ローディング中

Loading...

知る人ぞ知る、江戸時代から親しまれる開運グッズ「鯛の鯛」。あまり聞きなれない方も多いこの不思議なネーミングですが、いったいこれは何なのでしょうか。また、持っているとどのような効果があるのでしょうか。分かりやすくまとめてみました。

「鯛の鯛」は縁起物!

食の欧米化が進み、最近では若い人々の和食離れを問題視する声もあるものの、お食い初めや結婚式など、おめでたい行事の際には今も欠かせない高級食材として古くから親しまれている鯛。

塩焼きをはじめ、お寿司や鯛飯など、クセがなく上品な味わいが世代を問わず人気ですよね。ですが、「鯛の鯛」が何なのかを知っている人は、少ないのではないでしょうか。自然が生んだ開運グッズとして、古くは江戸時代から親しまれている「鯛の鯛」。いったいどのようなものなのでしょうか。

これが「鯛の鯛」!

一瞬何かの言い間違いかな?と耳を疑ってしまいそうな「鯛の鯛」。はじまりは江戸時代とされており、当時の人々の遊び心から生まれた言葉だとされています。そんな歴史ある「鯛の鯛」ですが、いったいその正体は何なのでしょうか。

「鯛の鯛」は鯛の骨の一部だった

「鯛の鯛」は、鯛の体の中のある骨のことなんです。そもそも、鯛は9種類の骨から形成されており、そのなかでも「鯛の鯛」とは、胸びれを動かすための骨のことをいいます。人間でいうと、肩甲骨と烏口骨という、肩の2種類の骨が合体したものなのだそう。

名前の由来はもちろん、その姿形が鯛に似ているため。今に比べてはるかに高価で手に入りにくいものだった、当時の鯛。ただでさえめでたいことの象徴である鯛の中に、さらに小さな鯛がもう一匹いるということで、二重にめでたいとされてきました。

「ホッケの鯛の鯛」もいる!

その存在は江戸時代から希少価値が高いとされており、当時の書物では「鯛中鯛(たいちゅうたい)」と紹介されていたのだとか。ほかにも、正面から見ると龍に見えるおでこの骨「大龍(だいりゅう)」や、熊手のように見える頭の骨「三つ道具」など、それぞれの骨に名前がついています。

鯛以外の魚でもこの骨の形は鯛に似ているため、ほかの魚の場合は「ホッケの鯛の鯛」「カンパチの鯛の鯛」と言った言い方をします。鯛に限らず、さまざまな魚に存在している「鯛の鯛」ですが、昔から真鯛のものが最も美しく、重宝されていたようです。

普段魚を食べる際、あまり骨の形などを意識しては食べないですよね。「鯛の鯛」を一番初めに発見した人はさぞかし感動したのではないでしょうか。その小さな発見を、現代の私たちまで知ることができるなんて、なんだかうれしいですね。

実はコレクターもいる!貴重な鯛の鯛

多くの魚に存在している「鯛の鯛」ですが、魚の種類によって全く違う表情をしているのも特徴です。むかしから、魔除けのお守りや福を呼ぶ縁起物として人々に重宝されてきましたが、なかでもこの骨を肌身離さず持ち歩くと、お金がたまると言われており、最近では金運のお守りとして親しまれています。

近年、あらかじめ骨が処理された魚が増えていることや、胸ひれをほとんど使わない魚ではこの鯛の鯛は見られないことから、「鯛の鯛」の価値はさらに高まっていて、コレクターもいるほど人気なんですよ。

キレイに処理したのち、額縁に入れて販売されているものもあり、高いものでは1万円を超えるものもあるのだそう。金運上昇を願ってのこともあるかもしれませんが、さまざまな形の骨を集めることに楽しみを覚えるコレクターが意外と多くいるのかもしれませんね。

いつもは捨ててしまっていた魚の骨も、次に食べるときには「鯛の鯛」を探しながらじっくり味わってみようという気分になりませんか。

「鯛の鯛」の入手方法

希少価値の高い「鯛の鯛」ですが、実際にはどのように入手ルートがあるのでしょうか。

まるでアートのように加工された額縁を購入するという手段もありますが、ほとんどの場合は、食べた際に自分で取りだしているようです。

ただし、取り出し方にもコツがあります。胸びれの付け根部分を慎重にゆっくりとほぐしていくことがポイントです。その取り出しやすさは調理方法によって大きく異なり、最も取り出しやすい方法は、煮魚なんだとか。しかし、煮過ぎると骨が崩れて取り出しにくくなってしまう可能性がありますので注意してくださいね。

簡単に調理できておいしく食べられることから人気の焼き魚ですが、焼き魚の場合は骨が焦げたり、身がうまくほぐれずに取り出しにくい場合もあるようです。「鯛の鯛」自体も非常にもろく繊細なため、調理過程はもちろん、流水で洗う際など下処理の段階でも注意してくださいね。

取り出すにあたり、気をつけるべきポイントが多い鯛の鯛ですが、たまには調理法を変えて、鯛の鯛を見つける楽しみを持ちながら味わうのも良いかもしれませんね。

幸運を呼ぶ鯛の鯛!いつもの食卓に新たな楽しみを

金運アップをはじめとする幸運をもたらす「鯛の鯛」。お祝いごとの定番ともいえる鯛ですが、昔に比べると手に入りやすく、日常の食卓に取り入れることもさほど難しくはなくなりました。

お守りやアクセサリーなど開運グッズはたくさんありますが、人の手で作り出すことのできない自然のものというところに、価値の高さを感じられますよね。いつも通りただおいしく鯛を食べるのもよいですが、いつもの食卓に少し遊び心をプラスして、「鯛の鯛」を探しながら家族や大切な人と楽しい食事をしてみませんか。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

金沢 ランチ カレー おでん デート カフェ ラーメン 寿司 まとめ

北陸新幹線の開通以来、じわじわと注目を集めている石川県金沢市。今回は金沢でおすすめの名物グルメをピックアップしてご紹介します。ランチの人気店や、安いのにクオリティが高いお店、アンジャッシュ渡部さんが絶賛する名…

ふりかけ まとめ お菓子

ご飯のお供として定番のふりかけですが、いつも同じものばかり手にとってはいませんか?実は最近、メーカーの努力により変わり種もじわじわと増えてきているんです。定番ばかりじゃつまらない!ちょっと意外な「変わり種ふり…

とんかつ 京都 サンドイッチ

深夜になると、無性にカツサンドが食べたくなることはありませんか?そんな気持ちのときにピッタリなお店が京都にあります。まだメディアにもあまり出たことがない隠れた名店「とんかつ清水」のカツサンドは、なんとカツの厚…

東京 まとめ ランチ

いまテレビで取り上げられて評判になっている、東京で食べられる「のせ放題 」ランチや料理などが人気なんです。リーズナブルなお値段だけでなく、好きなものを好きなだけいただける、人気グルメ店とのせ放題メニュー9品を…

アヒージョ 牡蠣 おつまみ スペイン料理 レシピ まとめ

今回はアヒージョとはどんなお料理なのか、食べ方も含めてご紹介します!エビやアンチョビを使った具材別レシピから、たこ焼き器を使った簡単な作り方、スキレット鍋やアヒージョの素を使ったレシピの魅力まで、人気のアヒー…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

カフェ フレンチフライ まとめ

カフェメニューのカロリー第二弾。今回は、カフェのフードメニューカロリーをまとめてみました。 好きなものはカロリーが高いって少し憂鬱ですね。でもカロリーを把握しておけば、コントロールできると思います。

お土産 まとめ

「よかったら、どうぞ」と渡すものといえば、差し入れ。職場、取引先、バイト先…。シーンに合わせて喜ばれれば、そのイメージがそのままあなたのイメージになりますよ。 そこで今回は、「女子からの差し入れで、何を貰うと…

まとめ

現在アメリカで、Zach Kingという男性がVine上で公開しているマジック動画が話題を集めています。その編集作業やCG技術を駆使した独創的かつ精巧な動画は、見れば見るほどに魅入ってしまう中毒性があるんです…

日本酒 まとめ

家で料理を作っている女性のみなさん!どの料理にどんな日本酒が合うかを今回教えちゃいます。日本酒好きな旦那様や彼氏がいる方に是非読んでもらえればと思います。

まとめ

飲みすぎ・食べすぎが重なるこの時期に胃もたれになる人も多いのではないでしょうか?何も食べたくないとき、飲み物なら飲めるという人もいるでしょう。胃もたれのときにおすすめの飲み物を紹介します。

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

東京 まとめ サンドイッチ

たまごサンドと聞くと、ご家庭でゆで卵を潰してマヨネーズで和えたものをパンで挟んでいるものを想像する人が多いのでは?でも東京で食べることのできるたまごサンドは、ひと味違うんですよ!今回は本当においしいたまごサン…

B級グルメ 岐阜 まとめ 豆腐

私は名古屋市民で、岐阜県はお隣なのである程度岐阜グルメも知っているつもりでしたが、この「久田見の揚げ」ノーチェックでした^^;ということで興味津々、調べて行きたいと思います。油揚げは分厚いとジューシーでほんと…

mayumi0610

犬とパンとハワイをこよなく愛する転勤族。プライベートでは0歳の女の...

ページTOPに戻る