるというわけです。

ではさばき方を紹介していきます。殻をつかう場合は少ないので、まずは殻をハンマーで割るのが1番です。殻を使う場合は、殻に少し穴を開けて、身を殻から離して空気を入れてあげて、身を引っ張り出しましょう。

身を取り出したら、縦に切り目を入れて、身を開いて余分な部分を除いたら水洗いしましょう。塩をつけて、タワシなどでゴシゴシこするときれいに洗うことができます。

赤西貝のおいしい食べ方

刺身

やはり、おすすめは新鮮な刺身ですよね。赤西貝の特徴でもあるコリコリした感じを味わうには刺身で食べるのが1番です。刺身で食べる場合は、赤西貝本来の味がでるため、しっかりと処理をして苦味を取り除いておきましょう。

寿司

次のおすすめはお寿司です。赤西貝は身自体が味わい深いので、そこに醤油とわさび、酢飯が合わさることでより一層おいしさが増します。

炊き込み御飯

最後に炊き込みごはんを紹介します。赤西貝にはいいダシが出るので、炊き込みごはんにすることで、うまみを凝縮した生かし方ができます。炊き込みご飯はあさりを入れたりすることもできるので、一緒に魚介類を入れるのもいいですよ。

市販のサザエは「赤西貝」?

実は、赤西貝はサザエと同じ食感が得られるため、サザエの代役として活躍していることが多いのです。サザエは普通より高いジャンルの魚介類に入ります。よくスーパーなどで販売されている、安いサザエは、中身だけ入れ替えた赤西貝が使われていることが多いのです。

なかなか赤西貝だけで市場に出回ることは少ないので、市販のサザエを買うと赤西貝が食べられることがあるのです。だまされているような気分ですが、食感も磯の香りもしっかりするため、食べていても実はわからないことが多いのです。

赤西貝を通販で

おいしい赤西貝を食べるなら、赤西貝の浜煮がおすすめです。以下リンク先の赤西貝は良質で新鮮なものを使用しているので、素材本来の味が楽しめますよ。赤西貝通販の赤西貝の浜煮は、じっくりと時間をかけて、赤西貝に味を染みこませているため、ご飯のおともとしても食べることができます。

おわりに

赤西貝はなかなか知っている人が少ないと思いますが、食感がよくておいしい食材なのです。しかし、調理方法や下処理をしっかりしないと、本来の味が出せない食材でもあります。

しっかりと下処理をした後は、刺身、お寿司、炊き込みご飯など、おいしさを生かす料理がたくさんあります。なかなか市場に出回らない可能性もあるので、通販サイトなどを利用して食べてみてくださいね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

夏はもちろん、秋冬にも食べたくなるアイスクリーム。風邪をひいたときにも食べてもよいのでしょうか?風邪のときに食べると得られる効果やその注意点など、真相を詳しくご紹介します。意外にも喉が腫れたときにもおすすめな…

ステーキ まとめ 牛肉

肉汁あふれるジューシーなステーキ、お好きな方も多いでしょう。日本ではお店でもステーキの焼き具合は大きく分けて3種類だと思いますが、実は10種類もの焼き具合があるのだとか!どのように分かれているのか詳しくご紹介…

レシピ まとめ

非常にスリムで美しい外見のサヨリ。新鮮なものだと「刺身」や「塩焼き」にするとおいしく、とても上品で淡泊な味わいのお魚です。今回は冬から春にかけておいしくなるサヨリの栄養価やさばき方、またさよりを使った人気のレ…

ラムとマトンといえば、どちらも羊のお肉のことを指します。しかし、そのふたつは一体どこが違うのかご存知でしょうか?同じ羊のお肉でも、ラムとマトンでは味や栄養素に違いがあるのです。今回はその違いについてご紹介しま…

黄金色に輝くイクラがあるのをご存知ですか?『嵐にしやがれ』などの人気番組で紹介され、注目を集めている逸品です。11月の販売開始から1カ月以内に売り切れることもある人気なんですよ。黄金イクラを食べられるお店や、…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

スイーツ お菓子 まとめ

National Dessert Dayというデザートの祭典で決定した、世界のスイーツ25選をご紹介します!日本からはMochi Ice Cream=雪見だいふくがランクイン!この記事をきっかけに全てのスイー…

お弁当 まとめ

今お弁当のアイデアがぎゅっとつまっているのがインスタグラム。その中でも特に「seiko_sato」さんのお弁当のアイデアが素晴らしかったので注目。一体どの様なアイデアにあふれているのでしょうか?

スムージー オレンジ まとめ

スムージーとフレッシュジュースの専門店「FICO & POMUM JUICE (フィコ・アンド・ポム ム ジュース)」に、5月で限定「ダブルリッチオレンジ」が発売開始!

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

コーヒー

ほっと一息つきたいときに飲みたくなるスターバックスのコーヒー。そんな癒しに満ちたあの味、家庭でも味わえるってご存知ですか?今回は、多彩にそろったスターバックスの家庭用コーヒーをみんながどんな風に楽しんでいるの…

お菓子 チョコレート スイーツ

最近SNSで話題の「半熟ショコラ」をご存知ですか?しっとり染みわたるような口どけが大人気!そんな「半熟ショコラ」に、ホワイトチョコレートをベースにした商品が登場しました。そこで今回、パティシエ経験をもつ筆者が…

お弁当 おにぎり まとめ おしゃれ

いまInstagramで話題の「こにぎり」を知っていますか?ひと口サイズのおにぎりなのですが、これを入れるだけで、お弁当がグンとかわいく魅力的になっちゃうんです。その作り方やみんなのアイデアあふれるこにぎりの…

ラーメン

見るからに濃厚な、横浜生まれの豚骨醤油ラーメン「家系ラーメン」。単純においしいだけではなく、「究極の風邪薬」とウワサされています。ラーメンがなぜ風邪薬なんでしょうか?それも、なぜ「家系ラーメン」なのでしょう?…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...