ローディング中

Loading...

最近セックスしていない……そう思い始めたら、セックスレスを疑う必要があるかもしれません。仲はいいから大丈夫と油断していると、あっという間に解決できない状況になる可能性も。今回は、精力アップへ導く食べ物をご紹介します。

最近セックスしてる?

日本性科学会が定めているセックスレスの状況は「特別な事情(病気など)がない中で1ヶ月以上性交渉がないカップル」としています。双方に不満や苦痛がない場合は、回数が少なくてもセックスレスとして問題視する必要はないとも言われているようですが、あなたのパートナーとの関係はいかがでしょうか?

ふたりのセックスレスはいったいどこから?いつのまにこんな状況になっていたのか……そう悩んでいる人でも、あえて夫婦で話し合うことはなく、問題として捉えることもできないで苦しんでいる女性がたくさんいるようです。今一度ふたりの状況を整頓し、問題とするか否かを検討する必要があります。

なぜしなくなってしまったの?

セックスレスの原因は厚生労働省研究班のアンケート配布による統計だと、大半が次のような結果となっています。
・仕事で疲れている(男性の方が多い)
・出産後なんとなく(女性の方が多い)
・面倒くさい(女性の方が多い)
どれかひとつの決定的な原因があるのではなく、これらが複雑に絡み合い徐々に回数が減るという見解がされています。

今や3割近い人がセックスレス

セックスレスの割合は3割以上と言われており、日本は世界でトップクラスのセックスレス大国です。なんだかさみしい気持ちになりますね……。また、日本は3組に1組が離婚をしており、セックスレスが原因となっている可能性も高いと言わざるを得ません。

男性が拒むことが多い……?

セックスレスはどちらか一方が問題視することで自覚症状となりますが、女性の方が不安や不満を抱えることが多いと思われます。「出産後なんとなく」の原因は女性に多くあがります。これは産後に女性ホルモンが激減することで起こる生理的な問題が関わっており、後々は解消傾向となるので性欲も復活するようです。一方男性は女性のペースに合わせてセックスを控えていた場合、徐々にしないことに慣れて女性の性欲の復活に対応できない可能性がありそうですね。

また、男性に多い原因「仕事のストレス」は女性に比べて一生つきまとう問題です。現代は女性の社会進出が進んでいるのでおあいこのようにも感じますが、結婚を機に家族を養うというプレッシャーは断然女性よりも男性の方が強く感じるはずです。社歴を重ねればそれに比例して責任ある立場にもなるので、ストレスや疲労が重なり男性がセックスを拒むケースが増えているのではないでしょうか。

昔のような関係を取り戻したい

セックスレスは長ければ長いほど深刻化すると言われています。しかしとてもデリケートな問題で、気が知れている仲でも簡単に話し合うことはできない内容ですよね。

そこで注目をしたいのが「食べ物」による解消法です。例えるならば「媚薬」。男性の性欲が復活すると期待される栄養素を食事に取り入れれば、徐々にセックスレス解消の道につながるかもしれません。なんだかワクワクしませんか?

男性機能にうれしい栄養素

男性機能に効果的な栄養素はたくさんあります。共通している特徴は「血行促進」や「疲労回復」です。とくに血行促進効果で血液の循環がよくなると、行為に必要な血液が送り出されるので男性機能が高まる効果が期待できます。中には精子の数を増やす効果がある栄養素もあるとか。さっそく代表的な栄養素と取り入れやすい食材をご紹介します。

亜鉛

亜鉛は別名で「セックス・ミネラル」と言われており、男性の生殖器に多く含まれます。亜鉛が不足すると、セックスレスに大きく影響する「ED(勃起不全)」になると問題視されるほどです。また、亜鉛は新陳代謝の機能に関係していることから、ホルモンの分泌にも深く影響するとされています。

亜鉛は強いストレスやアルコールの摂取などにより、体内で不足傾向に。仕事をしていると失いやすい栄養素として、特に注意をしていきましょう。

亜鉛が豊富な食べ物

・牛肉や豚などの肉類(特に豚レバー、牛肉肩・ひき肉・ヒレ)
・魚介類全般(特に牡蠣、かに缶)
・チーズ(特にプロセスチーズ・パルメザンチーズ)

男性が好きそうなお肉が多くて助かりますね。疲れていそうと感じたら「今晩はお肉よ」と元気づけてあげましょう。

アルギニン

ED(勃起不全)は体内の一酸化窒素の不足によって起こると言われており、その不足した一酸化窒素を増やすことができるのが「アルギニン(アミノ酸)」です。一酸化窒素は体内でサビをつくると言われる活性酸素を除去し、EDの要因のひとつである血行不良の予防作用があるとされています。

また、アルギニンは成長ホルモンを分泌させる効果も期待でき、筋肉増加、代謝の促進作用によって疲労を回復し、体を若返らせることで知られています。しかし、30歳を境にアルギニンは体内での生成が停止すると言われているので、積極的に摂取する必要があるのです。

アルギニンが豊富な食べ物

・大豆類(特に大豆たんぱく、湯葉、高野豆腐)
・肉類(特に豚ゼラチン、鶏むね肉、鶏ひきにく)
・魚介類(特にかつお節、シラス干し、エビ、マグロ)

副菜にうってつけの、湯葉や高野豆腐があるので食卓もにぎわいますね。豆腐にカツオ節をたっぷりのせるのもおすすめです。

ムチン

男性不妊の漢方薬として昔から使用されているようで、疲労回復や新陳代謝の活性化、血行促進などの効果を期待できます。積極的に取り入れることで疲労によるEDの対策として疲れにくい体つくりができると覚えておきましょう。アルギニン同様に、動脈硬化の予防にも優れているようです。

ムチンが豊富な食べ物

主にネバネバ系です。
・山芋、オクラ、納豆、モロヘイヤ、里芋、なめこ、昆布など。

納豆にオクラと山芋を加えるネバネバ丼がよさそうです。納豆が苦手な方にはオクラと里芋の煮物もいいかもしれません。しかしムチンは熱に弱いようなので、なるべく生のままで食べることをおすすめします。

アリシン

アリシンはにんにくのニオイの元と言われる成分です。「疲労回復」の効果があるとされていおり、ED対策として精力が期待できます。また、抗酸化作用による代謝の改善や殺菌作用もあるので、体を根本から元気にしてくれそうです。

アリシンが豊富な食べ物

にんにく、長ネギ、玉ねぎ、ニラ、らっきょうなどに多く含まれます。

アリシンもムチン同様に熱に弱い性質をもつので、生で食べることをおすすめします。とはいえなかなかニオイの気になる食材ばかりですね。比較的ニオイが残らなそうな「らっきょう」を漬物として食卓に常備するといいかもしれません。

タウリン

タウリンは血液の汚れを取り、血行をよくするのでED対策としても役立ちます。行為に必要な血液が正常に送り出されると長くその状態を維持することができます。

タウリンが豊富な食べ物

タコ、牡蠣、サザエ、ホタテ、カツオ、イカ、ブリ、アジ、さんまなどに多く含まれます。

こうしてみると食卓に頻繁に並びそうな魚介系ばかりです。ここでひとつ注目したのは「牡蠣」。牡蠣は先にご紹介した「亜鉛」も多く含む食材で、精力の回復効果を大いに期待できます。月に一度オイスターバーに行き、ムードあるシチュエーションで会話をするのもいいかもしれません。

運動も大切

セックスレスに効果的な対策として食べ物をご紹介しましたが、同時に「運動」をすることも大切です。食べ物の効果は主に「血行促進」と「疲労回復」でしたが、運動不足の状態だとその両者の効果はすぐに失われ、改善もしにくくなります。

せっかくならば、セックスレス対策に効果的なコミュニケーションが深まる運動法を取り入れましょう。同時に無理なく継続しておこなえることがポイントです。

「ウォーキング」で心のコミュニケーションも

特におすすめしたい運動は「ウォーキング」です。有酸素運動は基礎代謝を上げるので体を健康に導きます。また無理なく会話をすることができるので、コミュニケーションが取りやすく継続しやすいのが特徴です。週末の日課にすれば1週間の報告会にもなりますね。

「ストレッチ」は最高のスキンシップ

もうひとつおすすめしたいのは「ストレッチ」です。お互いに引っ張ったり押し合ったりすることで、スキンシップになりセックスレスの対策としてうってつけ。毎晩の入浴後にお互いが密着する時間を増やしていけば、よいきっかけに発展する可能性もあります。

焦らず前向きに

セックスレスはとてもデリケート課題で、相手に伝えることができないどころか、なかなかほかの人にも打ち明けることができない難問です。しかしそのまま手つかずの状態にするのはとてももったいないこと。今回ご紹介した食べ物による対策ならば始めやすく、ご自身の気持ちも前向きになると思います。

自分だけで頑張りすぎないことも大切です。ふたりで過ごす時間として運動を取り入れるなど、少しずつ距離を縮めていけば、話をするタイミングや素敵なきっかけが作れる可能性があがります。焦らず前向きに向き合っていきましょう。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

納豆 レシピ

お財布にもからだにも優しい納豆。ご飯に乗せて食べるのはもちろんおいしいけれど、今回は様々な食べ方をご紹介。いますぐ出来るちょい足しレシピから、主役級レシピまで、冷蔵庫には納豆を欠かさない大の納豆好きがおすすめ…

牡蠣 オイスターバー 渋谷 ステーキ

渋谷・道玄坂にある人気のオイスターバー「スパイラル」。牡蠣が手ごろなお値段で食べられる素敵なお店です。今回はこちらのお店で味わえる全国の牡蠣と、フランベされるフィレステーキ「陽炎ステーキ」を目当てにやってきま…

まとめ 和食 カレー 納豆 お雑煮

Twitterで話題の「#当たり前だと思ってたけど実は変だった我が家の食文化」を知っていますか?各家庭によりいろんな食生活、食べ方があるんだなと、みなさんの呟きを見ていると驚いたり、発見があったり。どんなツイ…

納豆 パスタ まとめ

納豆パスタは一見ミスマッチのようですが、相性がよく、簡単に作れるメニューです。今回は、めんつゆや納豆付属のタレを使った人気の納豆パスタレシピを15個紹介します。時間がないけどおいしいものが作りたい人は必見です…

納豆

毎朝、納豆を食べないと始まらない!という方も多いかもしれませんね。そんな納豆の賞味期限、気にしたことがありますか?今回は納豆の賞味期限、食べられない納豆の見分け方、納豆の正しい保存法についてご紹介します。

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

日本酒 接待 和食 まとめ

社会人になると、お客さんと接待なんて事も20代半ばあたりから増えてきますよね。特に営業の方はあると思います。接待というと和食なイメージもあるので、そこで好まれるのお酒と言えば、やはり日本酒。そんな日本酒に関す…

コーヒー まとめ カフェ

ドリップコーヒーを作ると必ず残るのが「コーヒーかす」。普通だったらそのまま捨てるところですが、実はこのコーヒーかすは捨てるのはもったいないほど驚きの様々な効果があるのです。そこで、その驚きの効果を「9」つまと…

まとめ アボカド

お肌のケアをするために高価な乳液や化粧水を買っている方も多いかと思いますが、実は身近な食材に高い美容効果のあるものがあるのをご存知でしょうか?ここでは、塗るだけで効果のある身近な食材を厳選して7つご紹介します!

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

食べ歩き 韓国料理 韓国

macaroniとDeNAトラベルのコラボ企画「韓国vs台湾 最新食べ歩きグルメを調査せよ」。おかげさまで多数のご応募をいただきました!今回は、当選した特派員によるレポートをお届け。食べ歩きグルメの最新トレン…

台湾 食べ歩き

macaroniとDeNAトラベルのコラボ企画「韓国vs台湾 最新食べ歩きグルメを調査せよ」、おかげさまで多数のご応募をいただきました!今回は、当選した特派員によるレポートをお届け。食べ歩きグルメの最新トレン…

マヨネーズ ハンバーグ

人気のハンバーグレストラン「びっくりドンキー」。付け合わせのサラダのマヨネーズも大好き!という方も多いのでは?めちゃくちゃおいしい!と評判の、びっくりドンキーのマヨネーズ、通販で買うこともできますが、自宅で再…

おつまみ たけのこ

ラーメンのトッピングに欠かせない「メンマ」。おいしいけれど、ちょっと塩気が強かったり、発酵が強くて舌にピリッときたり……当たり外れが激しいですよね。それならば!自宅で自分好みのメン…

conana

おいしそう!なるほど!気を付けよう!など、「知れてよかった」と思っ...