ローディング中

Loading...

毎日の食卓に欠かせないレタス。しかし悪天候が続くと、驚くほどの値段になっていることもありますよね。葉野菜は必要、でも高い……これからはそんな悩みはなくなってしまうかも?実はレタスは家庭でも栽培できるんです。栽培方法や注意点をご紹介します!

レタスも家庭菜園できる

サラダに欠かせない野菜のレタス。最初に日本で栽培されたは平安時代でした。現在のようにレタスが普及するのは1960年代以降になります。レタスというと丸い形をしたものが一般的でしたが、最近ではサニーレタス、リーフレタス、ロメインレタスなど種類も豊富になりました。

生で食べることが多いレタスは新鮮なものを常備しておきたいもの。いつも新鮮なレタスを食べたいと思ったことはないですか。レタスの栽培は難しく感じるかもしれませんが、家庭菜園やプランターでも育てられるんです。レタスは思ったよりも手間いらずの野菜で初心者にも育てることができます。家庭菜園にチャレンジしてシャキシャキした歯ざわりの新鮮なレタスを味わってみませんか。

レタスとは

レタスは、分類ではゴボウや春菊と同じキク科の植物です。和名は「チシャ」といいます。葉先が赤みがかっているサニーレタスは、「アカチリメンチシャ」なんて呼ばれることもあります。

食卓ではサラダにつかったり、付け合わせにしたりと普段からよく食べる食材ですよね。しかし、レタスは水分が多くてあまり栄養はないと思っていませんか。レタスは90%以上が水分でできているといわれていますが、実はビタミンやミネラルを豊富に含んだ野菜なんです。

どんな栄養があるの?

レタスには、β(ベータ)カロテン、ビタミンC、ビタミンEなどの栄養素が含まれています。βカロテンは老化やガンの予防、ビタミンCは美肌や免疫力アップ、ビタミンEには強い抗酸化作用があるので若返りの効果があるといわれています。そのほかにも、むくみに効果があるといわれているカリウムや妊産婦に必要な葉酸も多く含まれています。食物繊維も豊富なので便秘の方にもおすすめの食材です。

女性にうれしい栄養が豊富なレタスですが、ビタミンCやカリウムは熱に弱いこともあるので生で食べる方がたくさんの栄養素を摂取することができます。レタスは長期保存に向かないので冷蔵庫での保存を工夫したり、こまめに買い足す必要があります。

自宅でレタスが栽培できれば新鮮なレタスが毎日食べられますし、天候不順で価格が高騰しても、家計を圧迫することなく食べられるのは魅力的ですよね。

旬の時期

今では年中スーパーで見かけるレタスですが、本当の旬はいつなのでしょうか。品種によっても若干の差はありますが、レタスの旬は年に2回あります。4月〜5月の春ごろと、6月〜9月の夏ごろです。

レタスは暑さに弱いため、時期ごとに主な産地が変わって通年出荷されています。夏頃に出回るレタスは長野・岩手・北海道から、春〜秋頃は茨城・香川、冬は静岡と各産地から出荷されているそうです。

食卓に欠かせない野菜だからこそ、いつでもおいしいレタスが手に入るのはうれしいですね。

家庭菜園で育てられる種類は?

レタスにも色々な品種がありますが、家庭で簡単に栽培できるレタスにはどんなものがあるのでしょう。レタスには主に玉レタスとリーフレタスがあります。玉レタスは一般的にレタスと呼ばれている丸い形をしたもので、リーフレタスはグリーンリーフなど結球しないものをいいます。どちらの品種も家庭菜園やプランターで栽培することができます。

玉レタスとリーフレタスなら、リーフレタスの方が栽培しやすく、種から育てると60日、苗から育てるとさらに短く約30日で収穫できるようになります。

プランターでの育て方

では実際にレタスをプランターで育てるにはどうしたらよいのでしょうか。レタスは冷涼地を好み暑さに弱い野菜です。発芽に適した温度は18~23℃。気温が25度を超えない時期に栽培を始めましょう。

発芽までの準備

種を水につけて1日そのままにしたあと、布に包んで乾かないようにしてから冷蔵庫に入れます。2~5日間して冷蔵庫から取り出します。

苗に育てるために10cmくらいの高さがある箱を用意します。土に深さ1cmくらいのすじを入れて種をまきます。うすく土をかぶせて、たっぷりと水をあたえたあとは、土が乾かないように新聞紙などで箱の上を覆っておきましょう。

芽が出て混み合ってきたら間引きをします。このときになるべく太いものをのこしておきましょう。間引いたレタスも食べられるので、おいしくいただいてください。本葉が2~3枚になったらひと株ずつポリポットに移し、本葉が4~5枚になったらプランターに植えかえます。

植え付け

レタス栽培の土の準備は、プランターの底に赤玉土を入れ、市販の培養土を使うと簡単に準備できます。レタスの苗をプランターに置いて苗のまわりに土をかぶせるようにしましょう。まわりの株との間隔が狭くなってきた場合は間引きしましょう。

レタスの管理

水やりは玉レタスが根づくまでは多めにあげますが、それ以外は玉レタスもリーフレタスも乾いたときだけにします。肥料は玉レタスなら葉が伸び始めて2週間を目安に追肥します。そのあとも2週間おきに追肥します。結球する頃は肥料を必要としているので、しっかりと追肥しましょう。

リーフレタスは基本的に追肥をしなくても大丈夫ですが、色が悪くなったりした場合は水やりのときに液状の肥料を与えると葉の色がよくなることがあります。

収穫のタイミング

玉レタスの場合は約2ヶ月で収穫できるようになります。結球したレタスを触ってみて弾力のある頃に収穫しましょう。リーフレタスは外側にある葉を数枚とって収穫することもできます。葉をとったら追肥しておきましょう。芯にある葉が伸びてきたら収穫は終わりになります。

育てる際の注意点

育てるポイント

種から育てるのが難しいときやたくさん栽培しないときは苗を買って栽培すると手間がはぶけます。リーフレタスはひなたに置いておくとよく成長します。多湿を嫌うので水はあげすぎないようにしましょう。

レタスは高温や日照時間が長いと茎がのびて花が咲いてトウ立ちしてしまいます。トウ立ちすると固かったり苦くなって味が落ちてしまいます。夜の照明でもトウ立ちしてしまうので日照時間が長い時期や夜の照明が当たらない工夫をしましょう。

注意したい病気

レタスは連作障害があるので、同じ場所で続けて栽培すると病気になりやすい野菜です。同じ土で栽培するのであれば、最低でも2年は間隔をあけるのが好ましいでしょう。連作は病気にかかりやすい原因になることがありますので注意したいですね。

害虫対策

レタスは比較的に害虫がつきにくいですが、生で食べるものなので害虫は避けたいところです。レタスにつきやすい害虫はアブラムシ・ナメグシ・ネキリムシなどがいます。アブラムシには防虫ネット、ナメクジは捕まえてプランターから出してしまいましょう。ネキリムシを見つけたときは土を掘って害虫を除去しましょう。野菜でも安心して使える殺虫剤も市販されているので、害虫をみつけたら早めに対策をしてくださいね。

採れたレタスで作れるレシピ

レタスとツナの炒め物

用意するものはレタス、ツナ缶、醤油、塩こしょうだけというシンプルさ。家にあるものだけであっという間におかずが完成します。

初めにすこしツナと醤油をいれて炒めておき、そのあとにレタスをいれてサッと炒めると、レタスのシャキシャキ感が残ってさらにおいしくなりますよ。

豚バラレタスチーズの串焼き

レタスを使った料理といえばサラダや炒め物のイメージですが、豚バラとチーズを合わせることで立派なおつまみにもなるんです。

水切りしたレタスとチーズを豚バラ肉で巻きます。できあがったものを串で刺して、オーブントースターでよい焼き色になるまで焼けばできあがりです。マヨネーズ・おろしニンニクなどお好みのソースでいただきましょう。

カニカマとレタスのスープ

普通の卵スープに飽きたら、レタスを入れてみてはいかがでしょうか。作り方も簡単で、包丁すら使わずにできてしまうお手軽レシピです。

鍋に水と鳥ガラスープのもとを入れて沸騰させ、細くさいたカニカマとひと口サイズにちぎったレタスを入れて軽く火を通します。溶き卵をまわし入れたら完成。お好みで最後にゴマ油をすこし入れてもよいかもしれませんね。

今日からはじめてみませんか?

レタスの栽培は大変そうに思っていましたが、思ったよりも簡単で手間もかからず作れそうですね。リーフレタスなら、毎日使うときに収穫して新鮮なものを味わえたら、いつものサラダがよりいっそうおいしく感じられそうです。

育てる楽しみと味わう喜び、両方を楽しめるレタス栽培は魅力的だと思いませんか。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ まとめ

前菜の人気メニュー「バーニャカウダ」。根菜やきのこ類など手軽に楽しめますよね。つける野菜に限らず、いろんなソースを作ればマンネリ化することもありません。今回はバーニャカウダの簡単レシピを15選紹介したいと思い…

牛肉 レシピ まとめ

みなさんは牛肉と玉ねぎがあったら、なにを作りますか?牛肉をおいしく食べるには、牛肉を如何に柔らかく食べやすくするかを考えるといいでしょう。煮ても炒めてもよし。どんな風に料理してもおいしくいただける、そんなレシ…

ブロッコリー

料理やお弁当の彩りを添える野菜ブロッコリー。おいしい茹で加減がわからないという声も少なくないようです。今回は、ブロッコリーのおいしい茹で方と茹で時間を調べてみました。下ごしらえの方法も併せてご紹介します。

トマト

夏場にトマトをたくさん購入したとき、どんなふうに保存していますか?トマトを長持ちさせたいなら、冷凍保存がおすすめです!今回は、丸ごと保存、カットして保存、そして冷凍保存など、トマトのさまざまな保存方法をご紹介…

アヒージョ 牡蠣 おつまみ スペイン料理 レシピ まとめ

今回はアヒージョとはどんなお料理なのか、食べ方も含めてご紹介します!エビやアンチョビを使った具材別レシピから、たこ焼き器を使った簡単な作り方、スキレット鍋やアヒージョの素を使ったレシピの魅力まで、人気のアヒー…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

スイーツ フルーツ ゼリー シャーベット まとめ

ディノスの食品バイヤーが厳選した、夏に食べたい新感覚スイーツ6選をご紹介。食品カタログ、オンラインショップから購入する事が可能です。自分用にも贈り物にも楽しめるセットになってますよ。是非、見てみてください。

まとめ

炭水化物ダイエットが有名ですが、じつは炭水化物って身体にとってすごく重要。摂らないのは体調を崩す原因になります。じゃあどうすればいいの?という疑問にお答えします。ダイエット中におすすめの炭水化物炭水化物を紹介…

日本酒 おつまみ まとめ

ご自宅でお酒を飲む時っておつまみが食べたくなりますよね?どうせ美味しいお酒を飲むなら、美味しいおつまみと一緒に飲みたい♪今回はそんな希望を叶えるようなお取り寄せできるおつまみを5個を選びました!

フルーツ スイーツ まとめ

おいしくキレイになる…なんて甘い響きなのでしょう!今回は、女子なら誰しもが一度は望む欲ばりな願いを叶える、美容に◎なスイーツをランキング形式でご紹介しちゃいます♪美容のプロ厳選のスイーツばかりです♪…

お土産 スイーツ まとめ

帰省や旅行などで東京のお土産を買うとき、デパ地下にはお店がたくさんありすぎて迷ったりしませんか?そこで今回は、東京のデパ地下や東京駅周辺で買えるおしゃれで人気のお土産をご紹介します。贈った相手がよろこんでくれ…

コーヒー まとめ

コーヒー好きの人ならばお家で美味しいコーヒー飲みたいですよね?そんな時には美味しいコーヒー豆をお取り寄せするのはいかがでしょうか。この記事ではそんな美味しいコーヒーを飲みたい時にぴったりのお取り寄せコーヒー豆…

パン まとめ

たまには特別なパンを食べたい!そこで今回は、天然酵母などお取り寄せしたいおすすめの人気パンを7選に絞ってご紹介します。わざわざお店へ足を運ばなくても、手軽に絶品パンを楽しめるのはうれしいですよね。贈り物や、自…

スムージー オレンジ まとめ

スムージーとフレッシュジュースの専門店「FICO & POMUM JUICE (フィコ・アンド・ポム ム ジュース)」に、5月で限定「ダブルリッチオレンジ」が発売開始!

スイーツ まとめ

ドライブの楽しみの一つはサービスエリアでのグルメですよね♪今回は、中央自動車道のサービスエリアで食べたいスイーツをまとめてみました。そこでしか味わえないグルメもあるのでぜひ立ち寄ってみてください。

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

おつまみ

大分の漁師たちの贅沢まかない飯「あつめし」。鮮度抜群な出来立ての味わいを家庭で楽しめるんですよ!きゅっと身がしまって脂ノリのよい大分産ブリが、丼に、お茶漬けに、サラダアレンジに……と大活躍!実際に食べた感想を…

家庭でおいしい天然水が飲めるウォーターサーバー。「ペットボトルのお水より贅沢……」と使うのを諦めていませんか?「プレミアムウォーター」なら、サーバーレンタル料、送料がかからないんです!飲み水や料理に取り入れて…

渋谷 カフェ ワッフル スイーツ

渋谷にあるカフェ「モジャ イン ザ ハウス(MOJA in the HOUSE)」で“ワッフルチキン”というジャンクなスイーツ?を食べてきました。「ワッフルにフライドチキンを載せてメイプルシロップ」さあ騙され…

居酒屋 バー おしゃれ バンコク まとめ

眠らない街として有名なタイのバンコクには、世界でも有数のキレイな夜景を楽しめる屋上にあるバー、いわゆるルーフトップバーがたくさんあります。そこで、連休に行ってみたいバンコクのルーフトップバーを9つ紹介しますよ…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...

ページTOPに戻る