ローディング中

Loading...

昆布といえば、おいしい旨味成分がつまったお出汁の素。すっきりと上品な味わいが口の中に広がりますよね。そんな昆布を職人さんの手で丁寧に削ったものがおぼろ昆布です。1枚の昆布の面を薄く削るのは至難の業で熟練の技が必要です。ここでは、そんな貴重で希少なおぼろ昆布についてご紹介していきましょう。

おぼろ昆布とは?

「おぼろ昆布」とは、昆布の表面を削ってできた昆布のことを指します。削る時に表面がぼこぼこしている昆布ではきれいに削り取ることができないため、表面のきれいなものだけを厳選しているそうです。

おぼろ昆布がもっとも美しく、おいしいのは0.4mmの厚さであるといわれています。かなり薄いですよね。高度な機械技術が発展している現代においても、昆布を0.4mmに削るのは容易ではありません。そのため、おぼろ昆布は手作業メインで作られています。熟練の職人さんたちの手によって生み出されるおぼろ昆布の美しさは、まさに芸術的ですよ。

とろろ昆布との違い

おぼろ昆布は食べたことがないという方も、とろろ昆布は食べたことがありませんか?スーパーなどでよく見かけますし、おにぎりの表面にまぶしたりして使われています。そして、おぼろ昆布ととろろ昆布は、似ていますよね。両者はいったいどこが違うのでしょうか?

実は、昆布の種類が違うのではなく、その削り方に違いがあります。1枚の昆布の面を削って作られるおぼろ昆布に対して、とろろ昆布は複数の昆布の側面を削って作られています。

まず最初に何枚も重ねた昆布の上に、機械で数十トンの圧力をかけて置いておきます。そして数日間プレスしたのちに、機械でどんどん削っていくのです。削られたものを見ると、絹の糸のように美しい形になっています。プレスされるため、昆布の種類もおぼろ昆布ほど表面がきれいなものを選ばなくても大量に作れてしまうのが特徴です。

機械で大量に作ることが可能なとろろ昆布の価格は安く、おぼろ昆布は繊細な手作業で作られるので価格が高く、品数も少ないため、高級食材といわれています。

おぼろ昆布の栄養効果

おぼろ昆布の元となる昆布。ヘルシーでたくさんの栄養素が含まれていることでも有名な食材です。

昆布には、血圧を下げたり消化酵素の働きを促進する「アルギン酸」、海藻系によく含まる成分で血液をさらさらにする「フコダイン」、活性酸素をおさえる働きがあり老化防止を助ける「フコキサンチン」、β-カロテンやナイアシンを多く含み身体をつくるのに欠かせない「ビタミン」、体液や神経を調整し、骨や歯を作るのに重要な要素である「ミネラル」などが含まれています。

また、カルシウムも豊富で、牛乳の6倍の量が含まれているというから、驚きですよね。

食べ方いろいろ!おぼろ昆布を使ったレシピ

そのまま食べてもおいしいおぼろ昆布ですが、さまざまなレシピに活用もできます。いくつかご紹介しますので、ぜひ、参考にしてみてください!

鰹のたたきとおぼろ昆布で簡単土佐巻き

おぼろ昆布を使用したで土佐巻きです。たまねぎは薄くカットして水にさらし、にんにくとしょうがは千切りにしておきましょう。

ラップを敷いた巻きすだれに、おぼろ昆布を縦に並べてください。少しずつ重なるようするとよいでしょう。その上にご飯をのせて塩をかけ、大葉を並べます。さらに鰹のたたき、たまねぎ、にんにく、しょうがをのせ、しっかりと巻いてください。しばらく置いてから、包丁でカットして完成です。

彩りあるメニューなので、パーティーのときにいかがですか?

筍とおぼろ昆布のミルフィーユ豚カツ

薄切りにカットしたたけのこを2分ゆで、水切りしておきます。豚肉に塩をふって、その上にたけのこ、おぼろ昆布、お好みでカニカマをのせ、豚肉で包み込んでください。米粉、溶き卵、パン粉の順番で衣をつけ、フライパンで焼いてください。

おぼろ昆布が豚肉の旨みを引き出してくれるので、とても香ばしい味が堪能できます。盛り付けの際は、半分にカットするとよいですよ。ぜひチャレンジしてみてください。

長芋と納豆とおぼろ昆布の和え物

最後は、おぼろ昆布を使った和え物のご紹介です。長芋、納豆、おぼろ昆布、卵黄、醤油を器に入れ、30回ほど混ぜて合わせたらもう完成です!お好みで刻み海苔を飾ってみてください。

あっという間にできあがるので、忙しいときの時短料理にぴったりですよ。ねばねばしたもの同士、とても相性がよいのでぜひお試しください。ご飯にかけて召し上がるのもおすすめです。

栄養があり見た目も美しいおぼろ昆布を使ってみよう!

今回は、おぼろ昆布の魅力についてまとめましたが、いかがでしたか?

昆布には旨み成分がたっぷりと含まれていて栄養価も高く、近年世界的にも注目を集めている食材です。なかでもおぼろ昆布は、とろみがあってまろやかで、口あたりがよく、年輪のような色の変化も楽めます。

今回紹介したレシピ以外にも、おぼろ昆布は、いろいろなお料理に使えます。また、いつもはとろろ昆布を使っているところを、たまにはプチ贅沢としておぼろ昆布にしてみるのもいいでしょう。もちろんそのまま食べてもおいしいですよ。

あなたもぜひ一度おぼろ昆布の味を堪能してみてください。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

韓国 スイーツ まとめ おしゃれ レシピ お土産

いま韓国のセブンイレブンで販売中の「ヤクルトグミ」。パッケージはもちろん、グミもヤクルトの形でとてもかわいいんですよ。市街地のセブンでは品薄になってしまうくらい大人気!日本では通販で購入することもできます♩

レシピ マシュマロ チョコレート ムース スイーツ

ハーブの鉢植え?いえ、実はこれ、スイーツなんです。マシュマロとチョコを使って作る「マシュマロチョコムース」。チョコクッキーを土に見立て、最後にミントをトッピングするとこんなふうに仕上がるんですよ。作り方は超簡…

レシピ

今回は、歯ごたえのいいカリカリ梅入りのタルタルソースを使った「梅しそタルタルのフィッシュ南蛮」のレシピをご紹介!食感が楽しいだけでなく、旨みだって大幅アップ♩むずかしい工程なしで作れるので、ぜひ今晩のお夕飯で…

おつまみ

持ち寄りの定番料理といえばマリネ!火を使わずに作ることができて、華やかなのが嬉しいひと品ですね。今回は、ゆずを入れるのがポイント。酸味のなかに柑橘の香りが立ち込めて、ちょっと目を引くひと品ですよ。簡単でオシャ…

レシピ 鶏肉

漬けてレンジで加熱するだけで、簡単に作れる「しっとり本格よだれ鷄」のレシピをご紹介します。名前の通り、想像するだけでよだれが出てきそうなくらいおいしいですよ♩ピリ辛ダレがよく合う、本格的で豪華な料理です!

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

チョコレート お菓子 レシピ まとめ イタリアン ティラミス

ティラミスは好きな人も多いと思いますが、意外とおうちでも簡単にできちゃうみたいですよ。ビスケットやインスタントコーヒーを使ったレシピ、是非あなたも作ってみてくださいね。イタリア語で「ティラミス」は「私に元気を…

レシピ まとめ

あつ〜い夏に向けて元気でいるためには、やっぱり美味しいものを食べるのが基本!『なめろう』って知ってますか?房総半島を中心とする郷土料理でいわゆる鯵の“たたき”です。作り方もとても簡単♪…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

女性利用者国内No.1グルメニュースサイト「macaroni」で、一緒に料理動画をつくりませんか?現在macaroniでは、日々料理動画の制作に取り組んでいます。そこで今回は実際に料理を作ってくれるスタッフを…

チョコレート

今年も魅力的なショコラギフトがたくさんそろったイトーヨーカドー。素敵なアイテムばかりで、目移りしちゃいそうです。そこでこの記事では、注目ブランドからおすすめのギフトを厳選。その魅力を詳しくご紹介いたします。

カフェ ランチ スイーツ

名古屋徳重駅のオシャレカフェ「リグノーサカフェ」をご存知ですか?友達と軽く話したい時やお茶したい時、おしゃれなカフェでなら会話も盛り上がりますよね。リグノーサカフェは行列ができるほどの人気店。店内のおしゃれさ…

トマト ドリンク アメリカ レシピ

「クラマト」というドリンクを知っていますか?ハマグリエキスとトマトジュースに香辛料を加えた新感覚のトマトジュースです。今回は、酔い覚ましのドリンクとしても知られている「クラマト」の魅力やレシピをたっぷりとご紹…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...