ローディング中

Loading...

多くの人にとって聞きなれない言葉かもしれませんね。アーリーレッドとは、赤玉ねぎ、レッドオニオンとも呼ばれる外も中も赤紫の玉ねぎのこと。甘味が強く刺激が少ないアーリーレッドは、サラダにぴったり!今回は、このアーリーレッドについて紹介します。

アーリーレッドの旬や特徴について

アーリーレッドは年間を通してスーパーに並んでいる食材ですが、旬といえるのは9月ごろ。北海道産が全体流通量の50%を占めていて、兵庫県産、アメリカ産と続きます。

普通のたまねぎとの違いは、甘味や水分量が多く、たまねぎ特有の辛さやにおいが弱いところ。色味もカラフルなので、サラダ料理の引き立て役として大活躍すること間違いなしです。

アーリーレッドの成分や効能とは

眼精疲労に効くアントシアニン

アーリーレッドの赤紫には、アントシアニンと呼ばれるポリフェノールの一種が含まれています。ブルーベリーやビルベリーにも含まれる成分で、眼精疲労や視覚機能を回復させる働きあり。また、高血圧の予防に役立つといわれる抗酸化作用を含んだ成分でもあります。

食欲を増進させる硫化アリル

アーリーレッドに含まれる硫化アリルは、胃の消化液を分泌させて、胃の働きを活性化します。食欲を増進させるので、夏バテした時に食べるのがおすすめ。また、硫化アリルには、ビタミンB1の吸収率を高め、疲れやすさや倦怠感を解消するという嬉しい働きもあります。

脂肪燃焼にはケルセチン

ポリフェノールの一種、ケルセチンは脂肪燃焼にも効果的だといわれています。ダイエット中の食材として取り入れるのがおすすめ。硫化アリル同様、ケルセチンも血液をサラサラ効果があり、ガン予防の効果も期待されている成分です。

アーリーレッドのおいしい食べ方と保存方法

アーリーレッドは普通の玉ねぎと同じように調理して食べてもいいの?おいしい食べ方や保存方法ってあるの?アーリーレッドのちょっとした疑問にお答えします。

おいしい食べ方

色がキレイでにおいも刺激も少ないアーリーレッドは、サラダやマリネなど加熱しない料理におすすめです。

もちろん加熱して普通のたまねぎと同じように食べても大丈夫ですが、赤紫色が溶け出てしまって、残念な見た目の料理になってしまいます。みずみずしく甘いアーリーレッドは、そのままサラダに乗せてもおいしいですが、それでもニオイが気になる場合は水にさらしましょう。

栄養素が溶け出てしまう前に水から引き上げるようにしてくださいね。水にさらす時間は5分以内を目安にしましょう!

正しい保存方法

アーリーレッドは水分量が多いので、普通のたまねぎほどは日持ちしません。保管する時は、冷蔵庫の野菜室を利用しましょう。使いきれずに残ってしまう場合は、ピクルスなどにしておくと便利ですよ!

アーリーレッドの人気レシピ

いろどり野菜のアンチョビ風味サラダ

まずはニンジンとアーリーレッドをスライス。アーリーレッドは数分水にさらします。

スライスした野菜を耐熱皿に入れ、アンチョビをちぎって乗せてください。さらにオリーブオイルを上からかけ、レンジで1分加熱します。

枝豆を乗せて、レモン汁と塩コショウで味を調えて、冷蔵庫で冷やしたら完成! 見た目もカラフル、スライスされた野菜が食べやすい栄養満点サラダです。

トマトとアーリーレッドの甘酢マリネ

トマトはキューブ型にカットし、アーリーレッドをスライス。数分水にさらし、引き上げてください。自らあげたアーリーレッドの水を切ってから塩をふり、また水分が出てきたら搾りましょう。

酢、砂糖、レモン汁、オリーブオイルを合わせてマリネ液をつくったら、トマト、アーリーレッドを混ぜ合わせ、冷蔵庫で冷やしたらできあがり。 イタリアンパセリや大葉をアクセントに乗せてもおいしいですよ!

レンジで簡単♩ラタトゥイユ

トマトはヘタを取り、フォークを刺して火にかざして皮をむきます。皮をむいたらざく切りに。湯向きでもOK。

ズッキーニ、パプリカ、アーリーレッド、ナスを 1口大にカット。フライパンにオリーブオイルとローリエを入れ、弱めの中火でズッキーニをしんなりするまで炒めたら、ローリエとズッキーニを鍋にうつしてください。

次にパプリカ、アーリーレッドを炒め、鍋へ移します。その後はナスを炒めて同じく鍋へ。オイルが足りなければ途中で適度に足しましょう。

トマト、にんにく、塩を鍋に入れ、弱めの中火で野菜と蒸し煮します。汁気がしっかり出たら中火にして15分。時々具材を上下に混ぜてください。

とろみが出るまでさらに煮ます。煮汁が多い場合はふたを取りましょう。適度に汁気が飛んで、とろんとしたら完成!作り置きにしておくと便利ですよ!

おわりに

カラフルで見た目がかわいく、栄養素もたっぷりのアーリーレッド。年中手に入る食材なので、今日から料理に取り入れてみてはいかがですか?

ふだんの代わり映えしないサラダやマリネに投入して、ひとあじ違った盛り付けを楽しんでみてくださいね!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ まとめ

ホットプレートで作る、人気のレシピをご紹介します。ご飯メニューだけではなく、おつまみやデザートレシピも!パーティーのときだけではなく、忙しいときに使える簡単&時短レシピもあります。これを読めばホットプレートを…

レシピ カクテル

「アマレット」というリキュールをご存知ですか?馴染みのある方には、すぐにピンと来るかもしれませんが、普段お酒を飲まない方からするとなんだろう?と疑問に思いますよね。アマレットを使ったオススメのカクテルをご紹介…

レシピ ハンバーグ まとめ

とってもおいしい煮込みハンバーグ。自宅で作るとき、どんな献立にすればいいか、迷うことはありませんか?もうひと品つけたしたい、栄養バランスが気になる……そんな方に、煮込みハンバーグに合うスープや副菜をレシピ付き…

スイーツ ケーキ フランス レシピ まとめ

シブーストって聞き慣れない言葉ですよね?名前は知らなくても、じつは口にしたことがあるという方もいらっしゃるかもしれません。シブーストとは何か、そしてシブーストの基本レシピからアレンジまで、たくさんご紹介します。

カレー レシピ

プチプラファッションで人気の「しまむら」。そのしまむらで買えるスヌーピーのデコカレーがかわいいと話題になっていることをご存知でしょうか。今回はしまむらのライス型を使った、簡単でかわいいスヌーピーカレーの作り方…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

スイーツ まとめ

女性に限らず、人間は甘いものが大好きです。なぜなら、糖分が足りなくなると、脳が上手く機能しなくなってしまうから。しかし、砂糖が持つ効果によって、美容、健康への悪影響が起こる事がわかりました。中でも覚えておきた…

まとめ

妊娠中や妊活中は生活、特に食べ物や飲み物には気を使うことと思います。そこでここでは、そんなときに気をつけたい食べ物、飲み物から、特に気をつけたいものを「5」つご紹介します!

コーヒー カフェ おしゃれ まとめ

世界には星の数ほどの映画がありますが、中にはコーヒーをテーマにしたものも数多くあります。その中から、厳選して「6」作品ご紹介しますので是非ご覧ください♫

バター まとめ

バター不足で、スーパーの棚からバターがなくなったという話も耳にしますが、バターの代替えになる食品ってないのでしょうか?ということで、今回はバターの代わりになる食材についてご紹介します。手作りバターの作り方もあ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

シュークリーム おしゃれ レシピ

甘くないシュークリームが今、じわじわと流行ってきているみたい♪おしゃれでかわいい「シューサレ」の魅力に迫ります!話題を先取りしてみよう♪

三軒茶屋 ステーキ ビストロ

三軒茶屋にある「ビストロ・キンタ」はあまたの著名人たちがお忍びで通う名店。その中でも特に人気なのが〆で食べる”特製ステーキ丼” あっさり肉とこってりソースのアンサンブル♪ ミディアムレアなステーキにカルボナー…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...

ページTOPに戻る