ローディング中

Loading...

わさびと言われて頭に浮かぶのは緑色のわさびですよね。北海道、札幌名産の「山わさび」はなんと白いわさびなんです。想像できますか?白いわさびはどんな味なのでしょうか。今回はこの山わさびについて詳しくご紹介していきます。

山わさびとは

山わさびとはアブラナ科の多年草で、普段私たちが目にするわさびとは違い白い根をしています。寒さに強いことから北海道特有のわさびとして広く知られています。別名「ホースラデッシュ」や「西洋わさび」とも呼ばれています。

原産地はフィンランドから東ヨーロッパとされ日本には明治時代に伝わってきました。涼しい気候が山わさびのツンとした辛みを引き出すため、日本では北海道での生産に適しています。旬の時期は12月から3月にかけてで、若葉の部分は春から初夏までです。貯蔵性が高く輸入品も多く、ほぼ年中流通しています。

味の特徴

山わさびは日本の山葵(わさび)ほど辛みは強くなく少しマイルドですが、本わさびと比べると1.5倍ほどの辛みがあるのが特徴。山わさびの種類の中には、わさび大根と呼ばれるものもあり、おろしてすぐ強烈な刺激が生じ鼻から涙腺を占領してしまうほど辛みの強いものもあります。

新鮮なものの見分け方

山わさびの新鮮なものの見分け方のポイントは「白さ」です。なるべく白いものを選びましょう。鮮度が落ちてくると黄色や茶色に変色し香りが弱まります。おろしたあとも白っぽいのが新鮮で、新鮮でないものはオレンジ色に近づきます。

山わさびの栽培方法

山わさびの栽培方法はその名の通り山(畑)の土で栽培されます。9月~4月・3月~4月が植え付け時期で、穫までの期間は1年から3年が目安とされています。山さびは非常に生命力が強く北海道の家庭では庭の端っこに植えてほったらかしでもできるほどで、肥料や散水の必要もなく、手間いらずですくすく育ちます。

山わさびと本わさびの違い

山わさびと本わさびの最大の違いは栽培方法で、山わさびは畑で栽培されますが、本わさびは水や沢で育てます。本わさびより山さびのほうがツンとくる辛みが強く、その特有な辛みと風味が色々な料理とマッチ。トーストビーフやステーキなどの洋食から焼き鳥やそばなどの和食まで幅広く楽しまれています。山わさび特有の辛みが、ついくせになる美味しさです。

わさびはなぜ辛いのか

わさびの最大の特徴はあの独特の鼻にくる辛み。あの辛みはどこからくるのでしょう。辛みの正体は「シニグリン」という成分です。すりおろすことでわさびの細胞が壊れ、酵素が働きシニグリンが加水分解され、あの独特な辛みが生まれます。

山わさびの栄養

山わさびのカロリーは大さじ1杯で18Kcal。ビタミン・ミネラルの中ではビタミンCやモリブデンの割合が多く食物繊維も豊富です。さらにカリウムやカルシウムが多く女性に嬉しい成分が詰まっています。ではこれらの栄養成分が私たちの体にどのような効能をもたらすか、ご紹介します。

山わさびの効果効能

抗菌作用

山わさびの辛みを出している成分アリルイソチオシアネートには、高い抗菌作用があります。体内に混入してきた大腸菌や黄色ブドウ球菌、その他には腸炎ビブリオなどの食中毒菌の増殖を抑えてくれる役目を担っています。お寿司にはわさびが始めから入っていたり、お刺身にわさびをつける習慣は、ただ美味しいからだけでなく食中毒予防の意味もあるのですね。

解毒効果

がんの原因の1つに食物を焼いたときに出る「焦げ」がよくないとされていますが、山わさびにはその焦げ物質を分解する働きから、がん予防の1つとして取り上げられています。

また、山わさびの辛み成分が、強い発がん物質と言われている「アフラトキシン」を無毒化できる成分「グルコシノレート」を含んでいることから、解毒効果が高いとされています。健康食品やサプリなどの応用へ期待されている食品です。

血流改善

山わさびをすることで発生する「スルフィニル」という成分は血流の改善に効果があり、血液が固まることを防ぎます。さらに血流が良くなることでデトックス効果も期待でき、美肌効果や若返り効果もあります。

むくみ解消

山わさびに多く含まれるカリウムは、むくみの原因となるナトリウムを体外に排出するのを助ける働きがあります。ナトリウムが排出されると、体にたまった余分な水分を取り除き、むくみが改善します。さらにカリウムは生食で摂取すると効果が大きく、山わさびのほとんどは生食のため、効果的に摂取できます。

美白効果

山わさびに含まれるビタミンCは、シミのもとになるメラニン色素の生成を抑える効果があります。さらに色素沈着したメラニン色素を本来の色に戻す還元作用があり、美白効果が期待できます。また、ニキビの改善や疲労回復によるくすみの軽減などで美肌効果も期待でき、免疫力も高めます。

山わさびの食べ方

主な山わさびの食べ方は、ローストビーフやステーキなどの付け合わせです。手ですりおろすと目に染みる原因になるので、フードプロセッサーを使用するのも1つの方法です。

また葉も食べることができますが、金属で切ってしまうと変色してしまうの手でちぎってください。さらに水でキレイに洗い、金属ではないプラスチックのザルなどに入れ、熱湯をかけて粗熱が取れたら揉んで辛み成分を引き出します。山わさびの葉は醤油漬けが一般的で醤油をかけ冷蔵庫で1時間置いてさらに揉み、また冷蔵庫で3時間ほど寝かせると美味しく頂けます。

山わさびの保存方法

山わさびの保存方法は、乾燥しないよう保存袋に入れてしっかり締めます。冷蔵庫に入れて1ヶ月から2ヶ月ほど持ちます。

山わさびの人気レシピ

山わさびの定番レシピの中で人気なのは「山わさびの醤油漬け」、山わさびをドレッシングとしてかけて食べる「山わさびサラダ」、すった山わさびに味噌やみりんで味付けした「山わさびの味噌漬け」、こちらはあつあつごはんにピッタリです。

山わさびは葉まで食べれて捨てるところがありません。葉も醤油漬けにしたり、ピリッと美味しい酢漬けにしたり、天ぷらにして食べるのもオススメ。

山わさびの醤油漬け

作り方はとっも簡単!山わさび(200g)をすり、醤油大さじ6~7、酒大さじ2を混ぜ合わせたら完了です。ガラス容器に入れ落としラップで空気の出入りを止めて冷蔵庫で3時間ほど置きます。味が染みて美味しく食べられますよ。また、冷凍保存も可能です。

山わさびドレッシングサラダ

ピリッと美味しい山わさびは、ドレッシングにすると野菜の甘みが引き立ちます。カルパッチョやお魚をのせたサラダに良く合います。お好きなサラダにかけてみてください。

作り方はオリーブオイル大さじ3、醤油大さじ2、バルサミコ酢大さじ1、玉ねぎみじん切り中1/4、塩コショウ少々とすりおろした山わさび大さじ3を混ぜ合わせて完成。

山わさびの味噌漬け

あつあつのご飯にピッタリの山わさびの味噌漬け。山わさびをきれいに洗い皮を剥きます。フードプロセッサーで一気にすりおろすと刺激が目に染みません。山わさび2本に対し、味噌大さじ3、みりん小さじ1/2、砂糖適量を固さを見ながら調節して、混ぜ合わせたらできあがりです。

山わさびの葉のお浸し

山わさびの葉を美味しく食べるレシピは、やはり定番の醤油漬け。醤油は普通の醤油でも美味しいですが、東北で人気の万能つゆ「味どうらく」で味付けするのが北海道、東北地方で定番レシピです。

山わさびの葉をきれいに洗い、食べやすい大きさに切って熱湯をかけます。お好みですり切れなかった根の部分を入れても美味しいです。山わさび200gに対し味どうらく50ccで混ぜ合わせてできあがりです。

プランターで栽培してみよう

山わさびは生命力が強く、プランターでも育てることができます。植え付けに適した時期は春頃の3~5月頃。山わさびは縦に伸びるので、深めのプランターで水はけのよい腐葉土に植えます。種球が全て土に隠れるように植え、感覚は30センチほどあけましょう。植え付け1ヶ月で追肥して土寄せし、水やりをするだけ。かかる手間はそのくらいです。植えてからすぐは根が小さいため、翌年からいただきましょう。

おわりに

いかがでしたか?北海道、札幌名産の「山わさび」をスーパーなどで見かけたら、ぜひ購入してみてください。アツアツのご飯や美味しいお肉、お魚の付け合わせにピッタリ!色々なアレンジで楽しんでみてくださいね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

まとめ 豆腐 しょうが レシピ

豆腐を温めて食べる「温奴」が、健康的でおいしいと話題になっているようです。電子レンジで簡単に作ることができ、ダイエットや冷え性にも効果的なのだとか。豆腐というシンプルな食材だけに、アレンジもさまざま!あなたも…

まとめ

いつも少量しか使わない薬味は使いかけのままつい残しがち。しかしやっぱり料理には薬味がほしいもの。計画的に保存して節約しましょう! ねぎ・生姜・にんにく・大葉・みょうがの保存方法をまとめました。これであなたも薬…

レシピ クリームソース

ハンバーグにはベジタブルミックス、ニンジンのソテー・・・正直ちょっと「お子様」だな〜と思っていませんでしたか?嫌いじゃないけど、もうちょっとオシャレ感も出したい・・。それならこの2つのレシピにおまかせ♡お肉料…

まとめ 大根

料理道具として欠かせない「おろし金」。おろし金にはそれぞれ特徴があって、食感が全く異なります。今回は「おろしニスト」として活躍する飯田結太さんが紹介する、おすすめのおろし金をまとめました。ぜひお料理に合わせて…

調味料

わさびは日本原産の香辛料として親しまれ、寿司や料理のアクセントとして使用されることもあります。大抵すりおろして薬味に使われますよね。そんなわさびはなんと健康にもいいとか…?食欲増進やアンチエイジ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

缶詰 まとめ

普段缶詰にこだわることってそんなにないですよね。 缶詰一つで食卓がちょっと豪華になったらとても便利じゃないですか? そこでちょっと高級なこだわり缶詰をまとめてみました。

レシピ まとめ

子供が風邪!ってときは親は自分が風邪のときよりも辛いもの。せめて食べ物を摂取できれば回復は早いのですが、熱を出して何も食べられないと心配になりますよね。何を作ってあげたらいいのかわからない…、そ…

ワイン 日本酒 まとめ

今回紹介するのはチェーン居酒屋にも置いてある、ワイングラスで飲むと美味しい3つの純米吟醸酒です。日本食だけじゃなく、フランス料理などに合わせて飲むのもおすすめです!

フルーツ スイーツ まとめ

おいしくキレイになる…なんて甘い響きなのでしょう!今回は、女子なら誰しもが一度は望む欲ばりな願いを叶える、美容に◎なスイーツをランキング形式でご紹介しちゃいます♪美容のプロ厳選のスイーツばかりで…

ケーキ スイーツ チョコレート まとめ

1月23日(金)、全国の「シャトレーゼ」で「産直スイーツフェア」が開催!フェアでは、産地直送の苺を贅沢に使用したショートケーキ『農家直送苺とうみたて卵をたっぷり使った特撰ショートケーキ』など注目スイーツが期間…

まとめ マフィン スイーツ

コストコの人気商品といえば、大きなマフィンもその1つ。ボリュームたっぷりで美味しいことから、コストコに行くと買う!という方も多いですよね♪そんなコストコの人気マフィンをまとめました。

お茶 おしゃれ 日本茶 まとめ

思わずギフトにしたくなるようなパッケージがかわいい日本茶をまとめました。かわいいうえだけでなく、お茶なので誰にでも喜ばれると思いますよ♩自分用に買ってもワクワクできそうです。種類も豊富なので贈り物に迷った時は…

日本酒 ゼリー まとめ

さわやかなおいしさをフルーティーな日本酒の香りが楽しめる日本酒ゼリーは大人のためのデザート。なかにはアルコールが低いものもあるので、お酒が苦手でも楽しめるそうです!お取り寄せできる「日本酒ゼリー」をまとめまし…

スイーツ まとめ

instagram内では、「パスタ部」「スイーツ部」「サラダ部」のように自分が食べた、もしくは作った美味しいものを「#◯◯部」として投稿するのが定番になっています。さっそく何があるのか見ていきましょう!

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

たまご お弁当 アボカド

インスタグラムの新しいトレンド「#ほめたまごはん」をご存知ですか?黄身の色が鮮やかなたまご「ほめたま」を使った料理写真につけるタグなんです。おいしく美しい「ほめたまごはん」でほめられちゃうかも!? おすすめの…

食べ歩き 韓国料理 韓国

macaroniとDeNAトラベルのコラボ企画「韓国vs台湾 最新食べ歩きグルメを調査せよ」。おかげさまで多数のご応募をいただきました!今回は、当選した特派員によるレポートをお届け。食べ歩きグルメの最新トレン…

大阪 ランチ ステーキ

大阪市中央区天満橋にあるステーキハウス、「OH!MY BEEF! 天満橋」に行ってきました。

まとめ

洋服についてしまった食べ物のシミって、上手に落とせないことが多いですよね。しかし、汚れのタイプに応じた処置がすぐにできればキレイに落とせるかもしれません♪ そこで、お家で簡単に試せるシミ抜き方法をご紹介☆ ぜ…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...