ローディング中

Loading...

サルディーニャ語で「腐ったチーズ」を意味する「カース・マルツゥ」。羊の乳から作られる高級チーズですが、なんとウジ虫を使って作られるという驚愕の事実!ただその味は絶品のようです!今でも販売されているのか、気になるあなただけ詳しくご紹介します。

カース・マルツゥとは?

サルディーニャ語で「腐ったチーズ」の異名を持つカース・マルツゥ。ネットでは「絶対に検索してはいけない言葉」に入るほど、ショッキングなチーズなのです。グロテスクなものや虫が苦手なひとは、この先を読み進めないほうが良いかもしれません。覚悟はいいですか?

この「カース・マルツゥ」を発酵させるのは、なんと「ウジ虫」なんです!虫の中でももっとも汚く、嫌われる虫のひとつ……。チーズを切った瞬間、ウジ虫が飛び出る様子には言葉を失います。もちろんチーズの断面にもウジャウジャと無数のウジ虫がうごめいています。

今ではその危険さゆえ、販売が禁止になったものの、あんまりおいしいからこっそり食べている人々もいるのです。にわかには信じがたいですよね。ちょっと驚きですが、世界には色々な珍味があることがこのことからもわかるというものでしょう。

カース・マルツゥの作り方

もともとは普通のペコリーノサルドというチーズなのですが、熟成の過程でチーズバエの1種ピオフィラ・カゼイが登場します。このチーズバエが卵を産み付けたペコリーノサルドは、3カ月ほど放置されます。卵から孵化したウジ虫がチーズを食べて消化すると、チーズの発酵、脂肪の分解が促進され、口の中でとけてなくなってしまう様なトロトロ食感に仕上がるのです。

チーズバエの幼虫による発酵は、通常の発酵では考えられないほどのハイペースで進みます。幼虫の大きさは8ミリ程度。カース・マルツゥを食べる時に感じるほろ苦さは、幼虫の体液によるものらしいです。舌の上でとろける食感、ゴルゴンゾーラのような個性的な匂い、知る人ぞ知るカース・マルツゥの完成です。

このチーズバエの幼虫は、身体に何かが触れると、最高15㎝ほど飛び上がる性質の持ち主。チーズを切ったときにウジ虫が飛び出るのは、この性質によるものだったんですね!食べる時は目に入らないように気をつける必要があるそうですよ。

カース・マルツゥの味と食べ方

高級珍味カース・マルツゥの食べ方をご紹介します。

熟成を通り越して腐敗に近いトロントロン食感にしあがったカース・マルツゥは、赤ワインと一番相性がよいそうです。地元ではサルディーニャのパンと、カンノナウという強い赤ワインと共に食べるのが一般的。クリーミーなチーズ、重厚な赤ワインのコンビネーションの良さはよく聞きますが、ウジ虫入りチーズとなるとハードルがかなり上がりますよね。

幼虫を取りはらって食べる人もいるようですが、中には幼虫ごと食べる強者も地元には多くいるようです。小さな幼虫なのでひとつひとつ取り除いてから食べるのは至難の技なので、知らないうちに食べてそうですね。強いワインと共に食べられるのは、アルコール消毒の意味も含まれているのかも知れません……。

販売が禁止されたカースマルツゥ

今ではその危険さゆえ、販売が禁止されているカース・マルツゥ。ひとつ目の理由は、発酵を通り越した腐敗状態のチーズを食べる危険性。ふたつ目は、食べた者が重篤なアレルギー症状を引き起こすことがあるため。みっつ目は、チーズとともに食べたウジ虫が稀に胃を通り越して、腸内に寄生もしくは腸壁を破いてしまうから。どれも恐ろしい理由ですね。

以上の理由から、イタリアではカース・マルツゥの販売を禁止しました。腸内に幼虫が寄生したらどうなるか。重い病気を引き起こすことはあまりないそうですが、腹痛や吐き気などの原因になる場合があるそうです。

どうしても興味がある方は?

ここまで聞いてどうしてもカース・マルツゥに興味を持ってしまったあなたは、思い切ってイタリア・サルディーニャ地方を訪ねてみてはいかがですか。イタリア政府によって禁止されているカース・マルツゥの製造・販売。実は地元サルディーニャ地方では、昔からの歴史と文化が育んだチーズとでも言わんばかりに、禁止令があまり守られていないのが現実です。

さらにこのウジ虫チーズ、もともとのペコリーノサルドのおよそ3倍の高値で取引されているそうです。正規の市場では目にすることがないかも知れませんが、闇市も昼間に普通に発見できるのがサルディーニャ地方の面白いところ。

地元の人たちはおいしいチーズを食べるように口に運びますが、その危険性を口に含む際は、ぜひ自己責任で味わいましょう!食べるまでは勇気が出なくても、世にも危険なチーズにお目にかかえただけでも貴重な経験になるはずです。

世界のグロテスクな食べ物

ウジ虫チーズのカース・マルツゥだけでなく、世の中には人間の想像を超えるような食べ物が探せばあるものです。たとえば孵化する寸前のアヒルの卵、アザラシのおなかで長期間熟成させるウミスズメ。日本国内で古くから食べられる保存食・イナゴの佃煮も、国と人によっては信じられないと思われる食べ物かも知れませんね。気持ち悪いの一言では片づけられない理由や歴史があるのかもしれませんが、食べるにはとても勇気がいることは想像ができます。

「カース・マルツゥ」、食べたくなった?

高級珍味の腐ったチーズ、カース・マルツゥ。どこで、どうやって作られるのかなどについてご紹介しました。ウジ虫がおいしく食べてるものが、人にとってマズイはずがない!という発想をもとに、地元の人たちに愛されるカース・マルツゥ。どんな味わいなのか、想像だけでも楽しんでみませんか。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

かぼちゃ チーズ レシピ ケーキ サラダ まとめ

甘みが特徴のかぼちゃ、塩気のあるチーズの相性は抜群です。定番のかぼちゃサラダやチーズ焼き、デザートにはかぼちゃチーズケーキなど人気レシピをご紹介。大人から子供まで喜ぶレシピが目白押し!黄色のカラーでテーブルが…

冷やし中華 冷麺 関西

「冷やし中華はじめました」の張り紙が目立ち始める季節。なんと、関西では「冷やし中華」を別の名で呼んでいるんだとか!macaroni編集部内の西日本出身者にインタビューしてみました。あなたの地域では何と呼んでい…

カレー

カレーに入れる人参の切り方は千差万別です。好みのよるもので正解というものはないのかもしれません。レシピによって切り方も様々。人参の切り方一つで、カレーの味も変わってくるかもしれませんね。今回は、切り方による違…

チーズ お弁当 レシピ おつまみ まとめ

今回は、しいたけ&チーズを使ったレシピをご紹介します。定番のチーズ焼きを始め、意外なアレンジを加えたレシピまでまとめてみました。レパートリーを広げてくれること間違いなしの絶品レシピたちを、ぜひ参考にしてみてく…

炭酸水で炊飯すると、ご飯の食感が激変!水で炊くよりも、ふっくらモチモチ食感にしあがるんです。秘密は、しゅわしゅわ弾ける炭酸水の泡。実際に炊いて食べてみました。味の感想と一緒に、おいしい炊き方をご紹介します♩

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

定食 まとめ

サッカー日本代表GK・川島選手もよく通っていたという中浦和の大衆食事処「楽亭」が地元民に人気♪何が凄いってそのメニューの種類。150を超える程というからかなりのもん(笑)でもボリューム満点で美味しいって創業か…

おしゃれ ランチ パン まとめ

Instagramで大人気!おしゃれですごくおいしそうな食事のphotoをアップして女性から圧倒的な支持を受けているmiku_colorsさん。今回はそんな彼女の素敵レシピをご紹介します。あなたも真似してゼヒ…

スムージー オレンジ まとめ

スムージーとフレッシュジュースの専門店「FICO & POMUM JUICE (フィコ・アンド・ポム ム ジュース)」に、5月で限定「ダブルリッチオレンジ」が発売開始!

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

まとめ マグカップ

TBSドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』、先日惜しまれつつ最終回を迎えましたが、その最終回に、主演の2人にピッタリの「なかよしペアマグカップ」が登場したのを知っていますか?逃げ恥ロスになりそうなあなたは、このマ…

金沢 お土産

今年の漢字が「金」となったいま、「金」にあやかりたい!そんなあなたには体の中に運をチャージできそうな最強スイーツをご紹介。その名も懐華樓の「黄金ぜんざい」です。加賀百万石の金沢ならでは。最強金箔グルメをチェッ…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...

ページTOPに戻る