ローディング中

Loading...

昔から健康食として知られ、おやつに食べることもあったという「はと麦」。現在は、はと麦が主成分の化粧品が出るなど、美肌効果にも注目されています。今回は、健康にも美容にもよい「はと麦茶」の、効能や注意点、おいしく淹れるコツなどをまとめてご紹介!

はと麦茶(ハトムギ茶)とは?

はと麦茶の原材料は、その名のとおり「はと麦」です。日本ではお茶のイメージが強いはと麦ですが、原産国であるタイや東南アジアでは、はと麦の殻を割って中身を食べるなど、おやつとして親しまれています。

はと麦茶の歴史をたどってみると、中国で約2000年前から採取されて、食用に栽培され、炊いたり蒸したり、お粥や団子などにして食べられてきました。ずいぶん古くから用いられてきたんですね。そして、はと麦の種皮を除いて煎じた汁をお茶として飲んだり、薬として使われたりなど、日本にも伝わり今日にまで受け継がれています。

麦茶との違いは

「麦茶」と「はと麦」は、同じ「麦」という言葉がついているので、一見似ているように思われるかもしれませんが、実は全然違うものです。

麦茶の原料は「大麦の実」で、はと麦茶の原料は「はと麦」と、原材料から違います。また、麦茶の主な栄養分がミネラルやカルシウム、マグネシウムなどであるのに対し、はと麦茶は、たんぱく質、ビタミン、鉄、葉酸、カルシウム、リンなどが含まれ、穀物のなかでも栄養価がもっとも高いと言われているんですよ。

はと麦茶の効能

ここでは、そんな古い歴史と豊富な栄養を持っている「はと麦茶」の効能について、詳しく説明していきたいと思います。ぜひ、参考にしてくださいね。

むくみ改善

はと麦茶は、利尿作用のあるお茶として古くから親しまれてきました。利尿作用が高まると、体内の余分な塩分がろ過され、老廃物が尿として排出されるので、むくみ改善につながります。また、利尿作用があることで肝臓の負担も軽減されますよ。

デトックス

はと麦茶の利尿作用は、むくみ改善と同時に、人間の体が本来持っている力を取り戻すのに必要なデトックス効果も期待できます。このデトックス効果によって、体に溜まっていた老廃物や毒素が排出、解毒され、体の機能の正常化につながり、新陳代謝が活発となり、疲労回復や美肌にもつながります。

美肌効果

はと麦茶に含まれる食物繊維は、便秘解消、ニキビ・肌荒れなどの改善に効果があると言われています。また、はと麦茶にはむくみ防止効果があるので、顔のむくみも解消されて肌が整いますね。

さらに、はと麦には「コイクセラノイド」という成分が含まれていて、この成分が新陳代謝を促進させ、肌のターンオーバーを正常に保つ働きを助けるのです。健康だけでなく、美容にも効果があるのはうれしい限りですね。

アレルギー予防

はと麦茶の原材料であるはと麦には、アレルギーを起こす物質である「ヒスタミン」を抑制する働きがあり、そのため、花粉症の予防に効果があるといわれています。さらにはと麦には、抗菌作用、抗ウイルス作用、炎症物質「TNF-α」を抑制する作用などもあり、アレルギー症状の悪化を防ぐ効果も期待できます。

皮膚炎の改善

昔から「イボに効果がある」といわれてきたはと麦。水イボができたときに処方される漢方薬には「ヨクイニン」という成分が配合されていますが、このヨクイニン、実は、はと麦の種皮を取り除いた種から作られる生薬です。ヨクイニンが含まれるはと麦は、シミやニキビなど皮膚炎の改善にも効果があるとされています。効果を得るためには、継続して飲むことが大切です。

はと麦茶のおいしい淹れ方

やかんに、水、はと麦のティーバッグを入れ(軟水がおすすめです)、火にかけてください。沸騰したら、火を弱めて7〜8分煮出しましょう。煮出したら、ティーバッグを取り出します。はと麦茶の成分をしっかり摂りたい場合は、煮出す時間を長めにして、濃いめのお茶にするといいでしょう

はと麦茶は、ホットでもアイスでもおいしくいただけます。食事の30分前に飲むのがおすすめですよ。

作り置きはNG!

はと麦茶を作るときには、なるべく1日で飲みきれる量にしましょう。作り置きはおすすめしません。また、はと麦茶の栄養効果を十分に発揮させるためには、ブレンド商品ではなく、「はと麦100%」のはと麦を選ぶことが大切です。そして、はと麦茶は濃いめに煮出しましょう。

はと麦茶を飲むときの注意点

美容や健康によい効果が期待できるはと麦茶ですが、いくつか注意点があります。

飲みすぎると身体が冷える原因に

まず、はと麦茶を過剰に摂取すると、下痢をしてしまったり利尿作用が強すぎて身体を冷やす原因になります。冷え性の方は、飲み過ぎに注意しましょう。

アレルギーに注意

さらに、ごく稀ですが、はと麦茶によってアレルギー反応を起こす方がいます。特に小麦アレルギーの方は、小麦とはと麦は分子構造が似ているので気をつけたほうがいいかもしれません。

初めて飲むときは、まず少量から試してみてください。アレルギーでない方は、神経質にならくていいでしょう。

「はと麦茶」を暮らしに取り入れよう

昔からあるお茶なので、名前はわかるし、飲んだことも一度はある。けれどどんなお茶なのかは、意外と知られていない「はと麦茶」について、くわしく紹介しましたが、いかがでしたか?

はと麦茶はクセや苦みがなくて香ばしく、たくさんの健康効果と美容効果があるのですね。毎日の水分補給やティータイムにぜひ、はと麦茶を試してみてください。冷え性が気になる方は温かくして飲まれるといいですよ。ホットでもアイスでもおいしいはと麦茶。賢く取り入れて、美容と健康を手にしましょう。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

甘酒

酵素スムージー「vegie(ベジエ)」で人気のKIYORAシリーズに「菌活美人の甘酒スリム」が新登場!今美容のトレンドとして甘酒が再注目されているのを知っていますか?肌にもよく、腸内環境も整えてくれる甘酒をぜ…

いちご フルーツ

今が旬の食材の中でも、ぜひ朝食に食べて頂きたいのが「いちご」なんです!今回はいまが旬な果物いちごの美容効果についてご紹介していきたいと思います。体のサビを取り除きエイジングケアや美肌にも効果が期待できるんです。

お茶

セゾンファクトリーから季節限定でさくらの商品が登場。お茶から、コンフィチュール、お酢までさくらを楽しめる商品がいっぱい!桃いろでかわいらしい商品は、春の訪れを感じさせてくれること間違いなし。一足先に春を感じよ…

ドリンク まとめ

ダイエット中というと、好きなものが食べられないことが多いですよね。大好きなスタバへ行きたいけど、カロリー高そうだから我慢しなくちゃ。と思っていませんか?実はスタバには、ダイエッター必見の低カロリーメニューがあ…

お茶 アイスクリーム

ハーゲンダッツのミニカップに「ほうじ茶ラテ」が新登場。初摘み茶葉を使用した濃厚な味わいのほうじ茶アイスクリームと、爽やかな後味の香り高いほうじ茶ラテアイスクリームの2種類がマーブル状に組み合わさった和アイス!…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

髪の毛は女性の命とも言うように、お手入れはしっかりしておきたいですよね。食事は身体の健康だけでなく、髪の毛にも影響を与えます。そこで今回は、髪の毛に良い食べ物を紹介します。いつまでもツヤツヤで美しい髪の毛を保…

フルーツ ドリンク まとめ

妊娠中の辛いつわり…人によって全然その加減は違うそうですが、実際に辛いつわりを経験した人たちが、そんなつわり中に「これを食べて楽になった!」という食べ物を理由付きで7つご紹介します♪是非、現在つ…

まとめ

2015年の花粉飛散量は平年(2008~2014)と比べると、多くなることが予想され、最新の予測によると、2014年シーズンの5割増となる予想が立てられました。コンビニで買える花粉に効果のあるものを、普段から…

日本酒 まとめ

プレゼントに日本酒を送るってとってもおしゃれですよね♡でも、さらに感動もプラスしてみませんか?今回は、日本酒をあげるときにしたら相手を感動させられる方法を4つご紹介します!是非、周りの人を喜ばせてみてはいかが…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

ハンバーグ

『旨包ボリュームリッチハンバーグ』が200名様に当たるモニターキャンペーンを「おうちごはん」内で開催中!湯煎するだけで本格リッチな味わいを楽しめるので、かわいくデコって、こどもの日をお祝いしましょう♩応募方法…

女性に最も利用されているグルメニュースサイト「macaroni」で、情報発信してみませんか?レシピやレストラン、カフェの紹介だけにとどまらず、美容系コラムからSNSで話題の食べ物など、食に関わる幅広いジャンル…

最近健康効果が高く、ダイエットにもぴったりな「玄米」ですが、食べるときには気をつけたほうがいい点がいくつかあるようですよ。どのような点に気をつけるべきか、おすすめの玄米の炊き方についてもお話しします。

クッキー レシピ

ニューヨークで有名な”ルヴァンベーカリー(Levain Bakery)“のチョコチップクッキーをまねて作った、分厚くて食べごたえ抜群のクッキーレシピ。作り方も簡単でとってもおいしく作れ…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...