ローディング中

Loading...

カレーに欠かせない香辛料のひとつ、カルダモン。料理をスパイシーにするぐらいのことは知っていても、どのような効果があるのかまで理解している人は少ないのではないでしょうか。今回はカルダモンの効果やことカレー以外でも使えるレシピなどをご紹介!

カレーに欠かせない「カルダモン」

カレーに欠かせない香辛料のひとつ「カルダモン」。料理好きな方であれば、一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。料理をスパイシーに仕上げるということは知っていても、どのような効果があるのかまで理解している人は少ないはず。そこで、今回はカルダモンの歴史から、その効果や効能、カレー以外の使い方やおすすめレシピまでご紹介します。

カルダモンとは?

カルダモンとは、ショウガ科に属する多年草の一種です。実がまだ緑色で固いうちに収穫します。それらを乾燥させたあとの中に入っている黒色または茶色のゴマ粒大の種子が、私たちがよく知っているスパイスとしてのカルダモンなんですよ。

原産は、インドやスリランカ、マレー半島といわれており、清涼感のあるさわやかな香りとピリッとした辛み、ほろ苦さが特徴です。カレーをはじめ、煮込み料理など、フランスやイタリアなどの欧米よりはエスニック料理に使用されることが多いスパイスです。

カルダモンの歴史

カルダモンの歴史は実に古く、紀元前1000年以上も前から生薬やスパイスとして今日まで使用されてきました。その歴史の古さから「最古のスパイス」ともいわれています。

そもそも、カルダモンという名前の由来はどこにあるのでしょうか。カルダモンの由来は、ヒンドゥー語で「カルディア(心臓)」の形をした「アモーマム(生薬)」というところから来ているようです。様々な病気の治療にも遣われていたことから、古代エジプトでは「聖なる香煙」として神殿での祈祷にも使われていました。

また、古代の人々は常に毒殺の危機にさらされており、王室の医者たちはその際にスパイスのもつ防腐性や殺菌力に注目し、カルダモンをはじめとするスパイスを解毒剤として使用していたそうです。

一見、長細い形をしたカルダモンがなぜカルディア(心臓)の形に似ていると言われているのかは定かではありませんが、解毒剤の働きをして心臓を守るということもなにか関係しているのかもしれませんね。

カルダモンの効果・効能

疲労回復

疲労回復というと、梅干しやレモンなどのクエン酸を含むすっぱいものをイメージする人が多いかもしれませんが、実はカルダモンにも疲労回復効果があるといわれています。

また、心をほぐして精神を落ち着かせることから、精油としてアロマの世界でも使われているのだそうです。こういった精神面も関係し、カルダモンは疲労回復効果があるといわれているのかもしれませんね。

整腸作用

カルダモンのは消化器官の不調を改善し、唾液や胃液の分泌を促して消化を助けてくれる働きがあるとされています。また、腸内に溜まったガスを出してお腹を整えてくれるため、なんだか食欲がないというときや胃の調子が悪いというときにおすすめのスパイスです。

冷房の効いた部屋に長時間いたり、暑さのあまり冷たいものを飲み過ぎて、体調が悪くなりがちな夏こそカレーなどのスパイスの効いたものを食べて力をつけようというのは、こういったことも関係しているんでしょうね。

体温の上昇

スパイスたっぷりのカレーやお茶などを飲むと体がポカポカしてきますよね。カルダモンにもその効果があり、汗をかきやすくするため、冷え性に悩んでいる人や、風邪の引きはじめなどに紅茶に入れて飲むなどすると、体の芯から温まってきます。

ただし、妊婦さんへの安全性は100%確証がもてないようですので、妊娠中の人でカルダモンを摂取したいと思っている場合は、念のため主治医に確認するようにしてください。

口臭予防

インドでは口臭予防として広くカルダモンが使用されており、お酒を飲む前や香りの強いものを食べる前後にカルダモンをホールの状態で噛む習慣があるようです。

日本ではまだあまり知られていない使い方ですが、もしこの効果が知れわたり、カルダモンのガムなどを販売すれば、もしかするとヒットするかもしれませんよね。

カルダモンの使い方

スパイス

おそらく、最もなじみがあるカルダモンの使い方がスパイスとしての使用ではないでしょうか。カレーをはじめ、チキンや煮込み料理など、いつもの料理に少しカルダモンをプラスするだけで、スパイシーになり、コクと旨みが増します。

スパイスの魅力にすっかりとりつかれてしまったという人は、自身でスパイスをブレンドして世界にひとつだけのオリジナルスパイスを作ってみてもいいかもしれません。より料理がおいしく感じられそうですね。

肉の臭み取り

カルダモンには口臭予防効果があるということは先ほどお伝えしましたが、このことから肉の臭み取りとしてもよく使われています。ヤギや羊などちょっとクセのある肉はもちろんですが、冷しゃぶなど、普段はあまり気にならないけれど調理法によっては少しニオイを消したいというときにおすすめです。

カレーやシチューなどの煮込み料理のときなどに使えば、ニオイを取るだけでなく味が染み込みやすくなりますよ。

コーヒー

カルダモンを使った飲み物といえば有名なのがチャイですが、カルダモンはコーヒーに入れて飲むのもおすすめです。コーヒーにはからだを冷やす作用がありますが、カルダモンを入れることで汗をかきやすくなり、冬場でもポカポカと冷え知らずの体に!精神的なリラックス効果もあるのがよいですね。

カルダモンを使ったおすすめレシピ5選

1. ケーキ

カルダモンを使用したスウェーデンの伝統菓子です。カルダモンは黒色の種子をすり鉢などで粗めにすり潰して下準備をしておきます。鍋にバターを入れ、温まったら牛乳、卵と砂糖を入れてもったりとするまで混ぜ合わせます。そのあと、ふるっておいた薄力粉とベーキングパウダー、カルダモンを入たら型に流し込み、170℃に予熱しておいたオーブンで35〜40分ほど焼けば完成です。

シンプルな材料なので、素朴な味わいながらもカルダモンが効いておりスパイシー!ドライフルーツなどを入れてみてもおいしそうですね。

2. カルダモンをきかせたサラダ

定番のマヨネーズ風味のサラダもカルダモンを使用することでエスニックに!油を切ったツナ缶に薄くスライスした赤玉ねぎ、千切りにしたにんじんを入れ、ケーパー、レモン汁、カルダモンパウダーを加えざっくり混ぜ合わせます。あとはマヨネーズを加えれば、あっという間に彩りもよいサラダのできあがりです。「もうひと品作らないと!」というときにも重宝しそうなレシピですね。

3. 定番のカレー

カルダモンを使用したレシピの代表ともいえるカレーです。鶏もも肉に塩、ヨーグルト、をもみこみ、180℃に熱したオーブンで20分焼き、カレーのメインとなるタンドリーチキンを作ります。

焼いている間に、フライパンにトマトピューレを入れて火にかけ、カルダモン、シナモン、レッドペッパー、ガラムマサラを加え、さらに牛乳と生クリーム、塩、パプリカパウダーを加えたらひと煮立ちさせます。バターとおろしにんにくを加えて更に煮詰め、別途焼いていたタンドリーチキンを入れたら完成です。短時間で済むにもかかわらず、本格的なスパイス効いたカレーが楽しめますよ。

4. カクテルにもぴったり

カルダモンを使用したさわやかなカクテルです。グラスにウォッカとミントの葉、カルダモンパウダーを加えて軽くつぶし、氷とガラナを加えたら、ミントの葉とライムを飾ります。ライムは飲むときに絞って入れれば、さわやかなながらもカルダモンが効いてスパイシーな味わいに。

5. チャイにも欠かせない

カレーに次ぐ、カルダモンの人気レシピともいえるチャイ。寒い冬やのどの調子が悪いときに飲みたくなりますよね。お鍋に水とアッサムティの葉、スパイス、水を入れて、ひと煮立ちさせ、弱火で3分煮出します。煮出したら、砂糖とミルクを入れ、弱火で3分ほどさらに煮出し、最後に沸騰させたら完成です。体の芯からポカポカと温まりますよ。

日々の食卓にカルダモンを♩

いかがでしたでしょうか。最古のスパイス「カルダモン」の効果や効能とおすすめレシピなど詳しくご紹介しました。カルダモンは、スパイシーで料理の旨みを引き出してくれるだけでなく、体によい効果も期待できます。料理だけでなく、おやつやドリンクにも使えるのがよいですよね。いつものメニューにカルダモンを少しプラスして、健康な体を目指しましょう。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

お弁当 レシピ オムライス

なんと、スティックタイプのオムライスが登場! とろ〜りあふれ出すチーズがたまらない「スティックオムライス」のレシピをご紹介します。食べ応えも抜群で、食卓の定番とも言えるオムライスを、いつもと違ったスタイルで楽…

ブルーベリー レシピ ジャム

そのまま食べても、凍らせて食べてもおいしいブルーベリー。みなさんが好きな食べ方はどんな食べ方ですか?体にもよいと言われるブルーベリーのおいしい食べ方や長持ちする保存方法、おすすめのレシピまでご紹介。朝食からお…

豚肉 レシピ

肉巻の進化メニュー「野菜と豚肉のクルクル油揚げ巻き」のレシピをご紹介します。お肉だけでなく、油揚げも一緒に巻くので、じゅわっとジューシーな味わいを楽しめますよ。色鮮やかなにんじん、ズッキーニもスライスして巻い…

レシピ 豚肉

肉巻の進化メニュー「野菜と豚肉のクルクル油揚げ巻き」のレシピをご紹介します。お肉だけでなく、油揚げも一緒に巻くので、じゅわっとジューシーな味わいを楽しめますよ。色鮮やかなにんじん、ズッキーニもスライスして巻い…

豚肉 オクラ レシピ

ヘルシーでさっぱり食べられる豚肉料理「みょうがとオクラの豚肉巻き」をご紹介します。肉巻きの具材が、オクラとみょうが、大葉ととてもヘルシーなので、お肉を食べていても罪悪感なし!レンジのみで簡単にできるのでとって…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

メンチカツ 食べ歩き まとめ

コロッケやハンバーグをも凌ぐ、肉のうまみがぎゅっとつまったメンチカツは、現在ひそかな流行となっている。そんな絶品メンチカツを手軽に入手出来る店を独断と偏見により紹介したいと思います!

フルーツ まとめ

女性が気になるお肌の悩み。そんな悩みを解決するために最適な栄養素を持った「10」の食材を紹介します!是非とも普段から取り入れるように心がけていきたいものですね☆

調味料 パン バター まとめ

バターは「太りやすい」という噂もありますが、マーガリンと比べてもカロリーはほぼ一緒。何よりバターは旨いです。そこでここでは、「このバターのためにパンを買いに行く」という気になるほどの極上バターを3つご紹介しま…

コーヒー まとめ

コーヒー好きの人ならばお家で美味しいコーヒー飲みたいですよね?そんな時には美味しいコーヒー豆をお取り寄せするのはいかがでしょうか。この記事ではそんな美味しいコーヒーを飲みたい時にぴったりのお取り寄せコーヒー豆…

まとめ

待ちに待った春到来ですが...これからの時期気になるのは紫外線によって生まれる「活性酸素」です。顔のシミやシワなどを増やし、ガンや動脈硬化・糖尿病などの病気の引き金になるとも言われているのがこの物質。どんな食…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

バー

洋酒の楽しみ方を提案する「アサヒ・ブラウンスピリッツ・セミナー2017」の第2回。「ウッドフォードリザーブ」をテーマとした今回も、お酒の魅力について新たな気づきをくれるものばかりでした!知らなきゃ損なその内容…

たまご お弁当 アボカド

インスタグラムの新しいトレンド「#ほめたまごはん」をご存知ですか?黄身の色が鮮やかなたまご「ほめたま」を使った料理写真につけるタグなんです。おいしく美しい「ほめたまごはん」でほめられちゃうかも!? おすすめの…

カフェ サプライズ

誕生日や結婚のお祝いで食事をする時、デザートプレートがあると華やかでもらう側も贈る側も嬉しいですよね。渋谷にある「カフェクロワ」では、とても手の込んだオリジナルプレートを作ってもらえます。写真映えしてSNSで…

「ウドの大木」という言葉をご存じでしょうか。食用としても知られ、あまり大きいというイメージがないウドですがなぜこのような言葉があるのでしょうか。その意味や、実際の大きさ、他の巨大植物(大木)についてまとめてみ…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...