ローディング中

Loading...

みなさんはビールと発泡酒の違い、説明することができますか?第三のビールとも言われる発泡酒は、味のクオリティも向上しており、最近はビールの代替品として活用している人も多いのではないでしょうか?そこで今回は意外と知らない両者の違いをご紹介!

発泡酒とビールの違い、わかりますか?

キレのあるのどごし、苦みが人気のアルコール飲料「ビール」。暑い季節はもちろん、年間を通じて大人気のお酒ですよね。最近では海外のクラフトビール人気の影響もあってか、さまざまな種類のものが出回るようになりました。

また現在では、そんなビールをより気軽に楽しむための代替品として、「発泡酒」や「第3のビール」などが飲料メーカー各社によって開発されています。リーズナブルな価格展開や、ビールと間違えるほどの味わいのクオリティから人気を集めており、日常的に飲むのはビールよりも発泡酒、という人も少なくないのではないでしょうか。

ですが、「じゃあ発泡酒とビールの違いって何?」と聞かれたら、上手く説明できる人はなかなかいないかもしれません。今回は、知っているようで意外と知らない、ビールと発泡酒の違いを徹底解説します!

発泡酒とビールの違い

発泡酒とビールの違いは、「酒税法」という政令によって、厳密に定められていることをご存じでしょうか。発泡酒やビールに限らず、日本で販売するお酒は酒税法により、お酒の分類や定義、そして税率を定めた政令に基づいて製造・販売されています。では、この酒税法でいうと、ビールと発泡酒はどのように区別されているのでしょうか。

発泡酒とビールを比較すると、まず味の濃度が違います。これは成分上、発泡酒の方がビールよりも麦芽の量が少ないためといわれており、発泡酒はやや軽やかな味わいに仕上がっています。

原料

前述の酒税法により、ビールと名乗るためには政令に基づいた規定を満たしていることが必要。原料は「麦芽」「麦」「ホップ」「米」「とうもろこし」など、規定の範囲のものしか使用できません。

一方で発泡酒はビールで使用できない原料を使うことができます。最近、女性を中心に人気のフルーツやハーブのフレーバー付きビールは、成分表示を確認すると発泡酒に分類されます。また、時には海外でビールと認められているものでも日本では発泡酒に分類されている、ということも有り得ます。

製法

ビールは麦芽やその他の材料をビール酵母によって発酵させて作られます。一方、発泡酒は麦芽または麦を原材料の一部としたアルコール飲料で発泡性を有するものなので、発酵の有無に関しては特に規定がありません。

税金

酒税法によると、350ml一缶でビールは約77円、発泡酒は約47円の税金がかかります。基本的には「麦芽の使用量」によって税金の額が変わるため、麦芽をより多く使用しているビールは発泡酒よりも価格が高くなります。

そもそもビールの定義とは

アルコール飲料をビールと銘打つためには、酒税法の規定に沿って製造される必要があります。まず麦芽を全体の比率で3分の2以上使用していることが一つ。そしてもう一つは、原料が「麦芽」「麦」「ホップ」「米」「とうもろこし」など、規定の範囲であることです。これに加え、ビール酵母によって発酵されたアルコール飲料だけが、ビールと名乗ることを許されます。

健康にいいのはどっち?

健康という面からみると、ビールに軍配があがるといえます。なぜならばビールにより多く含まれる「麦芽」には、さまざまな健康効果があることが確認されているからです。

麦芽には、ビタミンB群を初めとしたビタミン類や、ミネラル類が含まれています。特にビタミンB2が豊富で、肌や体の組織のターンオーバーを促して老廃物の排出を活発にしたり、脂質の代謝を助けるというはたらきを持っているといわれています。また、ビールは限定された材料で製造されており、規定が少ない発泡酒と比較すると、自然な昔ながらの製法という部分でも、健康面でみると優勢なのかもしれませんね。

ちなみにビールと生ビールの違いは?

ビールの定義にあるように、材料をビール酵母によって発酵させて作られたものがビールですが、その仕組みは、ビール酵母と材料の中にある「糖分」を結合させ、アルコールと炭酸ガスを発生させるというもの。この時、ビールを美味しくするために大切なのが「発酵度」です。

適度な発酵がビールの味わいには必要不可欠で、例えばあまりにも発酵が進みすぎると酸味が強くなり、品質が低下してしまうことがあります。日本では過去、このビール酵母を加熱処理によって殺し、発酵を適度に保って品質を維持していました。これが、いわゆる「ビール」です。

一方「生ビール」とは、加熱を行わないビールのこと。ビール酵母を加熱ではなく2回程度の濾過処理によって取り除いたものをいいます。現在、冷蔵技術の発達によってほとんどのビールが「生ビール」となっており、できたての味わいが楽しめるようになりました。ようするに、いま出回っているビールのほとんどは、「生ビール」なんですよ。ただ、生だからおいしいというわけではなく、その時のコンディションによっても品質は変化するそうです。

じつは厳密に違かったビールと発泡酒

いかがでしたか?意外と知らない発泡酒とビールの違いですが、実は厳密に「酒税法」に基づいて規定されているのです。その時々のシチュエーションによって、ぜひこれから飲み物を選ぶ際の参考にしてみてくださいね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

スムージー

お肌のツヤをキープするには、お腹の中の健康が大切だと知ってましたか?腸にうれしい乳酸菌や食物繊維、酵素がたっぷり入った「乳酸菌スムージー」を飲んで、おいしく肌みがきしちゃいましょう!今なら、お得なプレゼントキ…

バーボンを飲んだことはありますか?高価なお酒というイメージがありますが、どんな飲み方をすればおいしく飲めるのでしょうか。おすすめ銘柄は?今回は、バーボンの基礎知識や飲み方、おすすめ銘柄など、余すことなくご紹介…

ぶどう特有の甘い香りと琥珀色のグラッパ。専用グラスやデザインボトル、楽しめる部分の多いお酒ですが、日本での知名度はまだまだです。イタリアでは、食後酒として飲まれている非常にポピュラーなお酒。グラッパの由来やお…

スイーツ カクテル まとめ

コアントローってご存知ですか?カクテルやスイーツなどによく使われるリキュールですが、実際にどんなもの?と聞かれるとはっきり答えられない……そこで、コアントローの飲み方や、カクテル&お菓子のおすすめレシピについ…

カクテル

ジンを使ったさっぱりカクテルのジンリッキー。癖のない口当たりは食事にも合い、男女問わず人気のカクテルですよね。今回は、ジンリッキーの由来や作り方、おいしい飲み方まで詳しくご紹介します。ジンリッキーの魅力に触れ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

鉄板焼き まとめ

いかに無駄を削ぎ、己の思い描く理想像への最短距離を追求する…これ、一流のシェフの流儀なり。一方で、“いかに観客を魅せるか”ということに心血を注ぐシェフもまた存在するんです( ゚д゚) 今回は、そんな自己アピー…

餃子 パスタ 中華 まとめ

てっきり外国人だと思ってたら日本人だった、なんてことがたまにあります。僕の友達にも、完全に欧米人みたいな顔なのに血筋は純日本人なんてのがいます。そして料理にも同じ減少が少なからずありますので、まとめてみました…

おしゃれ カフェ レストラン 東京 まとめ

東京にはおしゃれなカフェがいっぱい!今回は雑誌の撮影などで使われるお店を中心に、SNS映えする店内やフォトジェニックでおいしい料理が食べられるカフェを厳選しました。これで行きたいお店が見つかるはずです!

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

スムージー

お肌のツヤをキープするには、お腹の中の健康が大切だと知ってましたか?腸にうれしい乳酸菌や食物繊維、酵素がたっぷり入った「乳酸菌スムージー」を飲んで、おいしく肌みがきしちゃいましょう!今なら、お得なプレゼントキ…

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

パンケーキ スイーツ

甘〜くてふわふわのパンケーキ。東京で人気のあるパンケーキ店はたくさんあり、どこで食べるか迷う人も多いでしょう。そこで今回は、本当においしいお店をランキング形式でご紹介します!約1万人のパンケーキ愛好家が真剣に…

ロンドン イギリス ハイブリッドスイーツ まとめ スイーツ ドーナツ マフィン

今ロンドンで人気となっているハイブリッドスイーツ「ダフィン」を知っていますか?ドーナツとマフィンが合体したスイーツで、お昼に買いに行ってもすでに残りわずかというほどロンドンっ子を熱狂させているお菓子なんです。…

ohg

栄養士として働きながら、趣味でレシピを自分で起こしてみたり、新しい...

ページTOPに戻る