ローディング中

Loading...

みなさん「ルイべ」という食べ物をご存知ですか?このルイべは北海道の郷土料理の名前で、主に凍らせて食べる鮭のお刺身のことを言います。今回はこの不思議な名前の郷土料理「ルイべ」についていろいろと調べてみました。

ルイベとは?

北海道の郷土料理ルイベ

ルイべは元来アイヌ料理の一種と言われています。北海道の北の地域に住むアイヌ族が冷凍保存した鮭を凍ったまま切り分け、溶けかけたところで塩をかけて食べたのがルーツのようです。

現在では主に鮭やマスをつかったルイべが主流となっています。
ルイべは極寒の自然の中で冷凍保存して食べたという、寒い北海道ならではの知恵からうまれた郷土料理です。

ルイベの名前の由来

ルイべの名前はその発祥、アイヌ族のアイヌ語「ルイペ」が語源のようです。
アイヌ語では「ル」が溶けるという意味、「イペ」が食べものという意味で、合わせて「ルイぺ」=「溶ける食べ物」という意味になります。
凍らせた後、溶けるところを食べるのでその名前がついたのですね。

ルイベの味は?

ルイべは凍らせている魚を食べるため、はじめはシャリシャリとした独特の食感で、そのあと口の中の温度で溶けていき、とろけるような食感にかわります。
また、鮭のような脂の多い魚は、凍らせる時に水と一緒に余分な脂と臭みがおちて、鮭のよい風味だけが残り、より美味しく食べられるとも言われているんです。
ルイベは普通のお刺身では味わえない食感と味が楽しめます。

川魚の寄生虫は大丈夫?

一般的に川魚には寄生虫がいるので生食はしてはいけないということがよく聞かれます。ルイべで使用される鮭やますは川魚ですが、これは大丈夫なのでしょうか?
実は川魚にいる寄生虫の多くは冷凍すると死滅するため、ルイべも問題なく食べれるようです。
スーパーなどで見かけるサーモンの刺身なども一度凍らせているため食べられるようになります。アイヌ族の冷凍保存の知恵は理にかなったものだっということがわかりますね。

ルイベの作り方

ルイべの作り方はいたってシンプルです。
鮭やマスなどの魚を、あとから刺身にしやすいように3枚などの切り身にして凍らせます。そして食べるときにスライスして食べるだけです。
しかし、ここで注意したいのが凍らせる温度と時間になります。先ほどもあげた川魚の寄生虫が死滅するのには十分な冷凍が必要なのです。
十分な冷凍とは、「-20℃で24時間以上の冷凍」のことをいいます。
家庭用の冷凍庫でも-20℃まで設定できるものがあるので、きちんと調べた上でおうちでもぜひ試してみてください。

ルイベのおすすめの食べ方

新鮮なルイベはわさび醬油で

やはり新鮮なルイべはシンプルに食べるのがオススメです。
わさび醤油につけて、溶けきらないうちに食べてその食感を楽しんでください。

鮭はルイベ漬けがおすすめ

鮭はいくらと一緒にしたルイべ漬けがオススメです。
作り方は簡単です。鮭のルイべといくらを醤油や、だしを加えただし醤油などに漬け込むだけです。
お醤油の味はお好みで調整してみてください。
醤油に漬けたまま冷凍保存することもできるので、食べたいときは半解凍することで、ルイベ独特の食感も楽しむことができます。

ルイベ漬けを使ったおすすめ料理

ルイベ漬け丼

ルイべ漬けといえば、白米と一緒に食べるという人が多いのではないでしょうか?定番レシピはたっぷりのルイべをあつあつごはんの上にのせて食べるルイべ漬け丼です。
あつあつごはんにひんやりしたルイべ漬けがまざった、ひやあつな食感はたまりませんね!

鮭ルイベ漬けとミニトマトバジルのリングイネ

鮭のルイべをパスタにいれるアレンジレシピ。レモンとにんにくの風味が効いたおしゃれな一品です。

アボカドと鮭のルイベ漬けのバスマティオムライス

ルイべ漬けをオムライスにするという斬新なレシピです。バスマティ米というお米のオムライスにトッピングとしてルイべ漬けを乗せています。アボカドと鮭で美容にもよさそうなお料理ですね!

東京でも通販でルイベが食べられる!

今すぐルイべが食べたい!となっている人も多いのではないでしょうか?ルイべは百貨店などの物産展でもすごく人気なんですよ!デパ地下などでも度々売られています。しかし、なかなかスーパーなどではみかけることがないな。という方もいるかもしれません。
ルイべもルイべ漬けも今すぐ食べたい方は通販がオススメです!
ほとんどが冷凍便で送られてくるので、新鮮さを保ったまま食べることができますよ。今すぐチェックしてみてくださいね!
http://macaro-ni.jp/33167

出典:楽天市場

活〆時しらず とろルイベ 220g前後

¥2580

楽天市場で購入
http://macaro-ni.jp/33167

出典:楽天市場

佐藤水産の【鮭ルイベ漬】 送料込250g(丸カップ入)×2個包装不可

¥3551

楽天市場で購入

おわりに

いかがでしたか?不思議な名前の「ルイべ」についてご紹介しました。様々な料理にもつかえるので、あなたのあったレシピで試してみるのもいいでしょう。すでに「ルイべ」に心惹かれている人も多いのではないでしょうか?
あなたも今すぐ、北海道ならではのアイヌが生み出した、普通のお刺身では味わえない独特の食感と、口の中でとろけていく感じをぜひ味わってみてくださいね!病み付きになるかもしれませんよ。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

おつまみ 肉料理 鶏肉料理 鶏肉 まとめ

手羽先は、煮たり焼いたり揚げたり……と、調理法によってさまざまな魅力が引き出される食材。今回は、定番人気の唐揚げから、ほっこりやさしい煮物、ジューシーなオーブン焼きなど、おかずにも…

インド インド料理 マッシュルーム おつまみ

気温の高い日が続くと、ちょっと疲れが出てきますね。そんな時食べてほしいのが、暑い国で生まれた料理!スパイスを効かせたインド料理「サブジ」をお腹いっぱいいただけば、疲労も夏バテもきっとふっ飛んじゃいますよ♩

レシピ まとめ 北海道

いつも私たちをアッと驚かすお料理を作ってくれる「家事えもん」。2017年5月4日の『損する人得する人』では、北海道木古内(きこない)の新名物となる「びっくりホタテ丼」を考案していました。その魅力や作り方、食べ…

おつまみ まとめ

いつもご飯にのせるだけだった明太子。しかし、それではもったいない!パスタやうどんといった麺類から、お酒が進むおつまみなど、いろんな料理に変身できる優秀食材なんですよ。今回は、厳選した明太子の人気レシピをまとめ…

おつまみ

「うすいえんどう」をご存知ですか?関西では豆ご飯といえばコレ!という馴染み深いものですが、関東の方には知らない人も多いのでは。青臭さがなくて甘みがあるこの食材、素材の味をそのまま生かした翡翠煮にすると、とって…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

チーズ レシピ おつまみ まとめ

皆さんのなかには、生粋のチーズ好きという人もいるのではないでしょうか?今回は、市販で売られている様々なチーズを「贅沢チーズ」に変える方法を紹介します。簡単でおいしいと話題のものばかりです♪

レシピ おつまみ まとめ

3月31日(火)、サントリー『角ハイボール缶<贅沢レモン>』が新発売!今回は、新商品との相性ぴったりな揚げ物レシピまとめをご紹介!macaroni厳選4品とサントリーさんの公式レシピから選んだ1品の、合わせて…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

台湾 食べ歩き

macaroniとDeNAトラベルのコラボ企画「韓国vs台湾 最新食べ歩きグルメを調査せよ」、おかげさまで多数のご応募をいただきました!今回は、当選した特派員によるレポートをお届け。食べ歩きグルメの最新トレン…

食べ歩き 韓国料理 韓国

macaroniとDeNAトラベルのコラボ企画「韓国vs台湾 最新食べ歩きグルメを調査せよ」。おかげさまで多数のご応募をいただきました!今回は、当選した特派員によるレポートをお届け。食べ歩きグルメの最新トレン…

レシピ おつまみ アレンジレシピ お弁当 まとめ

鶏皮と言えば、焼き鳥の定番メニューですが、家庭ではカロリーを気にして処分してしまう方も…。しかし、スープや唐揚げ、煮込み、せんべいなど使い方次第で絶品メニューに大変身!今回は、鶏皮の活用レシピを…

スープ レシピ まとめ

もやしはコスパも味も栄養もよい万能野菜。もやしを使ったスープは代表的なもやしレシピのひとつですが、じつはいろいろなアレンジが可能なのです。定番の中華スープ、コンソメを使ったレシピなど、簡単でおいしいレシピを紹…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...