ローディング中

Loading...

種類やメーカーさんによっては、年中販売されている甘酒。アルコール分ってどうなんだろうと気になったことのある人、いませんか?ここでは、甘酒のアルコールに関して、また飲むときの注意点を詳しくまとめました。

甘酒のアルコール分って?

甘酒は、そのイメージと違ってアルコール分が大変少ないお酒です。甘酒のアルコール分は1%未満。分類は酒類ではなく、普通の飲み物、つまり清涼飲料水です。アルコールを含むものと含まないものがあります。ただし、1%未満とはいえ、アルコールに弱い方などは飲む際によく注意してください。

甘酒と間違われる中国由来のお酒である白酒は、アルコール分が約8%といわれています。バイチューといわれる白酒は、お酒表示があり、酒類扱い。間違えないように気をつけましょう。

甘酒は、缶や四角いびんに入っていることが多く、白酒は下が丸く、丸底フラスコに似た形をしている容器に入っていることが多いです。このように甘酒はアルコール分が少ないですが、かといって飲み過ぎは厳禁。特にカロリーが高い飲料なので、ダイエット中には注意しておきましょう。

甘酒の種類とアルコール量

甘酒の種類は材料によって2種類にわけられます。酒粕と米麹どちらが原料かによってアルコール量が変化します。

酒粕を使用した場合、微量ではありますが、アルコール分が含まれます。酒粕は日本酒などの清酒をつくるとき、お酒の素である酵母、酒母を加えてから発酵しているんです。発酵させたものを絞ることで、酒粕とお酒に分けられます。酒母は乳酸をたくさん含み糖を分解し、アルコールにかえる役割をもつため、若干のアルコール分が酒粕に残るのです。

その酒粕を使っているので、酒粕の甘酒はアルコールが含まれることになります。米麹でつくられる甘酒は、かみ砕いていえば、おかゆに麹菌を投入すればできます。だからノンアルコール。ノンアルコールの甘酒は、米麹を使ったものなのです。

酒粕(1%未満)

日本酒をつくるときの残りにできるのが酒粕です。酒粕を使用した甘酒の場合だと、酒粕自体におよそ8%のアルコールが含まれることになります。呼気1リットルあたりのアルコール量0.15mgから飲酒運転とみなされますが、甘酒90mlで約0.8mgのアルコールを検出したとのデータもありますので、気をつけなければなりません。酒粕は砂糖で味付けしてありますので、糖質が高いです。

米麹(0%)

米麹にはアルコールは含まれていないので、0%です。伝統的な甘酒は米麹とお米を熟成発酵してつくられます。甘酒ダイエットに向いているのはこちらのタイプの甘酒です。
米麹の甘みがブドウ糖なので、効率よくエネルギーチャージができるでしょう。その理由から、飲む点滴とも呼ばれることもあるんです。

甘酒を飲んだら授乳に影響はある?

酒粕の甘酒を飲まなければ問題はありません。アルコール分0の米麹の甘酒は積極的に飲んでいいでしょう。お酒が飲めないときにお酒気分を少しでも味わるはずです。

また、甘酒は食物繊維やビタミンBなどが豊富。便通の改善や疲労回復、皮膚や髪の毛の再生などさまざまな健康効果を持っています。髪がたくさん抜けたり、疲れがたまりやすい産後にもオススメ。気持ちを安定させる効果も期待できるので、少し寂しいときやイライラ解消にももってこいですよ。

卒乳、断乳後は太りやすいといわれていますが、甘酒は100gあたり81kcal。甘酒を活用すれば、キレイに産後ダイエットもできるでしょう。

甘酒を飲むときの注意点

甘酒を飲むときに気をつけたい注意点は2つあります。「甘酒を飲みすぎない」ことと「加熱しすぎない」ことです。特に加熱し過ぎると甘酒ならではの風味や味わいがなくなってしまいます。また、加熱し過ぎることで、アルコール分も飛びやすくなり、アルコールの楽しさもなくなっていきます。そのため、甘酒は冷やして飲むのがおすすめですが、温める際にもほどほどにしておきましょう。

飲みすぎは良くない

1%以下とはいえ、甘酒も酒粕を使用したものはアルコール分が含まれているので、飲み過ぎは良くありません。100gあたりの甘酒に含まれる炭水化物は18.3g、脂質は0.1gと合計で18.4gです。炭水化物の量は100gあたりのコーン缶、オイスターソースと同じ。脂質は、100gあたりのフルーツジャムや脱脂粉乳の量に匹敵します。

1日1杯程度なら全然問題はありませんが、たくさん飲み過ぎると糖や脂肪の摂りすぎになりますので、注意しましょう。

温めすぎないで

甘酒には、ビタミンB1・2・6らのビタミンB群が含まれています。ビタミンB群は水溶性ビタミンと呼ばれ、熱に弱いので、温めすぎるとなくなってしまう場合があるのです。甘酒でビタミンB群が含まれているのは、麹菌の「糖化酵素」と呼ばれる酵素。加熱しすぎるとその酵素まで失ってしまうのです。

甘酒の加熱しすぎを心配する声があがり、熱処理をしない「生」甘酒に注目が集まっています。生甘酒は、豆乳やカルピス、フルーツジュースで割ったりする飲み方やシャーベットやババロアに使うのがオススメです。

きちんと種類を知って甘酒を楽しもう

いかがでしたでしょうか。甘酒は、酒粕が入っていないものを選べば、妊娠中や授乳中の女性やお子さんもみんなで楽しめる飲み物です。注意点に気をつけながら甘酒をおいしくいただきましょうね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

カクテル まとめ

カンパリといえば、カンパリソーダやカンパリオレンジで知られるリキュールのこと。今回は、カンパリとは何か、またカンパリを使ったカクテルレシピを徹底的にご紹介します。赤いリキュール、カンパリの魅力に迫ります!

サラダ レシピ まとめ

シャキシャキの食感が特徴的なレンコン。その特徴をサラダで味わってみませんか?今回は、簡単に作れる人気のレンコンサラダレシピを22選ご紹介したいと思います。和えるだけや、揚げてレンコンチップスにしたものを使うな…

レシピ ハンバーグ まとめ

とってもおいしい煮込みハンバーグ。自宅で作るとき、どんな献立にすればいいか、迷うことはありませんか?もうひと品つけたしたい、栄養バランスが気になる……そんな方に、煮込みハンバーグに合うスープや副菜をレシピ付き…

レシピ 豚肉 鶏肉 まとめ

ラーメンのトッピングでおなじみのチャーシュー、甘辛のジューシーな味わいで人気です。今回は炊飯器を使った簡単豚バラチャーシューの作り方と圧力鍋・電子レンジ・醤油味・味噌味・ヘルシー鶏むね肉などバラエティ豊かな人…

レシピ まとめ

ホットプレートで作る、人気のレシピをご紹介します。ご飯メニューだけではなく、おつまみやデザートレシピも!パーティーのときだけではなく、忙しいときに使える簡単&時短レシピもあります。これを読めばホットプレートを…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

みなさんは料理名の由来をいくつ知っていますか? 例えば、「ハンバーグ」はドイツのハンブルグで誕生したことに由来していることは案外有名な話。でも、タルタルソースの「タルタル」や、最近日本にも定着してきた「エッグ…

合コン ワイン 日本酒 まとめ

忘年会や新年会が多いこの時期、上司やお偉いさんとお酒の席を共にする事も多いですよね。そんな時、社会人として絶対に覚えておきたいお酒の席でのマナーを7つ選びました。これをしっかり覚えて飲み会に望めば失敗すること…

まとめ

自分の家でキッチングッズを揃えると、ついついシンプルなものにしてしまいがちですが、出来ることならかわいいキッチンを作りたい、という人も多いと思います。そこで、かわいいキッチンを実現している海外のキッチンを見て…

和食 レシピ まとめ だし

本当は知りたいけれど今更恥ずかしくて人には聞きづらい「和食料理の基本」今回はそんな基本中の基本についてご紹介したいと思います。普段のお料理に是非役立ててくださいね^^「和食」は無形文化遺産として登録もされた日…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

美肌のためには洗顔が大切です。少し前より注目を集めているのが、シュワッとする炭酸水で洗顔する方法です。きれいに汚れを落とせる炭酸水洗顔は、さまざまな美肌効果があるといわれています。手軽にできる炭酸水洗顔をご紹…

歯ブラシはいつ交換すればよいのでしょう。替え時って迷いますよね。みなさんはどうしていますか?3週間使用した歯ブラシの毛には、100万個以上の細菌が繁殖しているんです。想像以上の数字にビックリ!また、さまざまな…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...

ページTOPに戻る