ローディング中

Loading...

秋の高級食材、松茸を狩りにいきませんか?きのこのなかでも特に香りがいいといわれている松茸は、採れたてが一番美味。今回はおすすめスポットから松茸狩りのコツまで詳しくご紹介します。自分の手で収穫した松茸の味は格別ですよ!

秋の味覚、松茸を狩りにいこう!

秋の味覚といえば、栗、さんま、さつまいもなどいろいろありますが、皆さんはどれがお好きですか?今回ご紹介したいのは、秋の味覚のなかでも最高級に位置する食材「松茸」です。栽培も収穫も難しいため「山のダイヤ」とも呼ばれている貴重なきのこですが、シーズンになるとあちらこちらで「松茸狩り」の看板やのぼりが目立ちはじめます。

松茸狩りは初心者には難しいといいますが、そのぶん見つけたときの感動はひとしお。お子さんと一緒に宝探しのような感覚で挑戦してみるのもいいかもしれませんね。最近ではスーパーでも松茸は売られていますが、毎年松茸狩りに行く人は一定数いるそうですよ。

採れたての松茸は格段においしい!

近年では輸入物も多くなっている松茸。実は「外国産」といってもきのこ自体の味が劣っているわけではないのです。ですが、なんとなく国産のほうがおいしいというのは皆さんもご存知かと思います。

その理由は、鮮度。松茸は「香り松茸、味しめじ」というように香りが特に重要な食材です。外国産の松茸は採れたての時点ではおいしいのですが、輸入で時間がかかってしまうため味が落ちてしまいます。また、国内産でも時間が経てば経つほどその風味は落ちていってしまうのです。

逆にいえば採れたての松茸はまさに絶品!芳醇な香りをあますことなく味わえるのも松茸狩りの醍醐味ですよ。

松茸狩りの時期は?

松茸狩りができる時期は9月中旬~11月中旬ごろまで。丁度、夏の終わりから秋の終わりくらいの時期ですね。スポットによっては、同時に栗狩りやさつまいも狩りなどほかの秋の味覚も楽しむことができるみたいですよ。

この時期の松茸は香りが豊かで、採れたては特においしいのだとか。これは松茸狩りに行かないわけにはいきませんよね。

各地の松茸狩りおすすめスポット5選

1. 別所和苑

塩田平で松茸小屋を開いた元祖「城山園」を引き継いだ、「別所和苑(べっしょわえん)」。こちらでは松茸コース料理 10,000円~をご注文の方限定で入山料1,000円で松茸狩りを楽しむことができます。介助のスタッフさんが付いてきてくれるので、山道も安心。多い人では5~6本ほど収穫できるそうですよ。おいしい松茸料理を味わいながら松茸狩りを楽しんでみてはいかがでしょうか。
【スポット情報】
■店舗名 :別所和苑
■入山料 :1,000円(松茸コース料理 10,000円を召し上がった方のみ。とれた松茸は別途買い取り)
■最寄駅 :上田電鉄別所線「別所温泉駅」(送迎あり)
■住所 :長野県上田市別所温泉字城山241
■電話番号:0268-38-8182
■営業期間:9/10~11/16(松茸狩りは要予約)
■営業時間:11:00~20:00(15:00~20:00は完全予約制)
■定休日:期間中は無休
■公式HP:http://waen.co.jp/
■公式facebook:https://www.facebook.com/bessyowaenmatsutake/

2. 五宝平自然園

岐阜県八百津町にある「五宝平自然園」はバーベキューも楽しめるちょっと珍しい松茸狩りスポットです。こちらで楽しめる松茸狩りは、松茸のすき焼きに松茸のご飯の食べ放題、さらにおみやげに松茸1本がついてくるという大盤振る舞い!ただし、入山時間は10:00~12:00と決まっているので、時間厳守は忘れずに。9月初旬~10月中旬には栗拾いも楽しむことができますよ。
【スポット情報】
■店舗名 :五宝平自然園
■入山料 :大人10,800円、小人7,500円、幼児1,000円
■最寄駅 :名鉄明智駅
■住所 :岐阜県加茂郡八百津町八百津五宝平
■電話番号:0574-43-0342
■営業時間:10:00~15:00(松茸狩りは要予約)
■定休日:不定休
■参考URL:http://tabelog.com/gifu/A2102/A210203/21007975/

3. 藤の坊さんだ山荘

「藤の坊さんだ山荘」は、時期によっては栗拾いも楽しめる松茸狩りの穴場です。すき焼きコース12,000円~をご注文の方限定で松茸狩りを楽しむことができます。近くの安全な山でおこなっているので探すのは難しいですが、見つけたら無料で持ち帰ってもいいとのこと。これはやる気がでそうですね。お子さんと一緒でも大丈夫だそうなので、ぜひご一緒にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
【スポット情報】
■店舗名 :藤の坊さんだ山荘
■入山料 :松茸狩りと山のすきやきコース12,000円~に含む
■最寄駅 :JR新三田駅
■住所 :兵庫県三田市志手原861-1
■電話番号:0795-63-1112
■営業時間:11:00~15:00(松茸狩りは要予約)
■定休日:祝日、祝前日
■公式HP:http://www.fujinobo.com/sanda/

4. 汐の湯温泉

大阪府能勢町にある「汐の湯温泉(しおのゆおんせん)」。こちらでは日帰り温泉と松茸料理、松茸狩りを同時に楽しめるコースが人気です。松茸狩りを楽しんだあとは、温泉でゆっくりと汗を流し、採れたての松茸をすきやきにして楽しむ。そんな贅沢なひとときを味わえるなんて、素敵ですよね。時期によってはさつまいもや栗拾いも楽しむことができますよ。
【スポット情報】
■店舗名 :汐の湯温泉
■入山料 :2,000円(松茸鳥すきやきコース8,640円~を召し上がった方のみ。)
■最寄駅 :能勢電鉄「山下駅」
■住所 :大阪府豊能郡能勢町森上317
■電話番号:072-734-0021
■営業時間:9:00~21:30(松茸狩りは要予約)
■定休日:水曜日
■参考URL:http://tabelog.com/osaka/A2706/A270605/27005101/
■公式HP:http://www.shionoyu.co.jp/

5. ほん梅の里

香り高い丹波、亀岡の松茸を思う存分味わえる、「ほん梅の里」。こちらでは松茸狩りコース10,000円~をご注文のお客様限定で松茸狩りを楽しむことができます。コースではすき焼きをメインに釜飯や土瓶蒸し、焼き松茸など丁寧に作られた料理のかずかずが楽しめますよ。時間に余裕があれば1泊2食付きの宿泊付きコース17,000円~もおすすめです。
【スポット情報】
■店舗名 :ほん梅の里
■入山料 :松茸狩りコース10,000円~に含む
■最寄駅 :JR嵯峨野線「亀岡駅」
■住所 :京都府亀岡市本梅町中野清水口3
■電話番号:0771-26-3087
■営業時間:チェックイン15:00、チェックアウト10:00
■定休日:不定休(松茸狩りは要予約)
■公式HP:http://www.honmenosato.com/

松茸狩りには入念な準備が大切!

天気が変わりやすく、奥に入ってしまうと遭難する恐れもある山は、入る前の心構えや入念な準備が大切です。山に入るときはできるだけ1人にならないようにし、汚れてもよい動きやすい服装でいきましょう。虫刺されなどの被害も多いのであまり肌を露出しない服装がベストです。こちらでは「これがあると便利!」という持ち物をご紹介しますね。

レインコート

変わりやすい山の天気に対応できる便利なレインコートは登山のマストアイテムです。折りたたみ傘も持ち運びには便利ですが、片手がふさがってしまうため松茸狩りではNG。両手が空いて体をすっぽりと覆えるレインコートを選びましょう。最近ではおしゃれなものも増えているのでどれにしようか選ぶのも楽しそうですね。

救急用品

山で起こってしまいがちなのが、すり傷や打ち身などのケガ。いざというときの救急用品は事前に用意しておきましょう。といっても、あまり準備しすぎると大荷物になってしまいます。食毒液に絆創膏、包帯などが少しあればいいでしょう。虫が多い時期の場合は虫よけスプレーも持っておくと便利ですよ。

方位磁石

今まで数多くの人の命を救ってきた、方位磁石。松茸狩り中に遭難することはあまりないとは思いますが、念のため方位磁石を荷物に忍ばせておくと安心です。まず位置や方角を確認することで、ぐるぐると周辺を回り続けてしまうことが防げます。ですが、動き回りすぎるのも危険です。1人はぐれてしまった場合はできるだけその場所から動かず、じっと救助を待ちましょう。

飲みもの

9月からとはいえ、まだまだ残暑のきびしい季節。山での水分補給は重要です。最低でも500mlペットボトル1本は持ち歩くようにしましょう。実はのどが渇いたと感じた時点で水分補給をするのでは遅いといわれています。感じる前にこまめに水分をとることを心がけてくださいね。

知りたい!松茸狩りのコツは?

一般的に「マツタケがよくとれる」といわれているポイントを見つけるコツは5つです。

1. 日当たりの良い場所を選ぶこと。

2. 1本見つけたら群生している可能性があるので周囲を探すこと。

3. 木の根元だけでなく、周辺を広範囲で探すこと。

4. 岩と岩の間もチェックすること。

5. 松の木以外の木も混在している箇所も見逃さないこと。

また、登りやすい道の逆側や手をかけやすい枝の影を探すと見落とされている松茸が見つかりやすいようですよ。より風味が豊かでおいしいものを探すのであれば、カサがひらいていないつぼみ状態のものを探してみましょう。香りがよく、身もしまっていてとってもおいしいですよ。

松茸狩りをする際の注意点

松茸シーズンの山にはクマやマムシ、ハチなどが出る可能性があります。虫よけスプレーやクマよけの鈴などで対策をしておくといいでしょう。また、ついねばって探してしまいたくなりますが、夜の山は大変危険です。長時間の探索は避け、明るいうちに切り上げるようにしましょう。

もうひとつ、注意してほしいのが毒キノコの存在です。見た目はなんの変哲もない食用きのこのように見えても、そのきのこには毒があるかもしれません。触るだけで被害のでるきのこも存在するので、むやみに触ったり収穫したりしないようにしましょう。

松茸狩りで旬を味わおう

いかがでしたか?秋の高級食材として有名な松茸ですが、近年、松茸がとれるスポットは減ってきているそうです。時代の変化もありますが、松茸の採れる山を維持するには、多額の費用がかかります。さらに、ただでさえ栽培しにくい松茸は管理するのも重労働なのです。

それでも松茸狩りがなくならないのは、松茸狩りスポットの方々の熱い思いがあるからこそ。おいしさを知ってほしい、食べて欲しいという願いが今日に繋がっているのですね。ぜひ今年は松茸狩りにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。今まで食べてきた松茸とは比べ物にならないくらいの味わいが、待っているかもしれませんよ。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ まとめ

ボリュームたっぷりのチキンカツ丼ですが、お弁当のおかずとして利用できたり、カロリーをカットできるレシピもあったりするんですよ。この記事では基本的な作り方を始め、チキンカツ丼のアレンジレシピをご紹介します。是非…

レシピ オートミール クッキー まとめ

オートミールは、精白をしていない全粒穀物で栄養素が豊富です。また、オートミールをクッキーの材料に使うことで、小麦粉だけのクッキーよりも低カロリーになります。今回は簡単にできるオートミールクッキーの作り方とアレ…

まとめ チョコレート フランス ベルギー

人気番組『マツコの知らない世界』で、楠田枝里子さんが登場し、この冬おすすめのチョコレートを紹介してくれました。フランスの新星ショコラティエや、フランスでも認められている日本人ショコラティエのチョコレートも♩バ…

まとめ

「嵐にしやがれ」で取り上げられて話題沸騰中の「烏丸くろ」。すだち鍋が大変絶品とのことですがみなさんは既にご存知でしょうか?今回は銀座「烏丸くろ」の詳細やすだち鍋の作り方、さらにこの冬ブームになりそうな新ジャン…

ホットケーキミックス まとめ

基本は混ぜて焼くだけ、簡単に作ることができる、ホットケーキミックスのパウンドケーキ。バナナなどのフルーツやチョコレート、抹茶、あずきなど、人気のフレーバーで作ってみませんか?今回は、簡単なレシピを紹介するので…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

日本酒 まとめ

日本酒を飲んでも「おいしい」だけで終わらせていませんか?味覚の表現を豊かにすれば、お酒を飲むのも楽しくなるはず!ということで今回は、日本酒の香りを表現するヒントを5つピックアップしてみました。

ハイブリッドスイーツ スイーツ ドーナツ お菓子 まとめ

最近スイーツマニアたちの間で話題が沸騰中の、未体験の食感が楽しめて、とっても美味しい「ハイブリッドスイーツ」の進化が止まらない!そんな「ハイブリッドスイーツ」を紹介します。さらに今回は、最後に超最新のウォーナ…

チョコレート 東京 ビュッフェ まとめ

バレンタインならではのスイーツが続々登場!各所でチョコレートやいちごを使ったスイーツビュッフェが開催されているみたいです♪期間限定のメニューもあるのでぜひこの時期に行っておきたい!カップルで行くのもいいですが…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

女性利用者国内No.1グルメニュースサイト「macaroni」で、一緒に料理動画をつくりませんか?現在macaroniでは、日々料理動画の制作に取り組んでいます。そこで今回は実際に料理を作ってくれるスタッフを…

チョコレート

今年も魅力的なショコラギフトがたくさんそろったイトーヨーカドー。素敵なアイテムばかりで、目移りしちゃいそうです。そこでこの記事では、注目ブランドからおすすめのギフトを厳選。その魅力を詳しくご紹介いたします。

世界三大美女のひとりクレオパトラ。彼女の美容法は「牛乳風呂」に入ることです。牛乳風呂はミルク風呂や牛乳湯などとも呼ばれているそうです。牛乳風呂に入ると、美容や健康によいと言われています。牛乳風呂の作り方、入り…

プリン レシピ スイーツ

自宅で作るプリンはお店のプリンとは違い、甘さや大きさなどを自分の好きなように調節できるなど、手作りならではの味わいを楽しむことが出来ます。しかし作る際に、固まらないという経験をした方も多いことでしょう。今回は…

milkpop

栄養士、製菓衛生師資格持ちのフリーライター。2児の育児に毎日てんや...