ローディング中

Loading...

節分と言えば、豆まきと並んで「恵方巻きを食べる」が挙げられると思います。その年の方角を向いて、言葉を発すことなく太巻きを食べる……。みなさんも、毎年おこなっているのではないでしょうか。今回は、そんな「恵方巻き」の由来についてのお話です。

節分といえば恵方巻き

あなたは節分に「恵方巻き」を食べますか?
「恵方巻き」を食べるのは、2016年の現代ではすでに節分の行事として一般化していますが、もともとは関西の風習だったってご存じですか?それに全国的に知名度が上がったのはこの10年ほど。まだ行事としては新しいほうなんです。

それに、「恵方巻き」の由来がまたユニーク!
売上の落ちた2月の売上を盛り返す為だったとか、大阪の花街で花魁に長いままの「おしんこ巻」をくわえさして遊んでいたのがルーツだとか、「恵方巻き」の名前をつけたのはコンビニの店長だとか、「恵方巻き」にまつわるユニークな話はたくさんあります。

今回は、そんな「恵方巻き」についてのお話です。

恵方巻きの歴史と由来

江戸時代が発祥?

恵方巻きの起源については、諸説があり、どの時代のどれが正確な「恵方巻き」の由来なのか定かではありません。

古くは豊臣秀吉の家臣が節分に巻き寿司のようなものを食べて戦に出陣し、大勝利をおさめたことにあやかっているという話があります。また、江戸の終わり頃、商売繁盛と厄払いの意味を兼ねて、大阪の商人たちが節分に食べた巻き寿司をルーツとする説や、1800年代の大阪・此花に集まった老若男女が巻き寿司を切り分ける手間を省いて、1本まるかぶりしたことに由来する説などがあります。

大正から戦前

大正時代初期、大阪の花街で座敷遊びの一環として、花魁に節分頃に浸かるお新香を巻いた「しんこ巻」を、1本まるごと加えさして遊んでいたという話があります。想像するも絶句なワンシーンですね。

また、昭和7年には大阪鮓商組合が販売促進のプロモーションとして「巻寿司と福の神 節分の日に丸かぶり」というチラシを作り、大々的に撒いたそう。これには「恵方を向いて無言でしんこ巻を1本食べると、幸運を取り逃がさない」と現代とほぼ同じ意味合いのコピーが書いてあったそうです。

このコピーは、1800年頃、大阪・此花に集まった男女が食べていた「まるかぶり寿司」や、豊富秀吉の家臣が巻き寿司を食べて出陣し、勝利を収めたとか、大阪商人の節分に食べた巻き寿司説などがミックスされているようです。

戦後からは…

夏には花火大会、夏祭りなどのイベントもあり、特にがんばらないでも商店の売上も上がるものです。特に「土用の丑の日」には高価なうなぎが売れて、大変な売上になりますが、これだって蘭学者の平賀源内のプロモーションによるものだってご存知でしたか?

このうなぎを食べる日に対抗して、「恵方巻き」を作りました。戦前に行われていて、いつの間にか立ち消えになった、大阪鮓商組合の「節分の丸かぶり寿司」風習の復活を目論み、プロモーションをかけました。

また、昭和30年頃、大阪のたこ焼き店「元祖たこ昌」の社長が海苔販売の促進活動の一環として恵方巻を考案しました。1970年頃からメディアに取り上げられるようになり、一般に知られるようになっていきました。

「恵方巻き」はセブンイレブンが広めた?

現在はコンビニの「恵方巻き戦争」とも言われ、年々、2月の節分前の時期には恵方巻きを売る商戦がヒートアップしていますが、もともと「恵方巻き」という言葉はなく、平成元年にセブンイレブンが全国展開した際に、店長が名付けたという説があります。

というのも、クリスマスやお正月も終わり、売上が落ちた2月に節分にちなんだプロモーションを仕掛けて、売上を持ち直そうという作戦だったのです。昭和58(1983)年、大阪府と兵庫県だけでの、セブンイレブンの恵方巻き発売でした。

コンビニでの全国展開はファミリーマート

関西のファミリーマートが始めた恵方巻きですが、全国展開したのは、全国に支店が多いセブンイレブン。それもファミリーマートに遅れること6年の平成元年のことでした。

もともと「恵方巻き」は関西で「幸運手巻き寿司」とか、「まるかぶり寿司」などと呼ばれていました。それを「恵方巻き」と呼び始めたのが全国展開しはじめた、セブンイレブンだったというわけです。

「恵方巻き」とネーミングしたことで、なにやらミステリアスで謎めいた雰囲気さえ漂っていますね。

そもそも恵方って?

そもそも恵方とは、一体なんでしょうか?恵方の決め方について紹介します。

恵方は「十二支」と、世の中の物はすべて「木・火・土・金・水」からなるという五行説、そして世の中はすべて陰と陽からなるという陰陽説を結びつけた「陰陽五行説」。さらにそれに、甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸を割り振ったものを「十干」といい、「干支」とは十二支と十干を組み合わせたもので、それに基づいてその年の恵方を決めます。

それにはややこしい表を見なければならず割愛しますが、興味のある方は調べてみてください。

おわりに

いかがでしたか?
恵方巻きの由来に関してはユニークな説がたくさんありますね。“いかにも大阪”な花街での遊びの説が有力とされていますが、いかがなものでしょうか?

また、「恵方巻き」という名前もコンビニ店長がつけたという話も衝撃的ですよね。そして「恵方」の決め方。これは「十二支」と陰陽五行が合わさった「十干」にもとづいて決められているのですね。中国のものだと思っていた陰陽五行がこんなところで、私たちの生活に結びついているとは驚きです。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

中華料理

中華料理に欠かせない点心ですが、そもそも点心とは何なのかご存じですか?餃子やシュウマイなどの印象が強い点心ですが、飲茶との違いは?今回は人気の点心の種類や食べ方、飲茶との違いまで、点心についてのあれこれをご説…

パイナップル

セブンイレブンから、スイカバーの新作「ビッグ パインバー」が新登場!夏になると無性に食べたくなる「スイカバー」の新作とのことなので、期待大ですよね♩パインフレーバーはいったいどのような仕上がりになっているの…

烏賊(イカ)は海の生き物なのに、漢字書くとなぜか烏の文字を使います。この由来なぜなのでしょう?海鳥でもない烏の意味、不思議だと思いませんか?イカだけでなく、タコにも虫ではないのに虫偏のついた「蛸」を使います。…

アイスクリーム スイーツ まとめ

8月に入り夏本番を迎えています。そろそろ夏が終わるとは言え、まだまだ暑い日は続いていますね。そんな日はひんやり冷たいアイスが食べたくなります。今回は、2017年8月、コンビニに登場した注目の新発売アイスをご紹…

「桃太郎さん~お腰につけたきびだんご~♪」で有名なきびだんご。どうしてきびだんごだったのか、どうしてサル・キジ・イヌがついて行ったのか、意外と知らない方が多いのでは?岡山県の名産品でもある「きびだんご」の由来…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

現在アメリカで、Zach Kingという男性がVine上で公開しているマジック動画が話題を集めています。その編集作業やCG技術を駆使した独創的かつ精巧な動画は、見れば見るほどに魅入ってしまう中毒性があるんです…

日本酒 まとめ

家で料理を作っている女性のみなさん!どの料理にどんな日本酒が合うかを今回教えちゃいます。日本酒好きな旦那様や彼氏がいる方に是非読んでもらえればと思います。

まとめ

多くの女性の悩み「貧血」に効果的とされる鉄分を多く含む食べ物やレシピをご紹介します。料理をするのがめんどうという方向けにコンビニで購入できる商品もご紹介するので、最近クラっとすることが多いという方は参考にして…

まとめ

予防接種をしてもかかる可能性があるインフルエンザ…。なんとそんな強力なインフルエンザウイルスと戦ってくれる食べ物があるそうです!身体の中から病気と戦いましょう!インフルエンザに効果的な食べ物を紹介します。…

バー カクテル 東京 まとめ

東京都内にも様々なコンセプトのバーはありますが、映画バーって行ったことありますか?レトロな映画からSFまでお酒とともに楽しめる、映画好きにはたまらない空間です♪お洒落なカクテルを飲みながら映画トーク、だなんて…

居酒屋 まとめ

居酒屋でも健康や美容にいいものを積極的に選んでみませんか?知っているか知っていないかでは大違い!?迷ったらぜひチョイスしたいようなメニューをまとめました。参考にしてみてください♪

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

おつまみ

大分の漁師たちの贅沢まかない飯「あつめし」。鮮度抜群な出来立ての味わいを家庭で楽しめるんですよ!きゅっと身がしまって脂ノリのよい大分産ブリが、丼に、お茶漬けに、サラダアレンジに……と大活躍!実際に食べた感想を…

家庭でおいしい天然水が飲めるウォーターサーバー。「ペットボトルのお水より贅沢……」と使うのを諦めていませんか?「プレミアムウォーター」なら、サーバーレンタル料、送料がかからないんです!飲み水や料理に取り入れて…

レシピ コロッケ

新玉ねぎを丸ごと使った「新玉ねぎ丸ごとコロッケ」のレシピをご紹介します。丸ごと揚げた玉ねぎはインパクト抜群!新玉ねぎのやさしい甘さと、さっくりホクホク食感に心まで温かくなりそう。アツアツのうちにめしあがれ♩

レシピ

難しい火加減の調整は不要!炊飯器で簡単に作れる「新玉ねぎの肉詰め煮」のレシピをご紹介します。とろける新玉の食感と、やさしい甘み、ジューシーな肉汁にほっぺたが落ちそう!今しか食べられない、旬の食材をまるごと味わ…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...

ページTOPに戻る