ローディング中

Loading...

みなさんは「とら豆」って聞いたことがありますか?まだまだ小豆や黒豆ほどの知名度ではないとら豆ですが、そのおいしさから「煮豆の王様」と呼ばれることも。今回は、そんな最高品質と謳われているとら豆の魅力とおすすめの食べ方をご紹介します。

とら豆とは

みなさんは「とら豆」をご存知ですか?このふしぎな模様がある豆が、とら豆です。実物を見て、すこし驚いたかもしれませんね。とら豆とはつる性のいんげんまめで、北海道で花豆や大福豆とともに、高級菜豆(こうきゅうさいとう)と呼ばれています。

とら豆という名前の由来は、へその周囲に濃黄褐色と淡黄褐色の斑紋が入っており、模様の入りぐあいが虎に似ていることから名づけられました。そのため、漢字では「虎豆」と表記されることもあるんですよ。

もとは明治時代にアメリカのマサチューセッツ州で栽培が始まった「コンコード・ポール」という品種で、現在は「福虎豆」などの新種も栽培されているそうです。

とら豆の特徴

とら豆は豆自体がとてもやわらかいのが特徴です。黒豆と同じくらいの大きさでとても食べ応えがあり、口に入れるとホクホクとした食感が楽しめます。そして後味もすっきりとしていて、いやな渋みなども残らないためとても食べやすい豆なんです。

そして、このとら豆は煮物として調理されることで、より甘さが引き立つとされています。特に甘露煮にするには最高の品質といわれ、「煮豆の王様」とも呼ばれているんですよ。

どこで栽培されているの?

いんげんまめは暑さに弱く、すずしい気候を好む特徴があります。そのため、日本では北海道が主な産地です。特に洞爺湖のまわりの「胆振(いぶり)」という地域で多く生産されているそうです。

5月から6月にかけてのまだ涼しい時期に豆を蒔き、夏に花を咲かせて9月後半から10月初旬にかけて収穫されます。

とら豆の栽培方法

とら豆は、時期や方法に気をつければ家庭でも栽培することができます。

種蒔き

先ほど5月から6月にかけてに種を蒔くとお伝えしましたが、時期は栽培する地域によって調整することをおすすめします。

北海道、または北海道に近い地域ではこの時期でよいですが、より高温多湿な関東では5月ごろに種を蒔きましょう。さらに西側では、4月中旬から5月上旬までに蒔くのがよいでしょう。蒔いてから二週間ほどで発芽してくるそうです。

もちろん畑に蒔いてもよいですし、周りにある程度の広さがあればプランターでも栽培ができるんです。その際はなるべく日当たりがよいところを選びましょう。

栽培方法

とら豆はつる性のため、発芽したあと適度に間引きをしたら、支柱を用意する必要があります。あさがおやゴーヤーのつるを想像していただくと分かりやすいかもしれません。

基本的に芽のそばに支柱を立てれば、自然と巻きつくように育っていきます。うまく巻きついていかないものは、手で反時計回りになるように巻きつかせてあげましょう。

支柱になる棒がなければ、ネットを広げておいても同じ役割を果たしてくれます。最終的には約3mまで伸びるため、自然のグリーンカーテンになりますね。

収穫

だんだん緑だったくきやさやが黄色になり、やがて淡褐色へと変化していきます。成熟すると、さやを振ったらカラカラと音がするようになります。

だいたい種蒔きから4ヶ月ほどで収穫できるようになりますよ。収穫したさやをむくと、なかからあの模様をした豆が出てくるのです。

とら豆の煮方

「煮豆の王様」と呼ばれるだけあり、とら豆の煮豆は甘さ・食感・風味どれをとっても最高レベルとされております。ですが、ひとつ間違えれば、どんなに高い品質の食材でもおいしく食べることはできませんよね。

そこで、今回はそんな、とら豆を美味しくふっくらと仕上げる煮方をご紹介していきます。かんたんなので、ご自宅でもぜひ試してみてください。

戻し方

とら豆は乾燥しているため、煮込む前に戻す作業が必要になります。豆をもどしてから、それぞれの調理法で調理をすることがとら豆の煮方の基本です。

豆をよく洗い、400ccの水にひと晩漬け込んでおきます。 漬け込んだとら豆を、そのまま火にかけていきます。このときに塩小さじ1/4と重曹小さじ1/10を入れて、あく取りも忘れずに行いましょう。弱火で15分から20分くらい茹で、よい固さになったら火を止めて水をきりましょう。

とら豆のおすすめレシピ

甘露煮

とら豆の食べ方はいろいろありますが、やはりおすすめしたいのは甘露煮です。鍋に水を入れて火にかけ、沸騰したらとら豆を入れます。20分ほど煮たら砂糖、薄口醤油を入れて煮汁が半分くらいになるまで煮込めば完成。

ふっくらとした食感と、口の中で広がっていくとら豆のおいしさが存分に感じられますよ。甘みのある味わいが癖になりそう。

煮物

同じ煮込む料理でも、甘露煮だけでなく醤油煮もおすすめ。とら豆は柔らかく味わい深いため、さまざまな味付けにできるのです。 使用する材料、調理法もいたってシンプルなので、ぜひ試してみてくださいね。

戻したとら豆を圧力鍋でふっくらと煮ていき、やわらかくなったら砂糖を入れます。最後に醤油を入れて混ぜあわせ、さらに煮込めば完成。煮崩れしない程度にやさしく煮込みあげることで、やわらかくもふっくらとした醤油煮になりますよ。

サラダ

サラダにするとシンプルな調理法でもとら豆の味わいがより引き立ち、煮物とはまた違ったおいしさを楽しむことができます。

とら豆を圧力鍋でやわらかくなるまで煮込み、セロリや玉ねぎなどの野菜、塩、オリーブオイル、砂糖、レモン汁を加えて味をととのえます。冷蔵庫で冷やせば完成。葉野菜と一緒に盛り付けると、見た目もきれいで立派なおかずのひとつになりますよ。

とら豆茶巾絞り

とら豆でデザートも作ることができます。今回ご紹介するのは、栗きんとんの要領でつくるとら豆茶巾です。とら豆のうまみと甘みを最大限活かしたデザートです。

戻したとら豆と、砂糖、塩、醤油を加えて煮ていきます。汁気がなくなったら火を止めて、マッシャーなどで粗めにつぶします。つぶした豆を濡れふきんかラップで包み、絞れば完成。おいしいお茶と一緒にいただきたいですね。

一度は食べたい煮豆の王様

とら豆は、まだ日本では歴史の浅い食材です。しかしながらそのおいしさゆえに、煮豆の中では群を抜いて「王様」の称号を得るほどになっています。

現在では黒豆など定番の豆が人気を誇っていますが、とら豆が豆の中でいちばんの人気になる日も、そう遠くないかもしれません。

一度食べたら忘れられない、最高品質のとら豆を食卓に並べてみてはいかがでしょうか。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

おでん レシピ

11月に初雪が降り、温かい「おでん」がおいしい季節の到来です。でも、おでんは煮込むのに時間がかかるし、コンビニのものでは味気ない。そんなときにピッタリの時短レシピを、家事えもんが紹介して話題になっています。ど…

スフレ アレンジレシピ レシピ まとめ

スフレチーズケーキでおなじみのスフレは、メレンゲを混ぜ込んでいて、しゅわしゅわした泡のような口どけ。スフレはスイーツだけでなく料理もあるんです。スフレチーズケーキの基本のレシピと、パンケーキまなどスフレの人気…

大根 レシピ まとめ

大根おろしは、大根そのままで食べるときよりもプラスなことが増えることをご存じでしたか。そんな大根おろし、ただ食材につけて食べるだけではなく、いろいろな料理に使える万能の食材だったのです。今回は、人気のアイデア…

レシピ まとめ

非常にスリムで美しい外見のサヨリ。新鮮なものだと「刺身」や「塩焼き」にするとおいしく、とても上品で淡泊な味わいのお魚です。今回は冬から春にかけておいしくなるサヨリの栄養価やさばき方、またさよりを使った人気のレ…

レシピ

秋になると食べたくなる柿。実は、ミカンよりもビタミンCが豊富だとご存知でしたか?二日酔いを予防したり、便秘改善による美肌に期待が持てたりと、すぐれた食材なんですよ。そんな柿のインナービューティーパワーと簡単お…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

お弁当 サンドイッチ まとめ

お子様が少し大きくなって来て、ママの調理を興味津々に見ていること、ありませんか?もし、そんなお子様がいたら是非お弁当作りに誘ってみてください。自分で可愛い動物のお弁当が出来たらすごく喜んでくれますし、ママも助…

お菓子 スイーツ パン フランス レシピ アレンジレシピ まとめ

フランス語で「小さなお菓子」という意味のプチガトーを自作してみませんか?自分で作るとおいしさ倍増♡彼に作ってあげると喜んでもらえること間違いなしのプチガトーを紹介しますね!

チーズケーキ 豆腐 スイーツ レシピ ケーキ まとめ

豆腐を使ってチーズケーキを作るレシピがじわじわ人気になっています♪さっぱりかと思いきや、クリーミーで濃厚なチーズケーキも作れるとか!試してみないともったいない☆お財布にもちょっと優しいチーズケーキレシピです☆

レシピ まとめ

あつ〜い夏に向けて元気でいるためには、やっぱり美味しいものを食べるのが基本!『なめろう』って知ってますか?房総半島を中心とする郷土料理でいわゆる鯵の“たたき”です。作り方もとても簡単♪…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

女性利用者国内No.1グルメニュースサイト「macaroni」で、一緒に料理動画をつくりませんか?現在macaroniでは、日々料理動画の制作に取り組んでいます。そこで今回は実際に料理を作ってくれるスタッフを…

ヌテラ おやつ

今や200カ国で愛されている「ヌテラ」。日本でも密かなブームとなっていましたが、ここへ来て急速に人気が高まっています。「あの味がたまらない」「クセになる!」と評判の「ヌテラ」とは一体どういうものか、乗り遅れる…

フランス

フランス最大の冷凍食品専門スーパー「ピカール(Picard)」の日本進出が決定!とはいえ、みなさんのなかにはピカールを知らないという人は多いはず。そこで今回は、フランス人が大好きなスーパー「ピカール」の魅力に…

カフェ 日本橋 サラダ

TVで紹介されることもあるコレド日本橋の「ウェルカムカフェ(WELCOME CAFE)」はサラダをたくさん食べたいときにおすすめのカフェ。身体に優しいサラダご飯のメニューがたくさん。店内も明るく開放感があり、…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...