ローディング中

Loading...

ミックスナッツなどによく混ざっている、かぼちゃの種「パンプキンシード」。市販のものは何気なく食べていても、ご家庭でかぼちゃを調理される際は捨ててしまっていませんか?しかし、かぼちゃの種には驚くべき栄養素が詰まっていたのです。

かぼちゃの種とは?

「かぼちゃ」の種とは名前の通り、かぼちゃを切った際、真ん中に集中している種を言います。そもそも、かぼちゃは南北アメリカ原産で、中国やインド、ウクライナなどでも生産されている野菜ですが、その昔かぼちゃの種の遺跡がメキシコで見つかっていることから、発祥はメキシコなのではないかと言われています。

とある書物には古代アステカ、マヤ文明の時代から食べられていたと記述されているようですが、昔は実の部分が苦かったことから、主に種を食べていたのだとか。その後、突然変異で甘くなり、今のように実の部分も食べるようになったそうですが、その頃からかぼちゃの種の栄養価については注目されていたのですね。

それでは、具体的にかぼちゃの種にはどのような栄養素が詰まっているのでしょうか。

かぼちゃの種の栄養素

カルシウム

かぼちゃの種に含まれる栄養素のひとつに、カルシウムがあります。カルシウムは骨を作るのに欠かせないほか、イライラを抑制したり、リラックスさせるといった精神面でも効果があるため、子供のころから積極的に摂取したい栄養素のひとつです。

しかし、かぼちゃの種には100g中44mgとそこそこ含まれてはいるものの、カルシウム摂取を目的摂取するのであれば少し足りないため、その場合はアーモンドや小魚なども合わせて食べることをおすすめします。

ミネラル

からだ全体の機能を高めるのに欠かせないミネラル。そのなかでも、かぼちゃの種にはカリウムとマグネシムが豊富に含まれています。その量は先ほどのカルシウムと比べるとかなりの差があり、マグネシウムには100g中530mg、カリウムにいたっては100g中840mgも含んでいるのです!

疲労回復効果やエネルギー代謝の活性化に良いとされており、普段なかなか自然の食品から一日の推奨量をまかなうことは難しいため、ぜひとも積極的に摂取したいですね。

そのほか、老化防止に効果があるとされる抗酸化物質を多く含む亜鉛やマンガン、セレンなどのミネラルも含まれています。

ビタミン類

かぼちゃの実ほどではありませんが、種の部分にもビタミンが豊富に含まれています。そのひとつがβカロテン。このβカロテンは体内で必要な分だけビタミンAに変換してくれ、髪や肌、目の健康に欠かせない物質です。

特に、妊娠初期の動物性ビタミンAの過剰摂取は胎児に影響を及ぼすとされており、妊婦さんは動物性ビタミンAを避ける傾向にありますので、ぜひともこのかぼちゃの種のような植物性ビタミンAを積極的に摂取したいですね。

また、アンチエイジングに欠かせないビタミンEやダイエット効果もあるとされるビタミンB群も豊富に含まれています。

ナイアシン

よく聞くようで、実際のところどのような食品に多く含まれているのか知らない人が多いのが、このナイアシンです。ナイアシンは別名ビタミンB3ともいわれ、花粉症などを緩和するとされており、タンパク質の代謝を活発にしてくれるため、ダイエットにも良いとされています。

鼻炎などの慢性的な症状に悩む方や、ダイエットしたいのにどうしても間食がやめられないという方は、おやつ感覚で食べ始めてみてはいかがでしょうか。

鉄分

かぼちゃの種と鉄分は、なかなか頭の中で結び付きにくいかもしれませんが、実はプルーンに匹敵するほどの鉄分量を含んでいるのです。

その量は100g中6.5mgと実に多く、スプーン大さじ1杯分のかぼちゃの種でプルーン50g以上に匹敵するのだとか。プルーンは食べ過ぎるとお腹が緩くなってしまう場合もあり、ひと粒ひと粒が大きいため、そんなにたくさん食べられるものではないですよね。

そのほか、亜鉛や葉酸もたっぷりと含まれているため、貧血に悩んでいる人や妊婦さんにもおすすめです。

不飽和脂肪酸

かぼちゃの種には、オレイン酸をはじめとする不飽和脂肪酸も豊富に含まれています。ここ数年、オメガ3などが含まれているとしてオリーブオイルが注目されていますよね。

かぼちゃの種も同様で、このオレイン酸には体内の悪玉コレステロールを減らし、血液をさらさらにする作用があるとされています。女性だけでなく働き盛りの男性にも積極的に食べて欲しいものなのです。

かぼちゃの種の効果・効能

ダイエット効果

かぼちゃの種には血行を促進し、冷え性を予防する効果があります。そのほかにも、体内の血行が良くなることで免疫力が向上し、風邪を引きにくくなるのだとか。

この他、血液の流れが良くなると、腸内環境も整い、便秘が解消され痩せやすい体質へと導いてくれます。また、かぼちゃの種にはたんぱく質も豊富に含まれているため、体内で筋肉が作られやすくなり、ダイエットはもちろん、引き締まったからだ作りを目指す人にも向いている食材です。

ただし、かぼちゃの種はナッツ類同様、カロリーもそこそこありますので、食べ過ぎには注意してくださいね。

コレステロールの調整

食べごたえがあり、そこそこなカロリーもあるかぼちゃの種ですが、実は驚くことに、かぼちゃの種自体にはコレステロールが一切含まれていないのです。

それどころか、かぼちゃの種に含まれているリノール酸には、先ほども少し触れたようにコレステロールを調整する作用があり、大きな病気を未然に防ぐためにも良いとされています。

普段外食やお酒が多い人、濃い味付けのものを好む人も一度食べてみてはいかがでしょうか。

アンチエイジング効果

一般的にアーモンドなどのナッツ類には高いアンチエイジング効果があるとされていますが、かぼちゃの種も例外ではありません。

かぼちゃの種にはリノール酸やビタミンEが多く含まれており、これらを毎日適量、継続的に摂取し続けることで肌のシミやシワを防いでくれます。また、老化の原因となる活性酸素をブロックしてくれる嬉しい機能も。

腹持ちも良いため、ちょっと小腹がすいた時の間食としても取り入れていきたいですね。

かぼちゃの種の副作用とは?

女性のみならず、男性やお子さんにも嬉しい効果が盛りだくさんなかぼちゃの種ですが、取り入れるにあたっていくつか注意点もあります。

それは、消化が悪く、食べ過ぎると便秘などの体調不良を起こしかねないこと。また、カロリーもあるため、ダイエット目的として食べ始めても食べ過ぎてしまっては逆効果になってしまいます。

さらに、アンチエイジング効果に良いとされているリノール酸は、過剰摂取すると悪玉コレステロールを増やしてしまい、生活習慣病の引き金になりかねませんので、注意してください。いずれにしても、適量食べる分にはまったく問題ありませんので、過度に心配する必要はありません。

かぼちゃの種の食べ方

栄養満点なかぼちゃの種ですが、いくら栄養価が高いことは分かっていても、かぼちゃの種自体には味がなく、正直お世辞にもおいしいとは言えないですよね。

マフィンやスープのアクセントとして

おすすめの食べ方が、軽く炒ってから味付けしたり、マフィンやスープに取り入れることです。かぼちゃの種に含まれるリノール酸は加熱すると劣化してしまいますが、生のまま食べると消化が悪いため、軽く湿気が取れる程度炒ってから食べることをおすすめします

炒るにあたり、軽く水洗いしてぬめりを取り、フライパンに適量のオリーブオイルをひいて炒め、塩コショウなどで味付けをすればそれだけで簡単なおつまみに早変わり!そのほか、スープのトッピングやマフィンにのせても彩りが良くなりますよ。

市販されているかぼちゃの種も!

市販されているかぼちゃの種も!

出典:www.amazon.co.jp

無添加 無塩 無油 ロースト 食用 かぼちゃの種 500g パンプキンシード

¥1580

Amazonで購入
ちなみに、市販のかぼちゃの種はそのままでも食べられるよう加工されていますので、心配はいりません。最近では、「鈴かぼちゃ」や「コリンキー」といった、生のままでも食べられる種を持ったかぼちゃもあるようですが、まだまだ流通量が少ないため、こういったかぼちゃが出回るのにはもう少し時間がかかりそうですね。

Amazonには、食用に加工された無添加のカボチャの種が販売されていますので、気になる方はチェックしてみましょう。

「かぼちゃの種」習慣、始めませんか?

かぼちゃの種の栄養素、いかがでしたか?これまで捨てるだけのことが多かったかぼちゃの種にも、実は嬉しい効果がもりだくさん。

特に、市販のナッツやドライフルーツ類は高いので、手作りすることができればかなり助かりますよね。パクッと口に入れられて、空腹感もしのげるかぼちゃの種。今日からかぼちゃの種習慣をはじめ、その効果を実感してみませんか。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

フランスショコラブランド「CHAPON(シャポン)」から、「シャポンの食べてキレイになるバーアイスセット(3本入り)」が発売!美容効果が高いとされるエディブルフラワー(食べられる花)やフルーツが入った、女性に…

スープ 沖縄

沖縄で日常的に食べられている「もずく」。酢の物や天ぷらなどおかずとしてはもちろん、味噌汁の具材としてもよく食べられています。今回は、カロリーも低く調理しやすいダイエットにおすすめな「もずくスープ」の人気レシピ…

レシピ おしゃれ

おつまみにもなりお野菜も食べられるバーニャカウダは女子に大人気!おもてなしにもおすすめです。今回は、バーニャカウダに合う野菜の種類、下ごしらえの方法、おすすめのレシピについてご紹介します。バーニャカウダで野菜…

トマト

夏場にトマトをたくさん購入したとき、どんなふうに保存していますか?トマトを長持ちさせたいなら、冷凍保存がおすすめです!今回は、丸ごと保存、カットして保存、そして冷凍保存など、トマトのさまざまな保存方法をご紹介…

スムージー

お肌のツヤをキープするには、お腹の中の健康が大切だと知ってましたか?腸にうれしい乳酸菌や食物繊維、酵素がたっぷり入った「乳酸菌スムージー」を飲んで、おいしく肌みがきしちゃいましょう!今なら、お得なプレゼントキ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

フルーツ まとめ

便秘に悩んでいる人って少なくないですよね。そんな人はまず食事から変えてみてはいかがですか?今回は便秘に効果的な食べ物を8つご紹介します♫便秘だけでなく、栄養もたっぷりとれる食品ばかりなので是非参考にしてみて下…

ハワイ まとめ

ハワイに来たらぜひスーパーマーケットをチェックしてみてください!特に本日ご紹介する3店は話題のオーガニックフードやスーパーフード、そして地元の食材が手に入る一押しマーケットです。

ヨーグルト ドリンク まとめ

花粉症の人は今、とっても辛い人も多いのではないでしょうか?今回はそんな辛い症状を少しでも軽くする食品をご紹介します!栄養もたっぷりなので、健康にも良いものばかりです。是非積極的に摂取して、この辛い時期を乗り越…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

レシピ お弁当 唐揚げ

マツコの知らない世界で大人気のお弁当の達人、野上優佳子が再び登場!今回はお弁当箱ではなくその中身をマツコさんに語っていました。放送では卵焼きやサバ缶レシピも紹介していましたが、今回はお弁当の定番おかず「から揚…

まとめ レシピ パンケーキ スイーツ

ドイツ生まれのジャーマンパンケーキはオーブンで焼くとても軽い食感のパンケーキです。アメリカのパンケーキレストランが、このドイツ風パンケーキに「ダッチベイビー」という別名をつけたそうで、多くの人々に愛され続けて…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る