ローディング中

Loading...

ピーマンは、比較的安く手に入り、いろんな料理に使えるので、ついまとめ買いしたくなりますよね。今回は、意外と知らないピーマンの保存方法や、おすすめの大量消費レシピをまとめてみました。ピーマン嫌いのお子様でも食べやすい、絶品レシピもありますよ!

今が旬のピーマンをまとめ買い!

ピーマンは夏野菜です。まさに今が旬!野菜売り場には、つやつやとおいしそうなピーマンがずらりと並びます。お値段も安く、お財布にやさしい野菜です。とてもお得なので、まとめ買いされる方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、ピーマンをまとめ買いしてしまいがちなあなたのために、その保存法や大量消費のレシピをご紹介!ぜひ、参考にしてみてくださいね。

まとめ買いしたときの保存方法は?

ピーマンを保存するときは、水分がぬけてしまわないように注意しましょう。保存は10℃程度が目安です。特に夏場は、冷蔵庫に保存するようにしましょう。水分を保つには、できればひとつずつ、新聞紙かラップに包むのがおすすめです。

どれくらい日もちする?

おいしく食べることができるのは、だいたい1週間程度。それまでなら、見た目にもつやつやしていて、生でもおいしくいただけますよ。もし、見るからにしわしわになってしまったら、生では食べずに加熱調理してくださいね。

冷凍保存もOK

1週間で食べきれそうにない場合は、冷凍保存をすることもできます。スライスして生のままジップロックなどに入れ、冷凍しましょう。凍ったまま調理したり、レンジで解凍してから調理すると、生とは食感が変わるので、濃い味の料理にするのがおすすめですよ。

ピーマン大量消費レシピ12選

1. タモさんのピーマン

芸能界きっての料理上手であるタモリさんが、テレビで紹介していた食べ方です。タモさんいわく、「ピーマンの一番おいしい食べ方」なのだとか。いわゆる煮びたしなのですが、ピーマンそのものの味を活かした、シンプルな味付けです。ほんのりと甘みも感じられます。煮汁がじゅわ~っとしみて、ごはんが進みますよ。

2. ピーマン漬け

ピーマンをグリルで焼いて、めんつゆ、お酢、ごま油で漬け込みます。夏にうれしい、サッパリした味わいに!フライパンではなくグリルを使うことと、ピーマンが熱いうちに漬け込むことがポイントです。冷蔵庫で冷やしてももちろんおいしいのですが、漬けてからすぐに食べられるので、あと一品!というときにぴったりですね。

3. 塩昆布炒め

材料は、ピーマン、塩昆布、ごま油だけのシンプルなレシピです。塩昆布だけで味が決まるので、失敗の心配もありません。お弁当のおかずにもぴったりですよ。ピーマンを電子レンジで加熱して作ることもできるので、さらに時短もできちゃいます。

4. ピーマンの佃煮

甘辛い味付けで、ごはんが進む佃煮です。ピーマン特有の苦みがなくなるので、ピーマンが苦手なお子さんにもおすすめですよ。大人向けにするなら、一味唐辛子や七味唐辛子をプラスしみるのもいいですね。多めに作って、常備菜にいかがでしょう。

5. ピーマンとツナのきんぴら

ピーマンとツナは、相性抜群!たくさん作っても、ひとりで食べ切れてしまうのではというおいしさです。ツナは小さなお子さんにも人気の食材なので、ピーマン苦手も克服できるかも!? お酒のおつまみにもなりますよ。

6. 無限ピーマン

SNSで話題の無限ピーマン。その名のとおり、無限に食べれてしまいます!電子レンジで調理できるので、とっても簡単に作れますよ。ごはんにもお酒にも合うので、何度もリピートして作る方が続出中です。
macaroniでの無限ピーマンまとめ記事もぜひチェックしてくださいね▼

7. ピーマンの甘辛炒め

牛豚ひき肉をプラスして、ボリュームアップ!主菜にもなるレシピです。甘辛い味付けは、言うまでもなくごはんにぴったり。どんぶりにしてもおいしいですよ。こちらのレシピではニンジンを使っていますが、おうちにある野菜ならなんでもOKです。

8. 種も食べちゃう丸焼きチーズ

種まで食べれるとは驚きですよね。とろけたチーズと種のつぶつぶとした歯ごたえが、意外にもマッチしますよ。ピーマンを丸ごと焼く大胆レシピなので、BBQにもぴったりです。今年のBBQにいかがでしょう。

9. 揚げ浸しピーマン

ピーマンと同じく、夏野菜のナスをいっしょに味わえます。揚げ浸しは冷やしておかずとして食べてもおいしいですし、そうめんのトッピングにアレンジもできます。夏の太陽をしっかりあびた旬の野菜、しかもお財布にやさしいので、まあにいいことづくし!ピーマンだけでなく、ナスも大量消費できますよ。

10. 本格チンジャオロース

にんにくの香りが食欲をそそる、本格的なチンジャオロースです。コツは強火で一気に炒めること。炒めるときは、1分ほどでさっと仕上げましょう。ピーマンのシャキシャキ感が残るように、炒めてくださいね。

11. 材料4つ!砂肝炒め

必要な材料は4つのみと、とてもシンプルなレシピです。砂肝とピーマンをバターでさっと炒め、塩コショウで味をととのえて完成です。ビールのおつまみにもぴったりなこちらの料理は、赤と緑ん2色のピーマン使うことで、色鮮やかな一品になります。

12. ピーマンのごはん詰め

ピーマンにお肉ではなく、ごはんを詰めて焼きます。チーズをのせてトースターで焼いて、仕上げにパセリとナツメグをトッピングすると洋風に、みりんとしょうゆで味付けすると和風になります。家族のリクエストに合わせて作り分けられますね。

おいしいピーマンをたっぷり食べよう!

いかがでしたか?
ピーマンは、主菜・副菜・常備菜・お弁当・おつまみと、大活躍してくれる食材です。まずはひと品作って、常備菜として冷蔵庫にストックしてはいかがでしょうか。冷凍保存もできるので、お得なときにまとめ買いして、いっぱい食べたいですね。

あなたも、ピーマンをたくさん食べることのできる料理に、チャレンジしてみましょう!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

チャーハン レシピ

たまごのスペシャリスト「たまごソムリエ」が、失敗知らずのパラっと黄金チャーハンの作り方を伝授します。べちゃっとなりがちなチャーハンが、たった一手間加えるだけで、お店で食べるような、本格的なチャーハンに!

レシピ まとめ

お味噌汁に和え物、サラダなど、食卓に登場することも多いわかめレシピ。今回は生わかめや乾燥わかめや、塩蔵わかめまで、身近なわかめをつかったおすすめレシピをご紹介します。簡単にできるものからボリュームのあるものま…

カレー レシピ

愛くるしい風貌で好かれるパンダ。そんなパンダをモチーフにした「パンダカレー」を知っていますか?とってもかわいい上に意外と簡単に作れることから話題になったんです。今回は「パンダカレー」の作り方とアレンジレシピを…

とんかつ 和食 レシピ まとめ

とんかつを作る時、献立はどうしていますか?キャベツが定番で、おかわり自由なお店もありますね。しかし、キャベツだけでは何となく物足りない…… ひと工夫したいときにおすすめな、副菜やご飯レシピをご紹介します。…

レシピ レモン フルーツ 漬け物 まとめ

みんな大好きなカルピスにレモンを漬け込んでみませんか?さわやかでやさしい甘酸っぱさを楽しめる「レモンのカルピス漬け」は、暑い季節にぴったりな一品。今回は、とっても簡単な作り方と、手間なくできるアレンジをご紹介…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

レシピ ステーキ まとめ

普段食べている野菜を一工夫で、より美味しく食べられるレシピのご紹介です。野菜ステーキの魅力は、ヘルシーなことと、調理次第で全く違う味を楽しめること!色々な野菜で試せるのでぜひ参考にしてみてください。

レシピ まとめ

今回は人気料理家・青山有紀さんのレシピをご紹介します。「お願いランキング」などの番組でおなじみの人気料理家で、料理好きの方は一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。体にやさしい和食ばかりなので、ぜひご家…

レシピ フレンチトースト チーズケーキ レモン アレンジレシピ まとめ

食べたらまるでチーズケーキのようなフレンチトーストがあります。いつものフレンチトーストにちょっと一味加えたら食感、味ともにチーズケーキのように仕上げることができますよ!休日の朝ごはんに♡おやつタイムに楽しめる…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

スイカ

スタバ「ティバーナ™」の最新作「シェイクン ウォーターメロン & パッション ティー」が2017年6月28日(水)に登場しました!パッションティーとみずみずしいスイカが出会った夏らしい味わいなんだとか。実食…

大根

煮物や炒め物、おろしなど様々な料理に使える大根。どのように保存すれば長持ちさせられるのでしょうか?実は、大根は方法次第で意外と長く保存できるのです。冷凍、冷蔵、常温のどれ?保存期間の違いは?大根の保存方法につ…

kie_0330

京都に生まれ、大阪で育ち、今は神奈川在住です。お出かけ、食べること...

https://twitter.com/Kie_0330

ページTOPに戻る