ローディング中

Loading...

「ピーチメルバ」を知っていますか?桃とバニラアイスとラズベリーが組み合わさった、イギリス生まれの上品なデザートで、思わずうっとりするような歴史もあるんです。今回は、そんなピーチメルバの魅力を紹介します!レシピもあるので参考にしてください。

ピーチメルバとは?

「ピーチメルバ」とは、砂糖で甘く煮た桃に、バニラアイスとシロップを添え、ラズベリーソースをかけたものをいいます。バニラアイスの白色、桃のピンク色、ラズベリーの濃い紫色のグラデーションが美しいデザートです。

濃厚なバニラアイスと桃の甘さに、ラズベリーの甘酸っぱさが加わるので、初恋を思い出す味ともいわれています。アーモンドスライス、ミント、はちみつ、ブラウンシュガーなど、お好みのトッピングを楽しんでみるとよいでしょう。

オーストリアの歌姫に捧げられたスイーツ

19世紀後半~20世紀初めに活躍したオーストリアの歌手の名前が元になっています。歌手の名前は、ネリー・メルバさん。彼女への敬愛の念を込めて作られたのが「ピーチメルバ」です。

彼女の密かなる大ファンだったイギリス人のコック長、オーギュスト・エスコフィエさんがピーチメルバの生みの親です。彼女の演技を思い浮かべながら作ったのでしょうか。自分の名前のスイーツをプレゼントされるとは、ロマンチックですね。

ピーチメルバのレシピ

材料

・桃
・バニラアイスクリーム
・ミント

【コンポート】
・バニラビーンズ
・粉糖
・水
・砂糖
・レモン汁

【ソース】
・冷凍ラズベリー
・粉糖
・水

作り方

自然解凍した冷凍ラズベリーは、粉糖、水と混ぜておきます。バニラビーンズも粉糖と混ぜましょう。

バニラ、粉糖、水、砂糖、レモン汁を入れた鍋を加熱し、砂糖が溶けてきたら、皮付きの桃を鍋に投入してください。煮崩れに気をつけながら弱火で煮ます。そのあと、粗熱を取ってから桃の皮をむきましょう。

お皿にラズベリーソース、カットした桃、バニラアイスをのせ、トッピングを施して完成です!

ピーチメルバフレーバーの商品をご紹介

甘さと甘酸っぱさを兼ね揃えたピーチメルバ。実は、そんなピーチメルバをイメージして作った商品があるのです。いくつかご紹介しますね。

ピーチメルバジャム

ピーチメルバジャム

出典:www.amazon.co.jp

アヲハタ55 ピーチ・メルバ(白桃・ラズベリー) 150g

¥250

Amazonで購入
アヲハタから発売されている「ピーチメルバジャム」。アヲハタのジャムはスーパーなどでもおなじみですが、こちらのフレーバーはあまり店頭で見かけないのではないでしょうか?

桃の甘みとブルーベリーの酸味が調和した、絶妙な甘酸っぱさのジャムとなっています。トースト、マフィン、パンケーキと合わせるのがおすすめです。また、後ほど紹介するピーチメルバティーにもぴったりでしょう。

ピーチメルバチーズ

ピーチメルバチーズ

出典:楽天市場

『クリームチーズ・ピーチメルバ約300g』

¥1836

楽天市場で購入
こちらは、ピーチメルバ味のクリームチーズ。酪農大国・デンマークのチーズが使用されています。クリームチーズのなめらかな口どけに、ところどころに入ってある桃の食感が楽しいですよ。

少し冷やして食べるのがおすすめです。また、冷凍庫で凍らせると独特の味わいも楽しめますから、ぜひお試しください!

ピーチメルバカクテル

ピーチメルバカクテルは、木苺のリキュール「クレーム ド フランボワーズ」 とソフトドリンク「ピーチネクター」を使えば、ピーチメルバのカクテルができます。おすすめは、リキュールとソフトドリンク、「1:4」の割合です。アルコールが強すぎると感じるようでしたら「1:5」にするとよいでしょう。
レシピで必要な「クレーム ド フランボワーズ」と「ピーチネクター」は、Amazonでも購入可能です▼

ピーチメルバ紅茶の淹れ方

ピーチメルバ紅茶の淹れ方をご紹介します。水で時間をかけて抽出する「水出し」と、煮立てて冷ます「煮出し」に分けられます。ほかの紅茶も同様の淹れ方をすれば、おいしくいただけるでしょう。

水出し

1.ウォーターポットなどに水10ℓとお茶の葉を大さじ1杯ほど入れましょう。
2.そのまま8時間から半日程度、冷蔵庫に保管します。
3.お茶の葉を細かい目のざるなどで取り除き、当日~24時間以内にいただきましょう。

※長く置きすぎると風味や味が落ちてしまうためです。

煮出し

1.やかんで、約1ℓの水を沸騰させます。
2.火を弱火にして、お茶の葉を小さじ1杯程度入れましょう。
3.10分ほど煮出したら、茶こしなどのこし器、またはフォークなどでお茶の葉を取り除いて完成です。

※お好みでボールに氷水を入れた中に、容器に入れた紅茶を入れて冷ましてください。

ルピシアのピーチメルバティーもおすすめ

ルピシアのピーチメルバティー

出典:www.lupicia.com

50g袋入 730円、50g缶入 990円、ティーバッグ 10個パック入 790円

こちらは、世界各国のお茶を取り扱う「ルシピア」の「ルイボス茶 ピーチメルバ」。ノンカフェインのルイボスティーに、桃の葉を合わせてバニラで香りづけがなされていて、やさしい風味が魅力です。デザート感覚でお飲みいただけるお茶はいかがですか?

初恋の味を堪能してみない?

今回は、かつて歌姫に捧げられたデザート「ピーチメルバ」についてまとめてみました。いかがでしたか?

デザートとしてはもちろん、ジャムやカクテル、紅茶などでもその風味を再現されているとは、桃・バニラ・ラズベリーの相性はよほどよいということなのでしょう!ピーチメルバフレーバーのさまざまな商品が登場するとは、きっと最初に考案したオーギュスト・エスコフィエさんも想像していなかったでしょう。

ぜひ、いろいろなピーチメルバを試して、あなたのお気に入りを見つけてみては?

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

表参道

「ペリエ」を楽しめる新感覚イベント「PERRIER VISUAL TASTING~とびっきりの味覚体験を~」が期間限定で表参道にて開催!水源地である南仏でのヴァカンス気分を、VRを通して都内に居ながら味わえま…

渋谷 しゃぶしゃぶ

“ひとりしゃぶしゃぶ” 専門店「しゃぶしゃぶ 山笑ふ」が提案する新ブランド『ごっつ食べなはれ」がオープン!銘柄豚と日本各地の厳選した上質な素材が、選べる出汁と共に、食べ放題でリーズナブルに提供されるお店です♩…

フェリシモ猫部から、猫のようにリラックスしたお茶の時間を楽しめる「ハチミツ味のカフェオレベース」が発売!濃縮タイプのリキッドコーヒーに牛乳を加えるだけで本格カフェオレの完成です。猫になりきって、リラックスして…

カクテル レシピ

ギムレットというカクテルをご存知でしょうか?ジンをベースにした飲みやすいカクテルです。カクテルのネーミングには、意味や由来があります。今回は本格カクテルであるギムレットのレシピ、意味、特徴についてご紹介します。

かき氷 渋谷

渋谷モディに、期間限定で日光の天然氷を使用したかき氷専門店「氷菓処にじいろ」がオープン!老舗氷室「四代目徳次郎」の天然氷を使用したかき氷が楽しめるお店です。香料、着色料、保存料など一切不使用のこだわりシロップ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

マグカップ レシピ まとめ

おうちにあるマグカップ、もし飲み物を飲むことにしか使っていなかったらもったいないですよ!簡単レシピで小腹を満たしてくれる料理が作れてしまうんです。朝の忙しいときや、お夜食などに活用してみてはいかがでしょうか?

まとめ カレー

カレーを作る時というのはキャンプなどのアウトドアで大勢人数がいるとき、もしくは数日先までカレーと腹を決めて、大量に作るときが多いですね。しかし、悲劇が起きるのは二日目で飽きはじめたとき・・。そんなときにはこの…

塩麹 甘酒 レシピ まとめ

今なにかと話題の酵素が豊富で旨みもたっぷりの麹。日本伝統の調味料のもとでもある麹は、体にいいとわかっていても実際どう使っていいかよくわからないという人も多いのでは?そんな麹を使った簡単レシピをご紹介いたします!

レシピ 牡蠣 まとめ

これからの時期旬となる「岩牡蠣」。毎年楽しみにしている人もいると思います。でも美味しいけど毎年なんだか変わり映えしない調理法。岩牡蠣はちょっとひと工夫すればこんなにたくさんのレシピがあるのです☆ぜひ作ってみて…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

広島 ランチ フレンチ 和食 まとめ

広島市内にある、おいしいランチが食べられる人気のお店をご紹介します。地元の方はもちろん、観光で訪れる予定のある方にもおすすめです!和食からフレンチ、イタリアンまで、ジャンルを問わず載せていますので、ぜひご覧に…

夏野菜 レシピ 山形 だし

「だし」ってご存知ですか?この季節になると、スーパーの漬物コーナーなどで見かけることがあるかもしれません。夏野菜と昆布などを細かく刻み、ざぶざぶの浅漬けにした「だし」のアレンジレシピ、どうぞ♪

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...

ページTOPに戻る