ローディング中

Loading...

脂ののった「ぶり」は日本人の大好物。ぶり大根やぶりの照り焼き、ぶりしゃぶ、刺身など定番の料理に欠かせない魚です。じつはこのぶり、意外な秘密があったのです。今日は、そんなぶりについて、ちょっと詳しくなれるお話をしましょう。

ぶりは名前が変わる出世魚

ぶりは出世魚としてもとても有名ですが、みなさん、そもそもなぜ出世魚と言うかご存知ですか?出世魚とは、稚魚から成魚になるまでの間に、成長に応じて次々と名前が変わっていく魚のことをいいます。

では、どうして次々と名前を変えていく必要があるのでしょうか?俗に出世魚と呼ばれる魚は、成長の仕方が極端なのです。ぶりに至っては、なんと大きさが倍以上に成長します。魚を調理したりさばくときに、大きさが全然違うのに名前が一緒だと紛らわしい、という理由で名前を変えていくことにした、という説があります。

同じ魚でも、大きさが違うと料理をするときの用途も変わってきます。そこで、名前を聞いただけでわかりやすく判別できるようにした、ということですね。

また、江戸時代まで、武士や学者は元服の時や出世に伴って名前を変えていく習慣がありました。そこで、「成長につれて名前が変わる魚」ということで、その習慣になぞらえ出世魚と呼ばれるようになったのです。それゆえ、出世魚は縁起がいい魚とされ、門出やおめでたい席のお料理に好んで使われています。ぶりの他にはスズキやボラ、イワシが代表的な出世魚です。

ぶりとカンパチの違い

ぶりとよく似ている魚にカンパチがあります。中には、カンパチってぶりの別名なんでしょ?なんて言う方もいるようです。いえいえちょっと待ってください。ぶりとカンパチはまったく違う魚なんですよ。どちらもアジ科ブリ属の魚ではありますが、比べてみると違いがたくさんあるんです。

まず、見た目。カンパチの方がぶりに比べて丸顔で、全体的に黄色っぽい色をしています。さらに、生息地も違います。ぶりは太平洋に生息している回遊魚なので、季節によって生息している場所が変わります。それにひきかえカンパチは熱帯から温帯の海域にかけて生息しています。

さばいた時の身の色も、ぶりが白色なのに対して、カンパチは金色っぽい銀色をしています。刺身にして見ると、カンパチはぶりよりも身が平たいため同じ切り方をしても三角形になります。

また、刺身にして4時間から5時間たつと、ぶりは血合の部分から黒っぽい変色が見られるのですが、カンパチは24時間経過しても変化はあまり見られないのです。そのため、仕出し弁当の刺身や持ち帰り用のお寿司、色が変色しやすくなる夏場の刺身料理には、あまりぶりは使われず、主にカンパチが使われることが多いです。

地方によって出世魚の名前が違う

ぶりは出世魚なので、成長につれて呼び名がどんどん変わっていくのですが、その呼び名も地方によって違うということをご存知でしたか?たいていの出世魚は地方によって呼び名が違っては来るのですが、こと、ぶりに関しては同じ出世魚であるスズキやボラと比べても群を抜いて地方によって呼び名の変化が大きいと言われています。

ぶりの出世の順番

ぶりという名前になるまでは、名前が少なくとも4回変わります。一般的に

・35cm以下の稚魚
・35cm~60cmのもの
・60cm~80cmのもの

この3段階で名前が変化し、そうして80cm以上のもの、もしくは地方によっては80cm以下であっても重さが8kg以上あるもので、ようやく最終的に「ぶり」という名前にたどりつくのです。成長にあわせた名前の呼び方ですが、地方によって大きく異なりますので、次の項で詳しくご紹介したいと思います。

関東地方

まずは、関東地方の名前の変わり方からご紹介しましょう。

モジャコ(稚魚)→ワカシ(35cm以下)→イナダ(35~60cm)→ワラサ(60cm~80cm)→ぶり

と、ぶりに到達するまで4回名前が変わるのです。

関西地方

続いて関西地方の名前の変わり方です。

モジャコ(稚魚)→ワカナ(35cm以下)→ツバス、ヤズ(35cm~60cm)→ハマチ(35cm~60cm)→メジロ(4kg以上)→ぶり

ここで、聞きなじみのある方も多い「ハマチ」という言葉がでてきますね。回転寿司などのネタで使われているハマチは、大きさにかかわらず養殖のぶりのことを指しているそうです。そして、今やハマチの呼び名は、その養殖もののぶりを指すことが一般的となっているようです。

北陸地方

続いて北陸地方の呼び名の変わり方をご紹介しましょう。

モジャコ(稚魚)→コズクラ(35cm以下)→フクラギ(35~60cm)→ガンド(60cm~80cm)→ぶり 

となります。代表的な3つをご紹介いたしましたが、実はぶりの呼び名は東北地方、下北地方、山陰地方、広島県と山口県および四国、九州でもそれぞれ呼び名が違ってくるのです。
面白いのが富山県。富山県だけはなぜか独自の名前の変わり方があるようです。他の出世魚が関東と関西、東北くらいでしか違いがないのに対してぶりだけが非常に細かく呼び名が違ってくるのです。それだけ、日本人になじみの深い魚ということなのでしょう。

ぶりのようにグングン成長しよう!

脂がのってとってもおいしい、ぶり。和食には欠かせないお魚ですが、ぶりに至るまでさまざまな名前をたどって成長するのですから驚きですね。お子さんの進級や進学や、大人の就職、転職などの門出の日には是非ぶりを食べて大きな成長を祈願しましょう!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

サラダ

今や食卓に欠かせない存在のサラダ。サラダは英語だと思っている方が多いのではないでしょうか。実は英語ではないんです。サラダ味やポテトサラダなど、幅広く使われるサラダの由来についても交えながら、サラダに関する豆知…

色鮮やかな赤色が美しいイチゴ。甘酸っぱいおいしさに夢中になっている人も多いのではないでしょうか?そんなイチゴがお腹いっぱい食べられるイチゴ狩り、時期的にはいつ頃行くのがおすすめなのか知っていますか?イチゴ狩り…

ししゃもを焼くとき、どのようにして焼いていますか?ほとんどの方がグリルで焼いているかと思いますが、実はフライパンでもおいしく焼くことができるのです。今回は、その焼き方をお教えします。アレンジレシピも紹介するの…

レシピ お弁当

そぼろというと、お肉で作るもの……という印象が強いかもしれませんが、実は鯖そぼろもおいしいんです。ヘルシーで栄養価も高い鯖そぼろは、栗原はるみさんもおすすめのひと品です。作り方も簡…

おつまみ

魚のみりん漬けは、甘い風味が全体に染み渡りおいしいですね。でも、市販のものはちょっと味が濃かったり、甘みが強かったりします。そんな時は、自家製みりん漬けを作りませんか?甘さ控えめ、着色料ナシで安心の一品です。

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

日本酒 チーズ おつまみ まとめ

日本酒とチーズって実は相性抜群なんです。定番のおつまみや各種料理との相性もバッチリな日本酒ですが、今回は新しくて美味しい組み合わせ「日本酒×チーズ」の楽しみ方をご紹介します。

フルーツ ドリンク まとめ

妊娠中の辛いつわり…人によって全然その加減は違うそうですが、実際に辛いつわりを経験した人たちが、そんなつわり中に「これを食べて楽になった!」という食べ物を理由付きで7つご紹介します♪是非、現在つ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

女性利用者国内No.1グルメニュースサイト「macaroni」で、一緒に料理動画をつくりませんか?現在macaroniでは、日々料理動画の制作に取り組んでいます。そこで今回は実際に料理を作ってくれるスタッフを…

キャンディー おしゃれ

ねこ好きにはたまらない「ねことあめ」。2016年6月に発売されたキャンディで、動物写真家・岩合光昭さんが撮影したねこたちが袋にプリントされています。ネットでもすでに話題沸騰中なのだとか!今回はそんな「ねことあ…

コーヒー カフェ

コーヒーをおいしく楽しむための知識やテクニックを紹介する連載第1回。「コーヒー」は、本当は苦味だけでなくフルーティーな酸味を楽しめる飲み物だと知っていましたか?知っているようで意外と知らないコーヒーの基礎知識…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...