ローディング中

Loading...

ビールと発泡酒の違い、説明することができますか?最近では発泡酒の味のクオリティも向上し、普段使いのお酒として便利な発泡酒を、ビールの代替品として活用している人も多いのではないでしょうか。今回は意外と知らない発泡酒とビールの違いを解説します。

発泡酒とビールの違い、わかりますか?

キレのあるのどごし、苦みが人気のアルコール飲料「ビール」。暑い季節はもちろん、年間を通じて大人気のお酒ですよね。最近では海外のクラフトビール人気の影響もあってか、さまざまな種類のものが出回るようになりました。

また現在では、そんなビールをより気軽に楽しむための代替品として、「発泡酒」や「第3のビール」などが飲料メーカー各社によって開発されています。リーズナブルな価格展開や、ビールと間違えるほどの味わいのクオリティから人気を集めており、日常的に飲むのはビールよりも発泡酒、という人も少なくないのではないでしょうか。

ですが、「じゃあ発泡酒とビールの違いって何?」と聞かれたら、上手く説明できる人はなかなかいないかもしれません。今回は、知っているようで意外と知らない、ビールと発泡酒の違いを徹底解説します!

発泡酒とビールの違い

発泡酒とビールの違いは、「酒税法」という政令によって、厳密に定められていることをご存じでしょうか。発泡酒やビールに限らず、日本で販売するお酒は酒税法により、お酒の分類や定義、そして税率を定めた政令に基づいて製造・販売されています。では、この酒税法でいうと、ビールと発泡酒はどのように区別されているのでしょうか。

発泡酒とビールを比較すると、まず味の濃度が違います。これは成分上、発泡酒の方がビールよりも麦芽の量が少ないためといわれており、発泡酒はやや軽やかな味わいに仕上がっています。

原料

前述の酒税法により、ビールと名乗るためには政令に基づいた規定を満たしていることが必要。原料は「麦芽」「麦」「ホップ」「米」「とうもろこし」など、規定の範囲のものしか使用できません。

一方で発泡酒はビールで使用できない原料を使うことができます。最近、女性を中心に人気のフルーツやハーブのフレーバー付きビールは、成分表示を確認すると発泡酒に分類されます。また、時には海外でビールと認められているものでも日本では発泡酒に分類されている、ということも有り得ます。

製法

ビールは麦芽やその他の材料をビール酵母によって発酵させて作られます。一方、発泡酒は麦芽または麦を原材料の一部としたアルコール飲料で発泡性を有するものなので、発酵の有無に関しては特に規定がありません。

税金

酒税法によると、350ml一缶でビールは約77円、発泡酒は約47円の税金がかかります。基本的には「麦芽の使用量」によって税金の額が変わるため、麦芽をより多く使用しているビールは発泡酒よりも価格が高くなります。

そもそもビールの定義とは

アルコール飲料をビールと銘打つためには、酒税法の規定に沿って製造される必要があります。まず麦芽を全体の比率で3分の2以上使用していることが一つ。そしてもう一つは、原料が「麦芽」「麦」「ホップ」「米」「とうもろこし」など、規定の範囲であることです。これに加え、ビール酵母によって発酵されたアルコール飲料だけが、ビールと名乗ることを許されます。

健康にいいのはどっち?

健康という面からみると、ビールに軍配があがるといえます。なぜならばビールにより多く含まれる「麦芽」には、さまざまな健康効果があることが確認されているからです。

麦芽には、ビタミンB群を初めとしたビタミン類や、ミネラル類が含まれています。特にビタミンB2が豊富で、肌や体の組織のターンオーバーを促して老廃物の排出を活発にしたり、脂質の代謝を助けるというはたらきを持っているといわれています。また、ビールは限定された材料で製造されており、規定が少ない発泡酒と比較すると、自然な昔ながらの製法という部分でも、健康面でみると優勢なのかもしれませんね。

ちなみにビールと生ビールの違いは?

ビールの定義にあるように、材料をビール酵母によって発酵させて作られたものがビールですが、その仕組みは、ビール酵母と材料の中にある「糖分」を結合させ、アルコールと炭酸ガスを発生させるというもの。この時、ビールを美味しくするために大切なのが「発酵度」です。

適度な発酵がビールの味わいには必要不可欠で、例えばあまりにも発酵が進みすぎると酸味が強くなり、品質が低下してしまうことがあります。日本では過去、このビール酵母を加熱処理によって殺し、発酵を適度に保って品質を維持していました。これが、いわゆる「ビール」です。

一方「生ビール」とは、加熱を行わないビールのこと。ビール酵母を加熱ではなく2回程度の濾過処理によって取り除いたものをいいます。現在、冷蔵技術の発達によってほとんどのビールが「生ビール」となっており、できたての味わいが楽しめるようになりました。ようするに、いま出回っているビールのほとんどは、「生ビール」なんですよ。ただ、生だからおいしいというわけではなく、その時のコンディションによっても品質は変化するそうです。

じつは厳密に違かったビールと発泡酒

いかがでしたか?意外と知らない発泡酒とビールの違いですが、実は厳密に「酒税法」に基づいて規定されているのです。その時々のシチュエーションによって、ぜひこれから飲み物を選ぶ際の参考にしてみてくださいね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

スイーツ ドリンク 代々木 代々木上原 レストラン

ベストセラー美容ドリンク「順造選クランベリー100」と代々木上原のカフェ&レストラン「 ノードウエハラ」がコラボし、初夏にぴったりのクランベリーメニューが誕生!クリエイティビティ溢れる全く新しいメニュ…

「アサヒスーパードライ」が2017年3月14日に発売30周年!これを記念したキャンペーンの賞品は、同ビール史上最高のクオリティを家庭で味わえるという驚きのアイテムです。その実力を、まだもらっていない皆さまより…

ワイン ドリンク マンゴー

フランス産スパークリングワイン「カフェ・ド・パリ」に、ネイルアーティストとのコラボレーションで生まれた「プチ・モーメント」シリーズの第三弾『カフェ・ド・パリ プチ・モーメント トロピカル・マンゴー』が登場。夏…

ヘンプフーズジャパンから、毎日2さじで健康&美容効果が抜群、その効能が欧米でも大注目の“ヘンプシード”を使ったレシピ本「美肌!美腸!やせる! ヘンプシードダイエット」が発売され…

バー

洋酒の楽しみ方を提案する「アサヒ・ブラウンスピリッツ・セミナー2017」の第2回。「ウッドフォードリザーブ」をテーマとした今回も、お酒の魅力について新たな気づきをくれるものばかりでした!知らなきゃ損なその内容…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

鉄板焼き まとめ

いかに無駄を削ぎ、己の思い描く理想像への最短距離を追求する…これ、一流のシェフの流儀なり。一方で、“いかに観客を魅せるか”ということに心血を注ぐシェフもまた存在するんです…

餃子 パスタ 中華 まとめ

てっきり外国人だと思ってたら日本人だった、なんてことがたまにあります。僕の友達にも、完全に欧米人みたいな顔なのに血筋は純日本人なんてのがいます。そして料理にも同じ減少が少なからずありますので、まとめてみました…

おしゃれ カフェ レストラン 東京 まとめ

東京にはおしゃれなカフェがいっぱい!今回は雑誌の撮影などで使われるお店を中心に、SNS映えする店内やフォトジェニックでおいしい料理が食べられるカフェを厳選しました。最後に藤沢のお店も紹介していますよ。これで行…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

たまご お弁当 アボカド

インスタグラムの新しいトレンド「#ほめたまごはん」をご存知ですか?黄身の色が鮮やかなたまご「ほめたま」を使った料理写真につけるタグなんです。おいしく美しい「ほめたまごはん」でほめられちゃうかも!? おすすめの…

食べ歩き 韓国料理 韓国

macaroniとDeNAトラベルのコラボ企画「韓国vs台湾 最新食べ歩きグルメを調査せよ」。おかげさまで多数のご応募をいただきました!今回は、当選した特派員によるレポートをお届け。食べ歩きグルメの最新トレン…

イギリス まとめ

アフタヌーンティーとハイティー、アフタヌーンティーは日本でも定着していると思いますが、ハイティーは聞き覚えがあってもよくは知らない...という方もおられるかもしれません。そこで今回はこの二つの違いについてお話…

新宿 パンケーキ まとめ

新宿はパンケーキ激戦区なんです!ルミネやミロード、小田急百貨店など商業施設に入っているお店が多く、お買い物で疲れた後に食べられます。ニューヨークで人気のお店や、ビーガン系などバリエーション豊富なのも魅力。お気…

ohg

栄養士として働きながら、趣味でレシピを自分で起こしてみたり、新しい...