ローディング中

Loading...

サクサクのパイ生地に、カラメルのかかったシューと甘いクリーム。あなたは、そんな特徴を持ったフランスの伝統菓子「サントノーレ」を知っていますか?日本ではあまり馴染みのないそのスイーツの、特徴や作り方、食べられるお店まで、魅力を総まとめ!

かわいさ溢れる「サントノーレ」

みなさんは、「サントノーレ(saint-honoré)」というスイーツを知っていますか?
まるで積み木を重ねたかのようなそのビジュアルと、思わず顔がほころんでしまいそうな色合いは、まさに女の子の夢とも言えますよね!

フランスでは伝統的なお菓子として知られているのですが、日本ではあまり馴染みはなく、見たことがない、初めて聞いたという方も少なくないのではないでしょうか。

「サントノーレ」ってどんなケーキ?

サントノーレとは、円盤状のパイ生地を土台に、ふちにはカラメルを塗ったシューを、中央にはクリームをたっぷりと絞ったケーキのことです。フランスでは、特別な日に食べられることが多く、アレンジがしやすいため根強く愛され続けています。

今まで、日本であまり目にしなかったことが不思議なくらい、女の子のハートをがっちりと掴むケーキですよね!

パリの「サントノーレ通り」との関係は?

フランスの首都・パリには、「サントノーレ通り」という通りがあるのですが、ケーキのサントノーレとはどのような関係があるのでしょうか。

名前の由来となった

どちらの名前が先かというと、通りのほうが先に「サントノーレ」と名付けられました。そんなサントノーレ通りでお店を開いていたシブースト氏というお菓子職人が、このケーキを考案したことがきっかけとなり、「サントノーレ」と名付けられたとされています。

あくまで諸説あるうちの一説にすぎませんが、同じ名前を持っている以上、無関係とは考えにくいですよね。

サントノーレの作り方

材料

・パイ生地(冷凍市販品でもOK)

【シュー生地】
・水
・無塩バター
・塩
・薄力粉
・卵

【サントノーレクリーム】
・カスタードクリーム
・板ゼラチン
・砂糖
・水
・卵白

【シャンティクリーム】
・生クリーム
・砂糖

【飴】
・砂糖
・水

作り方

パイ生地は数箇所フォークで穴を開けて、丸くカットします。シュー生地は、パイ生地を底に敷いた器の形になるようにひとつと、あとは丸い形でいくつか絞り出し、オーブンで焼きましょう。次にカスタードクリームを作り、半量にはゼラチンを加えます。メレンゲと、ゼラチンを加えたカスタードクリームを混ぜ合わせます。

器のシューにクリームを入れ、半量残しておいたカスタードクリームは丸いシューに詰めます。飴の材料を鍋で加熱し、シューに塗って、固まったら土台のふちにのせていきましょう。仕上げに、お好みでトッピングをして完成です。

東京でサントノーレが食べられるお店5選

とてもかわいらしいサントノーレ。プロが作ったものを、一度は食べてみたいですよね。とはいえ、サントノーレを作っているお店は、まだまだ限られています。東京都内でおすすめの5店をピックアップしましたので、参考にしてみてください。

1.ル・ププラン

フランスの菓子コンクールで1位を獲得したこともある岡本シェフ。「ル・ププラン」では、彼の作る本格的なフランス仕込みのケーキを味わうことができます。シンプルで上品な雰囲気の店に客足が途絶えることはなく、その人気の高さを伺えますね。

サントノーレ

カラメリゼされたシューには、バニラビーンズの香りが広がるカスタードがたっぷり!バターの風味をしっかり味わえるパイ生地と、中のキャラメルクリームが、リッチな気分にさせてくれます。

店舗情報

■店舗名 :ル・ププラン
■住所 :東京都多摩市関戸4-7-8 エフティープラザ1F
■電話番号:042-376-0970
■営業時間:10:00~20:00
■定休日:水曜
■参考HP:http://tabelog.com/tokyo/A1327/A132702/13005957/
■公式HP:http://www.le-poupelin.com/

2.アテスウェイ

数々の世界大会やコンテストに出場し、有名デザイナーとのコラボも手掛ける才能あふれるシェフのお店。ケーキはどれもハズレがないほど、おいしいものばかりです。人気のあまり、行列ができて警備員も立っているほどだとか。

サントノーレ

「アテスウェイ」の「サントノーレ」

550円

さくさくで甘みの含んだパイ生地が香ばしい「サントノーレ」。ベリーシュガーがコーティングされたシュークリームには、フランボワーズのジュレが入っていて、酸味がほどよく、チョコレートクリームとの相性も抜群です!

店舗情報

■店舗名 :アテスウェイ (a tes souhaits)
■住所 :東京都武蔵野市吉祥寺東町3-8-8 カサ吉祥寺2
■電話番号:0422-29-0888
■営業時間:11:00~19:00
■定休日:月曜(月曜祝日の場合は火曜お休み)
■参考URL:http://tabelog.com/tokyo/A1320/A132001/13005853/
■公式HP:http://www.atessouhaits.co.jp/

3.パティスリー ユウ ササゲ

淡いグリーンが、外国みたいでかわいらしいお店ですね。イートインはなく、テイクアウトのみの小さなお店ですが、キュートでおいしいケーキが評判で、地元はもちろん遠方からも買い求めるお客さんがやってくるのだとか。

サントノーレ フレーズ ピスターシュ

ピンクカラーのかわいらしいビジュアルが特徴的な「サントノーレ フレーズ ピスターシュ」。もちろん、素晴らしいのは見た目だけではありません!パイ生地にのった小さなシュークリーム。その小さい中には、濃厚なカスタードクリームと甘酸っぱいいちごのジュレが。さらにピスタチオのクリームが口の中で合わさり、至福のひとときが訪れますよ。

店舗情報

■店舗名 :パティスリー ユウ ササゲ (Patisserie Yu Sasage)
■住所 :東京都世田谷区南烏山6-28-13
■電話番号:03-5315-9090
■営業時間:10:00~19:00
■定休日:火曜
■参考URL:http://tabelog.com/tokyo/A1318/A131809/13155662/
■公式HP:https://m.facebook.com/PatisserieYuSasage

4.ラ・ヴィエイユ・フランス

ストライプ柄のテントが目を引く、おしゃれな佇まいのお店。実は、パティシエの木村さんがパリで修行をしていた老舗店「ラ・ヴィエイユ・フランス」と同じストライプ柄にしたそうですよ。テラス席もあります。

サントノーレ

ピスタチオと苺のサントノーレ

500円

こちらは苺のムースとピスタチオクリーム仕立ての「サントノーレ」。シュークリームのカリッとした歯ごたえが印象的です。さわやかないちごの酸味と、まろやかで風味のしっかりしたピスタチオクリームといっしょにお楽しみください。

こちらのお店では、ホールケーキのサントノーレも作ってもらえます。お祝いごとの際にいかがですか?

店舗情報

■店舗名 :ラ・ヴィエイユ・フランス 本店 (LA VIEILLE FRANCE)
■住所 :東京都世田谷区粕谷4-15-6 グランデュール千歳烏山 1F
■電話番号:03-5314-3530
■営業時間:10:00~19:30
■定休日:月曜日(祝日の場合は翌日)
■参考URL:http://tabelog.com/tokyo/A1318/A131809/13043939/
■公式HP:http://www.lavieillefrance.jp/

5.アステリスク

小田急線・東京メトロ代々木上原駅から徒歩2分の「アステリスク」は、シンプルかつスタイリッシュな外観が印象的なお店。店名の「アステリスク」とは、記号の「*」マークのことで、フランス語で「小さな星」という意味を持つとのこと。旬のフルーツを使ったケーキは逸品です。

サントノーレ

アステリスクのサントノーレ

600円

こちらは、コーヒークリーム仕立ての「サントノーレ」です。シュークリームにはカラメルがコーティングされ、ほどよい甘さ。さくさくのパイは香ばしく、ほろ苦さを含んだコーヒークリームとのマッチングが見事です!

店舗情報

■店舗名 :アステリスク (ASTERISQUE)
■住所 :東京都渋谷区上原1-26-16 タマテクノビル 1F
■電話番号:03-6416-8080
■営業時間:ショップ10:00~20:00、カフェ10:00~19:00(LO)
■定休日:月曜日
■参考URL:http://tabelog.com/tokyo/A1318/A131811/13140735/
■公式HP:http://asterisque-izumi.com/

お気に入りのサントノーレを見つけよう!

今回は、フランスの伝統菓子「サントノーレ」についてまとめてみましたが、いかがでしたか?

シュー、パイ、クリーム。サントノーレは、食材それぞれの持ち味が組み合わさって最高のおいしさを生み出しているのですね。また、さまざまなクリームやフルーツと合わせることができるのも、サントノーレのよいところでしょう。

今回、おすすめのお店を5店紹介させていただきましたが、どのお店でもオリジナリティーに富んだ魅力的なサントノーレが提供されています。迷っちゃいそうですね!いろいろなサントノーレを食べ比べてみるのも楽しそうです。

今度の休日にはぜひ、サントノーレを味わいながら至福の時間をお過ごしください。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

餃子 まとめ

静岡県浜松で食べられている「浜松餃子」は独特の丸い盛り付け方で、キャベツの多いタネなどいくつかの特徴があります。今回は超人気店「石松」「むつぎく」「福みつ」のほか、浜松市内のたくさんのお店の中から厳選しておす…

ハンバーグ まとめ

さっぱり和風ハンバーグのおいしい作り方を、「和風ソース」のレシピや、「タネに入れる具材のアイデア」レシピなどでご紹介していきます。悩みがちな和風ハンバーグに合う献立アイデアも、ぜひ参考にしてみてください!

立川 ランチ 穴場 和食 洋食 まとめ

立川といえば、JR・3路線と、多摩モノレールが乗り入れている多摩地区の主要都市です。そんな立川で人気の安くておいしいランチが食べられるお店をご紹介!個室ありのおすすめのお店や、子連れOKのお店など。立川でラン…

ポトフ まとめ

野菜たっぷりのポトフ、パンやライスと一緒にだけでも満足できますが、献立に迷うこともありますよね。そんなときに「これっ!」というひと品をレシピ付きでご紹介します。ぜひポトフの日には、その日の気分に合ったもう1品…

チャーハン レシピ

たまごのスペシャリスト「たまごソムリエ」が、失敗知らずのパラっと黄金チャーハンの作り方を伝授します。べちゃっとなりがちなチャーハンが、たった一手間加えるだけで、お店で食べるような、本格的なチャーハンに!

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

高知 お土産 和菓子 まとめ

高知駅で買えるおすすめのお土産をまとめました。高知駅のキオスクは、マニアックだけど美味しいモノから定番・全国区のモノまで揃っているので、時間がない時でもハズさないお土産選びができますよ。

チョコレート スイーツ まとめ

今年のバレンタインのトレンドは「板チョコ」と最近話題になっていますね♪プレゼントするなら当然おしゃれな板チョコレートがいいでしょう!おすすめのブランドを紹介します。男性だけではなく、友達や家族にプレゼントして…

ジャム パン トースト まとめ

今回パンやトーストにつけて食べるとおいしい、お取り寄せ可能なスプレッドを9点ご紹介します。いつもはバターやマーガリンをつけている方も、ぜひ試してみてくださいね。日替わりでいろんなスプレッドを試してみませんか?

パン まとめ

InstagramなどのSNSで話題の「スティックオープンサンド」を知っていますか?サンドイッチのように具材を挟むわけではなく、トーストしたパンに好きな具材を乗せたオープンサンドをスティック状にしたものです。…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

火事の心配も少なく、お掃除もしやすいので重宝されるIHですが、焦げ付きが多いこともしばしば。困った焦げ付きは、重曹やクレンザー、アルミホイルを使って一発キャッチ!これを読めば、IHのお掃除方法しっかりわかりま…

和食

最近のグリルは、使いやすい形、温度、スチーム設定と幅広いメニューがついて、ただ魚を焼くだけでは勿体無いですよね。そんなグリルですが、受け皿や網などどれくらいの頻度でお手入れをしていますか?定番の重曹でのお掃除…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...

ページTOPに戻る