ローディング中

Loading...

群馬県の代表的なおやつのひとつでもある焼きまんじゅう。子どもからお年寄りまで、老若男女問わず愛されています。今回は、焼きまんじゅうの歴史や作り方、おいしい地元のお店などをご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

焼きまんじゅう(饅頭)とは?

「焼きまんじゅう」とは、群馬の名物として、また手軽なB級グルメとして近年注目が高まっている料理のひとつで、蒸したおまんじゅうに甘くて濃厚な味噌だれを表裏にたっぷりつけて、炭火で焼いたもののことをいいます。

炭火で焼くと味噌が香ばしく、ほどよい甘さが特徴です。焼きたての焼きまんじゅうは、外はカリカリ、なかはもっちもちの食感で、クセになるおいしさ。緑茶と一緒にいただくとほっこりする味わいです。

ぱっと見は、伝統的な家庭料理のような雰囲気も漂う焼きまんじゅうですが、実は家庭で作られることは少なく、お祭りや縁日などで定番のひと品。そのため、もっともよく食べられる季節は夏です。夏に群馬を訪れることがあれば、ぜひ食べてみるといいですよ。

味や見た目の特徴

あめ色で、串に刺さっている焼きまんじゅうの見た目は、みたらし団子とよく似ています。大きさは、みたらし団子をひと回り大きめであることが多いです。焼きまんじゅうひとつひとつの形は球型ではなく、一般的なおまんじゅうほどではないですが、やや平たくされています。

お味は、濃厚な味噌だれが使われているので濃厚で甘辛く、焦げ目の部分はとても香ばしいですよ。

焼きまんじゅうの材料

焼きまんじゅうの“タネ”の材料は、小麦粉、米麹、もち米です。これらを使ってタネを作り、気温により塩加減を調節します。ふつうのおまんじゅうにはつけていない“味噌だれ”は、砂糖と味噌が使われています。甘じょっぱくなるまで煮詰め、炭火でやいたタネにたっぷりかけるんですよ。

焼きまんじゅうのカロリー

気になるカロリーは、1本(1串176g)あたり493kcalです。おやつとしたら、すこし高めかもしれませんね。ただ、1本でも結構お腹いっぱいになるほどずっしりとしているので、食事として食べてもよさそうです。

焼きまんじゅうは群馬を代表するB級グルメ

焼きまんじゅうの歴史

焼きまんじゅうの由来は諸説あるといわれていますが、歴史は江戸時代までさかのぼります。1857年(安政4年)に創業された「原嶋屋総本家」が、小麦粉ともち米に、自家製どぶろくを発酵ダネにしてからまんじゅうを作り、味噌を塗り、売り出したのがはじめだといわれています。

その当時、砂糖は高価だったため、まんじゅうに塗るのは味噌のみで、行商などで販売されていたそうです。

明治時代から前橋市で店舗を構え、甘い味噌だれをつけて売られるようになりました。

年に一度の焼きまんじゅう祭り

毎年、鏡開きである1月11日に、群馬県伊勢崎市で初市が開かれるのですが、この日に合わせて「上州焼き饅祭」が行われ、1串の直径が55cm、重さ約5kgの焼きまんじゅうを、4串に刺して焼きます。このお祭りは神事で、味噌だれをつけて焼く前に、年男、年女が、願いをこめて「成」「飛」「挑」「共」の一文字ずつ、まんじゅうに書き込みます。焼きあげられた1,200人分もある焼きまんじゅうは「福分け」としてたくさんの人に分けられるのです。

「上州焼き饅祭」は毎年、福にあやかろうと大変多くの人で賑わいを見せています。味噌だれを塗った瞬間、鼻をくすぐるような香ばしくおいしそうな香りが辺り一面に漂い、また一斉に見物客がシャッターを切りクライマックスを迎えます。

コーンスナックやせんべいなど関連商品も多数

http://macaro-ni.jp/33334

出典:www.amazon.co.jp

焼まんじゅうせんべい

¥540

Amazonで購入
関連商品として「上州名物焼きまんじゅう味 コーンスナック」や「焼きまんじゅうせんべい」が販売されています。高崎駅や前橋駅の売店で大変好評とのことです。群馬に行った際、お土産に選んでみるといいですよ。焼きまんじゅうになじみのない方が、興味を持つきっかけになるかもしれませんね。

写真で紹介しているのは「焼きまんじゅうせんべい」です。こちらはAmazonにて取り扱っていますので、群馬に行かなくとも購入できます。

さて、焼きまんじゅうの特徴や歴史などをご紹介してきましたが、ここからは、おいしい焼きまんじゅうを堪能できるお店を紹介していこうと思います。群馬県内には焼きまんじゅうを販売するお店がたくさんあります。今回はそのなかでも、おすすめの3店をまとめてみました!

前橋市「原嶋屋総本家」

前橋市内にある「原嶋屋総本家」は、元祖焼きまんじゅうのお店です。1857年(安政4年)の創業以来、焼きまんじゅうひと筋で営業されているとのこと。テイクアウトとイートイン、どちらもおこなっていますよ。
原嶋屋総本家の焼きまんじゅう

1串 200円

こちらがお店ご自慢の「焼きまんじゅう」。味噌の香ばしいにおいが漂い、食欲をそそられます。食感はふわふわしていて、のど越しもいいので、食べやすいですよ。また、麦茶との相性が抜群ですので、ぜひ麦茶といっしょにご堪能ください。

店舗情報

■店舗名 :原嶋屋総本家
■住所 :群馬県前橋市平和町2-5-20
■電話番号:027-231-2439
■営業時間:10:30〜売り切れじまい
■定休日:火曜
■参考URL:http://tabelog.com/gunma/A1001/A100101/10000910/

沼田市「東見屋饅頭店」

JR沼田駅から徒歩15分の、文政8年(1825年)創業の「東見屋(とうみや)饅頭店」。こちらのお店では、定番の「味噌まんじゅう」のほかに、酒種で作って自家製あんこを入れた「京まんじゅう」、トーストやお餅にぴったりの「東見屋の甘味噌」(ボトル)も販売されています。
東見屋饅頭店の味噌まんじゅう

1串 180円(税込)

こちらは「味噌まんじゅう」。まんじゅうの生地と味噌の甘さのマッチングが絶妙なおすすめの逸品です。濃厚なお味でありながら、くどさがなく、いくつでも食べられそう!

また、あんこの入った「京まんじゅう」に味噌を塗って焼いた「味噌まんじゅう あんこ入り」(330円 1串3個入り)もあり、甘いもの好きな方は、ぜひこちらも食べてみてください。飲み物は、お茶や牛乳がぴったりです。

群馬に行く機会のない方も、通販サイトから購入ができますよ。

店舗情報

■店舗名 :東見屋饅頭店
■最寄駅 :JR沼田駅から徒歩15分
■住所 :群馬県沼田市下之町875-7
■電話番号:0278-22-3470
■営業時間:9~19時
■定休日:不定休
■参考URL:http://tabelog.com/gunma/A1003/A100301/10009651/
■公式HP:http://www.toumiya.com/index.html
■通販URL:http://www.toumiya.com/order.html

伊勢崎市「忠治茶屋本舗」

ラストは、伊勢崎市の「忠治茶屋本舗」。古民家風の風情あるお店です。こちらのお店では「焼きまんじゅう」「あん入り焼きまん」「炭酸まんじゅう」「酒まんじゅう」と、さまざまなバリエーションのおまんじゅうがそろっていますので、焼きまんじゅう以外の商品も食べ比べてみるといいでしょう。
忠治茶屋本舗の焼きまんじゅう

135円

お店でもっとも人気が高いのはやはり「焼きまんじゅう」です。1串135円とリーズナブルな価格帯もうれしいところ。生地はとてもフワフワで、甘い香りには病みつきになりそうです。「焼きまんじゅう」は、通信販売もおこなわれています。「ご贈答セット」と「お召し上がり用パック」がご用意されているので、用途に合わせて注文できますよ。

店舗情報

■店舗名 :忠治茶屋本舗
■住所 :群馬県伊勢崎市上蓮町657
■電話番号:0270-32-0124
■営業時間:8:30~17:30
■定休日:火曜日
■参考URL:http://tabelog.com/gunma/A1002/A100202/10009330/
■公式HP:http://www5.wind.ne.jp/fisherman/ch/index.htm
■通販URL:http://www5.wind.ne.jp/fisherman/ch/order/index.htm

自家製焼きまんじゅうの作り方

「焼きまんじゅうってお店で食べるもの」なんて考えている人いませんか?そんなことはありません。少ない材料で簡単に作れるんですよ。自宅でできる焼きまんじゅうの作り方をご紹介します。

材料

【まんじゅう生地】
・強力粉
・薄力粉
・ドライイースト
・砂糖
・塩
・ぬるま湯
・サラダ油

【甘味噌】
・上白糖
・黒砂糖
・水
・酒
・味噌

作り方

まず最初に甘味噌を作ります。お鍋に甘味噌の材料をすべて入れ、火にかけお好みの甘さができたら冷ましておいてください。

焼きまんじゅうの生地は、ボールに強力粉、薄力粉を入れて混ぜ、真ん中に穴をあけ塩を入れます。空いたスペースに砂糖、イースト、ぬるま湯、サラダ油を加えて混ぜ、最後に塩を混ぜ込んでください。生地を蒸したら、甘味噌を付けながらフライパンで焼いたらできあがり。

群馬のB級グルメ代表、焼きまんじゅう

今回は、群馬県で長年愛されている焼きまんじゅうについてまとめてみましたが、いかがでしたか?

最近はB級グルメのイメージの強い焼きまんじゅうですが、実は、歴史と伝統ある郷土料理なのですね。見かけに似合わず、やわらかくてフワフワした食感は、一度食べるとクセになること間違いなしでしょう。群馬に行ったからには、ぜひ、焼きたての焼きまんじゅうを味わってきてください。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

くるみ お土産 お菓子

東京駅で人気のメープルお菓子専門店「メープルマニア」から、『メープルクルミダックワーズ』が発売されます。表面はサクッと中はふわっとしたメレンゲ生地に、メープルクリームとクルミがサンドされたお菓子。色々な食感を…

お土産 トースト パン レシピ

料理研究家として知られるヒグッチーニさんの、感性あふれるレシピがいま大人気!とくに赤福餅や信玄餅など、おみやげで作る「銘菓トースト」がステキだと評判です。簡単に作れる銘菓トーストのレシピや、そのほかのお役立ち…

レシピ

『秘密のケンミンショー』でも紹介された、愛媛県今治市そして松山市のご当地グルメである「焼豚玉子飯」。とにかくやみつきになると放映直後から話題となっています。そんな焼豚玉子飯の人気の秘密や、愛媛・東京食べられる…

ところてん

皆さんは普段、「ところてん」に何をかけて食べていますか?かけるものによって、スイーツにもおかずにもなる「ところてん」ですが、地域により、その食べ方に大きなちがいがあるというのです。地域ごとの食べ方とアレンジレ…

お土産 ゼリー スイーツ

洋菓子ブランド「アンリシャルパンティエ」で、発売から16年経った今でも愛され続ける夏の定番商品「テリーヌドゥフリュイ」が期間限定で発売されます。マンゴーや白桃などのフルーツゼリーは贈りものにぴったり♩涼やかで…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

レシピ まとめ カレー アレンジレシピ

家庭料理で、子供受けがよく簡単に作れる定番料理といえばカレーですよね!カレールーを買いだめしてストックしておくも、カレールーって結構あまりやすい... 余ってしまったカレールーを活用できるレシピをご紹介します。

ケーキ スコップケーキ レシピ スイーツ まとめ

見た目からして女子力高めなスコップケーキ。となると、やっぱり難しそう……。安心してください!今回はデザート初心者でも簡単にかわいく作れるレシピを7つご紹介します。パーティーやおもて…

レシピ まとめ 離乳食

この頃になるとハイハイができ、あちこち移動して遊べるように。音の出るおもちゃや動くおもちゃに興味を示し、部屋の中の物すべてが興味の対象(笑)ママの姿が見えないと後追いし始めるのもこの時期。大泣きしたら「ママは…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

食べ歩き 韓国料理 韓国

macaroniとDeNAトラベルのコラボ企画「韓国vs台湾 最新食べ歩きグルメを調査せよ」。おかげさまで多数のご応募をいただきました!今回は、当選した特派員によるレポートをお届け。食べ歩きグルメの最新トレン…

たまご お弁当 アボカド

インスタグラムの新しいトレンド「#ほめたまごはん」をご存知ですか?黄身の色が鮮やかなたまご「ほめたま」を使った料理写真につけるタグなんです。おいしく美しい「ほめたまごはん」でほめられちゃうかも!? おすすめの…

仙台 ランチ まとめ

仙台への家族旅行や観光に行ったときこそおいしいものが食べたいですよね!今回は仙台でランチが人気のお店をまとめました!もちろん牛タンや、その他の名店もピックアップしています♪ぜひ参考にしてみてください。

台湾 まとめ レストラン

台湾でおいしい料理を堪能してみませんか?おすすめのレストランをご紹介します。フレンチレストランやベーカリー、火鍋のお店などそれぞれに個性豊かですよ。台湾に旅行で訪れた際には是非食べにいってみてくださいね!

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...