ローディング中

Loading...

ズワイガニの中でも色々な呼び方がありますが「セコガニ」という名前を聞いたことはありますか?ズワイガニのメスを指し、1年で食べられるのはわずか2か月ほど。卵の味がまた格別で一度食べると忘れられず、毎年お取り寄せするファンも多いんです。

季節のセコガニを楽しもう

越前ガニや松葉ガニというのは皆、ズワイガニのオスのことです。ご存知でしょうか?あの大きなカニには、いくつもの呼び方があるのです。
ズワイガニのメスは別の名前で呼ばれています。セコガニです。ズワイガニはオスとメスで別々の名前で呼ばれているのです。
どうしてセコガニと呼ばれるようになったのか、由来ははっきりしませんが、セコガニの他にセイコガニ、コッペガニ、香箱ガニ、親ガニなどとも呼ばれています。

セコガニとコッペガニ

セコガニは地方で呼び名が変わりますが、京都府に入るとコッペガニ、またはコッペと呼ばれます。残念ながらこちらも名前の由来は分かりませんが、丹後から取り寄せたコッペガニを名物にしているお食事処は、京都市内にたくさんあります。

セコガニの解禁日

ズワイガニは広げると70cmにもなる大きなカニで、重さは1kg以上になるものもありますが、セコガニは150gから300gほどの小さなカニです。オスとメスでこれほどの差があるので、まるで別の種類のカニのようです。
セコガニのオスであるズワイガニの解禁日は、場所によって違いますが、富山より西では11月からです。オスは春先まで漁ができますが、メスは保護のため解禁日からわずか2ヶ月間しかとることができません。
ですから、セコガニが出回る時期は大変短いのです。

セコガニでしか味わえない「内子」と「外子」

内子

セコガニは2段に卵を持っています。外側の黒っぽい卵の部分を「外子」、中の鮮やかな色の卵巣部分を「内子」といいます。内子は成熟していない卵で、ねっとりしていて味が濃く、歯ごたえはしっかりしています。カニの甲羅の中でかにみそとあえていただくか、味噌汁、炊き込みご飯などでいただきます。

外子

セコガニを見たとき、外から見える卵が外子です。外子はぷちぷちした歯ざわりが特徴で、ほんの少しお醤油を垂らして、ご飯と一緒にいただくとご飯が進みますし、お酒とも相性の良い味です。

セコガニのゆで方

カニはいきなりお湯に入れて茹でると、身を守るために脚を切り離してしまうのだそうです。カニを茹でたら脚が取れてしまった、という失敗はそのせいです。ですから、湯がく前に30分ほど真水に浸けておきます。カニが動かなくなったら、タワシで甲羅についたゴミを落としておきましょう。
カニが余裕をもって入れられるくらいの大きな鍋に、多めのお湯を沸かします。沸騰したら3%前後の塩(水1リットルに対して塩20gから40g)を入れて、カニの甲羅を下にして、お腹を上にして入れます。
もう一度沸騰してから小さいものは13分ほど、大きい物は20分ほど茹でます。茹でている間はアク取りをします。
茹で上がったら、水でさっと洗ってから、「ふんどし」と呼ばれるえらの部分を外して盛り付けます。

セコガニのおすすめの食べ方

味噌汁

セコガニは身の部分はあまり食べるところがないのですが、味噌汁にするとダシを楽しむことができます。
セコガニはハサミで半分にして、沸騰した鍋に入れ、茹だったら味噌を入れて味を整えます。それだけでもとっても美味しいお味噌汁ができます。簡単ですが、外子も内子もセコガニのダシも、カニをまるごと一匹、全部味わえます。
「セコガニを茹でて食べたいけれど、お味噌汁も食べたい」という人は、少ないお湯で塩分少なく茹でましょう。こまめにアク取りをしながらセコガニを茹で、セコガニを取り出したあとにお野菜などを追加してお味噌汁にするとカニダシのお味噌汁ができます。
セコガニのおダシはそのまま鍋にしても美味しいですよ。お試しあれ。

炊き込み御飯(セコ飯)

調味料と一緒に炊飯器で炊き込むだけで、おいしいセコガニご飯が出来上がりです。ご自分の好きな塩梅で、みりんやお酒、お醤油などを入れます。三つ葉を散らしたり、おひたしを添えたりしたら、簡単贅沢炊き込みご飯です。セコガニは味噌汁とセコ飯が一番簡単でおいしいのです。

セコガニを通販で楽しむには

セコガニは小さく、漁の期間も短いため、ズワイガニほど流通していません。しかし通販がありますので、漁港の近くに宿泊したり、お出かけして購入することが難しい場合には、ネットで買うこともできます。
通販には冷凍保存品もあるようですが、漁の時期には生が出回りますので、やはり11月か12月が購入には良いようです。セコガニは以前はあまり知られていなかったのですが、最近は値上がりして来ています。通販では、脚が取れてしまっているセコガニや、サイズが揃っていない大袋は大変安くなっていますので、値段が気になるようなら、そういった「わけあり品」を選ぶとお安くなります。
セコガニの大きな魅力である「外子」は、12月末くらいになると固くなってきます。ぷつぷつとした歯ごたえは11月半ばから12月半ばくらいまでが一番おいしい時期です。

カニ好きなら一度は食べて欲しい!

ズワイガニに隠れて目立たないセコガニですが、実は味にコクがあり、カニ好きに大変なファンがいます。それに、身は少ないのですが、やはりズワイガニ、お味噌汁などにすると大変おダシが出ておいしくいただけます。
ご飯と一緒に炊き込めば、簡単炊き込みご飯、しかも美味しい。
通販で購入しておうちで茹でれば、手軽に贅沢を満喫できること間違いなしです。この冬、セコガニをお取り寄せしてみてはいかがですか?

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

岡山

岡山の蒜山酪農の看板商品「蒜山(ひるぜん)ジャージーヨーグルト」は、濃厚クリーミー×さっぱりの2層仕立てのヨーグルト。さらにかわいいレアパッケージも話題に!? さまざまな賞も受賞しているその味の秘…

レシピ まとめ

あんかけ焼きそばは具をたっぷりと入れることができ、栄養バランスも整えやすいのがうれしいですね。ご自宅でも簡単に作ることができ、アレンジもしやすいです。今回は、海鮮系や肉系、アレンジ系など人気のレシピ15選ご紹…

スイーツ パン

今年も「ベストお取り寄せ大賞」の発表の季節がやってきました!macaroni編集部も審査員として参加。2016年のお取り寄せグランプリに輝くのは一体?さらに10周年を記念して、雑誌CREAとコラボしたムック本…

ロブスター サンドイッチ カニ ニューヨーク

ニューヨーク発のロブスターロール専門店「ルークス」がルミネ横浜にニューオープンします。定番メニューはもちろん、日本初上陸の「ロブスターグリルドチーズ」が味わえるので、ぜひお買い物の途中に言ってみてはいかがです…

北海道 九州

今回ご紹介するのは、テレビ番組『お取り寄せレストラン』にも登場した絶品お取り寄せグルメです。北海道と九州からそれぞれ5品ずつがエントリーしその魅力をアピール。番組を見逃してしまった方もこれを読めばコンプリート…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

タルト 沖縄 カフェ まとめ

宝石のように光輝く、フルーツたっぷりタルト。今回はお取り寄せもできる人気商品をご紹介します。数量限定のものや冷凍してもおいしいタルトなど、バラエティに富んだ商品を揃えました。誕生日会はもちろん、ママ会や親戚な…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

アレンジレシピ フルーツ

リプトン提案の新しい紅茶習慣「Fruits in Tea」にチャレンジ!見た目がかわいくてその上おいしいmacaroniオリジナルのレシピを2つご紹介します。暑い日にのどを鳴らして飲みたくなるアレンジティーづ…

レシピ サンドイッチ ハム

全国各地のご当地食材を食べるのは、その土地の魅力にふれるようで、とってもうれしいことですね♩今回は、そんな食材たちとSNSで人気の「ハムぱくサンド」を組み合わせた「ご当地ハムぱくサンド」のアレンジレシピを、厳…

横浜 カフェ ガレット 専門店 大人の隠れ家

クレープとピザの中間的な食べ物「ガレット」その専門店が横浜にありました。派手な装飾はせず、ゆっくりと食事と飲み物を楽しみたい人が足を運ぶ「12.cafe」の紹介です。横浜でのショッピングに疲れたらここで一休み…

パンケーキ

北海道の赤レンガにある、『円山ぱんけーき』。ふわふわでぷるぷるの食感と、可愛らしい見た目に夢中になる人が後を絶たないんだとか。札幌に行ったらわざわざ訪れるという人も絶えないんだそう!パンケーキ好きな人は見逃せ…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...

ページTOPに戻る