ローディング中

Loading...

疲労回復にも新陳代謝にも効くいわれる魔法のような水「クエン酸水」。さっぱりとした飲み口で、日常にも取り入れやすいんですよ。今回は、そんなクエン酸水の効果や飲むときの注意点などをご紹介します。最近、疲れてると感じている方は必見!

クエン酸水ってなに?

クエン酸と聞くと、すっぱいイメージを持っている人も多いのでは?じつはその通りで、クエン酸水の要である“クエン酸”は、レモンなどの柑橘類や梅干しに含まれる成分です。クエン酸水はその名の通り、そのクエン酸を含ませた水のことをいいます。

クエン酸を摂取するのに、レモンや梅干しをそのままかじったり食べたりするのは、酸味が強くて苦手という人も多いでしょう。そんな人にクエン酸水はおすすめなのです。水に薄めて飲むので、直接摂取するよりも飲みやすくなります。では、そのクエン酸水にはどのような効果があるのでしょうか?みていきましょう。

クエン酸水の効果効能

疲労回復効果

クエン酸水の素になるクエン酸には、疲労回復を促す効果が期待できるとされています。人が疲れを感じるときは、身体に乳酸が溜まっているときなのです。乳酸が溜まると血流が悪くなってしまい、酸素や栄養を身体の細胞に取り込みにくくなってしまいます。その繰り返しによって、細胞の機能が正常に動かずに疲労感を引き起こすのです。

さらにクエン酸には血流の流れをよくしてくれる効果に加え、疲労の原因である乳酸を分解する働きを持つといいます。乳酸を分解する力とは、筋肉にある乳酸を肝臓に回収しエネルギーに変換してくれるのです。疲労どころかエネルギーを作り出す働きがあるなんて、とても素晴らしい効果ですよね。

新陳代謝の向上

新陳代謝に欠かせないのがビタミンB群。このビタミンB群のなかのビタミンB6の吸収を促進する働きがクエン酸にはあります。ビタミンB6は、糖分の代謝を促進する役割をもちます。ですので、クエン酸水を飲むことでそのビタミンB6の吸収を促し、吸収されたビタミンB6が体内の糖分の代謝を促し、全体の新陳代謝の向上に役立つのです。クエン酸自体の効果に加えて、ほかの栄養素の持つ効果を促進させる働きも持つのですね。

クエン酸水の作り方

新陳代謝をアップし、疲労回復まで促すクエン酸水はどのようにして作るのでしょうか。作り方をご紹介しますので参考にしてくださいね。

クエン酸水の基本的な作り方

基本的なクエン酸水の作り方はいたって簡単。水とクエン酸のみ。水250㏄に対して、クエン酸小さじ1/2(2g)を溶かして混ぜるだけなのです。口当たりはさっぱりしていて飲みやすいのですが、酸っぱいのが苦手な人はハチミツを入れてみてください。また、お好みでいちごやキウイフルーツなどのフルーツを入れても見た目もかわいらしく作ることができますよ。

クエン酸水を作るときの注意点1

使う水に注意しましょう。普通の水道水には塩素などの余計な成分が入っているので、クエン酸水の水は天然水か浄水器の水を使ってください。せっかくのクエン酸を十分活かせる水を使いたいですね。

クエン酸水を作るときの注意点2

クエン酸は市販でドラッグストアなどで売っているので手に入れやすいですが、その際には飲用可能な商品を必ず選んで購入するようにしてください。クエン酸は掃除にも使われるので、排水溝用などの掃除用のクエン酸も置いてありますが、衛生上飲用には向かないので注意しましょう。

クエン酸水を作るときの注意点3

飲むたびに毎回作るのは面倒くさいという人は、作りたい水に対してのクエン酸の量を計算して作り置きをしておいてもいいでしょう。保管は必ず冷蔵庫にするようにして、2~2日で飲むようにしてください。常温で保存しておくと、カビが生える可能性がありますので要注意です。

クエン酸水の効果的な飲み方

クエン酸水の効果を生かす飲み方をご紹介しますので、これからクエン酸水を飲むときにはぜひ実践してみてください。

数回に分けて飲む

クエン酸の効果が持続する時間は約2時間と言われています。また、1日に摂取するといいと言われるクエン酸の量は10~15g。効果が一番よく出ると言われているのは、1日6回に分けて飲む方法になります。クエン酸が体内にいる時間が長ければ長いほど効果があるので、こまめに摂取する方法がいいのです。せっかくの効果を十分活かすために、面倒くさがらずに実行してみてくださいね。

食後に飲む

なぜ食後がいいかというと、クエン酸水を空腹時に飲むと胃液を薄めてしまい消化を妨げてしまい、胃への負担がかかることがわかっています。食後のお茶をクエン酸水にして、口のなかをさっぱりさせつつ、その効果を利用してみてはいかがでしょうか。

就寝前に飲む

クエン酸の効果は、ご紹介したとおり約2時間と言われていて、4時間後には効果が切れてしまいます。就寝してから次にクエン酸水を飲むまで時間が空いてしまうので、体内にクエン酸を継続して残しておくには就寝前に飲むのがいいとされているのです。こちらもぜひ実行してみてくださいね。

おわりに

いかがでしたでしょうか。疲労回復や新陳代謝に効果が期待できるとされるクエン酸水は、忙しい現代社会に生きる私たちにとって摂っておきたい飲み物ですね。とても簡単に作れるので、疲れたなぁと思ったときに作って試してみてください。運動したあとのスポーツドリンクとしても、きっと役立つはずですよ。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

にんにく

にんにくを食べた後、口臭はどうしても気になるものです。そこで今回は、にんにくの臭い消しの方法を食前、食事中、翌日に分けてご紹介します。飲み物や食べ物、ちょっとしたケアで、にんにくの臭い消しを上手におこないまし…

スムージー

お肌のツヤをキープするには、お腹の中の健康が大切だと知ってましたか?腸にうれしい乳酸菌や食物繊維、酵素がたっぷり入った「乳酸菌スムージー」を飲んで、おいしく肌みがきしちゃいましょう!今なら、お得なプレゼントキ…

大根

煮物や炒め物、おろしなど様々な料理に使える大根。どのように保存すれば長持ちさせられるのでしょうか?実は、大根は方法次第で意外と長く保存できるのです。冷凍、冷蔵、常温のどれ?保存期間の違いは?大根の保存方法につ…

唐揚げ 揚げ物 レシピ

大人も子供も大好き、自宅で作る機会が多い唐揚げ。おいしい揚げ方って意識してみたことありますか?大切な下ごしらえの方法から衣のつけかたまで、唐揚げの揚げ方のコツをお伝えします。おいしいレシピも併せてご紹介します…

お祭りの屋台などでよく見かけるりんご飴。赤くてキュートな棒つきお菓子ですが、食べ方を知らないって方は多いのではないでしょうか。今回は、手がベタベタにならないオススメの食べ方やコツ、りんご飴の発祥などについてを…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

冬といえば温かい鍋や煮込み料理が食べたくなりますよね。そんな鍋で気になることのひとつが「アク」ではないでしょうか。そもそも、アクは取る必要があるのでしょうか?その理由と覚えておきたいアク取りのコツをまとめまし…

ココナッツオイル まとめ

モデルのミランダ・カーや道端ジェシカも愛用していることで日本でも一気に人気が高まったココナッツオイルですが、実は意外なことにもつかえるとても便利なオイルだったのです。

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

スイーツ ケーキ フランス レシピ まとめ

シブーストって聞き慣れない言葉ですよね?名前は知らなくても、じつは口にしたことがあるという方もいらっしゃるかもしれません。シブーストとは何か、そしてシブーストの基本レシピからアレンジまで、たくさんご紹介します。

スイーツ まとめ

暑い日が続く中、今日も一日頑張っている皆様。自分へのごほうびにお取り寄せスイーツはいかがですか?通販で気軽に購入できるので、大人気のスイーツも並ぶことなくGETできます。お中元やお土産にも便利なお取り寄せスイ…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...

ページTOPに戻る