ローディング中

Loading...

「どんぐり」食べたことありますか?公園に落ちているたっぷりのどんぐりには、美容にうれしい栄養がたっぷり含まれているのです。素通りしてはもったいないですよ!おいしいどんぐりの選び方から、基本の食べ方、栄養素についてご紹介します。

人間もどんぐりを食べられる!

子どもの頃、公園や森でどんぐりひろいをした記憶はありませんか?顔を描いたり、やじろべえやコマにして遊んだり。コロンとしたフォルムでかわいらしく、たくさん集められるとうれしかったですよね。

どんぐりを食べる動物といえば、リスが思い浮かびますが、なんと、私たち人間もどんぐりを食べることができるんですよ!「ひろってきたどんぐり、本当に食べて大丈夫?」「おいしくないのでは?」そんな疑問をお持ちの方のために、どんぐりをおいしく食べるコツをお教えします!

どんぐりは貴重な食材だった!

現在では、どんぐりを食べる人はなかなか居ないかと思いますが、昔は食料として重宝されていたんですよ。時代は縄文時代までさかのぼります。当時の人々は、狩りや採集で手に入れた食料を食べ、食べきれない分は穴や屋根裏に貯蔵して、少しずつ食べていました。現在残っている遺跡からも、クルミやクリ、トチ、どんぐりなどが見つかっていますが、その大部分をどんぐりが占めていたのです。

十分にアク抜きしたどんぐりを使って、おかゆや雑炊を作って食べていました。また、携帯食用のどんぐりクッキーも大活躍しました。今でいう、おにぎりのようなものでしょうか。長く主食として親しまれていたどんぐりでしたが、弥生時代になり、稲作が始まってから現在に至るまでは、米が主食に代わったのです。

どんぐりを食べてみよう

おいしいどんぐりの見分け方

どんぐりにもさまざまな種類がありますが、渋味成分である「タンニン」が多く含まれている種類のどんぐりを食べると、お腹を壊したり、下痢や便秘になったりする場合があります。スダジイ、ツブラジイ、マテバシイなどシイ類のどんぐりは、タンニンの含有量が比較的少なく、ほのかな甘みもあるので、煎ってそのまま食べることもできますよ。
シイ類のどんぐりの中でも、もっとも食べやすく見た目も特徴的なのがスダジイ。実自体は鋭くとがっていて、薄い殻のような帽子におおわれています。どんぐりの実が熟すと、この帽子が裂けてきます。帽子に虫食いの穴がない、きれいなものを選びましょう。

タンニンの少ないどんぐりが見つからなくても大丈夫。しっかりアク抜きすれば食べられますよ。ボウルにはった水に浸した後、10〜15分ほどゆでるだけでOK。縄文時代の人々も、縄文土器でアク抜きしていたんでしょうね。

調理方法

1. どんぐりについたゴミや帽子の部分を取り除き、ボウルなどに入れて水洗いします。未熟な実や虫食いがあるものは浮いてくるので、取り除きましょう。
2. ザルにあけてよく水を切ったら、厚手の鍋やフライパンで乾煎りします。鍋を揺すりながら、どんぐりの殻にヒビが入るまで煎りましょう。封筒に入れて、電子レンジで加熱してもOKです。
3. 殻をむいていただきます。冷えると実が固くなってしまうので、早めに食べましょう。

実は栄養たっぷりなどんぐり

どんぐりの68%は炭水化物でできていて、18%が脂肪、6%がタンパク質です。主食として食べられていた歴史も納得ですね。また、アミノ酸やビタミンA、Cを多く含んでいます。カロリーは100gあたり386.9 kcal。白ご飯が100gあたり168 kcalなので、少量でも十分なエネルギーをチャージできることがわかります。食べ過ぎには注意しましょうね。

うれしい効果・効能も

デトックス作用

どんぐりに含まれる「アコニック酸」には、体内に蓄積された毒素の排出を促すデトックス効果があるといわれています。韓国には、どんぐりの粉で作る、おもちのような「ムック」という伝統料理があります。「不老食」と呼ばれ、デトックスに用いられているんですよ。

不飽和脂肪酸で血液サラサラに

どんぐりには、パルミトレイン酸、オレイン酸、リノール酸、リノレン酸、アラキドン酸などの不飽和脂肪酸が含まれています。アーモンドやくるみなどにも含まれているので、同じく木の実であるどんぐりに含まれているのも納得ですね。コレステロール値や中性脂肪の値を下げたり、肌や髪の毛を健康で美しい状態に保ったりと、うれしい効果がたっぷりです。

ポリフェノールでアンチエイジング

どんぐりの苦味成分であるタンニンは、ポリフェノールの一種で、抗酸化作用があります。コレステロールの酸化を防いでくれるので、生活習慣病の予防が期待できます。また、メラニンを生成する細胞の増殖を抑える働きもあり、皮膚の保護や美白効果もあります。

おすすめどんぐりアレンジレシピ

クッキー

どんぐりと小麦粉、砂糖、卵、バターだけで作れるどんぐりクッキーです。小麦粉はどんぐりの半分の量で大丈夫ですよ。

基本の食べ方で紹介した下処理を行ってから、どんぐりをフードプロセッサーなどで粉末にします。小麦粉と合わせたら、一般的なクッキーと同じ要領で作れますよ。型を抜いても、ドロップクッキーにしてもかわいらしい、素朴な味わいです。絵本に出てきそうなヘルシースイーツ、子どもと一緒に作ってもよろこびそうですね!

どんぐりのムック

ぷるっと弾力のある、韓国の伝統料理です。どんぐりのでんぷんを生かした、もっちりプルプルの食感が心地よいひと品。白ごまとごま油を甘辛く味付けして作る韓国風のタレが、お酒にもよく合いますよ。おかずとしても、おつまみとしても、おやつとしても、さまざまなシーンで活躍しそうなメニューです。

今年の秋はどんぐりを食べてみよう!

どんぐりは、美容や健康にうれしい栄養がたっぷり含まれた栄養食だったのです!栄養や味わいについて知ったら、公園や森に落ちているどんぐりも宝の山に見えてきます。この秋は、ぜひおいしいどんぐりをひろい集めて、おやつ作りやおつまみ作りに役立ててみてくださいね!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ カクテル

「アマレット」というリキュールをご存知ですか?馴染みのある方には、すぐにピンと来るかもしれませんが、普段お酒を飲まない方からするとなんだろう?と疑問に思いますよね。アマレットを使ったオススメのカクテルをご紹介…

ナス

ナスに油を吸わせすぎないコツをご紹介します!ひと手間加えるだけで、ギトギト油まみれを回避できるんですよ。旬のナスをもっとおいしくヘルシーに食べてみませんか?実際に炒めた様子と合わせて、ポイントをご紹介します!

レシピ ハンバーグ まとめ

とってもおいしい煮込みハンバーグ。自宅で作るとき、どんな献立にすればいいか、迷うことはありませんか?もうひと品つけたしたい、栄養バランスが気になる……そんな方に、煮込みハンバーグに合うスープや副菜をレシピ付き…

レシピ まとめ

クリスマスや誕生日パーティーに、かわいらしい「ロールケーキタワー」を作ってみませんか?今回は、基本の作り方から真似してみたいアイデアレシピまでご紹介!フォトジェニックなロールケーキタワーに、ぜひ挑戦してみてく…

お茶 原宿

2017年7月21日(金)原宿に「お茶のいろはby namacha」がオープン!おいしいお茶の淹れ方や、お茶の製造過程など、お茶について丸ごと勉強できるミュージアムなんです!女優の波瑠さんが登場したオープンイ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

鶏肉 レシピ アレンジレシピ まとめ

鶏肉を買ってもいつも唐揚げや照り焼きばかり…それ以外のレシピはないかな?そんな方におすすめの、鶏肉を使った簡単アイデアレシピです。難しい手順がないものばかりなので、ぜひ作ってみてくださいね。

フルーツ グラタン まとめ

フルーツ大好きだけど冷えが気になる…そんなあなたにおすすめのフルーツグラタンレシピをご紹介します。甘酸っぱくて幸せな香りに包まれる至極のひと時♪めんどくさがりな人にも簡単に作れるレシピから、本格的なレシピまで…

レシピ まとめ 寿司 ピザ

5月の第2日曜日は「母の日」日頃の感謝をこめてお母さんに料理をふるまってみてはいかがでしょうか?おすすめのレシピを集めてみました。ちなみに日本やアメリカでは第2日曜ですが、スペインでは第1日曜、スウェーデンで…

パン レシピ まとめ

instagram(インスタグラム)ユーザー「utosh」さんが作るパンを使ったメニューをまとめました。朝は「パン派」という人は必見!忙しい毎日でも、たまにはゆっくりした朝食を味わってみませんか?皆さんも参考…

鶏肉 牛肉 鶏そぼろ じゃがいも まとめ

王道のおかず、彼氏が彼女に作ってもらいたいおかずとしても毎回上位にランクインする肉じゃが。その肉じゃがをマスターしたら次は少し違う○○じゃがを作って彼の胃袋をつかみませんか?豚肉以外の肉じゃがレシピを紹介しま…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

レストラン レシピ 東京 大阪

ジビエ料理とは、狩猟で得た天然の鳥獣を食べるお料理です。猪や鹿、カモや山鳩などの、自然のなかを走り回っている鳥獣たちは、栄養価が高くヘルシー。今回は「ジビエ料理」について、また東京や大阪で食べられるお店などを…

お茶

みなさん「よもぎ」はご存知ですよね。では「よもぎ茶」は飲んだことがありますか?よもぎ茶は、女性にうれしい成分がいっぱい詰まった万能薬なんです。今回は、よもぎ茶の魅力から、作り方、おすすめ商品などを紹介します。…

でぐでぐ

おいしいものを食べること、作ること、撮ることが大好きです。 天気の...

ページTOPに戻る