ローディング中

Loading...

食用菊をご存知ですか?お刺身のつまに添えられているお花といえば、見たことがある方も多いのでは。この食用菊、栄養にすぐれ、特にアンチエイジングの点からは注目を浴びている食材なんです。食用菊に含まれている栄養素や効能など詳しくみていきましょう。

食用菊とは?

「食用菊」とは、菊の一種であり、食用に品種改良されたものを指します。苦みを少なくし、食べる部分である花びらを大きくさせた品種です。中国では古来より延命長寿をもたらす花として重宝されてきました。漢方薬や菊花酒などは、今でも多くの人に飲まれていますね。

日本でも、奈良時代には中国から食用菊の品種が伝えられています。食用として一般的になったのは江戸時代とされ、江戸時代の代表的な歌人である松尾芭蕉は菊を好んで食べていたのだとか。

食用菊の食べ方としては、茹でて和え物にしたり、天ぷらやお吸い物に用いられます。もっともポピュラーなのは、やはりお刺身のつまとして添えられているものでしょう。これは、ただの飾りとしてではなく、菊の解毒・殺菌作用を利用する目的があるんですよ。

食用菊の種類

延命楽

明るい紫色が目を引く「延命楽(えんめいらく)」は八重咲きの中輪種です。花びらが大きく、シャキシャキの食感と芳香な香りが特徴的。産地である山形では延命楽を「もってのほか」「もって菊」と呼んでいます。“もってのほかおいしい”、“食べるなんてもってのほか”といった意味からこのように呼ばれているそうですよ。

また、産地である新潟では、垣根の元に植えられていた由来に基づき「かきのもと」と呼ばれています。地域で異なる呼び名があるのも、昔から愛されてきた食材だからでしょうね。延命楽の収穫時期は、9月下旬から11月上旬ごろ。秋が深まるころが旬となります。

阿房宮

「阿房宮(あぼうきゅう)」は、青森県八戸の特産品です。延命楽より少し小ぶりの品種で、鮮やかな黄色が映えます。苦みが少なく、やわらかな歯ごたえと甘みが特徴の食用菊です。

収穫時期は、霜が降りる直前の10月下旬から11月上旬という短い期間におこなわれます。旬の期間が短いので、1年中阿房宮を食せるようにと花びらを蒸してから干しあげた「干し菊」が作られました。干し菊は、お湯でさっと湯がいてお味噌汁や酢の物に使います。いつでも菊の風味と味わえるのがうれしいですね。

食用菊の効果効能

アンチエイジングに効果あり

次に、食用菊に含まれる栄養素をみてみましょう。

食用菊には、ビタミンやミネラルの含有量が多いことが明らかになりました。なかでも特に、代謝をアップさせるビタミンB群やβカロチン、ビタミンCなどの抗酸化作用の高い栄養素が豊富に含まれていることからアンチエイジングにも効果が期待できることが分かります。

そのほか最近では、グルタチオンの産生を高めることが分かってきました。グルタチオンとは細胞に含まれる物質で、解毒作用のほかメラニンの生成を抑える効果があるので、白くて美しいお肌へのサポートをしてくれます。

女性にうれしい効能がたっぷりの食用菊、栄養素をしっかり摂取するのにおすすめのメニューはおひたしや酢の物です。軽く茹でて調理するので、かさが減りたくさん食べられますね。また、お茶としていただくと、水に溶けだした栄養素ももれなく摂取できます。

漢方薬としての食用菊の効能

中国では2000年以上も前から菊を薬用として栽培していたそうです。生薬「菊花」として漢方薬に含まれていたり、お茶やお酒、薬膳料理にも使われています。菊花の効能は、目の疲れ、解毒、消炎、頭痛など。菊花を使った代表的な漢方薬に杞菊地黄丸がありますが、疲れ目や目の充血、むくみなどで処方されます。

そして、もっと手軽に菊花の効能を取り入れるには「菊花茶」がおすすめ。中国や台湾でよく飲まれているお茶で、お湯を注ぐと菊の花が開いていく様子が美しく、いい香りでリラックス効果も得られます。

食用菊を使った栄養レシピ

女性が特に必要とする栄養が豊富に含まれている食用菊。彩り豊かな菊を使ったレシピをご紹介します。彩りが美しい菊によって、食卓が華やかになりますよ。

食用菊の和え物

菊の花びらをむしり水に浸します。がくは捨ててかまいません。水を2〜3度変えながら、花びらをやさしく洗いましょう。鍋でお湯を沸騰させ、酢を加え1分半〜2分弱ゆでてください。ゆであがったら、流水でさらします。

春菊の葉をもいで、手でちぎります。沸騰した鍋に、塩を加えて50秒〜1分強ゆで、こちらも流水でさらしてください。春菊の茎は刻んでおくと味噌汁などに使えますよ。大根はすりおろします。

ゆでた菊、春菊、おろした大根を、それぞれ絞って水気を取り除いてください。万能つゆで味付けをしてめしあがれ。サンマの付け合わせにもぴったりですよ。

食用菊の天ぷら

菊は水で洗い、しっかり水切りをします。ボールに、小麦粉、冷水、ベーキングパウダー、酢を入れて混ぜ合わせてください。これが衣となります。菊に衣を合わせ、高温油で揚げてできあがり。

大根おろしとめんつゆ、あるいはシンプルに塩だけを付けるのがおすすめです。天ぷらにすると、菊の香りがより引き立ちますよ。

食用菊と蜂蜜のフルーツヨーグルト

菊の花びらを取り、酢を入れたお湯でゆでてください。ゆであがったらしっかり絞って水分を取り除きましょう。菊とはちみつを和え、置いておきます。

カットしたフルーツとヨーグルトを混ぜ、器に入れ、その上にさきほどの菊を飾って完成です!バナナ、キウイ、イチゴなど、やわらかい食感のフルーツを使えば、菊のシャキシャキ感がより楽しめますよ。

女性にうれしすぎる食材、食用菊

今回は、食用菊についてまとめました。食用菊は、色鮮やかでかわいいだけでなく、栄養たっぷりでアンチエイッジングも期待できるなど、女性にとって心強い食材であることがおわかりいただけたと思います。ただの飾りとしてだけ使うのはもったいないですよね。

この秋は、食用菊を使ったお料理で、食卓を彩ってみてはいかがですか?

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

炊き込みご飯 レシピ

簡単でおいしい!とめんどくさがり屋さんの間で噂の明太子パスタソースの炊き込みご飯。『マツコの知らない世界』でも紹介され、大絶賛されていたんですよ。今回は筆者が実際に作ってみました!詳しい作り方やアレンジレシピ…

レシピ おつまみ お弁当 ピザ まとめ

春巻きの皮を使ったアレンジレシピをご紹介します。人気のピザ、とろ~りチーズとのコラボ、おつまみ、スイーツまで。冷めてもおいしいお弁当のおかずもあります。どんな場面でも活躍できる春巻きの皮で、レシピのレパートリ…

とうもろこし おつまみ 唐揚げ レシピ まとめ

夏が旬のとうもろこし。茹でたり焼いたりして食べるのが一般的ですが、唐揚げにするとビールが進む絶品おつまみに大変身します!そんなとうもろこしの唐揚げを実際に作って食べてみました!詳しい作り方やアレンジレシピもご…

スイーツ ホテル

八事サーウィンストンホテル内のカフェラウンジ「W Café」で、秋の実りを感じる旬のフルーツや食材を使って、ヘルシー&アンチエイジングを意識し仕上げられた『秋のインナービューティーアフタヌーンティー』が登場!…

レシピ レモン フルーツ 漬け物 まとめ

みんな大好きなカルピスにレモンを漬け込んでみませんか?さわやかでやさしい甘酸っぱさを楽しめる「レモンのカルピス漬け」は、暑い季節にぴったりな一品。今回は、とっても簡単な作り方と、手間なくできるアレンジをご紹介…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

餃子 パスタ 中華 まとめ

てっきり外国人だと思ってたら日本人だった、なんてことがたまにあります。僕の友達にも、完全に欧米人みたいな顔なのに血筋は純日本人なんてのがいます。そして料理にも同じ減少が少なからずありますので、まとめてみました…

まとめ スイーツ

ふと、海外ではどのようなお正月を迎えているのか気になったことはありませんか?日本はおせちとお雑煮でお正月を過ごしますが、もちろん海外ではそれぞれ伝統的な新年の過ごし方があります。そこで、世界中の伝統的なお正月…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

まとめ レシピ フルーツ

マイヤーレモンは中国原産で、 オレンジとの自然交雑で誕生したといわれるレモンの一品種で、丸くて香りの高い爽やかな果物です。今回は、このマイヤーレモンを使ったアレンジレシピをご紹介します。色々と使える便利な果物…

恵比寿 パン 渋谷

恵比寿に低糖質の「ふすま」を使ったパン専門店「フスボンショップ」がオープン!オーガニックふすまを使った低糖質のパンは糖質制限ダイエットにも最適。また、おいしさと安全を追求した、ふすまパンがオンラインショップで…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...

ページTOPに戻る