ローディング中

Loading...

下腹がぽっこりと突き出す「ビール腹」。ビールをよく飲むことが原因で発生していると思われがちですが、ビールが原因とは限りません。ビール腹を何とかしたくても方法が分からずあきらめている人も多いのでは?ビール腹の本当の原因や効果的な解消方法をご紹介します。

メタボの象徴「ビール腹」とは?

お腹だけにぷっくりと脂肪がつく、メタボの象徴ともいえる「ビール腹」。最近のトレンドとしてマッチョ男子より「ビール腹男子」のほうがワイルドさと可愛さ、癒され感や安心感があると女子にもてはやされている?現状があるようですが、健康を害してまでモテようとするのは本末転倒。そこで今回は、最悪の場合、死に至ることもあるビール腹の原因や怖さ、解消方法について浮き彫りにしていきます。

ビール腹になる原因は?

ぽっこり突き出たビール腹の人を見ると、ビールが好きでたくさん飲んでいるイメージがありますが、ビールそのものがぜい肉としてお腹につくわけではありません。ビール腹になる原因とリスクについてさぐってみましょう。

ビールではなく、一緒に食べる高カロリーおつまみが原因

ビールを飲むと、餃子、唐揚げ、ポテトフライなどのこってりした料理やおつまみを食べたくなりませんか?ビール腹になる本当の原因は、一緒に食べる高カロリーのそれらにあります。アルコールを飲むと胃液が増え胃が活発に動くので食欲が増します。さらにビールの苦み成分と炭酸ガスにより胃壁が刺激を受けて食欲に拍車がかかり、ついついおつまみに手を伸ばしがちに。また、ビールに限らず、お酒を飲んだあとは、〆のラーメンなどと言って炭水化物も食べたくなりますよね。必要以上にカロリーをとるため、余ったものがお腹に蓄えられ、ビール腹になってしまうのです。

最悪の場合、死に至る……

ある研究機関の発表によると、ビール腹は単なる肥満よりも死亡リスクが高いことが明らかになっています。標準体重だから……と安心はできません。ビール腹のように内臓脂肪がたまっている「隠れ肥満」の人も要注意です。

女性はビール腹にならない!?

ビール腹は男性に多いイメージがありませんか?女性もビール腹になるのでしょうか。男性は、内臓を守るために皮下脂肪を溜め込むので、油断するとビール腹になりやすいです。妊娠という男性にはない特異性をもつ女性は、脂肪がお腹だけでなく、お尻や太ももなど体のやわらかい部分に皮下脂肪としてたまるなど体全体につくので、ビール腹にならないのだとか。男性はリンゴ型肥満、女性は洋ナシ型肥満と果物にも例えられますね。

ビール腹解消方法は?

内臓脂肪が蓄積してできた「ビール腹」。健康で長生きするためにも早く解消したいもの。ビール腹を効果的に解消する方法にはどんなものがあるでしょうか。

糖質オフの低カロリービールを飲む

ビールそのものがビール腹の原因ではありませんが、なるべく糖質オフの低カロリービールを飲みましょう。摂取するカロリーが減れば身につくものも変わります。最初は味がもの足りないと感じるかもしれませんが、ここは我慢。最近では、各メーカーから糖質カットや低脂肪などのビールや発泡酒が出ているので、ビール腹改善のためにはカロリー減を目指していきましょう。

有酸素運動で代謝を上げる

ビール腹になる人は運動不足の傾向が多いようです。ビール腹を解消するにはやはり運動が必要不可欠。なかでも、脂肪燃焼や代謝を上げるのに効果を発揮するウォーキングなどの有酸素運動がおすすめです。有酸素運動とは、ゆっくりとした動きで筋肉の使用量が少なく、長時間かけて運動することで酸素をより多く必要とする運動で、脂肪も燃焼しやすくなります。水泳ではゆっくりした動きの平泳ぎがよいでしょう。どの運動でも3日坊主では効果は期待できないので、自分に合った運動を無理のない範囲で続けてすることが大事です。

おつまみも低カロリーに

ビールを飲むときは、高カロリーのおつまみを食べたくなりますが、ビール腹解消のためには意識して低カロリーのおつまみを食べるようにするとよいでしょう。おすすめは、枝豆×ビール。実は、ビール腹対策として最高の組み合わせなのです。枝豆は、ビールと相性抜群の味ですが、健康面においてもおすすめの一品です。枝豆は大豆の未熟豆で、大豆には含まれない栄養もあり、枝豆に含まれるたんぱく質が二日酔いの原因にもなるアセトアルデヒドの分解を助けてくれます。さらに胃腸の働きを助け、デトックス効果やむくみを解消する効果も期待できます。ついつい手を伸ばしてしまうおつまみも枝豆なら安心、ビールを飲むときのおつまみには欠かせませんね。
枝豆のおすすめレシピはこちら。

休肝日を週に1日以上作る

毎日お酒を飲むと、肝臓がアルコールの分解を優先し脂肪の分解は後回しになるので、ビール腹になりやすくなります。肝臓に負担がかかるとビール腹だけでなく健康も害してしまうことに。週に1日以上は休肝日の習慣をつけましょう。

ビール腹を効果的に解消

いかがでしたでしょうか。ビールの銘柄選びやおつまみに気をつけたり生活習慣を見直すなど意識することで、ビール腹を解消する方法をご紹介しました。ビール腹で悩んでいる人はもちろん、旦那様のビール腹で悩み中の女性も、ぜひ参考にしてみてください。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

専門店

ネパールの代表的な家庭料理「ダルバート」をご存知ですか?野菜が多くてスパイシー、何より「おいしい!」と評判で、ヘルシー志向な女性の間で大きな話題となっているんですよ。聞き馴染みがないという方は、ぜひこの記事で…

マシュマロ スイーツ まとめ

名古屋の繁華街・栄の「シュシュルバー」は新しいマシュマロスイーツを販売しているということで、いまSNSで話題になっています。どんなスイーツなのか、人気の商品はなにか?などご紹介します。名古屋観光の際は立ち寄っ…

バナナ レシピ

毎日食べているという人も多い身近なフルーツの代表「バナナ」。手軽に食べられて腹持ちが良いので、忙しい日の朝ごはんとしても重宝しますよね。今回はそんなバナナの嬉しい栄養と効能についておさらい!簡単レシピもご紹介…

お茶

オルビスから、やさしい花の香りと果実のほのかな甘みを楽しめる「華実プーアール茶」が数量限定で登場します。お正月はおいしいものをたくさん食べがち。食事のリラックスタイムに、オルビスの華実プーアール茶を飲んでみて…

ドリンク まとめ

ダイエット中というと、好きなものが食べられないことが多いですよね。大好きなスタバへ行きたいけど、カロリー高そうだから我慢しなくちゃ。と思っていませんか?実はスタバには、ダイエッター必見の低カロリーメニューがあ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

ワイン 居酒屋 まとめ バー

キリスト教の祖「イエス・キリスト」は、最後の晩餐の席において、ワインとパンを自分の血と肉に例えて弟子達に与えたとされています。神が与えたものだからいくら飲んでも大丈夫!とは言いませんが、歴史上のワイン好きは人…

日本酒 花見 まとめ

お祝いごとにはもちろん、四季折々の行事にも日本酒は欠かせませんよね。日本人なら是非知っておきたい、日本酒に関わる伝統的な季節の年中行事をまとめました。和食文化の中でも歴史の長い日本酒の、風流な楽しみ方をご紹介…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

女性利用者国内No.1グルメニュースサイト「macaroni」で、一緒に料理動画をつくりませんか?現在macaroniでは、日々料理動画の制作に取り組んでいます。そこで今回は実際に料理を作ってくれるスタッフを…

レシピ まとめ おつまみ スイーツ

誰もが一度は食べたことのある赤い箱のリッツクラッカー。そのままでもシンプルでおいしいですが、色々なトッピングをすると一段とおいしくなるんですよ。ベーコン巻きやピザ風アレンジから、チョコやマシュマロなどスイーツ…

カフェ ハワイアン 横浜

ミクスチャーカフェダイニング「アロハアミーゴ」が、横浜の「マリン アンド ウォーク」に国内2号店となるセレクトショップ「Fred Segal(フレッド・シーガル)」内にオープン。フードスタンドとして、人気フー…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...