ローディング中

Loading...

壬生菜という野菜をご存じですか?京都の伝統野菜で、関西では、古くから親しまれています。β-カロテンを豊富に含み、ミネラルも豊富な壬生菜。今回は、壬生菜の旬や産地とともに、人気の壬生菜を使ったレシピもご紹介します。

栄養豊富でおいしい「壬生菜」

関西では昔から親しまれている「壬生菜」。家庭菜園で作られることも多いポピュラーな野菜ですが、ほかの地域ではなじみが薄い食材かもしれませんね。最近は流通が増え、売っている場所も多くなっている壬生菜。その産地や栽培方法から、栄養素、人気のレシピもあわせてご紹介します。

壬生菜とは?

壬生菜の発祥と特徴

壬生菜の名は、京都市内の壬生地区で栽培されていることに由来します。

1800年初頭に書かれた書物にも壬生菜の表記はあり、その頃には水菜と区別されていたようです。壬生菜はアブラナ科のアブラナ属で、水菜と同じ仲間に属する野菜。壬生菜の特徴は、葉にギザギザとした切れ込みがなく、細長いへらのような形をしていることです。

壬生菜と水菜の違い

壬生菜は水菜から自然交配を経て誕生した野菜で、いろいろとよく似ています。ただ、葉の形がやや違います。水菜の葉はギザギザとしていますが、壬生菜にはギザギザがなく、細長い丸い葉です。

味も少し違います。さっぱりとした味の水菜と比べ、壬生菜にはぴりっとくるような辛さと苦みを感じる人が多くいます。大人向けの風味といえるかもしれませんね。色も水菜の方が薄く、黄緑色をしているのに対して、壬生菜は濃い緑色をしています。

壬生菜が持つ栄養素

壬生菜にはさまざまな栄養素が含まれています。豊富なβ-カロテンがそのひとつ。強力な抗酸化力を持っており、体内では必要量に応じて、ビタミンAに変換される優れものです。

ビタミンAは、頭髪や視力、粘膜や皮膚を守ってくれるだけでなく、喉や肺の呼吸器系を守ってくれるともいわれています。

ビタミンCも多く、風邪の予防や、疲労回復、肌荒れにも効果が期待できます。また、カリウムや、カルシウムを多く含むので、骨の健康維持にも欠かせません。カリウムが不足しますと、むくみや高血圧の原因になるともいわれているので積極的に取り入れたいですね。

マグネシウムや、鉄、リンなどのミネラルも豊富です。栄養満点の野菜なので、毎日の食生活に積極的に取り入れていきたいですね。

壬生菜を使った人気レシピ3選

オクラと壬生菜のおひたし

壬生菜とほうれんそう、オクラを和えた、それぞれの食感を楽しめるおひたしです。

壬生菜とんほうれんそうは先に茹でて水に浸し、しっかりと水気をしぼって食べやすい大きさに切っておきます。オクラは塩揉みをしたあと茹でて、小口切りに。

青菜類とオクラをボウルに入れて、めんつゆ、みりんを加え、粘りが出るまで和えましょう。好みの味に調味をしたらできあがり!

青菜は束によって多かったり少なかったりするので、味はみながら味を整えたほうがおいしく仕上がりますよ。

壬生菜のお漬物

ビニール袋で簡単にできる壬生菜の浅漬けのレシピです。

ビニール袋に材料を入れ、丸一日冷蔵庫に入れておくだけで完成する簡単なレシピ。切らずにタッパーなどで保存して、食べる直前に切るのがコツだそうです。細かく刻んでごはんに混ぜた菜めしもおいしそう!

壬生菜のふわふわ小鉢

まずは人参はスライサーで細切りにして、湯がいておきます。壬生菜は熱湯でサッと茹で、小さめにカットして水気を切ってください。また、豆腐の水気も同じく切っておきましょう。

砂糖、しょう油、すりごま、塩を小鉢で合わせたら、調味料は完成。

具材をすべてボウルに入れたら、調味料を入れて混ぜ合わせればできあがり!

お豆腐は、手でつぶしてからボウルに入れると調味料とよくなじみます。ふわふわとした食感が楽しい一品ですよ。

壬生菜の栽培方法と旬の時期

壬生菜の栽培方法と、旬の時期についてご紹介します。旬を知ることで、一番おいしい時期に食べることができますね。お庭やベランダでの家庭栽培にもぜひチャレンジしてください。ほしい分だけ収穫できるので、家庭菜園にもぴったりです。

壬生菜の栽培方法

壬生菜は種をまいてから約2ヶ月~3ヶ月で収穫できます。種まきの時期は、高冷地で7月上旬~8月上旬。中間地で8月中旬から10月中旬。暖地で9月上旬~10月下旬となっています。

夏は害虫が多く発生する時期なので、虫害が落ち着く9月に入ってからの方が育てやすいかもしれません。耐寒性も耐暑性もあります。日当たりの良い場所で育ててあげてください。壬生菜は虫がつきやすい植物ですので、寒冷紗などをかけてあげるのもいいですね。

壬生菜の旬の時期

壬生菜は草丈が25センチ以上になったら収穫できるので、ほしい分だけ切り取っていくことができます。株ごとの収穫は12月~2月にかけてが旬の時期となり、1月にピークを迎えます。冬の時期が旬なのでお鍋にピッタリですね!

おわりに

いかがでしたでしたか。栄養豊富な壬生菜の魅力に気づいていただけたでしょうか。味もよく、色々な料理に使える壬生菜を見かけたら手に取ってみてください。プランターなどでも育てやすい野菜ですので、家庭菜園にもぜひチャレンジしてみてくださいね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

うなぎ まとめ レシピ

食欲を奪う夏の救世主といえば、そう「うなぎ」です。でも高くて手が出ない……なんてお悩みの方は身近食材を使って、うなぎを代用しちゃいましょう♩今回は、なんちゃってうなぎのレシピをご紹介します。作り方もとっても簡…

カクテル レシピ まとめ

チンザノはフレーバーワインの一種で、香草やスパイスを配合した「ベルモット」の中の1つです。今回は、存在は知りつつ試したことがないという方のために、チンザノの種類、飲み方、カクテルレシピをまとめてみました。

スイーツ ケーキ フランス レシピ まとめ

シブーストって聞き慣れない言葉ですよね?名前は知らなくても、じつは口にしたことがあるという方もいらっしゃるかもしれません。シブーストとは何か、そしてシブーストの基本レシピからアレンジまで、たくさんご紹介します。

カレー レシピ

愛くるしい風貌で好かれるパンダ。そんなパンダをモチーフにした「パンダカレー」を知っていますか?とってもかわいい上に意外と簡単に作れることから話題になったんです。今回は「パンダカレー」の作り方とアレンジレシピを…

レシピ まとめ

鮭でいただくムニエルはおいしいですよね♩カリッとジューシーな仕上がりにリピートする人も多いはず。ですが、ソースの種類がマンネリになってしまう危険も!今回は基本のムニエルレシピから、ソースのアレンジに注目したレ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

日本酒 まとめ

「日本酒は飲んだことがあるけれど、自分で日本酒を買うにはどのような日本酒を飲めばいいかわからない」という方や「目上の方におすすめしてもらう日本酒はちょっと予算が高い」という方に、お酒のプロが選ぶ1,500円以…

まとめ

気付けば冷蔵庫の中がばらばら…あの食材どこに行ったかな?これ、いつ買ったものだろう…そんな経験はありませんか?そういう時におすすめの、収納のアイデアをご紹介します。冷蔵庫の整理整頓で悩んだらぜひ読んでみてくだ…

とうもろこし まとめ

食用利用されることが多い食材「野菜」。実は世の中には観賞用として栽培される品種もあるんです!今回は、そんな目で見て楽しむための一風変わった野菜をご紹介。味にクセあって食用には適さないものも、インテリアとして…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

五反田 専門店 ハンバーグ ワイン ランチ

東京・五反田にある石焼ハンバーグ「Groun’B(グランビー)」は、あの大手焼肉チェーン「牛角」を手がけるレインズインターナショナルが2014年4月にオープンさせたハンバーグ専門店だ。牛角で培った肉の仕入れと…

おしゃれ レシピ たまご

割るとトロッと出てくる黄身がたまらない「スパニッシュフライドエッグ」。おしゃれだし、作るのは難しいと思っていませんか?いえいえ、簡単に3ステップで完成しちゃうんです!なんにでも合うのでマスターしとけば料理の幅…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...

ページTOPに戻る