ローディング中

Loading...

北欧やユーラシア大陸の寒い地域に生育している「コケモモ」。赤く可愛らしい小さな実をつけます。とても栄養価の高いコケモモは肥満防止や美容にも効果があり、北欧ではジャムにして食べられているのです。今回はそんなコケモモの魅力に迫りたいと思います。

コケモモとは?

コケモモとは、主にユーラシア大陸や北アメリカなどの森林に生育する、ツツジ科の低木になる赤い小さな果実です。北欧に住む人たちにとっては身近な食材であるコケモモは、ジャムやソースにして食べるのが一般的。郷土料理のクロップカーカ、ピッテパルト、ソーセージやロールキャベツの付け合わせに使用されるなど、毎日の食卓メニューには欠かせない食品です。

また、コケモモからの改良種で「リンゴンベリー」や「カウベリー」といった果実があります。日本名ではコケモモですが、日本で自生しているものとは別の物です。酸味が強くそのままでは食べづらいため、甘く煮てパンケーキや肉料理の付け合わせに使われます。

シャーベットやジュースにしても爽やかな甘さでおいしく、デザートにもピッタリです。

コケモモとクランベリーの違い

コケモモはクランべリーと形や味がよく似ているので間違われやすいのですが、花の色もコケモモは白、クランベリーはピンクであり、果実の大きさも多少違います。コケモモと同じような果樹として分類されるのは、ビルベリー、ブルーベリー、ハックルベリーなど。
 
クランべリ―は日本名でオオミツルコケモモ。アメリカ北東の湿地帯に多く自生している低木の果実で、アメリカとカナダでの栽培が盛んです。コケモモと同じようにに酸味が強い果実のため、生で食べるよりもジャムやソース、果実酒、ケーキなどに使用されることがほとんどです。

クリスマス料理に七面鳥を焼きますが、そこにクランベリーソースを付け合わせるスタイルは定番です。

コケモモの味と特徴は?

コケモモは日本では北海道から九州までの高山地域の針葉樹林帯に自生しています。1cm弱の小さな果実は熟すと赤色の可愛らしい見た目になります。

酸味が強いのが特徴で、味・食感ともに酸っぱいりんごに似ています。そのまま食べてもいいのですが、多くの人にとっては酸っぱくて食べづらいと感じられるはず。甘くしてジャムにするとよいでしょう。とても爽やかな味わいになり、トーストやヨーグルトにかけて食べるのがおすすめです。

北欧ではお馴染みのリンゴンベリージャム

北欧家具を取り扱うIKEAのフードメニューで一躍有名となったリンゴンベリージャム。ミートボールのソースとして使われています。皆さんも、食べたことはなくても名前だけなら聞いたことがあるのではないでしょうか。

コケモモの改良種であるリンゴンベリーは、スカンジナビア料理ではジャムやソースとしてひんぱんに使用われる、暮らしに欠かせないものです。ここからはリンゴンべリー(コケモモ)ジャムの簡単な作り方をご紹介します。

リンゴンベリージャムとは?

リンゴンベリー(コケモモ)は保存が容易なため、ジャムにされるのが一般的です。栄養素も高くビタミンCが豊富なため多くの料理に使用されます。ブラッドソーセージやロールキャベツ、クロップカーカ、ピーテパルトなどのお肉料理と相性がよく、付け合わせとして添えられることが多くあります。北欧の伝統料理には欠かせない存在といえるでしょう。

また、北欧でもよく食べられるオートミールには、砂糖のシロップやシナモンと共にリンゴンベリージャムが用意されるそうです。最高品質のリンゴンベリーは生のままでも食べることができます。ジャムにする際も加熱せず、砂糖と生のリンゴンベリーを混ぜるだけのシンプルなものも存在します。

コケモモのジャムの作り方

コケモモ・リンゴンベリーのどちらかが手に入ったらぜひジャムを手作りしてみましょう。とくに面倒な下処理もいらず、砂糖とレモン汁だけで手軽に作れますよ。
定番のイチゴやリンゴのジャムよりも酸味がきいていて、とても爽やかな味わいが楽しめます。パンやケーキ以外にもお肉料理や揚げ物料理とも相性が良いため、レシピの幅が広がります。いつものお料理に添えるだけで、あっという間におもてなし料理に大変身!ぜひ試してみてくださいね。

コケモモを栽培するには

北欧など寒い地域で自生しているコケモモは土壌と水やりに注意を払えば日本各地でも栽培できます。

その際は酸性の土に植え付けることがポイント。また、寒さに強い反面、夏の暑さには非常に弱いため、風通しと水はけをよくしましょう。

時期としては12~3月に苗を地植え・鉢植えにするのがおすすめです。地植えの場合は富士砂や桐生砂など水はけのよい土を混ぜ込んでおくとこと。鉢植えはピートモスやベリー専用の培養土を使用しましょう。

土が乾いていたらたっぷりとお水を与えます。特に夏は土がすぐに乾燥してしまうので、朝と夕方の2回与えてください。

痩せた土地でも育ちやすいコケモモは、肥料もそこまで必要ありません。春と秋の年に2回ほど、液体肥料を与えるだけで十分元気に育ちます。

おわりに

いかがでしたでしょうか。普段なかなか見かけることの少ないコケモモでしたが、お料理の幅を広げるためにもジャムを取り入れたり、手作りしてみたいですよね!憧れの北欧ライフスタイルに近づくためには、この「コケモモ」は要チェックな果物ですよ!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

ドイツ まとめ お土産 バウムクーヘン おしゃれ スイーツ

マーガレットの花をかたどった「マルガレーテンクーヘン」は、ドイツの伝統的レシピで作られている「ホレンディッシェ・カカオシュトゥーベ」の絶品バウムクーヘンです。手土産や記念日のお祝いにも最適なひと品ですよ。その…

スイーツ チーズケーキ 北海道

もうすぐやってくる節分に合わせてルタオから「節分スイーツBOX」が新発売されます。定番のチーズケーキから、鬼の表情が印象的なスイーツまで入った今回のスイーツBOX。家族みんなで食べれば幸福を家に呼び込むこと間…

ホワイトデー スイーツ ホテル ハイブリッドスイーツ

セルリアンタワーから期間限定で2017年のホワイトデーコレクションが登場!ホテルのシェフがこだわった春の訪れを感じるようなパステルカラーのスイーツが勢ぞろい♩女の子なら思わず目がハートになってしまうスイーツの…

レシピ 大根

ゆずの香りが食欲をそそる、「ゆず味噌ふろふき大根」のレシピをご紹介します。お出汁がじゅわっと大根から染み出してくるので、温かい日にはぴったりです♩ゆず味噌は自宅で簡単に作れる上においしいので、おすすめですよ!

ホテル スイーツ

セルリアンタワー東急ホテルから数量限定で日本の伝統工芸とチョコレートとのコラボレーションした「バレンタイン伝統工芸シリーズ」が今年も登場します。今年のテーマは、和の心。お世話になった目上の方へのプレゼントに最…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

プリン スイーツ レシピ まとめ

プールいっぱいにプリンやゼリーを作ってみたい!と思ったことないですか?プールは無理だけど、お腹いっぱいたっぷりプリンを食べたい!という願いがついに叶うかも!?おなかいっぱい土鍋プリンレシピ、集めてみました!ひ…

レシピ まとめ サラダ

キャロットラペとはニンジンを千切りにしたサラダのことです。サラダバーやビュッフェでよく見かけますが、おうちで作る機会は少ないという人も多いかも知れませんね。でも実はアレンジ力抜群の優秀な子なんですよ♪

豆腐料理 アレンジレシピ まとめ

この1品でメインにもなるボリューミーな厚揚げステーキのアレンジレシピです!低コストで節約料理にも最適な厚揚げステーキが豪華になるレシピをご紹介します☆

お弁当 レシピ まとめ ハンバーグ

一見ドーナツ?と思いきや実はハンバーグ♪というドーナツハンバーグを作っている方々がおられましたよ!かわいいしお弁当に入れるのにもぴったり。そんな愛らしいドーナツハンバーグのレシピを今日はご紹介して行きますね。

ワイン レシピ まとめ

アヒージョとは、スペイン語で「ニンニク風味」を意味します。オリーブオイルとにんにくで煮込んだものでワインにも合う一品だとか。アヒージョのレシピを国内外から探してきてみました☆お酒が好きな方もそうでもない方も♪…

レシピ お弁当 チーズ まとめ

食卓の一品やお弁当の具材、おつまみやおやつにも役立つチーズインおかずの紹介です。ボリュームのあるものからヘルシーなものまでレパートリー豊富!チーズを入れる料理がマンネリ化してしまっている方はぜひレシピを参考に…

レシピ まとめ

ホームパーティーのメニューって、何を作ったら良いのかと、意外と悩む方が多いんだそうです。そこで、ここではそんなホームパーティーにおすすめのレシピの中でも、梅雨の時期に最適なレシピをいくつかまとめてみました!

レシピ まとめ

タモリさんと言えば、「笑っていいとも」を長年帯番組として司会を務め、ギネスブックに記録を残すほどのすごい人ですが、お料理の腕も絶品。さてそんなタモリさんのレシピを再現している方がやっぱりたくさんいらっしゃるみ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

女性利用者国内No.1グルメニュースサイト「macaroni」で、一緒に料理動画をつくりませんか?現在macaroniでは、日々料理動画の制作に取り組んでいます。そこで今回は実際に料理を作ってくれるスタッフを…

神戸 ソーセージ

タントピアットで話題の「えびソーセージ」。なんとこのえびソーセージには贅沢にえびが8~10匹がぎっしり詰まっているというから驚き!えびの大きな魅力である独特のプリプリっとした食感がたまらなく、口いっぱいに広が…

フルーツ まとめ

これから冬にかけてまさにりんごの季節になりますが、りんごは皮をむくと中身の色が変わってしまいますよね。それを防ぐ方法はあるんでしょうか?りんごの効能などと共に紹介しますね。塩水につけるのが定番かと思っていまし…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...