ローディング中

Loading...

テレビのバラエティー番組で紹介されて話題になっている「ビールダイエット」。ビールはダイエットの大敵というイメージがありますが、実際は逆だった!? ビールダイエットの正しいやり方と、その効果についてご紹介します。

ビールでダイエットができるって本当?

暑い日にはキリッと冷やしたビールが飲みたくなりますよね。でも、ビールといえば「ビール腹」という言葉がすぐ浮かぶほど、肥満の元凶というイメージがあります。なんだかカロリーも高そうですが、実はビールでダイエットができる、という驚くような話があるんです。

この話は、明石家さんまさんが司会をしているバラエティー番組『ホンマでっか!?TV』で取り上げられて、一躍有名になりました。「ビールは、カルシウム・葉酸・ビタミンを多く含み、代謝を活発にして、循環器系を機能させる。なので、500ml缶を毎日飲むと、ダイエットにいい」と紹介されたんです。

ビールダイエットとは

「ビール=太る」という印象がとても強いのですが、じつはそんなことはなく、ビールのカロリーはビール缶350ml1本で約143kcal、その2/3がアルコール。そのため、体内には蓄積されず、熱エネルギーとして放出されるといわれています。
では、ビールで太る原因はなぜでしょう。それはビールそのものが太る原因なのではなく、ビールと一緒に揚げ物や味の濃いものを食べるために太ってしまうのです。
ビールダイエットとは、夕食をビール+水+おかずに置き換えるダイエット法です。おかずのみで主食は摂りません。ただし、夕食に主食を摂らない代わりに、朝食ではしっかり摂りましょう。朝食は、パンより腹持ちもよいご飯がいいですね。お昼も制限はありませんが、腹八分目を心がけましょう。
ビールなら何でもよいとは限りません。ノンアルコールビールなどは、ビールとは本来別物のため、ビールダイエットの効果は望めないそうですよ。

ビールダイエットの効果

ビールのアルコールと炭酸ガスで血液の循環がよくなり、胆汁の分泌も促進されます。そうすることで、腸内環境が改善され整腸作用にもつながるのです。便秘で悩んでいる人にはビールがよいかもしれませんね。便秘が解消されれば、ダイエットにもつながります。
また、人間の体は90%が水分でできています。ビールはカリウムを含む利尿作用もあるので、むくみも改善されるかもしれません。足のむくみが取れると、スリムな足に変身!顔だって、小顔になれるかもしれませんね。

ダイエット以外にもこんな効果が!

ストレスを緩和させる

ビールに含まれているホップにはリラックス効果があるとされています。また、香りだけではなくストレス解消にもなるそうですよ。また、アミノ酸の一種でGABA(ギャバ)という成分は、ストレスを緩和させてくれるそうです。

美肌になれる

ビールには、ビタミンB2やB6、B12、葉酸、カリウムなど、美肌に欠かせない成分が含まれています。また、ビール酵母に含まれる豊富なアミノ酸がシミやそばかすを抑えてくれます。ビールを飲んで美肌になれるなんて、女性にはうれしい効果ですね。

胸が大きくなる?

ヨーロッパ諸国では、ビールを飲む女性は胸が大きくなるといわれているそうです。ホップに含まれているフィストロゲンが、女性らしい体形を作るのかもしれませんね。

体の老化を防ぐ

体の老化を導く活性酸素。ワインに含まれているポリフェノールには抗酸化作用があるといわれています。しかし、ワインだけではありません。ビールにもこの抗酸化作用があることをご存知でしょうか。ビール独特の苦味成分にも抗酸化物質が存在しており、アンチエイジング効果が望めるんです。

ビールダイエットの正しいやり方

ビールダイエットの正しいやり方は、まず始めにビールのアルコールと炭酸ガスで胃を膨らませて、血液の循環をよくします。次に、最初に飲んだビールと同じ量の水を飲みます。このとき、水はなるべく一気に飲むようにするとよいでしょう。
なぜなら、ビールの利尿作用を補助し、体外に排出されやすくするからです。また、ビールと同じ量の水を飲むことで満腹感も得られます。この状態で、おかずと一緒にビールをゆっくり飲みましょう。
週に2回は休肝日を取るようにしましょう。できれば連続して取るのがよいといわれています。連続して休肝日を取ることで、48時間程度体にアルコールが入ってこない状態になるからです。

ビールダイエットの注意点

糖質に気をつけよう

ビールは体内で脂肪になりにくいものですが、気にしなければならないのは「糖質」です。糖質を取りすぎることは、体にもよくありません。糖質を取り過ぎないためには、缶ビールなら500mlを2缶、中ジョッキなら2杯を目安に取るようにしましょう。
最近では、糖質オフのビールも販売されていますよね。糖質が気になる人は、糖質オフのビールを飲んでみてはいかがでしょう。

カロリーの高いおつまみはNG!

ビールのおつまみといえば、唐揚げや餃子が定番ですよね。でも、フライドポテトや唐揚げ、ラーメン、ピザなど、カロリーの高いおつまみを食べると太りやすくなります。ダイエットをしているときは、食べないようにしてくださいね。
ビールのおつまみでおすすめなのが、豆腐や枝豆、脂分の少ない部位の焼き鳥や酢の物など、居酒屋での和食メニュー。夜にタンパク質を取ることが大事だからです。ほかに食物繊維の多い野菜類と一緒にビールを飲むと、糖の吸収が穏やかになり、太りにくくなるそうですよ。

ビールはゆっくりチビチビと飲みましょう

いかがでしたか。ダイエットは、つらくてなかなか続けられないのが現状です。ビールダイエットは、ビール好きな人なら長続きできそうです。好きなお酒を飲んで、ダイエットができるなんて、こんなうれしいことはありませんよね。

ただし、ビールがダイエットによいからといってグビグビ一気に飲んではいけません。チビチビゆっくり飲むようにしましょう。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

まとめ

ワンプレートランチはおしゃれなだけでなく、後片付けも楽チンなので、ぱぱっと済ませたいときにぴったりなんです。今回は、ワンプレートランチにおすすめの食器や、おしゃれに盛り付けるコツをご紹介!おしゃ楽ランチで、素…

レシピ まとめ

肉じゃがの日のって少し物足りなく感じませんか?ご飯と肉じゃが、もうひと品付け合わせがあるとよいですよね。今回は食べ応えも増す肉じゃがの付け合わせをご提案。副菜と汁物など、お好みで肉じゃがと組み合わせれば、バラ…

まとめ 静岡 ゼリー スイーツ お土産 フルーツ

静岡県御殿場市にあるフルーツゼリー専門店「フルフール」。メディアでもたびたび紹介されている話題沸騰中の人気店です。宝石のようなフルーツゼリーは種類も豊富でとってもジューシー!これからの季節にぴったりなので今か…

ズッキーニ レシピ まとめ

近所のスーパーでも見かけるようになったズッキーニ。ズッキーニは生で食べられるのをご存じですか?キュウリに似てるけど、ラタトゥイユ以外の食べ方を知らない、という方も多いのでは?今回は、ズッキーニを生で食べる方法…

スイーツ レシピ ケーキ まとめ

スイーツをおいしくしてくれるバニラの香り。あるとないとでは大分違いますよね。もしバニラエッセングが自宅にないときも、代用できるものがあることを知っていますか?いざ作り始めてバニラエッセンスがないことに気がつい…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

食欲減退カラーと言えば青です。赤やオレンジなどの暖色系の食べ物に比べ、青や紫など寒色系の食べ物が食卓に上がることはあんまりありませんよね。そこで今回は、普段あまり目にすることが少ない青い食べ物をご紹介します(…

まとめ

飲みすぎ・食べすぎが重なるこの時期に胃もたれになる人も多いのではないでしょうか?何も食べたくないとき、飲み物なら飲めるという人もいるでしょう。胃もたれのときにおすすめの飲み物を紹介します。

パン まとめ

コストコの定番商品「ディナーロール」。値段の安さに比べてたくさん入っており、余ったら冷凍してしまえばいつでも解凍して食べられると大人気なんです!今回はそんなディナーロールをおいしく食べられるアレンジレシピをた…

アメリカ まとめ

そのネーミングからか、アメリカオリジナルだと思っていた代表的な食べ物が、実はアメリカ人の発明ではなかった....そんな食べ物9選を紹介します。あなたは幾つご存知でしたか?

チョコレート 東京 ビュッフェ まとめ

バレンタインならではのスイーツが続々登場!各所でチョコレートやいちごを使ったスイーツビュッフェが開催されているみたいです♪期間限定のメニューもあるのでぜひこの時期に行っておきたい!カップルで行くのもいいですが…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

女性に最も利用されているグルメニュースサイト「macaroni」で、情報発信してみませんか?レシピやレストラン、カフェの紹介だけにとどまらず、美容系コラムからSNSで話題の食べ物など、食に関わる幅広いジャンル…

ハンバーグ

『旨包ボリュームリッチハンバーグ』が200名様に当たるモニターキャンペーンを「おうちごはん」内で開催中!湯煎するだけで本格リッチな味わいを楽しめるので、かわいくデコって、こどもの日をお祝いしましょう♩応募方法…

鎌倉 ランチ

鎌倉駅から徒歩5分ほどのところに歴史を感じるおしゃれな建物があります。そちらが「TUMUGI(ツムギ)」です。昼はしっかりとお食事を。夜は疲れた身体をお酒と共に癒しに。そんなどんなときも素敵に対応してくれるお…

レシピ ココナッツミルク スープ まとめ

ココナッツミルクはベジタリアンやヴィーガンの方の牛乳にかわるものとして人気がありますが、スープに使ってみてもとてもおいしくなります。野菜と一緒に煮込むので、ココナッツの苦手な方でも大丈夫。抗酸化作用が高いので…