ローディング中

Loading...

新潟県魚沼地方が発祥地として知られる「へぎそば」。おそばのつなぎに「布海苔(ふのり)」という海藻が使われており、剥ぎ板で作った四角い器にのせられているおそばのことです。そんな「へぎそば」について詳しくご紹介していきます。

「へぎそば」とは?

新潟県魚沼地方が発祥地として知られる「へぎそば」は、おそばのつなぎに「布海苔」という海藻が使われています。そのおそばを「へぎ」と呼ばれる剥ぎ板で作った四角い器に、キレイな小さい束にして盛り付けていくのです。

薬味には刻みネギとからしを用いるのが特徴。わさびを用いる場合もあります。

そんなへぎそばの、歴史や作り方、さらにはおいしいへぎそばを食べられるお店まで、ご紹介していきましょう。

おいしいへぎそばの条件

へぎそばの歴史は古く、江戸時代の後期から食べられていたようです。

一般的には、小麦粉や山芋、または卵白などがおそばのつなぎとして使用されていますが、へぎそばには「布海苔」とよばれる海藻が用いられています。

もともと「布海苔」は、麻織物の「縮」で糸をつむぐときに使用されており、その性質を利用し、おそばのつなぎとして使用したことが始まりです。

四角いへぎに、波をイメージして盛り付けられるお蕎麦は、見た目がとてもキレイです。また、大きなへぎに盛り付けられるため、家族や友人など、みんなで食べられるところも、この「へぎそば」が愛されている理由でしょう。

石臼を使うと質のよい蕎麦粉ができる

おいしいへぎそばの条件は、”三たて”といわれています。三たてとは、「挽きたて、打ちたて、茹でたて」のこと。

何よりも大切なのはそば粉の品質であり、そばの実を粉にする工程で問題があっては、せっかくの良質なそばの実も、おいしくないおそばになってしまいます。

そのため、石臼挽きと呼ばれる製法で、手間ひまをかけて、良質なそば粉を作り出しているのです。

ロール挽きと呼ばれる機械挽きもありますが、やはり石臼で挽いたほうが味も香りもよく、良質なそば粉に仕上がります。

挽きぐるみで素材の味が活きる

石臼で挽いたそば粉の大抵は「挽きぐるみ」です。挽きぐるみとは、そばの実を分けずに挽きこんだそば粉のこと。そば殻は取り除きますが、甘皮から挽き込むので、そばの実のおいしい部分を余すことなく挽いた粉ができあがります。香り、味、栄養分までのそばの特長を最大限に生かす製法といえるでしょう。

新潟県産のそば粉だからこその味

新潟県は、お米の産地として有名ですが、古くから救荒作物として、おそばも栽培されてきました。昼夜の寒暖の差を利用して、お米と同様に、甘みや旨み、香りなどをたっぷりと含んでいるのです。

そんな新潟産のそば粉を使用するからこそ、へぎそばのおいしさを維持できているのかもしれません。

そばが入れられる「へぎ」とは?

へぎそばが盛られる「へぎ」は、剥ぎ板で作った四角い器のことです。この剥ぎ板の「剥ぎ」がなまって「へぎ」になっていったといわれています。

また、「へぎ」は大きく、みんなでシェアしやすいという特徴があります。これもまた、「へぎ」という器が愛される理由です。

本物のへぎそば「小島屋総本店」

新潟で本物のおいしいへぎそばを食べるなら、「小島屋総本店」です。

こちらのお店は、大正11年創業で、石臼での自家製粉と布海苔を使うことに、95年間こだわり続けています。

挽きたて、打ちたて、茹でたての”三たて”には絶対の自信をもっているお店です。

大きな水車が目印

直径5メートルという大きな水車が目印のお店、店内は和テイストで落ち着いた雰囲気です。テーブル席、座敷、個室があり、さまざまなニーズに対応可能です。

また、十日町駅から車で約10分のところにあり、アクセスも良好。

へぎそば

こちらのお店の名物である「へぎそば」です。
10分前後で提供されるこちらのへぎそばは、常にキレイに盛り付けられていて、布海苔独特のぬめりがあります。また、弾力もあり、食べごたえ抜群。

このメニューは、人数によって頼む量を変えることができるので、数人で訪れてもシェアして食べることが可能です。値段は、1人前は756円、2人前が1,512円。

このへぎそばのほか、1,458円で提供されている「天ざるそば」も人気メニュー。へぎそばだけでは物足りないという方はぜひ試してみてください。

店舗詳細

■店舗名 :小嶋屋総本店
■最寄駅 :JR飯山線・北越急行ほくほく線十日町駅
■住所 :新潟県十日町市中屋敷758-1
■電話番号:025-768-3311
■営業時間:11:00〜20:30
■定休日:無休
■参考URL:http://www.kojimaya.co.jp/

都内で食べられるへぎそば 5選

新潟県発祥のへぎそばを、東京都でも食べることができます。おすすめの5店舗をご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

1. へぎそば昆

東京都新宿区にある「へぎそば昆」は、和風テイストで落ち着いた雰囲気の店内でへぎそばやその他の料理をいただけるお店です。

また、新宿三丁目駅から徒歩2分という好立地で、たくさんの人が訪れます。

丁寧な接客をしている店員さんが、へぎそばやお酒について詳しく話してくれるので、楽しく食事できますよ。
看板メニューである「へぎそば」は、人数に合わせて注文できるので、仲間や家族で分け合って食べることができます。

つるつるとして、布海苔の香りがただようお蕎そばは歯ごたえがよく、食べごたえ抜群。居酒屋のようなお店なので、お酒の締めとして注文する方が多いようです。

店舗詳細

■店舗名 :へぎそば昆
■最寄駅 :東京メトロ丸の内線新宿御苑前駅、新宿三丁目駅
■住所 :東京都新宿区新宿2-13-11 ライオンズマンション1F
■電話番号:03-3354-2927
■営業時間:火〜土18:00〜24:30(L.O.24:00) 、日・月・祝17:00〜23:30(L.O.23:00)
■定休日:無休
■参考URL:http://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13006795/

2. ヘぎそば 清兵衛

オシャレな外観の「へぎそば 清兵衛」でも、へぎそばが食べられます。高級感のある店内は、和を基調にしたインテリア。

また、町田駅から徒歩2分とアクセスがよく、多くの人が訪れます。

こちらのおそばはすべて布海苔を使用しており、メニューには「へぎそば」という名前はついていません。おそばのメニューは、「冷やしせいろ」と「温汁せいろ」のふたつに分けられ、東京の方にもわかりやすいようにと、せいろそばという名前がつけられています。
こちらのお店の「せいろそば」は、布海苔を使用したおそばです。コシが強く、弾力のあるお蕎麦と、布海苔の香りがあります。

こちらのお店では、へぎそばメニューのほかにも、豚カツ煮御膳や天重など、ボリューミーなお料理が楽しめますよ。

店舗詳細

■店舗名 :ヘぎそば 清兵衛
■最寄駅 :JR横浜線町田駅、小田急小田原線町田駅
■住所 :東京都町田市原町田6-4-1 町田東急ツインズ EAST 8F
■電話番号:042-728-2384
■営業時間:11:00〜23:00(L.O.22:00)
■定休日:元旦のみ
■参考URL:http://tabelog.com/tokyo/A1327/A132701/13142646/

3. へぎそば 一真 虎ノ門店

東京都港区虎ノ門にある「へぎそば一真」では、定食屋のような店内で、リラックスしてへぎそばをいただけます。お店の場所は、虎ノ門駅から徒歩6分という好立地。
こちらでは、キンキンに冷えた「へぎそば」をいただけます。

コシの強さと布海苔の風味、また、そのボリュームにも驚かされるはず。

また、大盛りの注文も可能で、つゆの追加もOK。つゆが足りなくなるなんてことはなく、最後までおいしく食べられます。

へぎそばのほかにも、天ぷらを中心にたくさんのメニューがあるので、ぜひそちらも試してみてください。

店舗詳細

■店舗名 :へぎそば 一真 虎ノ門店
■最寄駅 :東京メトロ銀座線虎ノ門駅、日比谷線神谷町駅
■住所 :東京都港区虎ノ門2-9-16 日本消防会館 B1F
■電話番号:03-3593-0112
■営業時間:11:30〜14:30、17:30〜22:00(L.O.21:30)
■定休日:土・日・祝
■参考URL:http://tabelog.com/tokyo/A1308/A130802/13180625/dtlmenu/

4. へぎそば そば酒坊

東京都墨田区にある「へぎそば そば酒坊」では、昼はランチとして、夜は居酒屋として「へぎそば」を提供しています。

昔ながらの風情を感じさせる外観、懐かしい気持ちになる店内は木を基調としており、そこにいるだけでゆったりとした気持ちになるでしょう。
へぎを使った「ざるそば」が人気メニュー。布海苔を使ったざるそばの、みずみずしい見た目と、のどごしと歯ごたえのよさが特徴です。

へぎそば以外にも、いなり寿司や塩辛などいろいろなメニューを楽しむことができます。

店舗詳細

■店舗名 :へぎそば そば酒坊
■最寄駅 :JR総武線錦糸町駅
■住所 :東京都墨田区太平4-8-12 1F
■電話番号:03-3622-0345
■営業時間:11:30〜15:00、18:00〜24:00
■定休日:火
■参考URL:http://tabelog.com/tokyo/A1312/A131201/13132857/

5. へぎそば処 うち田

東京都中央区築地にある「へぎそば処 うち田」は、定食屋さんのような店内が、懐かしさを感じさせてくれます。

また、築地駅から279メートルと近く、たくさんの方が訪れるのです。
こちらのお店で提供される「へぎそば」は、歯ごたえのよさが特徴で、布海苔独特のぬめりもあります。

へぎそばのほかには、牛モツ煮や納豆オムレツなど、さまざまなメニューがあり、それに合わせたおいしいお酒もあるので、ゆったりと楽しむことができるでしょう。

店舗詳細

■店舗名 :へぎそば処 うち田
■最寄駅 :東京メトロ日比谷線築地駅
■住所 :東京都中央区築地7-8-7
■電話番号:03-3543-2236
■営業時間:月〜金11:30〜14:30、17:00〜23:15(L.O.22:45)、土・祝17:00〜22:00(L.O.21:00)
■定休日:日
■参考URL:http://tabelog.com/tokyo/A1313/A131301/13117430/

おわりに

新潟県発祥の「へぎそば」についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。
あなたもぜひ食べてみてくださいね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

八王子 東京 パン カツ丼 カレー レシピ

八王子のご当地グルメ「パンカツ」を知っていますか?今回は気になる作り方から、パンカツの名店「やまと」の店舗情報まで詳しくまとめてみました。サックサクの見た目に隠されたその味はいかに……?実際に作ってみたので実…

スイカ

夏の風物詩、スイカ。大ぶりなものを見かけるとつい食べたくなりますね!でも、おウチの冷蔵庫で冷やすってちょっとむずかしくありませんか?そこで今回は、自宅で実践できるスイカの冷やし方をご紹介!キンキンに冷やして、…

そうめん

そうめんは古いものほど高級品として扱われることを知っていますか?そうめんは古い方が旨味が増すとされているんです!では、家で保管しているそうめんも古くなるまで待った方がおいしくなるのでしょうか?保存の注意点など…

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

銀座 和食 ランチ まとめ

銀座でランチというと、ちょっぴりお高めという印象ですが、今回は比較的リーズナブルなおすすめの和食ランチをご紹介します。安くてボリューム満点のお店、1000円以下で食べられるお店、個室のあるお店などを集めてみま…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

ケーキ スイーツ チョコレート まとめ

1月23日(金)、全国の「シャトレーゼ」で「産直スイーツフェア」が開催!フェアでは、産地直送の苺を贅沢に使用したショートケーキ『農家直送苺とうみたて卵をたっぷり使った特撰ショートケーキ』など注目スイーツが期間…

秋田 お土産 お菓子 まとめ

秋田といえば豊かな自然と伝統を誇る東北有数の観光地。十和田湖、奥入瀬渓流などは四季それぞれに美しい表情を見せてくれます。そして、秋田にはおいしいものもたくさん!秋田に行ったら買うべきお土産をご紹介します。

チーズ まとめ おつまみ

ワインが好きな人はもちろん、そうでない人もチーズが好きな人は多いはず。今回はそんなチーズの「変わり種」から「王道人気商品」まで、お取り寄せ可能な商品を紹介します。

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

おつまみ

大分の漁師たちの贅沢まかない飯「あつめし」。鮮度抜群な出来立ての味わいを家庭で楽しめるんですよ!きゅっと身がしまって脂ノリのよい大分産ブリが、丼に、お茶漬けに、サラダアレンジに……と大活躍!実際に食べた感想を…

専門店 横浜 パイ アメリカ

アメリカ西海岸仕込みのパイ専門店「パイホリック」が、横浜に誕生する新スポット「マリン アンド ウォーク ヨコハマ」内にオープン。定番からデザートパイまで、20種類以上のカリフォルニアスタイルのパイと本場アメリ…

有楽町 喫茶店 サンドイッチ カフェ

「はまの屋」は、2011年に一度45年の歴史に幕を下ろします。その後2012年に再スタート。ブレンドコーヒーとサンドイッチが人気の、とってもレトロな喫茶店の中の喫茶店です。カフェ、ではなく喫茶店巡りが好きなひ…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...

ページTOPに戻る