ローディング中

Loading...

見た目はキャベツとそっくりな「グリーンボール」という野菜はご存知でしょうか。小ぶりながらも栄養価は高い注目の野菜なのです。生でたべてよし、煮てよし、焼いてよしのグリーンボールで、いつもの料理をより健康的にしてみませんか。

グリーンボールって何?

みなさんは「グリーンボール」という野菜をご存知ですか?見た目はスーパーでもよく見るキャベツに似ていますが、どのようなものなのでしょうか。

グリーンボールは、何種類もあるキャベツのうちのひとつです。「グリーンボール」は銘柄名で、寒玉・春玉に対し、通称「丸玉」と呼ばれるキャベツの総括名として用いられています。

グリーンボールの特徴

グリーンボールの特長は、小ぶりのボール型で、重さは1kg程度です。旬は4〜5月頃で、日本では主に茨城県や長野県で栽培されています。寒さに弱いので冬にはほとんど出回りません。

葉が内部までしっかり巻き込んでいて、内側まで緑色でつやがあります。肉厚のわりに柔らかいので、サラダ・漬物などの生食やスープ・煮物などに向いているそうですよ。

また、栄養価が高く、カロチン・ビタミンC・カルシウム・カリウム・ビタミンKなどの含有量はキャベツを上回るほど。次に栄養素について、くわしく見ていきましょう。

グリーンボールに含まれる栄養

グリーンボールはキャベツの2倍程度のカロチンを含むなど栄養価に優れた野菜です。なかでもビタミン・ミネラルで含有量の多いビタミンK・ビタミンC・カリウムについて、どんな栄養素なのかをご紹介したいと思います。

ビタミンK

ビタミンKには、「ビタミンK1」と「ビタミンK2」の2種類があります。ビタミンK1は緑黄色野菜・海草・食物油などに含まれ、ビタミンK2は動物性食品・納豆菌・腸内細菌によって合成される栄養素です。

ビタミンKの主な働きには、血液凝固作用・骨の健康を保つ・動脈硬化を防ぐ・赤ら顔や目の下のクマの改善などが挙げられます。

また、ビタミンKは新生児にとっても大切な成分です。新生児にビタミンKをシロップとして与えることが多いのですが、これはビタミンKを生産する細菌が新生児の腸内にはいないこと、さらに母乳からの摂取量も少ないことによります。

ビタミンC

ビタミンCは水溶性のビタミンで、別名アスコルビン酸と呼ばれています。野菜や果物だけでなく、サプリメントやジュースなどから摂取することも多い、私たちにとってもっとも身近なビタミンのひとつといえます。

ビタミンCには多くの働きがあります。主なものとして、活性酸素を除去して酸化を防ぐ・コラーゲンの合成を助ける・腸内で鉄分の吸収を助ける・ガンを予防するなどが挙げられます。

これらの効果はすべて健康な体を作り、老化を防止して美肌作りにつながる必須の栄養素といえます。ぜひしっかりとりたいですね。

カリウム

カリウムは、ナトリウムとバランスをとりながら体内の状態を正常に保つ働きをしています。主に、体内の水分を調節する・筋肉の弛緩調節・神経の伝達機能・利尿作用・ナトリウム排出機能などがあります。

ナトリウムの摂りすぎは高血圧の一因になりますが、カリウムの持つナトリウム排出機能により高血圧を予防する効果が。ほかにも、これらのカリウムの持つ働きによって、むくみを予防・改善したり、筋肉の働きを正常に保ってくれたりしています。カリウムは人体の生命維持に欠かせない重要なミネラルのひとつです。

キャベツとの違い

一般的なキャベツとの違いは、さまざまなところにあります。

まずはサイズ。グリーンボールは一玉あたり約1kgなのに対して、キャベツ(Mサイズ)は一玉あたり約1.2〜1.5kg。ややグリーンボールの方が小ぶりなサイズです。そしてキャベツはすこし平たい楕円のような形ですが、グリーンボールはまん丸な形をしています。

葉にも違いがあり、肉厚でやわらかいという特徴をもっています。キャベツは生だとシャキシャキとした食感がありますが、グリーンボールは春キャベツのようなやわらかい歯触りです。

見た目は似ていますが、見分けられるポイントはいくつかありますね。

グリーンボールの食べ方

食べ方は普通のキャベツとあまり変わりません。

葉が柔らかいので、サラダや漬物など生食に向いていますし、肉厚で煮くずれしにくいのでスープやロールキャベツ、ミネストローネなどのお料理にも使えます。

キャベツと変わらないと考えると、使い勝手がいい万能野菜と言えそうですね。

グリーンボールを使ったおすすめレシピ!

それではここで、グリーンボールを使ったレシピを3つご紹介しましょう。

味噌バター風味のロールキャベツ

葉がやわらかいグリーンボールは、ロールキャベツに最適です。いつものコンソメ味ではなくお味噌を使うとより特別感が出ますね。

グリーンボールは茹でて一枚づつにばらしておきます。みじん切りにした玉ねぎやひき肉、卵などを入れ、ハンバーグの要領でたねを作ります。葉にひき肉をのせ、くるくると巻いて煮込み、バターと味噌で味をととのえれば完成です。

キャベツ料理の定番 コールスロー

グリーンボール、玉ねぎ、にんじんをすべてみじん切りにします。グリーンボールは塩もみ、玉ねぎは水にさらして下ごしらえをしておきましょう。すべての材料を混ぜあわせ、酢、みりん、マヨネーズで味付けをすればできあがり。

定番のコールスローも、グリーンボールを使用することで、ほかの食材とのなじみがよくなりますよ。すべてみじん切りにしているので、たくさんの野菜をたべられることもうれしいですね。

中華風炒め

グリーンボールと豚ばら肉を食べやすい大きさに切ります。にんにくといっしょに豚ばら肉を炒め、焼き色がついたらにんにくを取り出してグリーンボールを入れます。しんなりしてきたらしょうゆ、ごま油などで味付けし、仕上げにかつおぶしをまぶせば完成。

グリーンボールは炒めてもそのおいしさを発揮できます。冷蔵庫に余っている食材とまとめて中華風炒めにしてしまいましょう。かんたんにメインのひと皿が完成します。

小さいながらも凝縮されたおいしさ

キャベツは種類も多く、私たちは一年中いろいろなおいしいキャベツを食べることができます。特に春キャベツは柔らかくておいしく、毎年出回る時期が待ち遠しいほどです。

肉厚で柔らかくキャベツよりも栄養価が高いグリーンボール。貴重な、旬のグリーンボールが出回るのを待ってサラダや浅漬けなど生で食す楽しみがまたひとつ増えました。毎年、春キャベツや新玉ねぎを心待ちにするのと同じですね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

さんま パスタ レシピ 炊き込みご飯 まとめ

脂ののった、さんまの塩焼きはもちろんおいしいのですが、さんまの絶品レシピはまだあります。揚げたり煮たり、パスタや混ぜご飯、さんまは色々な方法で食べられます。旬のさんまをおいしく食べられるレシピを28選ご紹介!…

牛肉 ピーマン レシピ まとめ

時間の無い時に便利なおかずは炒め物ですね。牛肉とピーマンを使った炒め物は、どんな味付けでもおいしくなるのが特徴です。和にも中華にも合う、おかずレシピをたっぷりご紹介します。時間をかけずに作れるスピードおかずは…

お菓子 レシピ 甘酒 まとめ

おいしい甘酒に欠かせない酒粕ですが甘酒以外のレシピに挑戦したことはありますか?酒粕の香りを活かした、おつまみ、煮物、粕漬けなど、おすすめレシピ25選をご紹介します!使いきれなくなった酒粕、ぜひおいしく料理して…

レシピ

パックジュースに棒を刺すだけで作れる、簡単アイスキャンディーがツイッターで3万リツイート超えの話題となっています!ジュースを材料に使うのは一般的ですが、なんという発想の転換でしょう。詳しい作り方やアレンジを、…

ソーセージ

お弁当に朝食に人気のウインナーですが、ソーセージとの違いはご存じですか?生がソーセージ?焼いたものがウインナー?2つは同じだと思っていた方はぜひご覧ください。今回は、 それぞれの違いや、おいしいソーセージの見…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

京都 まとめ

京都に行く前に知っておくべき絶品の丼ものを集めました。人は皆、旅人である。日本が誇るべき京都。「世界最高の都市」に選ばれた街には素晴らしい料理、だし、調味料、伝統の味があった。もっと日本が好きになる、そんな「…

しゃぶしゃぶ まとめ

しゃぶしゃぶ温野菜にて、期間限定・八丁味噌のすきしゃぶ特撰コースが開始。期間は、11/27(木)~1/21(水)まで。キーワードは、“オトコを上げる「大人の冬鍋」”!とろける霜降り黒毛和牛特上ロースを好きな男…

居酒屋 カクテル メイソンジャー まとめ

「居酒家 土間土間」で2015年5/19日(火)から、アメリカ発祥の保存容器を利用したドリンク「Jarカクテル」が新登場!

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

お弁当 レシピ まとめ

今回は大人気のジブリシリーズをモデルにしたお弁当を紹介します。「pinterest」にあるジブリキャラクターのキャラ弁アイデアをまとめました。皆さんもぜひ参考にしてチャレンジしてみてください。きっとお子さんも…

カレー 神保町

神保町にある元祖欧風カレー「ボンディ」。都内で複数店舗展開している有名な老舗カレー専門店です。今回は神田小川町店に行ってきました♩お店秘蔵のスパイスをブレンドし丹念に作られたカレーは特別で贅沢な一品です♡

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...

ページTOPに戻る