ローディング中

Loading...

「さんま」を漢字で書けますか?魚へんの漢字一文字では表さずに、「秋刀魚」と3文字で表記されるさんま。ほかの魚と、どのような点が違うのでしょうか。さんまの特徴から、さんまの漢字表記の歴史をご紹介します。

さんまを漢字で書くと?

秋を代表する魚「さんま」。塩焼きにしても、さんまご飯にしても、煮付けにしても、たたきにしても、どうやって食べてもとってもおいしいですよね!目黒のさんま祭りへ行ったことがある方もいらっしゃるかもしれません。秋になると、居酒屋やレストランのメニューもさんまでいっぱいになります。

ところで、「さんま」を漢字で書けますか?マグロは「鮪」、イワシは「鰯」、サバは「鯖」と、魚の名前には魚へんがつく漢字を使ったものが多いですが、「さんま」は違うのです。その理由をお教えします!

なぜ魚へんではなく「秋刀魚」なの?

多くの魚類の名前は、魚へんの漢字1文字で表されるものが多いですよね。お寿司屋さんの湯のみや手ぬぐいなどで、魚へんの漢字がずらーっと並んでいるのを見たことがあるかもしれません。しかし、さんまは漢字で「秋刀魚」と書きます。なぜ魚へんの漢字1文字ではないのでしょうか?

「さんま」の語源については諸説ありますが、その細長い姿から「狭真魚」と書いて「さまな」と呼ばれていた、とする説が有力です。「踏みつける」という言葉を言いやすく「踏んづける」と崩すのと同じように、「さまな」も「さんま」に変わってきたんです。

さんまを一文字で書くとやっぱり「鰍」?

多くの魚類に魚へん一文字の漢字が与えられているように、さんまも一文字の漢字で名前を表すとしたら……秋を代表する魚なので、魚へんに秋で「鰍」でしょうか?答えは、不正解。この漢字は「かじか」と読みます。

かじかは、一見すると食べるのをとまどう「ハゼ」のような見た目の魚です。マイナーな魚ですが、汁物、鍋料理では奥深い味わいのだしが取れるため、「なべこわし」とも呼ばれているんですよ。ちなみに、「鰍」は中国で「ドジョウ」を意味します。

江戸時代には、魚へんに祭と書く「鰶」というさんまの表記もありました。この漢字の由来には、さんまが市場にたくさん並ぶと庶民が大よろこびしてお祭り騒ぎになったという説や、さんま漁の船の中は大変忙しく、大勢の漁師さんが一度に動き回ってお祭り騒ぎになったという説があります。

この「鰶」という漢字は、元々中国でニシン科の「コノシロ」という魚を表していました。当時の中国ではさんまを食べる文化がなく、さんまには魚へんの漢字一文字の名前が与えられていなかったんだとか。

日本ではさんまを「鰶」と表記して、コノシロには「鮗」という漢字を与えることにしました。冬が旬の魚、という意味を持っています。しかし、その後さんまは「秋刀魚」という漢字が当てられるようになります。現在では、「鰶」も「鮗」もコノシロを表す漢字として認められています。

「三馬」という呼び名も

私たちがよく知る「秋刀魚」という表記は、大正時代から広く使われるようになった新しいものです。「秋」が旬の「刀」のような「魚」なので、「秋刀魚」という当て字がされたのですね。

それ以前は漢字が定まっていなかったようで、当て字遊びが好きだった夏目漱石は「我輩は猫である」の中で「三馬」という表記をしています。この表記には、魚市場のセリでサンマの「サ」の音があまり響かず、「ンマ」「ウマ」と呼ばれていたので、当て字として「馬」が使われたという由来があります。

江戸時代、さんまは嫌われものだった!

ここまで、さんまについてのさまざまな表記を紹介しました。漢字に「祭」の文字を入れたり、「うまい」から「馬」の字を使ったりと、あらゆる層から愛されていたように思われますが、意外なことに江戸時代の料理本の中にはさんまに関する記述がほとんどないんだとか。

なぜさんまの呼び名がなかったの?

江戸時代初めには、さんまはサヨリの仲間だと思われていて「沖サヨリ」と呼ばれていました。さらに、その味わいについては「はなはだ下品なり」「サユリよりは劣る」「魚中の下魚である」とボロボロに書かれているのです。現在では秋の味覚の代表格であるさんま。この事実には驚きですよね。

ロウソクや燈油が高価で、庶民はなかなか手を伸ばせなかった当時、燈油の代わりにさんまの脂を集めて明かりを灯していたという記述があります。当時はさんまの余分な脂を落としておいしく食べる方法が見つかっていなかったのかもしれませんね。さらに、形が刀に似ていることもあり、武士は口にするのを嫌がったそうです。

なかなか呼び名が決まらなかったのは、庶民の興味があまり集まっていなかったことが原因と考えられます。

▼さんまが庶民に浸透するまでの歴史については、こちらの記事もチェック!

さんまを食べて秋を感じよう

さんまの名前の由来についてご紹介しました。現在は大人気で価格の高騰が心配されるさんまも、江戸時代の初めには庶民から好かれていなかったなんて驚きですね。七輪で余分な脂を落としながらこんがりおいしく焼き上げられるのは、さんまについての知恵を大集結させた先人たちのおかげなのです。

「目黒のさんま祭り」の由来は、落語の演目「目黒のさんま」です。古典作品に登場する人々と同じように、現在の私たちもさんまを堪能できるなんて、なんだかうれしいですね。今年の秋は、寄席で「目黒のさんま」を聴いて、脂がたっぷりのったさんまを食べて、「芸術の秋」「食欲の秋」を全身で感じてみてはいかがでしょうか。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

パフェ スイーツ フランス

たくさんのスイーツの中で不動の人気を誇るパフェ。パフェってどういう意味なのか、ご存知ですか?英国では、想像を超える名前で呼ばれていました。今回はパフェに関するさまざまな豆知識、盛りだくさんでお教えします!ぜひ…

快眠ドリンクとして「ノンアルコールビール」が注目を集めています!ただのビールの代わりだと思っていませんか?実は、飲むだけでぐっすり眠れるだけでなく、ダイエット効果や美容効果まであったんですよ。気になるメカニズ…

スタバのフラペチーノの正しい飲み方、知っていますか?失敗すると、飲み終わる頃には味の薄まった氷ばかりになってしまう、意外と難しい飲み物なんです。スタバのメニューをもっとおいしく楽しむためのコツをお教えします!

飲み会でサラダを取り分けるだけが女子力ではありません。真の女子力は、お酒で弱った人を女神のような優しさで介抱するときに輝くのです。手際よくさりげないあなたの心配りに、気になる彼も「おっ」と振り返るはず。飲み会…

日本人にとってお正月に飾る鏡餅はおなじみの風物詩となっていますね。でも鏡餅はいつまで飾ればよいかなど正確な知識を持っていない方が多いようです。その秘密を解き明かします!合わせて意味や由来、飾り方についてもお伝…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

スイーツ まとめ

女性に限らず、人間は甘いものが大好きです。なぜなら、糖分が足りなくなると、脳が上手く機能しなくなってしまうから。しかし、砂糖が持つ効果によって、美容、健康への悪影響が起こる事がわかりました。中でも覚えておきた…

日本酒 まとめ

貰い物の日本酒って、ついつい全部飲み切れずに中途半端に余ってしまうことってよくありますよね。そんなときにオススメしたい日本酒の活用法を3つご紹介します!

日本酒 まとめ

家で料理を作っている女性のみなさん!どの料理にどんな日本酒が合うかを今回教えちゃいます。日本酒好きな旦那様や彼氏がいる方に是非読んでもらえればと思います。

まとめ

女性に多い貧血は、食事で予防・改善することが可能です。今回は貧血の原因、症状、おすすめレシピを含めて、数ある貧血のうち、もっとも頻度が高い鉄欠乏性貧血に効果があるといわれている食べ物を詳しくご紹介します。

まとめ

料理をする人必見の知っておくと便利な裏技、キッチンライフハックをご紹介します。小さな事でも知っているのと知らないのとではストレスの差が違ってきますよ。料理を楽しむためにも無駄を省くためにも役に立つ豆知識・コツ…

まとめ

日本酒を飲む時に欠かせない「おちょこ」。最近では色々なデザインのものがありますが、今回は女子ウケ間違いなしの、ポップで可愛い「おちょこ」を5種類ピックアップしてみました♪動物モチーフやシンプルな物まで、プレゼ…

まとめ

白髪の原因については老化や遺伝、ストレスなど、多くあるようですが、最近の研究によって徐々に解明されつつあるそうです。今回は白髪の予防・改善に効果的な食べ物を紹介します。

まとめ

美しくほっそりした足はやはり女性の憧れ!ですよね...でもどうしたらそんな足になることができるんでしょうか?露出が増えるこれからの季節気になりますね。足を細くするのに効果がありそうな食べ物を今回は調べてご紹介…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

女性に最も利用されているグルメニュースサイト「macaroni」で、情報発信してみませんか?レシピやレストラン、カフェの紹介だけにとどまらず、美容系コラムからSNSで話題の食べ物など、食に関わる幅広いジャンル…

おしゃれ

おしゃれなアイテムが100円で揃うセリアから、次なるヒット商品が生まれました。それは「紙袋」。サイズも柄もたくさんあるので、ギフト用にはもちろん、リメイク・アレンジしてお部屋のインテリアとしても使えると話題な…

レシピ スイーツ まとめ

サクッとしたタルト生地に、優しい甘さのカスタードが魅力のエッグタルト。日本各地に専門店もできるほど人気なのですが「近くで販売していなくて残念……」という方に、本格的だけど簡単なエッ…

でぐでぐ

おいしいものを食べること、作ること、撮ることが大好きです。 天気の...