ローディング中

Loading...

うずら豆はいんげん豆の仲間で栄養満点のお豆です。うずら豆は女性にうれしい栄養がたくさん入っていて、ミスユニバース候補者をを管理していた栄養士もアンチエイジングに効くスーパーフードと絶賛しています。栄養満点の美容食で手軽にアンチエイジング♩

うずら豆とは?

うずら豆とはどんな種類のお豆?いつから日本にあるの?

みなさんは、「うずら豆」というお豆をご存じですか?うずらの卵なら聞いたことはあるけど、お豆の存在は知らなかったという人もたくさんいるのではないでしょうか。そもそもうずら豆という名前は、皮の模様が鳥のうずらの卵に似ていることに由来しています。

うずら豆の見た目は、少し褐色がかった色に赤紫色の模様がついています。この形と色がうずらの卵に似ているところから名前がうずら豆になったんですね。

日本で本格的な栽培が始まったのは、明治時代に北海道の開拓が始まったときといわれています。アメリカ産の種が輸入され、北海道開拓の父と呼ばれるクラーク博士のいた札幌農学校で栽培が始まりました。

現在の主な産地は、北海道の十勝地方、上川地方、石狩地方です。また、東北などでも盛んにうずら豆は栽培されています。地域ごとの品種の差が大きいのも、うずら豆の特徴です。

うずら豆と金時豆の違い

うずら豆と金時豆って何が違うの?

金時豆はいんげん豆の代表的な種類で、うずら豆はいんげん豆の仲間ですが種類が違います。北海道で栽培されるいんげん豆のうち約6割が金時豆です。有名な品種は大正金時で、鮮やかな赤紫色が特徴です。金時豆は煮豆や甘納豆の原料に用いられることが多くあります。うずら豆と形は似ていますが、模様が違うんですね。

うずら豆は栄養満点のスーパーフード

みなさん、うずら豆をなめてはいけません。実は、うずら豆には栄養成分がたくさん含まれています。食べるだけで美容や健康によい効果をもたらしてくれるなんてうれしいですよね!ここからは、うずら豆が持っている特徴をいくつかご紹介します。

ビタミン、カルシウムが豊富

うずら豆にはビタミンB1、ビタミンB2が豊富に含まれています。ビタミンB1は、脳や神経のエネルギー源となり、ビタミンB2はスキントラブルを抑え肌を健康に保ってくれます。このように栄養満点なうずら豆ですが、他にも色々な栄養素を含んでいるのです。

カルシウム、鉄などミネラルが豊富

日本人に最も足りないといわれているのが、カルシウムです。うずら豆にはそのカルシウムが豊富に含まれています。また、たんぱく質も豊富に含んでいるため、タンパク質と一緒に摂取すると吸収率が倍増するカルシウムを豊富に持ったうずら豆は、カルシウムの摂取にとても優れた食材だと言えます。

さらに、世の中には貧血症状で悩んでいる女性も多いと思いますが、うずら豆は鉄分も多く含んでいます。うずら豆を食べることで症状の多少の緩和が望めます。

女性にうれしい抗酸化物質が豊富

アンチエイジングのために積極的に摂りたい抗酸化物質。その抗酸化物質がうずら豆には豊富に含まれています。ビタミンEやポリフェノール、スーパーオキシドディスムターゼといった酵素です。お肌に効果的な栄養素がつまっていて、手軽に食べることができるうずら豆。食べてきれいになるなんて…夢みたいですよね!

食物繊維が豊富

うずら豆には健康に役立つ食物繊維がたくさん含まれています。うずら豆の食物繊維を効果的に摂取するためには、甘煮などで食べることをオススメします。

うずら豆を水で煮ると長い食物繊維の鎖が短くなって、より多くの食物繊維を摂ることが可能になるんです。効果的に食物繊維を摂って、健康維持に役立てたいですね。

うずら豆の甘煮の簡単な作り方

さて、うずら豆についておおよそ理解していただいたところで、みぃー家のごはんさんのレシピ「うずら豆の甘煮」についてご紹介します。

うずら豆を水筒につけた時短テクニック満載のレシピです。水筒に熱湯を入れて、そこにうずら豆をつけておくなんて斬新!あとは鍋にかけるだけなので簡単にできますよ。手軽に栄養満点のうずら豆の甘煮が作れるなんてうれしいですね。ぜひお試しあれ。

詳しいレシピはこちら↓

うずら豆の栽培方法

うずら豆は家庭菜園でどうやって育てるの?

プランターでも育てることができるうずら豆は、比較的育てやすいつるなしタイプの品種を選びましょう。

「種まきの時期」
寒い地域では5月下旬~6月中旬、関東は4月中旬~5月中旬、西日本は梅雨明けの7月上旬くらいがよいとされています。プランターに植えるときには、市販の園芸用の土を使いましょう。

「植え方」
細長いプランターの場合は種を1か所につき2~3粒、合計3か所にまきます。その際、おおよそ3㎝の深さが必要になります。水やりは土が乾きすぎない程度にしましょう。うずら豆は過湿を嫌う種類なので水のやりすぎに注意ですよ!種をまいてからだいたい、5〜10日くらいで芽がでてきます。
「収穫」
日当たりのよい場所で育てると、芽がでてから約1ヶ月で淡いむらさき色の花が咲きます。かわいい花は約2週間咲き続けるので、この間にうずら豆の花を楽しみたいですね。花が咲いてから約2カ月程度で、さやが緑から黄色、褐色がかった白色へ変色しながら乾きます。

葉も同時に緑色が薄くなり、徐々に黄色く変色して落葉します。さやを軽く振ってカラカラと音がしたら、さやを摘みとって新聞紙などの上に広げ乾燥させます。乾燥させたさやは新聞紙やシートの上において、上から棒で叩いてさやから豆をとりだします。

「注意点」                       
うずら豆の栽培で気をつけておきたいのが害虫の存在です。うずら豆は害虫に弱く、葉が食べ尽くされてしまうこともあります。そのため、うずら豆を育てる際には害虫帽子のネットを被せたり、スプレーをしておくことを忘れずにしておきましょう。

栄養たっぷりのうずら豆をぜひご家庭に

栄養満点のうずら豆をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。女性にうれしい栄養が豊富で、毎日でも食べたいですね。甘煮にすると、常備菜としてお弁当のおかずにちょこっと入れることができますし、夕食のおかずの1品にもなりますよね。

市販のスーパーでお買い求めいただくこともできます。とっても栄養が豊富で、アンチエイジングに効くうずら豆。ぜひとも毎日の食卓にとり入れてみてください。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

ヨーグルト アサイー スムージー

予防医学のアンファーから、食品の新ブランドが登場 「Dr.’s Natural recipe(ドクターズ ナチュラル レシピ)」が登場しました。おいしくて、カラダの中を浄化してくれるクレンズフー…

ラーメン

青いラーメンで話題になったブンブンブラウカフェに赤いラーメン「アセロララーメン」が期間限定で登場。スーパーフードのアセロラが具にもスープにもふんだんに使用されているので、美容・健康効果に期待できそう。期間限定…

カレー

平日限定のお店となると行くことをあきらめる人が多いかもしれませんね。しかし水曜限定オープンという難易度の中、大人気のお店があります。その名も「檸檬とラクダ」。秘密は魅力溢れるごはんにあり。行けないからと言って…

日本橋

雑穀(グレイン)を丼ぶりスタイルで楽しめるグレインボウルのお店「グレインズ(GRAINS)」が、日本橋にオープンします。日本人のルーツにも基づくおいしくヘルスコンシャスな『雑穀主義』のお店。健康志向の方は必見…

コンビニ史上初!ファミマから「カカオ豆」が発売されます。カカオ豆といえば、さまざまな健康効果が期待されており、今注目を集めていますが、なか購入できませんでしたよね。そんなカカオ豆が気軽に買えてしまうこの機会を…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

日本酒 まとめ

昨今、海外でも日本酒人気が増えているのはご存知なことでしょう。ワインショップに行けば日本酒の取り扱いも増えており、スパークリングな日本酒やヨーグルトの酸味があるものも好評です。そんな外国の方が酒蔵に行く機会も…

おしゃれ まとめ

キッチンが狭いと料理も収納も面倒くさくなって適当に投げ出してしまいがちですが、ちょっとした工夫をするだけで簡単、かつオシャレにキッチングッズを収納することが出来るのです。ここではそんな簡単オシャレな収納法をま…

スイーツ お菓子 おしゃれ まとめ

甘党の人もいれば当然、甘いものが苦手な人もいるでしょう。甘いのが好きではないという人でもおいしく食べられるお菓子を紹介します。お土産やプレゼントにしても都合がよさそうです。ぜひ参考にしてみてください!

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

ハンバーグ

『旨包ボリュームリッチハンバーグ』が200名様に当たるモニターキャンペーンを「おうちごはん」内で開催中!湯煎するだけで本格リッチな味わいを楽しめるので、かわいくデコって、こどもの日をお祝いしましょう♩応募方法…

女性に最も利用されているグルメニュースサイト「macaroni」で、情報発信してみませんか?レシピやレストラン、カフェの紹介だけにとどまらず、美容系コラムからSNSで話題の食べ物など、食に関わる幅広いジャンル…

まとめ

悪酔い、二日酔いの原因として、お酒をちゃんぽんすることがよく理由としてあがります。でも、ほんと?理由はほかにもある気がする……そんなわけで今回は、ちゃんぽんと悪酔い・二日酔いの関係…

カレー まとめ おしゃれ

カレーライスにご飯は必須ですよね。そのご飯をアレンジして、デコカレーを作ってみませんか?好きなキャラクターや動物をご飯で形作るだけで、意外と簡単にできちゃうんです。アイデア満載のデコカレーのレシピを紹介します。

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...