ローディング中

Loading...

小正月に食べる「小豆粥」。栄養価の高い小豆がメインに使われており、女性にうれしい健康・美容効果を期待できます。今回はそんな小豆粥の効能やアレンジレシピをご紹介!ひと口食べると思わずほっとする小豆粥で、癒されましょう。

小豆粥とは?

小豆粥とは、小豆と米を炊き込んだものにお餅を入れたお粥のこと。特別な日にだけ食卓にのぼる食べ物のひとつです。

小豆粥の歴史は中国にあり、古くは冬至の際に食べられていました。時代とともにその風習が進化し、12月8日に米と小豆や穀物、木の実を混ぜ入れた「臘八粥」(ろうはちがゆ)が食べられようになりました。

その後、中国南部で1月15日に豆粥を食べる習慣ができ、これが日本に伝わって小正月である1月15日の朝に小豆粥が食べられるようになったといいます。なお、平安時代にはすでに小正月に小豆粥が食べていたとの記実があります。
小豆粥は小豆とお米、さらにお餅を入れるためとろっとした味わいが特徴です。日本に馴染みある食材が使われている温かな小豆粥は、食べるとほっとします。油っこくなくヘルシーですので、ダイエットをする方にも人気のレシピになっています。

いつ食べる?

小豆粥には、小正月である1月15日に食べ役病を追い払うという風習が背景にあります。これは中国の風習から習ったものです。古来から小豆の赤色には神秘的な力があるとされ、厄除けのまじないとされていました。

日本にも定着している、お祝い事の日に赤飯を炊く風習は、このような小豆の由来が元となっているようですよ。

小豆粥の効能

小豆には玄米に勝るほどビタミンB1が豊富に含まれていて、体や筋肉の中などに糖質が蓄積されるのを防いでくれます。また、肩こりや筋肉痛の改善、疲労回復にも効果があるとか。そのほかにも、多くのうれしい効果があるといわれています。

ここでは、そんな栄養満点の小豆をたっぷり使う小豆粥の効能について詳しくご紹介します。

ダイエット効果

小豆の皮には「サポニン」というアク成分の一種が含まれています。このサポニンには中性脂肪を減らし、コレステロールの低下を助ける働きがあるとか。また豊富に含まれるビタミンBがエネルギーの代謝を上げる働きをします。食事をきちんと取りつつ痩せる効果が期待でき、リバウンドの心配もしなくてすみますね。

むくみ取り

さきほどご紹介した「サポニン」という成分には利尿作用もあり、水分によるむくみを予防、軽減してくれます。さらに塩分の摂り過ぎなどによるむくみと戦う「カリウム」も多く含まれているといわれています。手強いむくみは小豆で撃退しましょう。

便秘解消

小豆は便秘の解消・予防に効果があるとされている食物繊維を多く含みます。その量は食物繊維の量で知られているゴボウよりも豊富だそうです。また小豆に含まれる食物繊維は水に溶けにくい不溶性食物繊維メインなので、より便秘への効果を期待できます。

抗酸化作用

小豆は高い抗酸化作用をもつポリフェノールを多く含みます。抗酸化作用は老化や生活習慣病、肌荒れの原因のひとつとされる活性酸素に働きかけ、害を減らす働きをします。またポリフェノールは調理中に排出されがちですが、小豆のポリフェノールは留まるので効率的に摂取できます。

二日酔いに

小豆は利尿作用や脂肪分解などのデトックス効果が高く、さらにうれしいことに体内のアルコール排出を促す働きもあります。ついつい飲みすぎてしまったら、朝ごはんやお昼ごはんに、小豆粥を食べるのをおすすめします。体内のアルコール分をすばやく排出・分解してくれるので、二日酔いが楽になるでしょう。

小豆粥のおいしく簡単!アレンジレシピ5選

基本の小豆粥

炊飯器にお米、あらかじめ水に浸しておいた小豆、塩などを入れ炊きます。そのあと焼いたお餅を添えれば完成。とろっとした小豆粥のできあがりです。

土鍋で本格的な小豆粥

お鍋で小豆が柔らかくなるまで煮続けます。そのあと土鍋にお米を入れ強火で炊き、小豆と焼いたお餅を加えて数分蒸らすと完成です。土鍋を使った本格的な小豆粥のできあがり。

あんかけあずき粥

ちょっと変わったアレンジレシピがこちら。スタンダードな小豆粥に、だしつゆと水、片栗粉で作ったあんをかけるだけですが、これがとってもおいしそう!

ふつうの小豆粥では物足りないとき、味のしっかりとしたものが食べたいとき、ぜひ試してみてください。

豆乳小豆粥

フードコンテナー(スープジャー)を使って手軽に作れる、ほんのり甘くてヘルシーなあずき粥です。

まずはフードコンテナーに熱湯をいっぱいに注ぎ、保温しておきます。次に、小鍋に洗って水気を切った米と豆乳を入れ、沸騰させてください。フードコンテナーのお湯を捨てたら、その中に豆乳と米を入れ、4時間保温。そこへ茹でた小豆を加え、お好みで砂糖か粗塩を加えて混ぜ合わせてからいただきます。

ゆで小豆は火さえ通っていればOKなので、お好みで選んでください。

黒ごまたっぷり小豆粥

黒〜い見た目が印象的なこの小豆粥では、黒ごまをたっぷりと使います。

まずお米とお水をミキサーに入れ滑らかにし、お鍋に入れます。そこにすり潰した黒ごまを加えコトコト煮ます。最後にあずきを添えるとできあがり。

強い抗酸化力をもつ「セサミン」が多く含まれる黒ごまで、さらに健康になりましょう。

おわりに

いかがでしたでしょうか。祝い事で食べるお赤飯、小正月に食べられる小豆粥は、古代から続く健康を願う食べ物として親しまれてきました。胃腸を休めたい時や、ダイエット中の栄養食材、二日酔い対策として季節を問わず取り入れたいメニューのひとつです。

また、気軽に作れる点も魅力。ご紹介したアレンジレシピからお気に入りのものをみつけ、ぜひご自宅でも試してほしいと思います。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

タリーズで人気のくまさん「ベアフル®」を知っていますか?ふわふわやわらかで、かわいい表情に癒されると、子どもから大人まで多くのファンを魅了しています。季節限定などデザインも豊富!今回は、そんな「ベアフ…

馬肉料理

今回は、「馬肉バル 跳ね馬」で開催されるプレミアムフライデーのお得な情報をご紹介します。ヘルシーで美容にもいいと話題の馬肉が、このイベント限定で特別価格で楽しめることができちゃうんです♩この機会に、ぜひチェッ…

レシピ アレンジレシピ プリン まとめ

表面はカリカリ、中はとろけるような濃厚さあるクレームブリュレ。スイーツのなかでも人気がありますよね。今回は、本格的な基本レシピやアレンジ、またバーナーなしでも作れるレシピをご紹介します。プロ並みの味にチャレン…

トマト アレンジレシピ イタリアン

新ねとめし誕生⁉︎「よくばりトマトのチーズ詰め」がtwitterで話題です!手軽に作れるのに、手の込んだオシャレなイタリアンメニューに見えることまちがいなし♩簡単なレシピと、ホームパーティでも活躍しそうなアレ…

いちご フルーツ

今が旬の食材の中でも、ぜひ朝食に食べて頂きたいのが「いちご」なんです!今回はいまが旬な果物いちごの美容効果についてご紹介していきたいと思います。体のサビを取り除きエイジングケアや美肌にも効果が期待できるんです。

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

みなさんは料理名の由来をいくつ知っていますか? 例えば、「ハンバーグ」はドイツのハンブルグで誕生したことに由来していることは案外有名な話。でも、タルタルソースの「タルタル」や、最近日本にも定着してきた「エッグ…

まとめ

ランニングやサイクリングなどの激しめの運動をする際には、炭水化物とタンパク質をバランス良く摂っておく必要があります。それは、空腹のままだと運動中のエネルギー循環や筋肉の回復をスムーズに行えなくなってしまうから…

スイーツ まとめ

女性に限らず、人間は甘いものが大好きです。なぜなら、糖分が足りなくなると、脳が上手く機能しなくなってしまうから。しかし、砂糖が持つ効果によって、美容、健康への悪影響が起こる事がわかりました。中でも覚えておきた…

まとめ

飲みすぎ・食べすぎが重なるこの時期に胃もたれになる人も多いのではないでしょうか?何も食べたくないとき、飲み物なら飲めるという人もいるでしょう。胃もたれのときにおすすめの飲み物を紹介します。

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

女性に最も利用されているグルメニュースサイト「macaroni」で、情報発信してみませんか?レシピやレストラン、カフェの紹介だけにとどまらず、美容系コラムからSNSで話題の食べ物など、食に関わる幅広いジャンル…

ハンバーグ

『旨包ボリュームリッチハンバーグ』が200名様に当たるモニターキャンペーンを「おうちごはん」内で開催中!湯煎するだけで本格リッチな味わいを楽しめるので、かわいくデコって、こどもの日をお祝いしましょう♩応募方法…

「テタンジェ」といえば、シャンパーニュを代表するメゾン。フランスはもちろん、世界中の高級レストランに、そのシャンパンは置かれています。そんな、多くのファンに愛されているテタンジュがどれだけ魅力的か、そのワイン…

ジョエル・ロブションの世界観を表現したプレミアムアイスバー「ショコラ」と「ストロベリー」が、セブンイレブンで先行販売を開始中!いろいろな味と食感が楽しめるアイスバーは、まるでスイーツを食べているかのように贅沢…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...