ローディング中

Loading...

「チーズダイエット」って、ご存知ですか?食事と一緒にチーズを食べるだけで、邪魔な脂肪を燃やして体重を落とし、かつバストアップ・美容にまで効果があるらしい。そんな夢のようなダイエット方法のやり方やチーズの種類、アレンジレシピをまとめてご紹介!

チーズでおいしいダイエット

チーズ好き、めんどうくさがりな女性のみなさん。これからは、「チーズダイエット」でデニムの上にのった邪魔なぜい肉を撃退しませんか?

”今年こそはやせるんだからっ!”と、意気込んで大きな目標を立ててスタートしたものの、結局できずじまい、もしくは次第にストレスが溜まってリタイアしてしまった……というのは、ダイエットによくある話です。自分を追い込む無理なダイエットは、悲しい結果を招いてしまいます。

カロリーが高く減量には不向きとされているチーズですが、実は驚くべきダイエット効果が秘められているんです。そんな「チーズダイエット」の気になる効果ややり方、おすすめレシピをご紹介していきますよ。

チーズダイエットとは

「チーズダイエット」とは、食事の合間にチーズを食べて減量を目指すという、とっても楽チンなダイエット法です。チーズと言えば、ワインやシャンパンとの相性が抜群で、女子会や友人を招いてのホームパーティなど、食卓に並ぶ機会が多いですよね。

歴史の話をすると、日本でチーズが食べられるようになったのは、およそ1400年以上も前のこと。仏教が日本に伝来した飛鳥時代に、「酥(そ)」という乳製品が伝えられたことがきっかけだと言われています。

古くから食べられてきたチーズには、カルシウム、炭水化物、ビタミンA、ビタミンB2と言った栄養素が豊富に含まれています。その含有量はなんと、牛乳の10倍。すなわち、20gのチーズを食べるだけで、牛乳コップ1杯(200ml)に匹敵するくらいの栄養をまかなえるんです。そして、これらの栄養が驚くべきダイエット・美容効果を発揮してくれるというわけ。

チーズダイエットの効果

脂肪燃焼

チーズに含まれる豊富な「ビタミンB2」が、食べ物に含まれる脂肪と、すでに体の中に溜まっている脂肪の両方を燃やす働きがあります。チーズを食べるだけで、ビタミンB2が体の中に脂肪が溜まるのを防いでくれるので、スリムボディに近付くんですね。

整腸作用

カビ系のチーズに含まれる「オレイン酸」が、水分を吸収して腸内の環境を整えてくれます。便秘改善にすぐれていて、便の通りをよくして溜まった要らない老廃物を出してくれるので、便秘が原因でなるぽっこりお腹を解消してくれるんですよ。

食べ過ぎを防ぐ

「チーズダイエット」では食事と一緒にチーズを食べます。少しの食事の量で満腹感が得られるので、食べ過ぎ防止につながります。結果的に、摂取カロリーを大幅カットできるので、意識的に食事制限せず無理なく減量できるんです。

イライラ解消

チーズに豊富に含まれる「カルシウム」には、脳の興奮状態を和らげて、気持ちを落ち着かせてくれる効果があります。しかもその含有量は、牛乳の10倍にものぼると言われているんです。イライラが解消されれば、より楽にダイエットを続けられそうですね。

そのほかの効果

アンチエイジング効果

「ビタミンA」には、高い抗酸化作用があります。シワやくすみ、乾燥など肌の老化の原因となる活性酸素の働きを食い止めるアンチエイジング効果で、ハリ・弾力に満ちた美しい肌へ導いてくれるんですよ。減量しながら、美肌に磨きをかけましょう。

バストアップ効果

なんと、チーズには乳房の元になる脂質、動物性たんぱく質などがバランスよく含まれています。つまり、チーズを定期的に食べるだけで、ふっくら丸みのある女性らしいボディが目指せるんですよ。余分な脂肪は落としつつ、バストアップできるなんて夢のようですね。

骨を丈夫にする

カルシウム不足の現代人は、ちょっとした衝撃でケガをする人が増えています。カルシウムが不足して骨が弱くなっているからです。豊富なカルシウムを含むチーズで、不足分を補いながら骨をより強くして、たくましい健康体を目指しましょう。

ダイエットに効果的なチーズの種類

「チーズダイエット」と言っても多種多様のチーズが販売されていて、どれが自分にとって最適なのか、さっぱり分かりませんよね。チーズの種類とその特徴について、カロリーと合わせながら順番に紹介していきます。

カッテージチーズ

数あるチーズの中で100gあたり105kcalと、もっともカロリーが低い「カッテージチーズ」。チーズ自体に水分が多く、ほのかな酸味とあっさりとした口当たりが特徴です。とにかく食事のカロリーを抑えたい、という方におすすめ。

モッツァレラチーズ

100gにつき250kcalと、「モッツァレラチーズ」のカロリーは可もなく不可もなく、と言えるでしょう。モチっとした独特の弾力があります。カプレーゼにしたり、サンドウィッチに入れたりして、うまくアレンジしながら食べるといいでしょう。

カマンベールチーズ

「カマンベールチーズ」には、脂肪を燃やす働きを持つ豊富なビタミンB2が含まれています。100gあたり310kcalと、カロリーは少々お高めです。ちなみに、1番目で紹介したカッテージチーズの3倍の含有量を誇ります。脂肪燃焼を重視の方は、こちらがGOOD。

プロセスチーズ

「プロセスチーズ」とは、スーパーでよく見かけるあのスライスチーズのこと。5種類の中で、もっとも身近な存在だと言えます。金額が安く日持ちしますが、100gにつき339kcalとなかなかの高カロリーなので、うまく食べ分けるといいと思います。

クリームチーズ

「クリームチーズ」は、100gあたり346kcalと5種類の中でもっともカロリーが高く、カッテージチーズに比べると3倍以上と、その差は歴然。ダイエットとして食べるのであれば、5回に1回くらいにとどめておいた方がよさそうです。

チーズダイエットの方法

1日1回、多くても2回食べる

朝・昼・夜3食あるうちの1回、多くても2回チーズを食べましょう。毎回の食事でチーズを食べてしまうと、食事全体のカロリーが大幅アップしてしまうからです。ダイエット効果を最大限引き出すため、多くても2回までに抑えてくださいね。

野菜と一緒に摂る

チーズを食べるときは必ず、野菜を一緒に摂ってください。これは野菜に含まれる食物繊維がお腹を膨らませ、さらに腸の運動を活発にして代謝をアップしてくれるからです。ブロッコリーやごぼう、ほうれん草など食物繊維が豊富な食材を選ぶようにしましょう。

注意点

食べ過ぎに注意する

チーズは1番低くて150kcal、高いと300kcalを優に超えてしまいます。1回の食事の摂取カロリーを抑えることはもちろん、食べ過ぎると人によっては下痢や腹痛、体臭につながることもあるそうです。多くても1日60gを目安に、バランスよく摂りましょう。

うまく食べ分ける

低カロリーだけど栄養が少ないとか、栄養は豊富だけど高カロリーだったりと、プラスとマイナス両方の面が存在します。それぞれのチーズの特色をうまく活用し、かつ味のマンネリを防ぐためにも、毎日うまく食べ分けることが大切なんですよ。

チーズダイエットのおすすめレシピ

ただ単にチーズだけを野菜と一緒に食べているだけでは、物足りなさを感じてしまいます。ダイエットと言えど、食事はおいしくいただきたいもの。おすすめのアレンジレシピをピックアップしましたので、ぜひご自宅でトライしてみてください。

チーズとフルーツと魚介のサラダ

スモークサーモンを食べやすい長さに、ミニトマトは半分にカット。フルーツは5mmの薄さにスライスしておきましょう。サラダ油、オレンジ果汁などの調味料をよく混ぜて、ドレシングを作ります。お皿にベビーリーフ、フルーツ、エビ、スモークサーモン、ミニトマト、最後に上からカッテージチーズをまぶし、ドレッシングを回しかければ完成です。

カプレーゼ

トマトとモッツアレラチーズを1cm幅にスライスし、2つが交互になるようにお皿に盛りつけます。バジルの葉をのせたら、オリーブオイル、レモン汁、塩・黒こしょうをよく混ぜたドレッシングを上からかけてできあがり。

ベイクドチーズケーキ

密封タイプの袋にクッキーを入れて細かく砕き、溶かしバターを混ぜて型の底に敷き詰めて、冷蔵庫で冷やします。オーブンを170度に設定して、予熱しましょう。ボウルにクリームチーズ、グラニュー糖、卵を入れてよく混ぜたら、溶かしバター、生クリーム、ホットケーキミックスを加えてさらに混ぜましょう。冷やした型を冷蔵庫から取り出し生地を流し入れ、30~35分間焼いたら完成です。

これからは、チーズでやせよう

食事と一緒に食べるだけで、カルシウムを補給しながら減量できる「チーズダイエット」は、チーズ好きにはたまらないダイエット法と言えます。それにしても、ワインやビールのおつまみとして、紅茶や緑茶と一緒におやつとして何気なく食べていたチーズにこんなにも素晴らしいダイエット効果が潜んでいたなんて、本当にびっくりですよね。

今現在スーパーやデパートでは何十種類以上ものチーズが販売されていて、しかもものによってはカロリーに大きな差があります。ダイエットとひと言で言っても、脂肪を落としたい部分は人によってさまざまです。自分の理想体型に合ったチーズを選んで、ダイエットライフをより快適な時間にしていきましょう。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

バター コーヒー 代々木

テイクアウト専門のバターコーヒーショップ『最強のバターコーヒー』が代々木駅前にオープン。バターコーヒーは最強の素材が使用されており、クリーミーでカプチーノのような味わい。オイルが入っているので腹持ちも良いドリ…

スープ まとめ

「あとひと品!汁物がほしい……」そんなときにおすすめなのが「中華スープ」です。卵でふんわり仕上げたり、ワカメを入れたりと、素材が少なくても簡単に作れる人気のレシピです。今回は、マンネリ解消にもつながるおすすめ…

チーズ お弁当 レシピ おつまみ まとめ

今回は、しいたけ&チーズを使ったレシピをご紹介します。定番のチーズ焼きを始め、意外なアレンジを加えたレシピまでまとめてみました。レパートリーを広げてくれること間違いなしの絶品レシピたちを、ぜひ参考にしてみてく…

じゃがいも レシピ チーズ まとめ

人気食材のじゃがいもと、ベーコンを組み合わせた人気レシピ20選をご紹介します。とろ~りチーズもプラスして食べごたえたっぷり。ベーコン巻でお弁当に、ほっこり煮物にと、バリエーション豊富なじゃがいも&ベーコン料理…

かぼちゃ チーズ レシピ ケーキ サラダ まとめ

甘みが特徴のかぼちゃ、塩気のあるチーズの相性は抜群です。定番のかぼちゃサラダやチーズ焼き、デザートにはかぼちゃチーズケーキなど人気レシピをご紹介。大人から子供まで喜ぶレシピが目白押し!黄色のカラーでテーブルが…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

日本酒 まとめ

家で料理を作っている女性のみなさん!どの料理にどんな日本酒が合うかを今回教えちゃいます。日本酒好きな旦那様や彼氏がいる方に是非読んでもらえればと思います。

コーヒー まとめ カフェ

ドリップコーヒーを作ると必ず残るのが「コーヒーかす」。普通だったらそのまま捨てるところですが、実はこのコーヒーかすは捨てるのはもったいないほど驚きの様々な効果があるのです。そこで、その驚きの効果を「9」つまと…

日本酒 ワイン まとめ

日本酒というとちょっと飲みにくいイメージを持つ人もいると思いますが、最近ではワインやシャンパン、リキュールみたいに飲みやすい、新感覚の日本酒が続々と登場しています!今回は、その中でも注目の15種類をまとめてみ…

まとめ

野菜や果物ってすぐに新鮮さがなくなりますよね。そこで今回は知っておくと便利なキッチンライフハックを22選ご紹介します。野菜や果物のおいしさをキープして、新鮮な状態を長持ちさせる方法が知りたい方は必見ですよ。ぜ…

調味料 まとめ

ごま油・オリーブオイル・アーモンドオイル・えごま油・こめ油の健康的な効能をまとめました。これらの油の効果を知って使い分けできていますか?料理にはもちろん、それぞれに嬉しい効果がいっぱい♪ぜひチェックしてみてく…

まとめ

一日のスタートである朝食は大事だといわれていますよね。今回は特に朝、何を食べるといいかご紹介します。たんぱく質やミネラルなど、体の健康を維持するために必要な食品。時間がない朝でも取り入れられるものもあるので、…

まとめ

夏になると食欲が落ちてしまうことありますよね?そんなときに胃に優しい、食べるといい食べ物についてご紹介します。今年の夏もおそらく暑くなりそう^^;なので、胃腸を大事に乗り切っていきましょう。もちろんよく噛むこ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

スムージー

お肌のツヤをキープするには、お腹の中の健康が大切だと知ってましたか?腸にうれしい乳酸菌や食物繊維、酵素がたっぷり入った「乳酸菌スムージー」を飲んで、おいしく肌みがきしちゃいましょう!今なら、お得なプレゼントキ…

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

レシピ

あなたの食べているししゃもは「本物」ですか?ししゃもに「本物」や「偽物」って何?と驚かれた方、「ししゃも」として食べていたもののほとんどが「偽物」かもしれないのです!今回は、気になるししゃもの「本物」と「偽物…

かぼちゃ パン レシピ まとめ ハロウィン

かぼちゃというとハロウィンのイメージがありますよね。しかし今回は、ハロウィンだけではもったいない、かぼちゃパンのレシピをご紹介!味はもちろん見た目も可愛らしいものを揃えていますので、お子さまがいる場面で出して…

yuitoss

美容に関する記事を書くことが好きです。

ページTOPに戻る