ローディング中

Loading...

自宅でワインを飲むとき、いつもコルクが上手く開けられない……そんな悩みを持っている人もいるのではないでしょうか。力任せに開けると、途中でコルクが割れてボトルの中に入ってしまうことも。そこで、ワインボトルの正しい開け方を手順に沿ってご紹介!

ワインボトルの開け方をご紹介!

毎日のように自宅でワインを飲む人も、たまにしか飲まない人も、正しいワインボトルの開け方を知っていれば今までよりも簡単に、手早くボトルを開けられますよ。

ワインと言えばコルク栓が主流ですが、最近はお手頃価格のワインだとスクリューキャップになっているボトルも増えています。記念日に高級ワインで乾杯しようと気合いを入れて準備したものの、いざとなると開け方がわからない!正しいワインボトルの開け方をマスターしておくと、こんな失敗も防ぐことができますよ。何よりしっかりとワインを開けられるようになれば、「ワイン通」も自称できます。友人から感動されることもあるでしょう。

一般的なワインボトルの開け方からスパークリングワインの開け方、ワインオープナーがないときの対処法まで、画像を交えてわかりやすくご紹介します!

コルク栓の開け方

手順1

今回は折りたたみ式のソムリエナイフ型のワインオープナーを使用します。

コルク栓のワインボトルはキャップ(フィルム)で覆われているので、まずはキャップを剥がします。ワインオープナーは利き手で持ちましょう。利き手の反対の手でボトルをしっかり支え、固定します。ボトルの首の部分、出っ張りの下にオープナーの刃を当てます。オープナーを利き手でしっかり握り、親指で動かすようにするのがポイントです。

まず半周切れ込みを入れたら、オープナーを持ちかえて残りの半周に切れ込みを入れてください。一周切れ込みが入ったらキャップを外しましょう。下から上に向かって、垂直に切れ込みを入れます。刃先を使ってそのまま持ち上げると、キャップが剥がれます。このようにワインオープナーを使えば簡単にワインが開けられますが、刃先には十分注意しておきましょう。

手順2

次はコルク栓にオープナーのスクリュー部分(らせん状になっている部分)を差します。利き手の反対の手でボトルをしっかり支えた状態で、スクリューをコルク栓の中心に軽く差し込みます。このとき、「中心に、垂直に差し込むこと」を意識してくださいね。あとはゆっくりと回しながらスクリューを差し込んでいきます。

スクリューがらせん状になっているので途中でズレたかも?と思うかもしれませんが、最初に中心を捉えていて垂直に差し込んでいれば問題ありません。スクリューを入れすぎるとコルク栓を突き破ってしまうのでご注意を!コルク片がボトルの中に落ちてしまわないよう、ゆっくり慎重に進めるのがポイントです。

手順3

スクリューを差し込んだらコルク栓を引き上げます。テコの原理を使って引き上げるのがポイントです。フックをボトルの口の部分に引っ掛けます。フックが外れないように抑えながらレバーを持ち上げてください。このとき、垂直に持ち上げるのではなく、奥に押し出すような感覚で持ち上げると簡単です。テコの原理を使ってすばやくレバーを持ち上げれば、力がいらないので女性でも簡単ですよ!

手順4

最後にコルク栓を抜きます。コルクの部分を持ってゆっくりと引き抜いていきます。コルクの質によって差がありますが、ものによっては割れやすいコルクや崩れやすいコルクもあります。優しくゆっくりと手で引き抜いてくださいね。ヴィンテージワインなど、古いものはコルクがもろくなっている場合もあるので注意が必要です。

ワインオープナーがないときの対処法

せっかくワインを買って来たのに家にワインオープナーがない!そんなときでも対処法があるのでご安心を。ワインボトルの底を壁に打ち付けると、衝撃によってコルクが自然と押し出されます!

壁に打ち付けるときは垂直に、瓶の底にあるくぼみに空気を入れるイメージで当ててください。厚めのタオルなど、クッション材になるものを用意してから行いましょう。適度な力で何度か打ち付けていくうちに、だんだんとコルクが押し出されていきます。コルクがしっかり浮いてきたら最後に手でゆっくり引き抜いてくださいね。

瓶が壊れそうで怖いイメージの手法ですが、強めに打ち付けないとコルクがなかなか浮いてきません。きちんとクッション材を使って、慎重に行うことを心がけましょう。壁を傷めないよう注意することもお忘れなく!また、ペンチを使って強引に開けることもできます。

スパークリングワインの開け方

手順1

パーティーやイベントのシーンでよく見かけるスパークリングワイン。自分で開けるときは急にコルクが飛び出す危険もあるので、手順に沿って慎重に開ける必要があります。スパークリングワインはきりっと冷えているほうが美味しく感じられるので、あらかじめ冷やしておいたほうがいいでしょう。急激な泡立ちを防ぐためにも、ワインボトルをしっかり冷やしておいてください。

種類によってはキャップが付いているものもあるので取り除きましょう。キャップを取ったらワインボトルを斜めに持ちます。ワインの液面を広くしておくと、泡の出過ぎを防ぐことができます。垂直に持っていると泡が出過ぎてせっかくのシュワシュワ感が失われ、味が落ちてしまうので気を付けてくださいね。

手順2

次にコルク栓を固定しているストッパー(ワイヤー部分)を外します。ストッパーを外した瞬間、ボトル内のガス圧に押されてコルク栓が急に飛び出してしまうことも!いつ飛び出してくるかわからないので、常に抑えながら進めていきましょう。最初は失敗してしまうこともあるかもしれませんが、何度もやっていれば次第に慣れてきます。コツとしては、コルク栓をしっかり押さえた状態でストッパーを外してくださいね。

手順3

コルク栓を抜きます。この手順は少し握力が必要なので、女性では難しいかもしれません。慣れれば簡単ですが、可能であれば男性が行ったほうが良いでしょう。利き手の反対の手の親指をコルク栓に当てます。他の指でボトルの首の部分をしっかり支えてください。この状態でゆっくりボトルを回します。回していくうちにボトル内のガス圧によってコルク栓が少しずつ浮いてきます。親指でしっかり支えていないと抜けてしまうので気を付けましょう。

手順4

コルク栓が浮いて来たら、コルクとボトルの口に隙間を作ってガスを抜いていきます。ボトルを回しながら、コルクを少しずつ傾けて隙間を作るようにしてください。隙間からガスが抜けると支えている親指がガス圧を感じなくなります。そのタイミングで完全にコルク栓を引き抜いてください。

スパークリングワインを開けるときは危険を伴うので、しっかり支えて慎重に進めることを心がけましょう。思わぬ事故を防ぐためにも、手順に沿った正しい開け方をマスターする必要があります。もしも事故が怖いならば、コルク栓に穴を開けてガスを出しておくのもおすすめです。

ワインをもっと気軽に楽しもう

いかがでしたか?ワインボトルを開けることに難しいイメージを持っている人も、慣れればコツがつかめて簡単にできるようになりますよ!自宅でちょっとしたパーティーをするときに、さっとワインボトルを開けられたらかっこいいですよね。

ワインオープナーはご紹介したソムリエナイフ型の他にもいろんな種類があります。T字型、ウィング型、スクリュープルなど、それぞれ使い方が異なっているので、自分の手に合った使いやすいものを選びましょう。お店で購入するときは店員さんに相談してみるのも良いですよ。

正しいワインボトルの開け方をマスターして、ワインをもっと気軽に楽しんでみてはいかがですか?いつもはお店でしかワインを飲まない人も、自宅でワインを楽しむ機会を作ってみるのもいいですね。簡単ですばやく、安全にワインを開けて食事の時間をもっと楽しんでくださいね!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ アレンジレシピ まとめ

淡白で繊細、美味といわれる低脂肪のヒラメ。刺し身や寿司、煮付けなどで知られているヒラメは、フランス料理でも多く用いられている魚です。今回は、そんな透き通るような白さを持つヒラメを、さらにおいしく食べられるレシ…

まとめ

あらゆる仕事をこなす主婦。その目線を基準に選び抜かれる商品は優秀品まちがいなし!主婦が大注目をしているトレンドグッズをたくさん知れば、忙しい家事も楽しい時間に早変わり。主婦の方はもちろん、未婚の方も大助かりの…

レシピ まとめ

万能ソースがあれば、アレンジがきいて「ごちそう」を演出できますよね。今回は、甘酢あんかけの基本の作り方から、活用レシピまで紹介します。お魚にも、お肉にも合い、たんぱくな素材にパンチを与えてくれるので、いつもの…

和食 レシピ まとめ

切り昆布は、昆布を細切りにして使いやすい形にしたもの。出汁をとることに使われやすい昆布ですが、切り昆布はサラダや常備菜に使える便利な食材です。今回は、切り昆布を最大限に活用できる人気のレシピをご紹介します。

まとめ

先日のスマステで紹介された「行列グルメ」が話題になっています。とんかつ専門店「成蔵」や海老フライ専門店「海老昌」など、どこも1時間以上の行列ができる人気店ばかり。いったいどんな料理を目当てに並んでいるのか、お…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

みなさんは料理名の由来をいくつ知っていますか? 例えば、「ハンバーグ」はドイツのハンブルグで誕生したことに由来していることは案外有名な話。でも、タルタルソースの「タルタル」や、最近日本にも定着してきた「エッグ…

ドリンク フルーツ ピザ まとめ

世界でも自動販売機が多いことで有名な日本ですが、そんな自販大国日本に住んでいる僕らでも、信じられないような自販機が世界にはあります。その中でも特に驚きのものをまとめてみました。

まとめ

あの芸能人も行い、実際に痩せたというダイエット方法をまとめました。美しさを保つために芸能人の方々も様々な努力をしているようですね!皆さんも参考にして始めてみてはいかがでしょうか?

まとめ

美しくほっそりした足はやはり女性の憧れ!ですよね...でもどうしたらそんな足になることができるんでしょうか?露出が増えるこれからの季節気になりますね。足を細くするのに効果がありそうな食べ物を今回は調べてご紹介…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

ハンバーグ

『旨包ボリュームリッチハンバーグ』が200名様に当たるモニターキャンペーンを「おうちごはん」内で開催中!湯煎するだけで本格リッチな味わいを楽しめるので、かわいくデコって、こどもの日をお祝いしましょう♩応募方法…

女性に最も利用されているグルメニュースサイト「macaroni」で、情報発信してみませんか?レシピやレストラン、カフェの紹介だけにとどまらず、美容系コラムからSNSで話題の食べ物など、食に関わる幅広いジャンル…

パン 東京 カフェ スイーツ パン屋

小田急線豪徳寺駅にあるパン屋「ユヌクレ(uneclef)」は行列ができるほどの人気店。パン好きのみならず、カフェ好きの人も虜にする店内の雰囲気が魅力です。品揃え豊富でどれもおいしいと評判ですよ。お目当ての商品…

学芸大学 パン パン屋 お土産

学芸大学「Panaderia TIGRE(パナデリーヤ ティグレ)」は、自然派製法にこだわった絶品ベーカリー。定番メニューも美味しいけれど、まだ皆が気づいていない美味パンを知りたくありませんか?今回は『ミルク…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...