ローディング中

Loading...

飛行機で4時間弱で行ける島国・台湾と言えば、やっぱり「台湾茶」。繁華街のあちらこちらには、茶葉専門店が軒を連ねています。阿里山烏龍茶や東方美人が有名ですが、ほかにもたくさんの種類があるんですよ。歴史や種類、効果や淹れ方までご紹介します。

台湾と言えば台湾茶

健康にいいお茶を探そう!と思っても、なかなか自分に合うものを見付けられないこと、ありませんか?ネットで検索してもお茶の種類がたくさんありすぎて、どれがいいのか迷ってしまう人も多いはず。

そこで今回は、日本人観光客に大人気の台湾で生産されている「台湾茶」をご紹介します。東方美人や阿里山烏龍茶(アリサンウーロン茶)が代表的で、日本ではそれら台湾茶を販売するお店が徐々に増加。あなたが知らない台湾茶の種類や期待できる効果、お茶の入れ方について詳しくお伝えしていきます。

台湾茶とは

台湾茶の歴史・茶樹・産地

まずは台湾茶の歴史についてご説明しましょう。はじまりは、およそ200年以上前の中国清朝時代までさかのぼります。

柯朝と言う商人が福建省(ふっけんしょう)にある武夷山(ぶいさん)と言う山から、烏龍茶の苗木を台湾北部に持ってきたのが、台湾茶のはじまりだと言われています。やがて、イギリス人ジョン・ドー氏が北アメリカでの販売を成功させ、利益を生んだんだそうです。

1895年、日清戦争の際に締結された下関条約で、台湾が日本の領土に。そして、ここ日本でも台湾茶がどんどん知名度を上げ、世の中に浸透していったのです。使用する茶器もどんどん品種が改良され、今ではさまざまな種類が販売されています。

台湾茶の特徴

台湾茶はその名の通り、台湾で作られたお茶全般を指しています。中には台湾茶を中国茶に含むケースもあるんだそうです。

台湾茶の魅力は、なんと言ってもそのバリエーションの豊富さ。と言うのも、台湾自体が独特な地理・気候環境にある島国であるため、苗ひとつとっても生育条件が異なるそうです。それに伴い加工法も独自の進歩を遂げ、それに付随して効能も徐々に高まっているんだそう。

台湾茶の種類について

台湾茶の種類には、どういったものがあるのでしょうか?松柏長青茶(ソンバイチャンチン茶)、南港包種茶(ナンガンバオズォン茶)などありますが、東方美人(ドンファンメイレン)や凍頂烏龍茶(ドンディンウーロン茶)が特に有名です。

当方美人は青茶に分類される烏龍茶の1種で、とても効果な茶葉。発酵度が高く、テイストが紅茶と似ています。ヨーロッパで人気があり、一部の国では「オリエンタルビューティー」と呼ばれているんだとか。ニキビや吹き出物の原因となる、便秘改善の効果が高いのが特徴です。

続いて凍頂烏龍茶は甘みがあり、さわやかな香りが魅力。緑茶に近く、はじめての方でも飲みやすい台湾茶と言えるでしょう。肌の酸化を抑えるポリフェノールとコラーゲンが多く含まれており、アンチエイジング効果が見込めるんですよ。

なぜこのように台湾茶が多いのかと言いますと、その答えは台湾の食生活が関係しています。台湾における食事の殆ほとんどは、香辛料を使った辛い料理、炒め物、揚げ物など、中国料理がメイン。そのため外食すると必ず、脂肪や糖を分解する働きのある烏龍茶、もしくはジャスミン茶が一緒に運ばれてくるんです。これが、台湾に烏龍茶が多い理由だと考えられます。

台湾の代表的な烏龍茶

先ほどご説明した東方美人と凍頂烏龍茶のほかにも、標高1,000m以上の山地で作られた高山烏龍茶も有名な茶葉のひとつです。これのお茶は喉ごしがよく、飲んだあと口の中にほのかに残るフルーティな香りが特徴。

高山茶は原産地によって阿里山、大禹嶺(ダーユゥリン)というように名称が異なります。近年では台湾茶葉を使用したカフェが次々と日本に店舗を展開しているので、店員さんに自分の好みを伝えておすすめを教えてもらうといいかも。

烏龍茶以外の台湾茶

不発酵茶(三峡龍井茶)について

そもそも烏龍茶とは、茶葉を発酵させる途中で熱を加えて発酵を止めた「半発酵茶」のこと。
「三峡龍井茶(サンシャロンジン茶)」は、その代表的なお茶のひとつです。山峡と言われる場所で作られたため、この名称がついたとされています。数日間、茶葉を日当たりのよい場所に置いて水分を蒸発させるという製法が特徴。爽やかさとコクの両方が混在する、独特な味わいです。

全発酵茶(日月潭紅茶・蜜香紅茶)について

酵素による発酵が完全に進んでから作る「全発酵茶」があります。日月潭紅茶(リーユエタンホン茶)、蜜香紅茶(ミーシャンホン茶)このふたつが代表的な全発酵茶。

日月潭紅茶は苦みの少ないシナモンとミントが混ざり合ったような香り、蜜香紅茶はハチミツに似た甘い香りがすると人気を集めているようです。台湾茶はこの製法により6つの種類(青茶・黒茶・緑茶・紅茶・白茶・黄茶)に分類され、六大茶類と呼ばれています。

中にはジャスミン茶を六大茶類のひとつと考える人もいるようですが、これらの種類とはまた違う別の花茶です。フレバーティーの1種とされていて、疲労回復やダイエット、二日酔いにも効果が期待できます。飲み過ぎや食べ過ぎで体が疲れているとき、ぜひジャスミン茶を飲んでみてくださいね。

台湾茶の入れ方

続いて、おいしい台湾茶の入れ方をお教えします。

台湾茶を作るときはお湯150mlにつき、茶葉6gを急須に入れましょう。熱湯を注いだら2〜3分ほど蒸らします。茶葉が開いたらカップに注いでください。2杯目を飲むときもまた、1分間蒸らすとお茶の旨味が増すんだそう。ホットだけでなく、アイスティーにしてもGOOD。

自分のお気に入りが見付かる台湾茶

台湾茶は、ここで紹介した以外にもたくさん種類があり、選ぶ茶葉によって疲労回復やダイエット、美容にも効果が期待できるんですよ。今は海を超えて台湾に行かなくとも、台湾カフェやインターネットで気軽に本場の味を楽しめます。自分の体質やそのときの体調、気分に合わせて飲み分けることで、台湾茶の底知れないパワーを発見できるかも。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

糖質制限(炭水化物)とまったく逆をゆく「お米ダイエット」が今、注目を集めています。ダイエットにおいて禁断とも言える炭水化物の代表・お米を食べて本当に減量できるのか、と疑うのも無理ありません。でも、正しいやり方…

「牛乳は体によい飲み物」だということは、みなさんご存知ですよね。牛乳は朝?昼?それとも夜寝る前に飲みますか?どのタイミングで、どのくらい飲めば、よりよい効果が得られるのでしょう?実は寝る前に飲むと、美容や健康…

ダイエットに効果があるとされている炭酸水。日本でもメジャーになりつつあり、家庭でも炭酸水を作ることができるマシンも人気なんだそうです。そんな炭酸水、他にもたくさんの美容・健康効果があることをご存知ですか?ぜひ…

レシピ

美容と健康におすすめの夏野菜「モロヘイヤ」。アラビア語で「王様だけのもの」という意味をもつモロヘイヤは、まさに王様が独り占めしたくなる高い栄養価を誇ります。その効能は女性に嬉しいものばかり。選び方や保存方法、…

レシピ

真っ赤なピーマン、パプリカ。生でも焼いても、幅広く使えるパプリカはおしゃれなだけでなく、栄養満点のアンチエイジングべジタブル!今回はそんなパプリカのインナービューティーに役立つ栄養と簡単レシピをご紹介します。

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

チョコレート スイーツ お菓子 まとめ

チョコレートには集中力を高める効果があると言われています。また、その香りでリラックスできるとも♡集中して何かを行いたい時や、お仕事で疲れちゃった…なんて時には、美味しいチョコレートを食べてみませ…

スムージー オレンジ まとめ

スムージーとフレッシュジュースの専門店「FICO & POMUM JUICE (フィコ・アンド・ポム ム ジュース)」に、5月で限定「ダブルリッチオレンジ」が発売開始!

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

女性利用者国内No.1グルメニュースサイト「macaroni」で、一緒に料理動画をつくりませんか?現在macaroniでは、日々料理動画の制作に取り組んでいます。そこで今回は実際に料理を作ってくれるスタッフを…

まとめ マシュマロ スイーツ

マシュマロを使って、色々なデコレーションを楽しみながらマシュマロポップを作ってみませんか?カラフルな色合いのデコレーションが、白いマシュマロにとってもよく合います。子供から大人まで、みんなで作って楽しくいただ…

スイーツ 専門店

2015年8月30日(日)に、日本初となるブリオッシュ・コン・ジェラート専門店『Brigela(ブリジェラ)』の第2号店を、お台場・デックス東京ビーチにオープンします。温かいブリオッシュに、冷たいジェラートを…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...