ローディング中

Loading...

かわいい星型が特徴のスターフルーツ。マンゴーやパイナップルと並ぶ人気のトロピカルフルーツです。しかし、スターフルーツ単体で食べるという人は少ないのではないでしょうか。そこで、今回はスターフルーツの食べ方やおすすめレシピをご紹介します。

南国のくだもの「スターフルーツ」

トロピカルフルーツの中でも、特に見た目がかわいいことから人気がある「スターフルーツ」。みなさんも、一度はこの星型を見たことがあるのではないでしょうか。

スターフルーツとは、カタバミ科ゴレンシ属に属する柑橘系果物で、和名を「五歛子(ごれんし)」といいます。

もともとは南インド原産のトロピカルフルーツのようですが、東南アジアやブラジル、フロリダやハワイなどの熱帯地域でもよく栽培されています。

スターフルーツの由来

いつ頃欧米へ伝わったのかは定かではありませんが、オランダの旅行家「リンスホーテン」が16世紀末頃にまとめた『東方案内記』という書物にスターフルーツについての記述があることから、おそらく16世紀ごろなのではないかといわれています。

日本では18世紀末頃から沖縄での栽培が行われています。現在では沖縄のほかにも宮崎県や鹿児島県などで栽培されているようですが、いずれにしても暖かい気候でないと栽培が難しいようですね。スターフルーツという名前の由来は、切った際に切り口が星型のように見えることからそういわれているそう。鮮やかな黄色は、デザートやサラダなど料理を華やかにしてくれますね。

スターフルーツの特徴

大きさと味

スターフルーツのいちばんの特徴は、切った際のかわいらしい星型にありますが、果実自体の大きさは5~15cm、幅4~10cm程度ととてもコンパクトなのです。

黄色い果肉はとてもジューシーですがさっぱりとしており、程よい酸味が人気です。見ためからはあまり想像できませんが、食感はサクサクとしており、一度食べるとクセになる味わいです。

甘みと酸味のバランスが絶妙で、水分量も多いことから「和梨」と例えられることが多く、東南アジアでは広く親しまれているのだそうですよ。

栄養素

スターフルーツは栄養価も高く、ビタミンC、カリウム、食物繊維が豊富に含まれています。サクサクとした食感はこの食物繊維のためだったのですね。

なかでもカリウムの含有量は100g中140mgと多く、体内の毒素や余分な塩分を排出してくれる作用があります。血流がよくなるため、むくみや冷え性予防、高血圧抑制などさまざまな効果が期待できますよ。

血流がよくなることで、免疫力も向上し風邪を引きにくくなりますので、性別や年代を問わず積極的に摂取したいですね。

スターフルーツの正しい食べ方

スターフルーツをおいしく食べるポイントはとにかく熟すまで待つことです。熟したスターフルーツの見分け方については次で詳しくご説明しますが、熟するにつれて果実の色が緑色から黄色に変わるので、色の変化を目安にしましょう。

食べ方はサラダやケーキ、ジャムなどバリエーションが豊富です。使用目的により熟す前のものを使用するのか、よく熟したものを使用するのかで変わってきます。

熟す前

熟す前のスターフルーツを使用する場合はサラダがおすすめです。まだ熟していない青い状態の方がさっぱりしているので、野菜やドレッシングともよく合います。

甘い状態のものを食べたかったのにまだ青かったという場合は、20℃前後の室内で保存しておけばちょうどよく熟していきます。反対に、熟しすぎていた場合はそれを止めることはできませんが、冷蔵庫内で保管するようにしましょう。また、あまり熟しすぎてしまうと、果肉が柔らかくなり、表面にシワができてくるので選ぶ際の参考にしてみてください。

熟したあと

熟したあとのスターフルーツはケーキやスムージー、ジャムなどがおすすめです。少し熟しすぎていたかなという場合は、そのなかでもとくにジャムにするのがよいかもしれませんね。

いずれにしても、スターフルーツを食べる際は、最初に果実をよく水洗いしてから加工するようにしてください。特に、三角のとがった部分にはトゲがあるので、ナイフで切り落とすと安心して食べられます。

意外なことにスターフルーツは皮まで食べられるので、皮をむく必要がないのです。細切りにしてもよいですが、せっかくなので輪切りにして、かわいい星型を楽しみたいですよね。

スターフルーツの食べごろは?

真夏の果物というイメージがあるスターフルーツですが、意外なことに、旬は9月~3月の秋から翌春にかけてなのだとか。

おいしいスターフルーツを選ぶ際は、いくつかポイントがあります。まず、皮にハリとツヤがあり、ずっしりと重みがあるものの方が、旨みがぎゅっと凝縮されておいしいといわれています。

また、すでにシワが出てきているものや表面に斑点があるものは熟しすぎている可能性がありますので、なるべく避けるようにしましょう。写真のように、完全に黄色になる前の、まだ少し緑色の部分が残っているような状態がもっともおいしいとされています。

スターフルーツのおすすめレシピ5選

熟す前と熟したあとで、いろいろな使い方ができるスターフルーツ。それぞれの特徴をいかしたおすすめのレシピをご紹介したいと思います。

1. スムージー

熟したスターフルーツを使用した定番レシピともいえるスムージーです。スターフルーツのほかに、キウイやパイナップルをミキサーにかけ、アガベシロップとはちみつで甘みをプラス。南国気分が味わえそうなドリンクです。

レシピでは冷凍フルーツを使用していますが、生のものを使えばより香り豊かに!バナナなどを合わせてみても、クリーミーでまた違った味わいを楽しめそうですね。

2. サラダ

熟す前のスターフルーツを使用する場合は、断然サラダがおすすめです。レタスや水菜、ブロコリーなど、それだけでは地味になりがちな緑野菜のサラダも一気に華やかでかわいらしくなります。

このほかに、トマトやミックスビーンズを入れてもより彩りがよくなりそうですね。レモンなど柑橘系のドレッシングがよく合いますが、酸味が苦手という人やお子様は、ごまドレッシングやシーザードレッシングなどでもよいですね。

4. タルト

せっかくなので、そのかわいい星型をいかしたものを作りたいという人はタルトがおすすめです。スターフルーツのほかに、パイナップルやマンゴー、キウイを合わせれば彩りも良く爽やかな南国風味のタルトが完成します。

ボウルに卵黄と砂糖を白っぽくなるまで混ぜ合わせ、牛乳とレモンを入れてレモンカスタードを作ります。そのあと、180℃のオーブンで40分間焼いたさくさくのタルトの上にレモンカスタード、フルーツを重ねれば完成です。

見た目もきれいで甘みのなかにも程よく酸味が効いた、夏らしいタルトですよ。誕生日などの特別なときや、ホームパーティーのおもたせにぴったりです。

5. ムース

水にゼラチンを振りいれたら生クリームをボウルで泡立てて冷蔵庫で寝かせます。ココナッツクリーム、砂糖、牛乳を入れてとろみがつくまでかきまぜればあっという間に南国デザートのできあがり!

スターフルーツやグァバ、バナナなど彩りも華やかで目でも楽しめるひと品です。ココナッツが苦手という人は牛乳の分量を多めにすれば食べやすくなりますよ。

6. メカジキのムニエル スターフルーツソース

スターフルーツはなんと料理にも使うことができるんです。このレシピでは、スターフルーツでソースを作り、焼いたメカジキにかけていただきます。さっぱりとした酸味がお魚との相性も抜群ですよ。

輪切りのスターフルーツもトッピングすることで、いつもの魚料理がグッとおしゃれになりますね。

かわいいスターフルーツを食べてみて

スターフルーツの特徴とおすすめレシピ、いかがでしたか。フルーツと聞くとそのまま食べたり、スイーツとして使用するものと思いがちですが、熟す前、熟すあとで違った味わいを見せてくれるスターフルーツは実はおかずにもぴったり!

家庭料理からおもてなし料理まで幅広く使えるスターフルーツを取り入れて、料理の幅を広げてみませんか。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

ハンバーグ レシピ

今回ご紹介するレシピは、大好物な方も多いであろう「ハンバーグ」と「お餅」のコラボレーション!マンネリ化してしまいがちなハンバーグですが、お餅をプラスするだけでいつもと違った食感をもつ新感覚のハンバーグができる…

レシピ 大根

ゆずの香りが食欲をそそる、「ゆず味噌ふろふき大根」のレシピをご紹介します。お出汁がじゅわっと大根から染み出してくるので、温かい日にはぴったりです♩ゆず味噌は自宅で簡単に作れる上においしいので、おすすめですよ!

トースト パン レシピ

かわいい朝食が簡単にできたら、忙しいママやOLさんにとってそんなうれしいことはないですよね。今回は、忙しい朝でも思わずにっこりしてしまうスーパーキュートな簡単メニュー!とてもかわいい「テディベアトースト」の作…

みかん ケーキ レシピ フルーツ スイーツ

こたつのお供であり、冬のフルーツといえばのみかん。今回ご紹介するのは、そんなみかんを大胆に使って作る「みかんケーキ」のレシピです。みかんそのものの味を丸ごと味わうことができるので、みかん好きを自認するならこれ…

レシピ まとめ

これから旬を迎える「かぶ」。大根に比べて短時間でとろとろに仕上がるのも魅力のひとつです。今回はかぶの栄養や選び方、「かぶの煮物」の人気レシピから、下茹でのコツなどをご紹介!ひき肉やかぶの皮を活用したレシピもお…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

レシピ まとめ たまご

朝食にぴったりのスクランブルを、アレンジして食べちゃいましょう!そのままでももちろん美味しいんですが、アレンジするとまた違った味わいを楽しめます。いつものスクランブルエッグにちょっと飽きちゃった方必見です♡

まとめ レシピ

最近「ヒルナンデス」でも取り上げられたり、漫画「花のズボラ飯」がテレビドラマ化されたりと、「ズボラ料理」が何かと話題らしいです。料理する時間も短く、おいしいものが食べられればもう最高ですよね!そんなお手軽料理…

レシピ 作り置き まとめ

人気ブロガーYUKAさんから学ぶ時短レシピ弁当のご紹介です。お金と時間をかけずに作れるレシピは、ご家庭で重宝すること間違いなし!お子様や旦那様のお弁当はもちろん、働く女性の方にも最適です。毎日のお弁当作りや献…

レシピ まとめ 離乳食

1歳の誕生日を迎えて、生まれた頃に比べると体重は約3倍、身長は1.5倍とどんどん成長している時期。運動量が増えるので、体重はあまり増えず体は引き締まってきます。言葉も少しづつ覚えて「ママ」「パパ」など言えるよ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

女性利用者国内No.1グルメニュースサイト「macaroni」で、一緒に料理動画をつくりませんか?現在macaroniでは、日々料理動画の制作に取り組んでいます。そこで今回は実際に料理を作ってくれるスタッフを…

パン ニューヨーク アメリカ チョコレート レシピ まとめ

NYでいま新たに人気の「バブカ」。チョコレート入りのバター風味豊かなパンなんです。チョコバブカでは、人気NO.1といわれるベーカリーや、気になるレシピについてご紹介します。日本に上陸する日も近いかもしれません…

おつまみ

ビールといえば国民的に人気のお酒ですね。味や種類、飲まれるシーンもさまざま。暑い時期にビアガーデンで飲むビールは最高です!しかし気になるのがそのカロリー。とりあえず1杯、手軽に家で飲むことができるビールのカロ…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...