ローディング中

Loading...

つやつやの美しい見た目と、コーヒーの苦味とクリームの甘みの絶妙さで大人の方に人気の「オペラケーキ」。今回はそんなオペラケーキの由来やご自宅でも作れるレシピ、都内でおいしいオペラケーキが食べられる店舗まで合わせてご紹介します。

チョコの光沢が輝く「オペラケーキ」

つややかな光沢が印象的な「オペラケーキ」。
オペラケーキは、洋菓子の本場フランスの上流階級から広まったケーキです。チョコレートが絶妙な輝きを放っているその姿は、まさに“大人のスイーツ”といったところでしょうか。深い味わいと上品な香りに、あなたもきっと虜になるはずですよ。

オペラケーキの歴史と由来

はじまりは「ダロワイヨ」

オペラケーキのはじまりは、フランスの「ダロワイヨ(DALLOYAU)」という洋菓子店。1954年に、創業者であるガヴィヨン氏が考案しました。

実は、オペラケーキには元となったケーキがあり、ガヴィヨン氏の親類であるポール氏が経営していた「クリシー」というお店で販売されていたケーキを参考に、生み出されたと言われています。

有名な「オペラ座」が名前の由来

ガヴィヨン氏によって作られたケーキは、チョコレートとスポンジが幾重にも重なっており、まるでパリにあるオペラ座の観客席のようになっていることから、「オペラケーキ」と名付けられました。

オペラケーキが食べられる東京のお店

東京都内でおすすめの、オペラケーキを食べられるお店をご紹介します。お店の様子や特徴、歴史、代表するパティシエ、ケーキの味などお伝えしていきますね。

1.パティスリー・サダハル・アオキ・パリ

「パティスリー・サダハル・アオキ・パリ」の外観は、ガラス張りで清潔感が。店内は白を基調としていて、整然と美しくケーキが並んでいます。

店名前にもついているように、メインパティシエは青木定治シェフ。スイスで修行を重ねたのち、フランス・パリで自らのお店をはじめました。数々の受賞歴を持ち、日本からも海外からも注目を集めています。

バンブー 891円(税込)

「パティスリー・サダハル・アオキ・パリ」のオペラケーキは、めずらしい抹茶味です。名前は「バンブー」。抹茶チョコには竹の模様が描かれていて、チョコと抹茶スポンジが重なり合っています。素材の風味をそのまま生かした品です。

ほかにも、店内では「デギュスタシオン」というひと口サイズのプチガトーのケーキセットが、お試し価格で味わえます。チョコはカラフルで目を引く「ボンボンショコラ」が人気です。
■店舗名 :パティスリー・サダハル・アオキ・パリ
■最寄駅 :有楽町
■住所 :東京都千代田区丸の内 3-4-1 新国際ビル1F
■電話番号:03-5293-2800
■営業時間:11:00〜20:00
■定休日:不定休
■参考URL:http://tabelog.com/tokyo/A1301/A130102/13018800/
■公式HP:http://www.sadaharuaoki.jp/top.html

2.ルワンジュ東京

六本木駅より徒歩3分、レンガ造りの建物に、おしゃれな扉の「ルワンジュ東京(LOUANGE TOKYO)」。夜遅くまであいているのがうれしいですね。商品は芸術作品のようで、美しいですよ。ハイヒールのチョコやいろんな味があるエクレアも人気です。パティシエは、入鹿貴史さん。マカオのミシュラン三ツ星店でも修行されています。

キューブオペラ 864円(税込)

「ルワンジュ」のオペラケーキは、ヴァローナ製のチョコレートを使用しています。6種類の異なるチョコの味の層が楽しめ、柚子やオレンジの柑橘系をアクセントに、さまざまな酸味と甘みが味わえますよ。ほかにも、さまざまなキューブケーキが用意されているので、ぜひご賞味ください。
■店舗名 :ルワンジュ東京(LOUANGE TOKYO)
■最寄駅 :六本木駅
■住所 :東京都港区六本木7-17-14 1F
■電話番号:03-5412-7788
■営業時間:月〜土 11:00〜24:00/日祝 11:00〜21:00
■定休日:なし
■参考URL:http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130701/13131306/
■公式HP:http://www.louange-tokyo.com/

3.パティスリー・リュードパッシー

「パティスリー・リュードパッシー(RUE DE PASSY)」は、マンションの1階にあります。店内はかわいらしい雰囲気で、すこしレトロな感じにハマってしまいそう!

パティシエは、長島正樹シェフです。チョコやキャラメルの、甘みから苦みに変化する魔法に魅力を感じ、パティシエになったのだとか。キャラメルがおいしいお店としても知られています。

オペラ ピスタッシュ 473円

「パティスリー・リュードパッシー」のオペラケーキは、ピスタチオ味です。チョコクリーム、ピスタチオのスポンジ、バタークリームが層になっています。甘みの強いケーキで、スイーツ好きにはたまりませんよ!

ほかにも、「キャラメルサレ」や手作りキャラメルなど、とくにキャラメルを使ったスイーツが人気商品となっています。「キャラメルサレ」にはフランス産の塩が使われており、刺激ある仕上がりに。手作りキャラメルは5種類あり、鼻からふわっと香りが抜けていきますよ。
■店舗名 :パティスリー・リュードパッシー(RUE DE PASSY)
■最寄駅 :学芸大学駅
■住所 :東京都目黒区鷹番3-17-6
■電話番号:03-5723-6307
■営業時間:10:00〜19:30
■定休日:水曜日
■参考URL:http://tabelog.com/tokyo/A1317/A131702/13005155/
■公式HP:http://r-passy.blogspot.jp/

4.パティスリー・カー・ヴァンソン

「パティスリー・カー・ヴァンソン(patisserie K.ViNCENT)」は、大久保通りを少し入ったところにあります。軒先のテント特徴の、ひっそりとしたたたずまいです。テイクアウト専門店で、所せましと行列でいっぱいになることもあります。黄緑色の看板が目印です。

パティシエは石井 Vincent(ヴィンセント)敬子シェフ。フランスで修業した腕と技を武器に、日本で開催された創作菓子コンテストで優勝。フランスにてお店をはじめた経歴があります。有名チョコレート店である「ジャン・ポール・エヴァン」に勤めたことも。

アメール(Amer)80 777円

「パティスリー・カー・ヴァンソン」のオペラケーキ「アメール80」は、チョコとムース、カカオパウダー入りの生地が11層にもなっています。カカオ80%の、苦みの効いた大人の味です。アルコールを使用しておらず、糖質を最大限に落としているので、ダイエット中の方にもおすすめですよ。

ほかにも、モンブランやタルト、ミルフィーユなど、定番ながらにアレンジの加わったケーキがそろっており、“ここでしか味わえないケーキ”に出会えることでしょう。
■店舗名 :パティスリー・カー・ヴァンソン(patisserie K.ViNCENT)
■最寄駅 :飯田橋駅
■住所 :東京都新宿区筑土八幡町1-2
■電話番号:03-5228-3931
■営業時間:基本、金土日 ※不定営業(公式HPにてご確認ください)
■定休日:不定休
■参考URL:http://tabelog.com/tokyo/A1309/A130905/13035194/
■公式HP:http://www.k-vincent.com/index.html

5.フォションFAUCHON

新宿駅から徒歩すぐ、「フォション(FAUCHON)」の外観は、黒とピンクで色鮮やかです。店内は、パンやケーキがすぐ手にとれる位置に並んでいます。過去の「フォション」のパティシエには、お菓子界の寵児ピエール・エルメ氏もいます。パリのスイーツの発端は「フォション」にあり、ともいわれるくらいのお店です。

カフェショコラ 683円

店舗のオリジナルのロゴが入ったオペラケーキ、「カフェショコラ」。チョコレートやコーヒーの香りを重視した、豊かなケーキに仕上げられています。トップに乗った黒いプレートは、なんだか重厚感がありますね。

ほかには、クロワッサンやバゲットなど、パンを中心にそろえられています。
■店舗名 :フォション(FAUCHON)
■最寄駅 :新宿駅
■住所 :東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-2 新宿タカシマヤ B1F
■電話番号:03-5361-1111
■営業時間:月~金・日 10:00~20:00/土 10:00~20:30
■定休日:施設に準ずる
■参考URL:http://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13017372/
■公式HP:http://lohaco.jp/brand/fauchon/

6.エムコイデ

自由が丘駅より徒歩4分の場所にある、「エムコイデ(m.koide)」。黒地の看板に、達筆な文字が印象的です。店内もスッキリとしています。パティシエは、テレビでも活躍をみせている小出シェフ。ムースの魔術師とも呼ばれ、彼が作るムースは一度は味わいたい一品です。

キャラメルオペラ

「エムコイデ」のキャラメルオペラケーキは、バタークリーム多めで、生地が少なめ。お子様でもいただける一品になっています。しっとりと重めのケーキがお好きな方におすすめですよ。

ほかにも、通常のチョコレートの「オペラ」や「オペラ・シトロン」など、アレンジドオペラも用意されているので、気分やシーンによって食べ比べてみてはいかがでしょうか。
■店舗名 :エムコイデ(m.koide)
■最寄駅 :自由が丘駅
■住所 :東京都世田谷区奥沢6-32-9 ローズコート自由が丘 1F
■電話番号:03-5758-0515
■営業時間:12:00〜20:00 ※ケーキがなくなり次第、早めに閉店することもあり
■定休日:月曜日、火曜日
■参考URL:http://tabelog.com/tokyo/A1317/A131703/13130756/

7.ダロワイヨ

「オペラケーキ」を語る上で、はずすことができないのが「ダロワイヨ(DALLOYAU)」ですよね!先ほども書いたとおり、オペラケーキの元祖とも呼ばれるお店です。パティスリー・シェフとして働いているのが、中野賢太シェフ。フランスで修行をおこなった、実力派のパティシエです。

オペラパフェ 1,620円(税込)

元祖オペラケーキのお店で食べたいのは、こちらの「オペラパフェ」。シックで高級感のあるビジュアルに、思わず背筋がのびますね。ミニサイズのオペラケーキがふたつ、トッピングされたパフェには、生クリームやマカロン、アイスなども盛られており、きっと満足できることでしょう!

「ダロワイヨ」では、90分3,500円のケーキ食べ放題もあるので、とにかく上質なケーキをお腹いっぱい食べたい!という方は、そちらがおすすめです。もちろん、オペラケーキも食べられますよ。
■店舗名 :ダロワイヨ(DALLOYAU)
■最寄駅 :銀座駅
■住所 :東京都中央区銀座6-9-3
■電話番号:03-3289-8260
■営業時間:マガザン 10:00~21:00(金土・祝前日~22:00)/サロン・ド・テ 11:00~21:00(金土・祝前日~22:00)
■定休日:なし
■参考URL:http://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13002498/
■公式HP:http://www.dalloyau.co.jp/

8.銀座マルキーズ

新橋駅から徒歩4分の場所に、そのお店「銀座マルキーズ」はあります。お店に入らずとも、パティシエの技を見ることができるので、前を通るときにはつい見とれてしまうことでしょう。これから食べるケーキが華麗にスマートに仕上がっていく様に、目が離せませんよ。
「銀座マルキーズ」の「オペラ」

オペラ 580円

コーヒーの風味があとを引く「オペラ」は、まさに大人だからこそ楽しめるケーキです。ほろ苦さが特徴的なので、甘いものが苦手な方にもぴったり。上品な味わいを楽しむためのケーキは、紅茶やコーヒーなどではなく、ワインとともにいただきたくなる一品ですよ。

「銀座マルキーズ」の人気No.1メニューは、お店の名前がつけられた「ルーラード マルキー」。きめ細やかでもっちりとした生地と、さっぱりとくどくない生クリーム、そして中心に入れられたカスタードクリームが、口の中で見事なハーモニーを奏でてくれます。
■店舗名 :銀座マルキーズ
■最寄駅 :新橋駅
■住所 :東京都中央区銀座8-4-21 保坂ビル1階
■電話番号:03-5537-2522
■営業時間:平日12:00~25:00/土日祝13:00~21:00
■定休日:年末年始、お盆、GW(詳しくは公式HPにて)
■参考URL:http://tabelog.com/tokyo/A1301/A130103/13040932/
■公式HP:http://www.ginza-marquise.com/

自宅でも作れるオペラケーキのレシピ

自宅で作ると、光沢感やヒビひとつないオペラケーキを作るのは難しそう……。ここでは、オペラケーキをおいしくきれいに作るコツをご紹介します。

材料

【ビスキュイ生地】
・卵
・薄力粉
・粉砂糖
・アーモンドパウダー
・砂糖
・卵白
・バター

【シロップ】
・濃く淹れたコーヒー
・カルーア

【ガナッシュ】
・生クリーム
・チョコレート

【コーヒークリーム】
・卵黄
・砂糖
・コーンスターチ(薄力粉)
・牛乳
・バター
・インスタントコーヒー
・お湯

【仕上げ】
・コーティングチョコレート
・金箔

作り方

先に冷ましておく必要があるためコーヒーシロップを作ります。ビスキュイ生地の粉はきちんとふるいにかけ、別に砂糖と卵白をしっかり白っぽくなるまで泡立てるのがポイントです。泡立てが足りないと、生地が膨らみません。泡立た卵白を加えるときは泡をつぶさないようにそっと混ぜましょう。

生地を焼くときは表面をヘラかカードで均等にならして、台に叩きつけることで、余分な空気が抜け、ケーキの中の気泡がなくなります。生地を冷ましている間にコーヒークリームを作ります。このとき合わせるカスタードクリームは煮たて過ぎないようにすると口どけがなめらかなになります。ガナッシュを作るときは、水が入ると、仕上がりが白っぽくなってしまいますのでご注意ください。生地をカットして、シロップやクリームを何層にも重ねていきましょう。

カットするときは、仕上げにコーティングしたら、少し時間をおいて、熱湯で温めた包丁をタオルで軽く拭くと、仕上がったケーキにしわやヒビが入らないでしょう。

大人な味わいの「オペラケーキ」を

いかがでしたでしょうか。
コーヒー風味のオペラケーキは、そのほろ苦さが特徴の、大人専用のケーキです。上質な午後のひとときを楽しみたいとき、ぜひ都内のお店に立ち寄ってみましょう。近くにオペラケーキを取り扱っているお店がない方は、思い切って作ってみるのもひとつの手です。

大人だからこそ「おいしい」と感じられるオペラケーキで、あなたも優雅なティータイムを過ごしてみませんか?

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

餃子 まとめ

静岡県浜松で食べられている「浜松餃子」は独特の丸い盛り付け方で、キャベツの多いタネなどいくつかの特徴があります。今回は超人気店「石松」「むつぎく」「福みつ」のほか、浜松市内のたくさんのお店の中から厳選しておす…

ティラミス アレンジレシピ レシピ まとめ

濃厚なチーズクリームとコーヒーのほろ苦さがたまらない、イタリアのデザート「ティラミス」。人気のデザートをお家で作ってみませんか?マスカルポーネチーズを使った基本の作り方からクリームチーズで代用したものまで、簡…

レシピ まとめ

鮭でいただくムニエルはおいしいですよね♩カリッとジューシーな仕上がりにリピートする人も多いはず。ですが、ソースの種類がマンネリになってしまう危険も!今回は基本のムニエルレシピから、ソースのアレンジに注目したレ…

ポトフ まとめ

野菜たっぷりのポトフ、パンやライスと一緒にだけでも満足できますが、献立に迷うこともありますよね。そんなときに「これっ!」というひと品をレシピ付きでご紹介します。ぜひポトフの日には、その日の気分に合ったもう1品…

レシピ マッシュルーム アヒージョ きのこ まとめ

ソテーにしたりシチューにしたり、色々なレシピがあるマッシュルーム。オイルで煮込んだアヒージョはワインにもぴったりな大人におすすめのレシピですよね。マッシュルームのおすすめの食べ方はまだまだたくさん!簡単にでき…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

カフェ 恵比寿 女子会 まとめ

恵比寿といえばおしゃれで雰囲気の良いカフェがたくさん!そこで今回はランチや夜カフェ、女子会など様々なシーンで使える恵比寿のカフェをご紹介します。恵比寿を散策した後にお気に入りのカフェで、有意義なひとときを過ご…

カフェ ランチ 鎌倉 デート 海が見える まとめ

晴れた日には、鎌倉で海を見ながらゆったりと食事するのはいかがですか?今回は海沿いにある鎌倉のカフェをご紹介します。眺めの良さを重視して、とにかくオーシャンビューがきれいなお店を厳選しました。鎌倉に行く際は、ぜ…

江ノ島 食べ歩き まとめ

観光にデート。週末にはたくさんの人が訪れて食べ歩きをする「江ノ島」。江ノ島にはおいしいグルメがいっぱい!観光しながらブラブラと楽しみたい人にぴったりの食べ歩きグルメを厳選しました。ぜひ参考にしてください。

専門店 まとめ

品揃え豊富なメニュー!というのもお店としてのアピールポイントになりますが、自信の一品のみで勝負しているお店もあります。これはよほどそのメニューに自信がなければ、できないことではないでしょうか。食べればその自信…

丸の内 デート 合コン おしゃれ まとめ

丸の内でデートや合コンに使えるオシャレなお店をまとめてみました。丸の内ってちょっぴりお高いイメージもあるかもしれませんが、今回はコスパも考えてのチョイス★大人の街で、素敵なデートや飲み会はいかがでしょうか。

カフェ 横浜 デート コーヒー まとめ

デートやまったりと一人で飲みたい時にオススメな、横浜のオシャレカフェを8つ選んでみました。一度は行っておきたいお店ばかりです♪

カレー まとめ ランチ 東京

2014年、東京の数あるカレー屋の中から厳選したベストカレートップ5を発表!恵比寿や銀座、麹町で味わえる絶品カレーの名店たち。本当は教えたくないけど、皆にも食べてもらいたいから特別に公開しちゃうよ!カレーを食…

バー 東京 カフェ デート まとめ

夜景をアクセントに上質な料理やお酒を楽しみたい!今回は、東京都内の「ルーフトップバー」を14店舗ご紹介します。日頃のストレスを解放したいと思ったら、そよ風に吹かれながら優雅なひと時を楽しんでみてください!

スイーツ お土産 愛知 まとめ

道後温泉が有名な観光地、愛媛県。瀬戸内海に面しており温暖な気候のため、みかんや柑橘類の名産地でもあります。有名銘菓から最近人気のスイーツまで、愛媛県に行った方にはぜひ探してほしいお土産をご紹介します。

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

スープ

みなさんは「世界三大スープ」とは何かご存じですか?味噌汁は入っているのかな……と思いきや、そもそも三大がちゃんと決まっていないという説もあるんです。では、候補に入っているスープって一体どれなのでしょうか?今回…

価値あるものは、落ちぶれたとしてもそれなりの価値をとどめることを意味する「腐っても鯛」。でも腐ってるんですよね…褒められているのか、けなされているのか?なぜ鯛なのか、実際に腐ったらどうなるのか?意味深な「腐っ…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...

ページTOPに戻る