ローディング中

Loading...

みなさんは、“幻のさば”とも呼ばれている「金華さば」をご存じですか?金華ハムなら聞いたことがあるけれど、金華さばは初めて聞いた、という方が多いのではないでしょうか。今回は、そんな金華さばの実態について迫りたいと思います!

金華さばとは?

さばと言えば、日本ではよく食卓にのぼる、親しみのあるお魚ですよね。しかし、同じさばでも、“幻のさば”と呼ばれる「金華さば」を知っていますか?

金華さばといっても、そのような種類のさばがいるという訳ではありません。金華さばは、南三陸の金華山周辺海域で穫れる真さばのこと

一般的にさばは、エサを求めて海を回遊しながら過ごす魚です。ところが、黒潮と親潮が混ざりあう金華山周辺は、エサが豊富なため、この近辺に住むさばはここをほとんど動きません。回遊をせずに豊富なエサをたっぷりと食べられるので、上質な脂が身に入り、そのなかでもさらに選びぬかれた一部のさばのみが、「金華さば」になれるのです。

普通のさばとの違い

大きさ

金華さばの外見の特徴と言えば、その大きさでしょう。普通の真さばのサイズは、50cm前後。一方で金華さばは、基準をクリアした大型のさばしかなれません。というのも、小型の魚はどうしても大型の魚に比べて小さい分、脂ののり具合が悪くなってしまいます。

金華山周辺でとれたからといって、真さばがすべて金華さばになれるという訳ではないんですね。

良質で豊富な脂

大きな身にたっぷりとのった良質な脂は、旬の季節には20~30%にもなるといわれ、醤油をかけても弾いてしまうほどなのだとか。一方で、濃厚ながらも脂が口の中でさっと溶けてしまうので、しつこくなくて食べやすいのも人気の秘密のようです。

また、魚の脂には中性脂肪や動脈硬化のリスクを減らしてくれるEPAやDHAといった栄養素が含まれています。脂の多い金華さばには、この栄養素が通常のさばより多く含まれているので、「おいしくて体にもいい」という、まさに理想的な食べ物なのです。

幻のさばと言われる理由

金華さばには、いくつもの厳しい基準が設けられています。金華山周辺の海域で水揚げされた真さばのうち、一定以上の大きさ、脂のり、鮮度など複数の項目をすべてクリアしたさばのみが、「金華さば」というブランド名を手にすることができるのです。

基準を少しでも欠いたさばが金華さばとして出回ってしまうと、金華さば自体の評判が下がってしまう恐れがあります。そのため、たとえ水揚げ量が少なくても、この基準が厳守されることで金華さばのネームバリューが守られているのです。

希少なため、価格もお高め

品質にとことんこだわっているため、希少価値が高い金華さば。そのためお値段も高めで、一匹2~3万円という高値で取引されることもあります。さらに近年では、水揚げ量自体も減っており、まさになかなか手の入らない「幻のさば」なのです。

金華さばの旬

金華さばの旬は、9月から1月頃まで。秋がもっともおいしい季節です。さばの産卵期は3月から8月頃で、9月を過ぎると、豊富なエサのおかげで脂肪が身にしっかりとのるようになります。

さらに、秋になると海水も冷たくなるため身がぎゅっとしまり、風味とおいしさがアップ。同時に栄養価も格段に上がりますので、まさにいいことずくめなんです。食べるなら、旬の秋が断然おすすめですよ。

どんな食べ方でもおいしい金華さば

金華さばの燻製生ハム

金華さばの燻製生ハム

出典:楽天市場

【送料無料1000円ポッキリ】金華サバ燻製生ハム<110g前後1枚>宮城県石巻港産★平成22年 水産庁長官賞受賞!これが

¥1000

楽天市場で購入
金華さばを燻製にして、生ハムに仕上げた一品です。その食感は、生ハムそのもの!身がやわらかく、金華さばの特徴である脂がしっかりと味わえます。燻製にしてあるので、魚のにおいがちょっと苦手……という人でも食べやすいのが嬉しいですね。日本酒はもちろん、ワインにも合うので、晩酌のおともに試してみては?

金華さばのしめ鯖

金華さばのしめ鯖

出典:楽天市場

【送料無料1000円ポッキリ】金華サバしめ鯖<110g前後1枚>宮城県石巻港産★脂がのった金華さばをすし職人の技と味に近

¥1000

楽天市場で購入
金華さばと言えばコレ!と言えるほど、王道な食べ方が「しめ鯖」です。お酢でさばの身をぎゅっとしめることで、魚のうまみが凝縮され、さばの風味を満喫できます。そのままでもおいしいですし、ちょっと醤油をつけたりわさびをのせたり。酒のつまみとして楽しむのもひとつですし、パプリカなどと和えてマリネにして食卓に出すのもいいですね。

金華さばの鯖寿司

金華さばの鯖寿司

出典:楽天市場

金華鯖ずし 炙り金華鯖ずし 2本セット

¥5000

楽天市場で購入
ふっくらとした銀シャリと一緒に楽しめる、鯖寿司もおすすめです。鯖寿司はもともと京料理のひとつで、近畿地方から中部地方にかけてお祝いやお祭りで作られてきた料理でした。押し寿司やバッテラなども、鯖寿司の一種です。たっぷりと脂ののった金華さばと、絶妙な力加減で握られたシャリとのコンビネーションは、さば好きにはたまりません。

金華さばの缶詰

金華さばの缶詰

出典:楽天市場

木の屋石巻水産木の屋「金華サバ水煮缶詰」170g(宮城県石巻市)

¥440

楽天市場で購入
金華さばの缶詰

出典:楽天市場

金華さば 味噌煮缶

¥3990

楽天市場で購入
金華さばと調味料を加熱し、圧力をかけてパックするさばの缶詰。圧力で骨もやわらかく調理されているので、丸ごと食べることができます。栄養素が壊れにくく、缶の中で染み出た脂にもDHAやEPAが溶け込んでいるので、タレもごはんにかけて食べてしまうのがおすすめ。

水煮や味噌煮から選べます。そのお値段の高さから、なかなか手が出せない金華さばですが、缶詰なら数百円〜とお手頃価格。気軽に試すことができるので、とりあえず、まずは金華さばというものを食べてみたい!という人は、缶詰からチャレンジしてみるといいかもしれません。

金華さばの販売店は?

金華さばは、スーパーやデパート、市場などでも扱っていますが、もっとも確実で簡単な方法は、オンラインでの通販購入です。大手通販ショップのAmazonや楽天市場で取り扱っていますので、各ショップの評判や商品を見比べてみて自分が食べてみたい!と思う金華さばを探してみましょう。

金華さばその人気と希少価値の高さから、父の日や敬老の日などのイベントでのプレゼントとしても評判が高いようです。

金華さばのおいしさに浸ろう!

ごくひと握りの真さばにのみ名乗ることが許された「金華さば」。近年水揚げ量が減ってきていることもあり、近い将来ますます手に届かない存在になってしまう可能性もあります。その前にぜひ一度試してみて、その脂ののった風味に酔いしれてみてください。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

まとめ

いわしという魚を知っていても、一からさばいて調理をするのは初めてという方も多いのではないでしょうか?いわしのさばき方を覚えれば、蒲焼き、煮付け、フライなど、料理の幅も広がります。今回は、さばき方から人気のレシ…

レシピ フルーツ

独特な見た目のドラゴンフルーツ、おいしい食べ方や切り方をご存じない方も多いのではないでしょうか?そもそも皮や種は食べられるもの?今回は、ドラゴンフルーツの基本的な食べ方から、簡単なレシピまでたっぷりご紹介しま…

そうめん

そうめんは古いものほど高級品として扱われることを知っていますか?そうめんは古い方が旨味が増すとされているんです!では、家で保管しているそうめんも古くなるまで待った方がおいしくなるのでしょうか?保存の注意点など…

ホルモン

居酒屋で見かけることもある「ガツ」。みなさんは食べたことがありますか?独特の歯ごたえはガツ刺しで楽しむ方も多く人気の部位なんですが、そもそもガツはどこの部位なのか、ご存じでしょうか?ガツについてや食べ方、おす…

トリュフ きのこ レシピ まとめ

皆さんにも聞き馴染みの多い「世界三大珍味」の一つ、トリュフ。チョコレートにもトリュフというものがありますが、珍味のトリュフとの関係は?さまざまな魅力があるトリュフについて、基本的な食べ方やおすすめレシピなどを…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

定食 まとめ

サッカー日本代表GK・川島選手もよく通っていたという中浦和の大衆食事処「楽亭」が地元民に人気♪何が凄いってそのメニューの種類。150を超える程というからかなりのもん(笑)でもボリューム満点で美味しいって創業か…

京都 カフェ まとめ

京都に点在するあの名店の珈琲カフェ。その名店カフェに足を運んでみたいけど、ちょっと遠いし・・・。しかし!本格のコーヒーが通販で味わえちゃうって知ってましたか?今回は、そんな名店のコーヒー豆お取り寄せ情報を紹介…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

長崎 カステラ スイーツ

長崎に行ったらコレは外せないという名物グルメ「カステラアイス」をご存知?ふわふわのカステラで新鮮な牛乳たっぷりのバニラアイスをサンドした、老舗洋菓子店ニューヨーク堂のカステラアイスが絶妙なおいしさだと話題です。

コーヒー カフェ

スタバでドリンクのカスタマイズができることを知ってる方は多いかもしれませんが、知る人ぞ知るアレンジ「ブラベ」をご存知でしょうか。知らない方はこの機会にこっそりマスターして、少し特別なカフェタイムを過ごしてみま…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...

ページTOPに戻る