ローディング中

Loading...

落語にもあるように、おまんじゅうは古くから愛される日本の和菓子。嫌いなひとはいませんよね!今回は全国にあるバラエティに富んだ味噌まんじゅうをご紹介します。味噌の香ばしさと小豆の甘みがあとを引くおいしさ。まんじゅう好きの方、必見ですよ!

味噌まんじゅうとは?

味噌まんじゅう、美味しいですよね。「お土産でもらったことある!」という方も多いのではないでしょうか。味噌まんじゅうとは、その名の通り、まんじゅうの生地に味噌を練りこんだ和菓子です。でも、一部地域では中身の餡にも味噌が使われています。作り方も味噌の使われ方も様々、そんな日本全国にある味噌まんじゅうをご紹介します。

地方による味噌まんじゅうの違い

北海道

北海道の味噌まんじゅうと言えば、留寿都(ルスツ)の「みそまんじゅう本舗 梅屋」さん。

梅屋さんの味噌まんじゅうは、4センチほどの小さなかわいいおまんじゅう。明治の終わりごろ、大福餅を売っていた初代が旅の僧から作り方を教わったものと言われています。当時、農産物を運ぶ馬車追いの人たちの山越えの活力を支えてきたそうです。

皮は黒砂糖を使い、中の北海道産の小豆で作ったこしあんで、甘すぎず素朴な味わいが特徴です。

栃木県

栃木県の味噌まんじゅうと言えば佐野市の「味噌まんじゅう新井屋」さんをおいて他にはありません。詳しくは後述しますが、テレビ、雑誌等メディアに何度も取り上げられた有名店なんですよ。

秘伝の皮に使う黒糖は沖縄県多良間産。小豆は北海道十勝産の「エリモショウズ」を使用しています。その材料を使って4時間かけて餡を練り上げているという、こだわり抜いた味噌まんじゅうです。

新潟県

新潟県月潟村、創業明治6年の伝統を誇る 「マスヤ製菓」のみそまんじゅうは地元扇弥の天然越後味噌を使い、中に白あんを包んだ蒸しまんじゅう。

まんじゅうの甘さと、天然味噌のほのかな風味が絶妙に絡み合い、昔懐かしい味でもちもちとした食感に仕上がっています。田舎の味をいつまでも守りつづけるみそまんじゅうなんですよ。

群馬県

群馬の味噌まんじゅうは、他県とはちょっと違う逸品。別名焼きまんじゅうと言われ、竹串に差さったあんの入っていない薄いおまんじゅうのことを指します。

砂糖と味噌をこってり甘くなるまで煮詰めたタレをつけて、火に炙った味噌まんじゅう。あとを引くおいしさの群馬が誇るB級グルメです。

その他の県

他にも石川県は能登、「みそまんじゅう本舗 竹内」が誇る味噌まんじゅうがあります。さっぱりとした味噌生地と 白あんの、飾り気のない素朴な風味が特徴です。あんに使う豆は、北海道産いんげん豆を100%使用しているのだとか。

甘すぎないあっさり感が、女性にはもちろん、男性にもおすすめですよ♩

味噌まんじゅうといえば「新井屋」

新井屋さんは、栃木県南部にある佐野市にあります。佐野市は知らなくても、佐野厄除け大師や佐野プレミアムアウトレットをご存知の方も多いのではないでしょうか。

昭和4年創業で、現在の建物は明治10年頃に建てられた見世蔵を借りて営業しているそう。古き良き建物ですが、残念なことに前のお店が入っていた2000年頃から借り手がおらず、2009年に新井屋さんの店舗として再オープンしたとのことです。
こちらの「味噌まんじゅう」は、初代の野部林吉さんが考案した配合で作られた“秘伝”の味噌まんじゅうだそうです。なんと、味噌はあくまでもお饅頭全体の隠し味程度だとか。全国に味噌まんじゅうと名のつく物は数あれど、新井屋さんの味噌まんじゅうは昭和4年の創業時から変わらない味を守り続けているんですね。

店舗情報

最寄駅:佐野駅より徒歩10分
住所:栃木県佐野市本町2942番地
TEL:0283-22-9069
営業時間:9:00~18:30
定休日:月曜日
公式HP:http://www.misoman.co.jp/index.htm

自宅でできる味噌まんじゅうのレシピ

味噌まんじゅう

味噌と砂糖を混ぜ、水でといた重曹を入れます。ふるった薄力粉とこねあわせてあんを包んだあと、四角く切ったクッキングシートにのせ、表面に水を吹き付けて強火で8分蒸して完成。難しそうに聞こえますが、ひとつひとつ工程はとってもシンプル。ほっこりとした味噌まんじゅうを堪能できますよ!

お菓子やさんの味噌まんじゅう

上白糖、味噌、醤油、重層などをこねて水を入れたものを寝かします。さらに小麦粉をまぶし、こねたあとであんを包み、蒸し器で蒸し終わったら冷まして完成!寝かしたり、蒸したりと手間がかかりますが、出来上がったときの達成感はかえがたいもの。ぜひ試してみてくださいね。

赤だし味噌饅頭

赤だし味噌を使った味噌まんじゅうです。薄力粉とベーキングパウダーと砂糖があれば、生地はあっという間に出来てしまいますよ。餡は市販品を使ってチャレンジを!

みんな大好き味噌まんじゅう

日本各地、様々な味噌まんじゅうがあるんですね。どの地域の味噌まんじゅうも美味しそうです!

庶民の手も届くお菓子はその地域の歴史や風土に深く根ざしています。北海道留寿都の味噌まんじゅうは山を越える活力を生むとのこと。お土産も嬉しいですが、ぜひその土地に足を運んで味わってみて下さいね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

オムライス 東京 まとめ

お母さんが作ってくれたいつもの懐かしい味や、学生時代に食べた思い出の味など、甘酸っぱいオムライスにノスタルジーを感じる人も多いでしょうね。今回は東京でオムライスのおいしい有名店や人気店、おすすめのお店など13…

きのこ まとめ

低カロリーで食物繊維が豊富なきのこ。旨み成分たっぷりで、噛むほどにおいしい♩今回はダイエット中の方、肌荒れが気になる方におすすめの「きのこのご飯」を紹介します。お気に入りのレシピが見つかったら、ぜひ作ってみて…

レシピ まとめ

がっつりとスタミナをつけたいなら、豚丼はいかがでしょう?しょうがとにんにくで食欲をそそるレシピがいっぱい!豚バラ、豚こま、豚ひき、部位や用途に合わせた、簡単で人気のレシピ21選をご紹介します。冷蔵庫にストック…

まとめ

シンプルなのに大人気な丼といえば「しらす丼」。生でも釜揚げでもおいしいしらすは、ごはんに乗せるだけでごちそうに大変身します。今回は、それらのしらすを使った丼ものレシピを20選ご紹介します。今すぐ、コンビニで買…

レシピ まとめ

お味噌汁に和え物、サラダなど、食卓に登場することも多いわかめレシピ。今回は生わかめや乾燥わかめや、塩蔵わかめまで、身近なわかめをつかったおすすめレシピをご紹介します。簡単にできるものからボリュームのあるものま…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

チーズ レシピ おつまみ まとめ

皆さんのなかには、生粋のチーズ好きという人もいるのではないでしょうか?今回は、市販で売られている様々なチーズを「贅沢チーズ」に変える方法を紹介します。簡単でおいしいと話題のものばかりです♪

ケーキ スイーツ チョコレート まとめ

1月23日(金)、全国の「シャトレーゼ」で「産直スイーツフェア」が開催!フェアでは、産地直送の苺を贅沢に使用したショートケーキ『農家直送苺とうみたて卵をたっぷり使った特撰ショートケーキ』など注目スイーツが期間…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

炭酸水ダイエットが流行し、炭酸水の健康効果に注目が集まりましたが、お掃除でも大活躍するって知っていますか?炭酸水で拭き掃除すれば、洗剤を使わなくても油汚れが落ちたり、雑菌の繁殖や悪臭を防いだりといいことばかり…

スイーツ いちご

2017年7月7日(金)、ミニストップに「ハロハロ果実氷いちご」が登場しました!氷を使わず、スライスしたフローズンいちごのみがたっぷりと使用されているのだとか。これまでのハロハロの概念を越えた新感覚商品を、実…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...

ページTOPに戻る