ローディング中

Loading...

食事の時はもちろん、ちょっと一息つきたい時など私たちの生活とはきってもきれないお茶。お茶と一口に言っても種類はたくさん。今回は色々なお茶についてのご紹介です。お茶の知識を深めて毎日のティータイムをより有意義なものにしてみませんか?

日本茶の種類

その香りをかぐだけで心が落ち着く、日本茶。日本で作られるお茶のほとんどは、緑茶です。といっても栽培方法や茶摘みの時期、製造過程によってその種類は多岐にわたります。まずは日本茶についてご紹介していきます。

煎茶、深蒸し煎茶

日本茶と聞いて皆さんが思い浮かべるのは、おそらく煎茶でしょう。煎茶は日本で一番飲まれているお茶の代表選手です。生葉は、摘んだ瞬間から発酵が始まってしまいますが緑茶は新鮮なまま蒸す、炒るなどの熱処理を行うことにより酸化酵素の働きを止めています。これを荒茶製造と呼びます。荒茶製造の中でも一般的な方法で作られているのが煎茶です。

また、普通の煎茶の2倍時間をかけて茶葉を蒸して作られるのが、深蒸し煎茶です。茶葉の中まで蒸気の熱が伝わるので粉っぽさがある見た目になりますが、青臭さや渋みが抜けたまろやかな味わいになります。

玉露、かぶせ茶

お茶の新芽が2枚から3枚ほど開き始めたころに、藁やヨシズを使って茶畑を覆い、お茶に陽の光が当たらないようにして育てられたお茶を玉露といいます。光を当てない状態で新芽を育てていくことで渋みが減少し、旨味が多くなるのです。まるで海苔を思わせるような香りの「覆い香」が大きな特徴です。そして、新芽を覆う期間を玉露より1週間短くしたのが、かぶせ茶です。

抹茶、てん茶

茶道やスイーツでも人気の抹茶は、てん茶を茶臼で挽いたもののことを言います。てん茶とは玉露のように茶葉を日光で遮って育てた一番茶が原料です。玉露よりも長い期間、日光を遮断します。そして、玉露のように蒸した後、揉まずそのまま乾燥させ、茎、葉脈などを取り除きます。このてん茶を、出荷の直前に茶臼で挽いたものが抹茶です。

茶道などに使われる抹茶、いわゆる濃茶は、かつては樹齢が100年以上の古木から摘んだ茶葉を使用していました。最近では品種や栽培管理、日光を遮る被覆期間を検討し、その中でも良質な茶葉が濃茶として出荷されています。

玉緑茶、釜伸び茶、釜炒り玉緑茶

主に九州の北部や中部で作られているお茶を玉緑茶といいます。製造途中の過程は煎茶と変わりませんが、最後に形を細長くまっすぐにする行程がなく、回転しているドラム式の機械の中に茶葉を入れ、その中で熱風をかけて茶葉を乾燥させます。よって、丸々した形状に仕上がります。渋みが少ないまろやかさが特徴です。

次に、生葉を蒸すことなく、高温の釜の中で炒って酸化を防いだお茶を釜伸び茶といいます。精揉機を用いて細撚りの形状に茶葉を整えて作る点が特徴の一つ。

釜伸び茶と同じように、生葉を炒って酸化を防ぎ、玉緑茶のように回転するドラム式機械で熱風をかけ、茶葉を乾燥させたお茶を釜炒り玉緑茶と言います。釜で炒り、形状がグリッと丸々しいことから、別名カマグリとも呼ばれています。

茎茶、芽茶、頭、粉茶 

玉露や煎茶の仕上げの工程で選別機を使って、新芽の茎のみを抽出したお茶のことを茎茶と呼びます。玉露や高級煎茶の茎は、かりがねと呼ばれる有名な茎茶です。さわやかな香りと甘みを持っており、緑色が濃いほど、甘味が増します。赤褐色をした太い茎は棒茶と呼んで販売している地域もあります。

同じく玉露や煎茶の仕上げ工程で、芽の先の細い部分を選定したお茶のことを芽茶と呼びます。高級茶の原料から選別されるため、しっかりした味と旨味が楽しめます。

葉っぱが硬化したために揉んだ時に扁平な形状になった茶葉を頭、ないし頭柳(あたまやなぎ)と呼びます。また、お茶の仕上げ工程でふるいなどで細かい粉だけを選別したお茶のことを粉茶と言います。お茶を入れた時に、目にも鮮やかな緑色をしており、味も非常に濃いです。

玄米茶、ほうじ茶

蒸した玄米を炒って、煎茶、番茶と同じ割合で加えたお茶のことを玄米茶と言います。玄米が混ざっているのでカフェインの量が少なく、小さな子供やお年寄りも安心して飲むことができます。玄米の香ばしさと、番茶や煎茶のすっきりした爽やかさが楽しめます。

番茶や煎茶、茎茶を強火できつね色になるまで炒ることで、香ばしさを引き出したお茶のことをほうじ茶と言います。また、煎茶や番茶の仕上げ工程で形の大きなものを選別して混ぜ合わせ、炒ったものも同じくほうじ茶といいます。ほうじ機という機械で200℃まで加熱してすぐに冷やします。炒ることでカフェインが昇華されるため、小さな子供からお年寄りの方まで飲むことができ、香ばしい美味しさを楽しめます。

番茶

番茶は番外のお茶、と言う意味が由来とされており、大きく分けると4種類になります。
・一番茶を摘んだ後、遅れて出来た芽を採取したもの
・三番茶を摘まずに枝や葉を伸ばしたものを秋に採取したもの
・仕上げ工程で大きく扁平になった葉を切断せずに製品として販売したもの
・北海道や東北、北陸地方では、ほうじ茶のこと

日本茶の主流ではない規格外のお茶のことを番茶といいます。他の説は、遅く摘んだ晩年のお茶、晩茶が転じて番茶と呼ばれたと言う説、番小屋で待機をしている時に飲んでいた安いお茶のことを番茶と呼び、そこに由来しているという説もあります。

その他のお茶

お茶は日本茶だけではありませんよね。日本茶以外の代表的なお茶についてもご紹介しましょう。

中国茶

中国はお茶の発祥の地と言われており、その種類は数百にも上ると言われています。分類の仕方も味や香りなど様々ですが、一般的な分類方法は発酵度です。

生産量、消費量ともにもっとも多いお茶が緑茶。釜炒りでつくられており、代表的なお茶は緑牡丹です。

そして、福建省で一番多く生産され、茶葉が芽吹き、まだ白毛がとれていない状態で採取して自然乾燥させた、発酵度が浅いお茶を白茶と呼びます。白牡丹が有名です。

製造過程の途中で軽く発酵させたお茶は黄茶と呼ばれ、代表的なお茶は君山銀針(くんざんぎんしん)です。

青茶はウーロン茶に代表される日本でも良く知られるお茶です。発酵している褐色部分と発酵していない緑色部分が交じり合い、青色に見えることが名前の由来です。大陸産と台湾産、二種類があります。代表的な青茶に凍頂烏龍茶、東方美人、鉄観音、黄金桂、水仙茶などがあります。

実は、イギリスの紅茶文化を取り入れ中国で独自に発展した紅茶の生産量も多く、緑茶に次いで2位となっています。特にキーモンは世界三大紅茶の一つに数えられています。

茶葉に微生物を植え付けることで発酵させたお茶を黒茶と呼び、長期保存が可能です。年代物はヴィンテージとして高い値がつけられています。代表は普洱茶です。また、有名なジャスミン茶は特別加工がおこなわれています。茶葉とジャスミンの花を何層にも重ねて香り付けしており、ジャスミンの芳香と爽やかな味が楽しめます。

紅茶

世界中でもっとも飲まれているお茶は紅茶であり、世界20数カ国で生産、お茶の生産量の約70%が紅茶です。紅茶は産地の気候や風土によってさまざまな味が楽しめます。そのため、産地がそのまま銘柄として使用されているのです。

大きく分けると香りが濃厚なアッサム種と繊細な中国種の2つになりますが、それを交配させた品種も多くあります。世界三大紅茶はインドのダージリン、スリランカのウバ、中国のキーモンです。

製造過程で生まれる数々のお茶

いかがでしたか?普段何気なく飲んでいるお茶でも、その製造過程でさまざまな種類があるのがお分かりいただけたと思います。これからも私たちの生活に欠かせないお茶、これを機に色々な種類をシーンによって飲み分けてみてはいかがでしょうか。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

鶏そぼろ 鶏肉 まとめ

ホカホカ炊きたての白いご飯の上にただのせただけでもおいしい鶏そぼろ。お弁当やおにぎりにと、お子様たちにも人気ですよね。今回は、簡単でおいしい鶏そぼろのアレンジレシピをまとめましたので、ぜひ試してみてください。

おしゃれ まとめ

みなさんは、「ティーストレーナー」という道具を使ったことがありますか?いわゆる「茶こし」のことなのですが、今スタイリッシュに進化を遂げているんです!今回は、気になる使い方と、ぜひともおすすめしたい商品15選を…

いちご フルーツ まとめ

甘酸っぱい真っ赤なイチゴは、おとなも子供も大好物!海外からの観光客にも大人気のイチゴ狩りは、遠出しなくても意外と近場で楽しむことが出来るんです。関東でのおすすめのスポットや、いちご狩りのシーズンなど、イチゴ狩…

ホットドリンク チョコレート まとめ

スタバと言えば様々なドリンクが楽しめるカフェとして有名ですよね。メニューのまま注文してもいいけれど、カスタマイズするとより美味しく飲めることも。そこで今回は、抹茶やチョコレート、ココアなどおすすめカスタマイズ…

東京 まとめ

東京で食べられるおいしいいちごスイーツを一挙公開しちゃいます。テイクアウトできるものもありますので、お土産や差し入れをお探しの方にもおすすめです。味はもちろん、見た目にもキュートないちごスイーツが次々と登場!…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

ピザ パン まとめ

世界には、何でこんなことをしようと思ったんだろう…と思ってしまうようなことが沢山あります。でも、そんなしょうもないことでも、世界一なら認定してくれるのがギネスこと『guinnessworldre…

合コン ワイン 日本酒 まとめ

忘年会や新年会が多いこの時期、上司やお偉いさんとお酒の席を共にする事も多いですよね。そんな時、社会人として絶対に覚えておきたいお酒の席でのマナーを7つ選びました。これをしっかり覚えて飲み会に望めば失敗すること…

おしゃれ まとめ

キッチンが狭いと料理も収納も面倒くさくなって適当に投げ出してしまいがちですが、ちょっとした工夫をするだけで簡単、かつオシャレにキッチングッズを収納することが出来るのです。ここではそんな簡単オシャレな収納法をま…

日本酒 ワイン まとめ

日本酒というとちょっと飲みにくいイメージを持つ人もいると思いますが、最近ではワインやシャンパン、リキュールみたいに飲みやすい、新感覚の日本酒が続々と登場しています!今回は、その中でも注目の15種類をまとめてみ…

おしゃれ カフェ レストラン 東京 まとめ

雑誌の撮影などで使われているおしゃれなお店ってつい気になったりしませんか?行ってみたいなと思っても場所が書いてなかったり…今回はそんなカフェやレストランを都内14店舗と藤沢の1店舗をご紹介します…

おしゃれ まとめ

花見やハイキングにお弁当や料理を持ちよるときは、使い捨ての食器があると助かります。とはいえ味気ない食器を使うとせっかくの行楽気分も少し残念な気分に。そこで、是非持っていきたい、使い捨てだけどデザインがかわいい…

ニューヨーク レストラン カフェ スイーツ まとめ

ご旅行などでNYに行かれる予定のある方必見♡なんと、10ドル以下で食べられるお店がNYにはたくさんあるんです。美味しくてお財布に優しいお店を紹介していきます。

ココナッツオイル まとめ

モデルのミランダ・カーや道端ジェシカも愛用していることで日本でも一気に人気が高まったココナッツオイルですが、実は意外なことにもつかえるとても便利なオイルだったのです。

まとめ

メイクも大事だけれど、やはりすっぴんで美しい肌になれればいうことないですよね~。肌をきれいにする食べ物について調べてみました。腸をきれいにすることが美肌にもつながるそうですよ。どんなものを食べると効果的でしょ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

たまご たまごかけごはん

日本で初めて生まれたブランド卵「ヨード卵・光」。食べたことのある人なら、そのおいしさはご存知ですよね。たまごかけごはんにしても当然おいしいたまごですが、他社商品と比べてみたらどうなのでしょう。さっそくたまごを…

チョコレート デニッシュ パン

イトーヨーカドーの「デニッシュブレッド」がとびきりおいしいデザートパンに大変身!その名も「オリジナル濃厚チョコデニッシュ」。ベルギーチョコがたっぷりと入り、しっとりとした食感になったこのパンの味わいを、発売前…

神楽坂 まとめ

石だたみや古い建物が風情を醸し出す神楽坂。この街に最近、築年数が古く味わい深い古民家をリノベーションした、おしゃれなカフェやレストランが次々にオープンしています。その中から、ヒルナンデスで紹介された人気店をま…

栄養豊富な「おかわかめ」をご存知ですか?海藻のわかめのように粘り気のある食感がありますが、野菜の一種です。育て方次第では、グリーンカーテンにもできますよ。今回は、おかわかめの持つ栄養や食べ方、レシピについてご…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...