ローディング中

Loading...

連載:バリスタに聞く、趣味コーヒーのはじめかた

まだまだ厳しい暑さが続きますね。今回は、おいしいアイスカフェオレを作るコツをお教えします。ただコーヒーに牛乳を注げばいいというわけではありません。カフェオレにぴったりなコーヒー豆、牛乳を選ぶことで、よりおいしく仕上げることができるんです!

アイスカフェオレとは

コーヒーをもっとおいしく飲むための知識やテクニックを、吉祥寺のロースター「ライトアップコーヒー(LIGHT UP COFFEE)」のオーナーバリスタ、相原民人がご紹介する連載の第9回。今回は牛乳を使ったコーヒードリンクの楽しみ方についてご紹介いたします!

カフェオレとは、エスプレッソ以外の方法で抽出したコーヒーとミルクを混ぜて作るドリンクで、多くの家庭で親しまれるフランス生まれの飲み物です。似た飲み物にカフェラテがありますが、こちらはエスプレッソとミルクを混ぜて作るドリンクで、エスプレッソ文化が盛んなイタリア生まれという文化背景があります。

素材選びが重要!

この連載ではしつこいくらい言っていますが、コーヒーは素材が大切です。今回ご紹介するアイスカフェオレもいい素材を使う前提でのレシピとなります。牛乳もメーカーや産地、作り方でそれぞれ味が異なるのでコーヒーによっての相性があります。こちらもいい素材にこだわって、おいしいアイスカフェオレを作りましょう!豆に合わせて牛乳を選べると、楽しみ方がぐっと広がると思います。

牛乳選びのポイント

牛乳はすべて同じではなく実はさまざまな種類があるんです。どう選ぶといいのか、その基準をご紹介します。

基本的に「生乳100%の牛乳」を

牛の乳をしぼった生乳だけでできていて、成分を調整していないものを指します。無脂乳固形分を8%以上、乳脂肪分を3%以上、含んでいなければならないそうです。さらに乳の殺菌方法でさらに2つに分類されます基本的にカフェオレに使う牛乳はこれを指します。

殺菌方法は「高温短時間殺菌法」で

120~130度の熱で2秒間殺菌する方法です。お店に並ぶ牛乳の約95%に用いられる、一般的な方法です。コーヒーと混ぜるとミルキーで優しい味わいになります。脂肪分やメーカーによって味わいもさまざまですが、基本的にカフェオレ用のミルクは高温短時間殺菌法のものにしましょう。

アフリカ産の豆には「低温長時間殺菌法」

62~65度の熱を30分間加える殺菌方法です。この方法で殺菌されているのは、牛乳全体の1%と、とってもめずらしい殺菌方法。牛乳自体の主張がそこまで強くないため、コーヒーの味わいを引き立たせます。アフリカのコーヒー豆と合わせる時におすすめです。

「成分調整牛乳」はさけたい!

生乳から水分や脂肪分、ミネラルなど乳成分の一部をとりのぞいたもので、無脂乳固形分8%以上を含むものです。ケミカルな味わいになる印象があり、カフェオレにはおすすめしません。

「無脂肪牛乳」も避けたい

生乳から乳脂肪分をほとんどすべて、とりのぞいたものです。無脂乳固形分8%以上、乳脂肪分0.5%未満です。特別な理由がない限りはカフェオレに使うのをおすすめしません。牛乳の味がコーヒーとケンカしがちです。

豆によっては「低脂肪牛乳」もアリ

生乳から乳脂肪分を少しとりのぞいたものが「低脂肪牛乳」です。無脂乳固形分は8.0%以上、乳脂肪分は0.5%~1.5%です。牛乳の主張がないためコーヒーの味が引き立ちます。ですがバランスの悪い味になることも多いので注意が必要です。

豆選びのポイント

コーヒーの味は産地や精製方法で大きく異なります。ざっくりと大きく分けた味の違いをご説明します。

アフリカ

フルーティーなものが多く、ミルクと合わせるとコーヒー自体の主張があまりないためミルクティーのような味わいになります。すっきり飲みたいときにおすすめです。エチオピア、ケニア、ルワンダなど。

中米

酸味と甘みのバランスのとれた味わいのものが多いのでミルクと混ぜたときもバランスのいい飲みやすい味わいになります。コーヒー感を程よく感じられるのでお菓子との相性もいいです。コスタリカ、グアテマラ、ホンジュラスなど。

南米

甘さが強く、チョコレート感やナッツ感を感じます。ボディもあるのでミルクと混ぜたときもコーヒーの主張を感じます。しっかりとしたコーヒー感が欲しいときにおすすめです。ブラジル、ボリビア、エルサルバドルなど。

ナチュラル

ナチュラルは産地ではなく精製方法のことです。コーヒーの味を収穫したら洗わずに身の付いたまま乾燥させるプロセスで、強い完熟した果実感を感じられます。いちごやヨーグルト、赤ワイン、ウイスキーのような個性豊かな味わいが特徴です。ミルクと混ぜるといちごミルクのようです。

おいしいアイスカフェオレの作り方

牛乳とコーヒー豆がそろったら、アイスカフェオレを作ってみましょう。今回は、ドリップコーヒーでおいしいカフェオレを作るレシピをお教えします。

用意するもの

ドリップセット

ドリッパー、フィルター、サーバー、ケトル、豆、ミルなどです。いつも使っているもので大丈夫です。

▼おすすめの器具については、こちらの記事もチェック!

牛乳

脂肪分や殺菌方法など、さまざまな牛乳を試して、好みにあった牛乳を探してみてください。

どんな氷でも大丈夫ですが、小さいクラッシュアイスばすぐに溶けてしまうので避けましょう。

グラス

カフェオレを入れるためのグラス。お気に入りのものを。

作り方

1. 濃いめにドリップして、コーヒーを作ります。20gの粉に対して100mlのお湯を使い1分30秒かけてお湯を落としていきます。蒸らしに使う時間は30秒です。
2. お好みによりますが、4gほど砂糖を入れるとミルクとコーヒーをなじませてくれます。冷たいと甘さを感じにくいので入れるとバランスがとれます。
http://macaro-ni.jp/33376

出典:www.amazon.co.jp

カップ印 きび砂糖 750g

¥316

Amazonで購入
3. 氷を入れたグラスにミルク100mlを入れて、濃いめにドリップしたコーヒーを加えて出来上がりです。

やさしいカフェオレで残暑を乗り切ろう

ミルクを入れたコーヒードリンクはたくさんの人に愛されています。ブラックが少し苦手な方にも、ミルクを架け橋としてコーヒーの素晴らしい風味を感じていただけるはずです。大切な方に、または自分のご褒美に、ぜひレシピを参考にして、こだわりの素材でアイスカフェオレを作ってみてください。きっともっとコーヒーが楽しくなるはずです。

私のお店LIGHT UP COFFEE(ライトアップコーヒー)でもミルクを使ったドリンクをご用意していますし、ご要望があれば好みの豆でカフェオレなども作っています。お気軽に申しつけください。

《バリスタに聞く、趣味コーヒーのはじめかた》の記事一覧

コーヒー

お家で飲むコーヒー、どのように保存していますか?同じ日に同じお店で買ってきたコーヒーでも、保存の仕方次第で味が大きく変わってくるんですよ。今回は、新鮮なコーヒー豆の見分け方と、コーヒーの味わいをキープできる保…

コーヒー

大自然の新鮮な空気を吸いながら、淹れたてのコーヒーを味わってみませんか?山登りやハイキング、キャンプなどのアウトドアで「山コーヒー」を楽しむコツや、オススメの器具を、プロのバリスタがお教えします。

コーヒー

「エアロプレス」でコーヒーを淹れたことはありますか?抽出方法といえばドリップが一般的ですが、コーヒー愛好家の間でじわじわと人気を集めているんですよ。エアロプレスの使い方と、吉祥寺の人気ロースターのオーナーバリ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

寿司 まとめ アレンジレシピ

キャラクターや動物を模した巻き寿司「デコずし」がとてもかわいかったのでご紹介します!キャラ弁ブームの影で密かに各家庭で作られていた「デコずし」はお弁当や節分の恵方巻きにもピッタリ♫厳選した「10」個のアイデア…

レシピ おつまみ たまご まとめ

冷凍卵ってご存知ですか?凍らせると食材が美味しくなると話題になっていますが、卵も冷凍すると黄身がもちもちかつクリーミーになるため、現在大人気!今回は冷凍卵の作り方と、その冷凍卵を使ったちょとと便利なアレンジレ…

レシピ パスタ まとめ

パスタを食べたいけどカロリーが....という声をよく聞きますが、それを解決するのがこれ!野菜でパスタを作って大幅カロリーダウンするベジヌードルダイエットが今アメリカでじわじわ人気です。野菜を麺にする専用の機械…

韓国料理 韓国 まとめ レシピ

韓国風のタレ、パジャンって知っていますか?「パ」は韓国語でネギ、「ジャン」が醤油を意味するんだとか。醤油ベースで薬味を入れたタレなんだそうです。これがいろんな料理に合うので便利ですよ!そんなレシピをご紹介しま…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

チョコレート

今年も魅力的なショコラギフトがたくさんそろったイトーヨーカドー。素敵なアイテムばかりで、目移りしちゃいそうです。そこでこの記事では、注目ブランドからおすすめのギフトを厳選。その魅力を詳しくご紹介いたします。

女性利用者国内No.1グルメニュースサイト「macaroni」で、一緒に料理動画をつくりませんか?現在macaroniでは、日々料理動画の制作に取り組んでいます。そこで今回は実際に料理を作ってくれるスタッフを…

ファミレス おしゃれ

最近話題のファミレスモーニングをご存知でしょうか?人気ファミレスのモーニングメニューが意外とオシャレで美味しいと話題になっているようです♪さっそく朝食をまとめてみました。

レシピ

スティックセニョールとは、別名「茎ブロッコリー」とも呼ばれています。アスパラガスに似た甘みあるのが特徴で、花の部分も茎の部分も無駄なくおいしく食べられるそうです。さっそくアレンジレシピを紹介します。

相原民人

吉祥寺の自家焙煎スペシャルティコーヒーショップ「LIGHT UP ...

http://lightupcoffee.com/