ローディング中

Loading...

みなさんは、舞茸を買ったらどのように保存していますか?冷蔵庫や野菜室に入れておくという方が多いと思いますが、意外にも冷凍したほうが、旨みや栄養分が増しておいしくなるんですよ。今回は、そんな冷凍舞茸の保存方法や活用レシピをご紹介します!

舞茸をどのようにして使ってる?

みなさんは、舞茸をいつもどのようにして使っていますか? 買ってきたものを冷蔵庫で保存し、炒め物や汁物に使う方が多数派でしょうか。舞茸独特の風味を損なわないためにも、なるべく早く使いきったほうがいいと考える方も少なくないはずです。

しかし、その使い方、本当に舞茸を「一番おいしい状態」にできているのでしょうか?今まで疑いもしなかった舞茸の保存方法の常識が、きっとこの記事を読むことでくつがえされますよ!

ではいったい、どのようにして保存すればいいのか……じつは、「冷凍」するのが最善とされているのです。

舞茸は冷凍するとおいしくなる!

冷凍保存方法

舞茸は、包丁を使わずとも手で簡単に裂くことができるので、保存する前には適当な大きさにしておきましょう。それをフリーザーバッグやタッパーなどに入れ、冷凍庫へ。そうしておけば、お味噌汁やうどん、炒め物など、ふと使いたくなったときに解凍せずに使うことができるので、とっても便利ですよ。

さらに使いやすさを求めるのであれば、冷凍する前に裂いた舞茸を小分けにしておけば、わざわざ袋から少量を取り出すという手間もなくなります。

冷凍するメリット

舞茸を冷凍することで、舞茸の中にある水分が氷の結晶になって細胞壁を壊すため、細胞内にある旨み成分や栄養素が溶けだしやすくなり、冷凍する前よりも甘みが増し、旨みがなんと約3倍にもなるのだとか。あわせて栄養価もアップするので、ダイエットにもぴったり!まさに、いいことずくめですね。

栄養価を下げないためにも、保存するときは水洗いしないで冷凍し、また冷凍した舞茸はなるべく完全に解凍させないで調理することがポイントになります。

保存期間

舞茸は冷凍保存すれば、約1ヶ月ほどもつと言われていますが、変色やヌメリなどの変化は定期的に見ておくようにしましょう。とはいえ、冷蔵で保存するよりも長持ちするのは明らかなので、やはり冷凍保存は最適と言えますね。

そのほかの保存方法

常温

基本的に常温は避けるべきですが、天日干しをして、乾燥させたものは常温保存が可能です。保存できる期間は、おおよそ4〜5日ほど。旨みもアップするので、ぜひ試してみてくださいね。

冷蔵

舞茸は、ラップに包んで冷蔵保存するとよいです。冷蔵する場合は、なるべく3~4日で使い切るように心掛けてください。また、水気があると傷みやすいので、保存するときにきちんと水気をとるようにしましょう。

舞茸を使ったおすすめレシピ10選

1.舞茸の天ぷら

舞茸の定番料理である天ぷらは、料理酒を入れることによって、まるでお店のようなサクサクとした食感に仕上げることができます。料理を普段しない人でも、このレシピなら大丈夫!揚げ物を敬遠していた方は、ぜひ試してみてほしいレシピになります。

2.舞茸とシーチキンの炊き込みご飯

必要な具材、調味料を炊飯器に入れるだけでできる簡単レシピにも関わらず、その味は本物です。舞茸のシャキシャキ食感はしっかり残っていて、歯応え抜群!お米にもしっかり味が染みていて、箸が止まらなくなりますよ。

3.三つ葉と舞茸のお吸い物

出汁からしっかりとって、本格的な味です。その出汁の中に三つ葉の爽やかな風味と、舞茸の旨みがぎゅっと詰まっていて、上品な味に仕上がっています。優しい色合いで、癒されること間違いありません。

4.焼きナスと舞茸のわさびポン酢仕立て

具材を切って、調味料と炒めるだけの簡単レシピです。ひと手間として、それぞれ別に炒めてから合わせると、旨みや甘みが増すので、ぜひ実行してみてください。わさび特有の刺激で、大人の味わいを演出しています。

5.ブロッコリーと舞茸のナムル

炒めたりすることが多い舞茸ですがこういったさっぱりしたレシピにも実はとても合うのです。レモン汁も加えてあっさりと。低カロリーでダイエットにも向いています。ブロッコリーと混ぜ合わせることで色も鮮やかになります。

6.豚肉と舞茸の甘辛しょうが煮

甘辛い味の中にもしっかりと生姜がきいていて、白いご飯がよく進みます。お弁当ののっけ弁におすすめです。ボリュームもたっぷり。お弁当にいれるときは味は濃いめにしても問題ありません。

7.かぼちゃと舞茸の炊き込みご飯

カボチャを炊き込みご飯にする発想はなかなかありませんよね。そしてそのカボチャを舞茸と合わせるなんて目からウロコです。シンプルな味付けではありますが、カボチャの甘みと舞茸の優しい味が引き立っていておかわりしたくなるほどのおいしさです。

8.舞茸とチキンのクリームパスタ

しいたけの出汁を使った、チキンと舞茸のパスタです。どの食材、調味料も主張しすぎることなく、優しいハーモニーを奏でてくれます。食感、味を大切にするために、具材は最後にトッピングしてください。

9.舞茸のカレーきんぴら

常備菜としてもおすすめのこちらのレシピ。カレー粉を使ってアレンジすることによって、独特の風味と味が完成します。それがまた、今までになかったおいしさでクセになること間違いなしですよ!

10.舞茸カレー

みんな大好きなカレーに、たっぷりと舞茸を入れましょう!これが味がよく染みていてたまらないお味に。隠し味のめんつゆは舞茸との相性がよく合い、コクや深みを出してくれます。もちろん小さい子から大人まで老若男女に愛される味です。

さっそく舞茸を買いに行こう!

いかがでしたでしょうか。
今までは、買ってすぐ使うか冷蔵保存。そして、どうしてもワンパターンになりがちだったレシピも、こちらの記事を読めばこれからの使い方が変わってくるのではないでしょうか。

冷凍して、旨みがグンと上がったときこそ食べごろです。ぜひ、お気に入りのレシピを見つけて、舞茸をさらにおいしくいただいてみませんか?

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ

難しい火加減の調整は不要!炊飯器で簡単に作れる「新玉ねぎの肉詰め煮」のレシピをご紹介します。とろける新玉の食感と、やさしい甘み、ジューシーな肉汁にほっぺたが落ちそう!今しか食べられない、旬の食材をまるごと味わ…

豚肉 レシピ

牛肉でなく豚コマで作る「豚コマごぼうのしぐれ煮」のレシピをご紹介します。しっかり味がしみたジューシーな豚コマは、ご飯のお供にぴったり!牛肉のような臭みがないので、誰でもおいしく食べやすいですよ♩お好みで山椒を…

韓国料理 レシピ

チャプチェの作り方、知っていますか?春雨の代わりにしらたきを使えばゆでる手間いらず!食材をレンジでチンしてトングで混ぜるだけで簡単に完成しちゃいますよ♩しらたきでカロリーオフ&おなかもすっきり!たっぷりのお肉…

鶏肉 大根 レシピ

「鶏大根のさっぱり煮」のレシピをご紹介します。皮目からこんがり焼いた鶏肉と大根、れんこんにしっかり味を染み込ませたひと品。お酢のきいた味付けで食欲が刺激されます。具材はどれもごろっとボリューミーで、お腹が満た…

スイーツ レシピ ケーキ まとめ

スイーツをおいしくしてくれるバニラの香り。あるとないとでは大分違いますよね。もしバニラエッセングが自宅にないときも、代用できるものがあることを知っていますか?いざ作り始めてバニラエッセンスがないことに気がつい…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

調味料 レシピ まとめ

タレ一つで料理がグッとおいしくなったり、ダメになってしまったりするものです。そんなときに知っておきたいのが「黄金比タレ」。今回紹介する『黄金比シリーズ』を知っていれば、料理の幅がグッと広がります♪

まとめ レシピ

ナムルを巻いて、ガッツリでもヘルシーの一品を作りましょう。今回は、「ナムル巻き」のアレンジレシピを紹介します。ナムルの量をコントロールすればヘルシーな海苔巻きになりそうですね。ぜひ参考にして作ってみて下さい♪

レシピ 牛肉 まとめ

アイルランドの有名な黒ビール「ギネス」で牛肉を煮込むとやわらかくおいしくなるそうですよ!そんなおすすめレシピを国内外問わず探してきてみました。硬いお肉でもビールで煮るとあら不思議。ソフトになっちゃうそうです♪

お弁当 レシピ まとめ

「あ〜るママ」さんは大人も子どももわくわくしてしまうような、キュートなお弁当で人気のママブロガーさんです。しかも作り方は意外と簡単。日頃のお弁当がワンパターンになってしまうと悩みがちな方、ぜひこちらを試して作…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

女性に最も利用されているグルメニュースサイト「macaroni」で、情報発信してみませんか?レシピやレストラン、カフェの紹介だけにとどまらず、美容系コラムからSNSで話題の食べ物など、食に関わる幅広いジャンル…

ハンバーグ

『旨包ボリュームリッチハンバーグ』が200名様に当たるモニターキャンペーンを「おうちごはん」内で開催中!湯煎するだけで本格リッチな味わいを楽しめるので、かわいくデコって、こどもの日をお祝いしましょう♩応募方法…

ビーツ レシピ まとめ フムス

「ビーツ」とは赤かぶのことを指すのですが、栄養価が高くさまざまな健康効果が期待できるスーパーフードなのです。そこで今回は、ビーツを使った料理をまとめてみました。あなたも、食生活にビーツを取り入れてみませんか?

パン レシピ

今話題のポリ袋で作る「ポリパン」を知っていますか?ポリ袋とフライパンという身近な調理道具を使って作ることができ、手軽で失敗知らず!ポリ袋にドライイースト(天然酵母)などの材料を入れてふり、発酵させて焼くだけ!…

りこぴん

1児の新米ママしています☆ ママ目線で、女性目線で、主婦目線で、 ...